アトピタ 口コミ。 アトピタ 保湿全身ミルキィローション 口コミ・評判

Amazon

アトピタ 口コミ

もくじ• アトピタを買った理由 今回なぜアトピタを購入したかというと、主人が 子供のころから重度のアトピーで秋から冬にかけては正直無事な皮膚がないくらいに全身ただれて初対面の方はビックリするくらいアトピーが悪化します。 アトピーようスキンケア用品や地元でも有名な皮膚科などとにかくできる限りの方法でアトピー改善の努力をしていますが30歳を過ぎた未だにアトピーで悩まされています。 特に最近は夜中も全身のかゆみがひどく布団は血まみれなかなか本人も私も寝れない状態が続いていたので、とにかくアトピーに効果がありそうなものを手当たり次第試してみようとアトピタを買ってみました。 アトピタとは アトピタとは丹平(たんぺい)製薬という製薬会社から販売されている肌トラブルに悩む赤ちゃんとお母さん向けの商品です。 今回紹介する入浴剤以外にもミルキィローションやせっけん、シャンプーなど入浴系アイテムからスキンケアアイテムまで展開があります。 今回購入した入浴剤は薬用保湿入浴剤なので お風呂に入れて使うことでしっしん・荒れ症・あせもなどの肌トラブルへ効果を発揮してくれます。 無香料・天然色素使用・防腐剤無添加の低刺激処方で刺激に弱い赤ちゃんの入浴剤としても使えます。 アトピタで期待できる効果 アトピタの入浴剤で期待できる効果としては以下のものがあるようです。 ・しっしん・荒れ症・あせものケア ・お風呂上り後の保湿効果 ・炭酸水素Naによる肌の洗浄効果 ・ヨモギエキスによる消炎、抗菌効果 アトピーは自己免疫系の不調によっておきる症状で強い炎症やかゆみが特徴です。 そのため抗炎症作用や肌の潤いを守って保護する効果がある入浴剤を使うことでアトピーによる肌荒れを予防を目的とした入浴剤です。 残念ながら医薬品ではないのでアトピーの改善を促すような入浴剤ではなく、あくまでも肌荒れを予防するスキンケア的な効果が期待できる入浴剤です。 実際にアトピタを購入して使ってみました アトピーが全身に出て3週間目にようやくアトピタが自宅に届いたので早速使ってみました。 アトピタは散剤タイプで溶けやすい なんとなくアトピーやスキンケア系入浴剤では液状のとろみが強いタイプの入浴剤が多かったのでアトピタも液状だと思っていたら 粉末の散剤タイプでした。 粒子が細かくてお湯に入れるとパーッと散らばって溶けていくので入浴直前に入れても十分間に合います。 粉末もヨモギをイメージした緑色でお湯に溶けると緑茶みたいなグリーンになります。 香りはまさにヨモギ アトピタを使うときに蓋を開けるとすぐにヨモギの香りがしてきました、配合成分にヨモギエキスが使われているのでその匂いだと思います。 草餅に似た匂いがするので好き嫌いが分かれると思いますが、管理人はそれほど嫌いなニオイではありませんでした。 お湯の肌触りは割と普通 高保湿系入浴剤の多くはエモリエント効果を高めるために油性成分を配合したり、保湿成分を多く含ませているので肌触りがとろっとした滑らかなものが多いのですが、アトピタはあまりお湯の肌触りの変化は感じませんでした。 正直どちらかと言うと 薬湯に近い感じで保湿力がそんなに高い入浴剤とは思えませんでした。 成分的には問題ないのか 赤ちゃんでも使える無添加系低刺激入浴剤として販売しているので実際に配合成分をチェックして本当に低刺激なのか見てみました。 子供達がアトピー肌なので使ってみました。 肌の症状は改善したのかな?変わらないかな?とても微妙なところです。 引用元: 悪い口コミはヨモギ独特の色が浴槽について掃除が大変だったというものから、期待していたほど保湿効果など実感には至らなかったという口コミがいくつかありました。 7と高めの評価だったので敏感肌などで低刺激の入浴剤を探している方は使ってみる価値はあると言えそうです。 アトピーで悩む人の入浴剤選びで大切なこと 今回アトピタを購入してみて改めてアトピーで悩んでいる人が入浴剤選びで大切にしたいポイントをまとめてみました。 低刺激・無添加のものを選ぶ とにかくアトピーは自己免疫が過敏な状態になっていてちょっとした刺激でも肌に炎症が起きて大変なことになります。 人工的な化学成分や添加物が入っている入浴剤だと全身に刺激を起こすきっかけになることもあるのでとにかく低刺激で無添加に近い入浴剤を選ぶことが重要です。 抗炎症作用が入っているもの アトピーで辛いのが赤くただれて搔いた部分がどんどん炎症がひどくなっていくことです。 そのため入浴剤を選ぶときもできれば抗炎症効果のあるグリチルリチン酸2Kや今回のようにヨモギなど炎症を抑える作用がある成分が入っているものがおすすめです。 入浴剤でどれだけ抗炎症作用が期待できるは微妙ですがないよりは入っている方が良いと思うので入浴剤選びの時は意識してチェックしてみると良いと思います。 潤い効果や保護効果があると良い やはり肌荒れには潤い成分や肌の保護作用があるセラミドなどを含んだタイプの入浴剤がおすすめです。 エモリエント効果が高いと入浴後も肌から水分が蒸発して乾燥を起こすのを防いでくれるのでアトピー対策で入浴剤を探している場合は絶対にチェックしておきたいポイントです。 オススメの保湿成分としてはアミノ酸系成分や薬用植物系成分が配合されている入浴剤が良さそうです。 殺菌効果が高いものもおすすめ アトピーで炎症が起きて肌を掻いてしまうと、掻いたその部分の表皮が剥がれて肌自体の免疫力が弱まります。 肌が傷ついた状態になると肌表面に存在する常在菌などによって肌荒れがジュクジュクと悪化することもあります。 そのためアトピーで掻いてしまってすでに肌荒れなどが起きている場合は殺菌効果がある成分を含んだ入浴剤も良いようです。 中には硫黄を主成分としている入浴剤に入ると一時的にかゆみが収まるのでアトピーがひどい時に使っているという方も居るようです。 赤ちゃんのスキンケアに使える低刺激性入浴剤ということでこれ以上悪化させたくない時や、最低限の保湿効果を保ちたい時は良さそうです。 正直な口コミとしては普通によく売っている入浴剤の1つという感じで劇的な効果などは感じませんでした。 まだアトピタを使ったことがなくて お風呂上り後の乾燥が気になるという方は試してみる価値はあると思います。 私のようにアトピーのかゆみや肌荒れをどうにかしたいという方は買ってもあまり 痒みへの効果は期待できなかったのであまり期待しすぎないほうがガッカリしなくていいと思います。 まだ他にもアトピーに良いと評判の入浴剤を注文しているので届き次第随時口コミをアップしていけたらと思います。

次の

アトピタファンサイト

アトピタ 口コミ

1641 2. rakuten. rakuten. image. rakuten. jpg? レビューよりご注文の際には、必ず商品ページ、ご注文画面にてご確認ください。 みんなのレビューに対する評価結果の反映には24時間程度要する場合がございます。 予めご了承ください。 商品レビューランキングのおすすめ度とは異なりますので、ご了承ください。 みんなのレビューは楽天市場をご利用のお客様により書かれたものです。 ショップ及び楽天グループは、その内容の当否については保証できかねます。 お客様の最終判断でご利用くださいますよう、お願いいたします。 楽天会員にご登録いただくと、購入履歴から商品やショップの感想を投稿することができます。

次の

【楽天市場】アトピタ 保湿全身 ミルキィローション(120ml)【more30】【アトピタ】:ケンコーコム

アトピタ 口コミ

アトピタといえば、アトピー肌の子供のためのスキンケアとして人気のブランドです。 それもそのはず、アトピタというブランド名の由来は「 アトピーがピタッと治る」からきていて、今でこそ保湿を重視した正しいベビースキンケアを伝える形で宣伝していますが、それ以前はアトピー肌へのアプローチが強いブランドだったからです。 その名残もあり、現在でもアトピー症状のある子供のためにアトピタを選ぶママは多くなっています。 そんなアトピタブランドのベビーソープである保湿全身泡ソープについてブランドサイトからわかるこだわりや特徴、そして成分解析から徹底検証していきます。 使ったことのあるママ達はどのような感想なのだろう?というママのために先輩ママ達の口コミも掲載していますので、ご参考にしてください。 アトピタとは? アトピタブランドは丹平製薬のベビースキンケアシリーズです。 丹平製薬という会社は120年以上も続く超老舗メーカーで、製薬とついているように医薬品の製造も手掛けています。 ベビースキンケアシリーズのアトピタ以外にも赤ちゃんの鼻すい器の「 ママ鼻水トッテ」やのどスプレーの「 ノドクリン」、子供のオーラルケアとして「 こどもハミガキ上手」、子供用ではありませんが、お風呂の抗菌剤の「 サラリユ」や洗濯やお掃除に役立つ漂白剤の「 ニューアロマ」といった商品があります。 ですが、イメージ的には取扱い商品の約半分はベビーグッズのメーカーです。 会社としての歴史は長いですが、アトピタの歴史は20年ほどのようです。 アトピタブランドは カサカサ・かゆかゆなど繰り返す赤ちゃんの肌荒れ対策としてのベビースキンケアブランドとなっています。 乾燥からくるお肌の痒み、赤ちゃんはかゆいと掻いてしまいますし、痒さが続くと辛くて泣いてしまったりします。 そんな赤ちゃんの姿を見ているママも辛い思いになってしまいます。 そんな赤ちゃんとママの肌トラブルからくる悩みから解放するために誕生したのがアトピタブランドです。 赤ちゃんが肌荒れを繰り返す理由にはバリア機能が不安定であることがあり、保湿ケアでお肌のバリア機能を整えることで肌トラブル予防につながると考え、そのために、産まれたての赤ちゃんのしっとり肌に注目し、ママのお腹の中で守られていた頃のやさしさを再現しようということで、 「胎脂(たいし)」のしっとりさをお肌に与えるよう胎脂由来の保湿成分であるラノリン脂肪酸コレステリルが全ての商品に使われています。 もう一つアトピタシリーズに使われている成分がヨモギエキスです。 ヨモギは古くから民間療法などに用いられてきた植物で、トラブルがちな赤ちゃんのお肌の状態を整え、保湿する為に配合されています。 アトピタのこだわりは 「保湿」と「低刺激」です。 アトピタ製品には保湿全身泡ソープの他に保湿全身せっけん、保湿頭皮シャンプー、保湿全身ミルキィローション、保湿しっとりクリーム、保湿UVクリーム、保湿うるおいリップなどのラインナップがあります。 アトピタ 保湿全身泡ソープの特徴 アトピタ 保湿全身泡ソープのベビーソープとしての特徴は、 胎脂をイメージしたラノリン脂肪酸コレステリルとヨモギエキスが配合されている点です。 ベタイン系やアミノ酸系のやさしい洗浄成分を使用し、皮脂を奪い過ぎず潤いを守って洗える泡タイプのベビーソープとなっています。 香料や着色剤、防腐剤が無添加なのですが、香料や着色剤は無添加の対象としてよく挙げられる成分なので珍しくはありませんが、防腐剤無添加というのは少ないです。 防腐剤無添加とはいえ、防腐効果がなければ、生ものであるベビーソープは短期間で腐ってしまいますので、防腐効果を持つ成分は必ず入っています。 アレルギーテストも済んでいるようです。 メーカーサイトにも書いてあるようにアレルギーテスト済だからといってアレルギー反応が起こらないわけではありません。 アトピタ 保湿全身泡ソープの成分解析 全成分に変更があったようです。 新旧の全成分はページ下部に記載しております。 どのような違いがあるかというと、成分の配合量などに変更はあったようですが、一番の違いは新全成分にはカプロイルメチルタウリンNaが配合されています。 13種類の成分から14種類になったわけです。 まず全部で14成分というシンプル構成なのは良いと思います。 では新しい全成分について見ていきます。 ベビーソープの肝となる洗浄成分は コカミドプロピルベタインという、ベビー向け洗浄剤によく使用される低刺激なベタイン系と呼ばれるものがベースとなっています。 DPGはジプロピレングリコールと呼び、PGが二つ連なる形で旧表示指定成分のPGよりも低刺激な保湿剤で、防腐効果も持っています。 安全性は高いとされていますが、お肌への負担となる場合もあります。 そしてコカミドメチルMEAは洗浄補助として泡立ちを良くするために使われる低刺激な成分です。 ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系の洗浄成分で肌にやさしく適度な洗浄力で洗うことができます。 そして、コカミドメチルMEAは洗浄の補助として用いられています。 赤ちゃんのお肌を保湿し、コンディショニングするために胎脂のしっとり感をイメージしたラノリン脂肪酸コレステリルが配合されています。 アトピタのこだわり成分の一つです。 もう一つのアトピタの特徴となる成分がヨモギエキスでお肌の状態を整えながら保湿します。 ラウリン酸はヤシ油などから抽出される脂肪酸で泡立ちを良くしたりします。 石鹸の原料にもなります。 TEAはトリエタノールアミンと呼びますが、pH調整剤として使われる旧表示指定成分です。 ラウリン酸ポリグリセリル-10はコンディショニング効果のある乳化剤です。 カプロイルメチルタウリンNaはココイルメチルタウリンNaよりも刺激が少ないとされる洗浄成分です。 BGはブチレングリコールと呼び、保湿剤や溶剤として配合されます。 防腐効果もあります。 クエン酸はpH調整剤、EDTA-2Naはキレート剤で旧表示指定成分です。 防腐剤が使われていない代わりに防腐効果を持ったDPGやBGで防腐効果を持たせています。 赤ちゃんのお肌に負担を掛けないようにお肌に優しい洗浄成分を用いて、 配合成分も出来る限りシンプルにしているのですが、 保湿力が少し物足りないかもしれませんし、お肌への刺激も少ないとは言い難いです。 やっぱり赤ちゃんのお肌のことを考えると 旧表示指定成分は避けて頂きたい成分ですよね。 もちろん旧表示指定成分が入っていなければ安全なんてこともありません。 指定成分以外でもお肌への負担となる成分というのはあります。 ですが、せめて肌トラブルを引き起こす可能性があるとわかっている成分は避けておく方が無難です。 アトピタ 保湿全身泡ソープは成分から見ると「カサカサ・かゆかゆを繰り返す赤ちゃんのお肌のため」ということであれば、もう少し保湿力があればという印象です。 アトピタ 保湿全身泡ソープはこんな方におすすめ 確かに洗浄成分は低刺激で潤いを守りながら赤ちゃんを洗うことができる成分がチョイスされていますが、ベビーソープ全体としては胎脂をイメージして作られたベビーソープは他のメーカーからも発売されていますし、特段おすすめできる材料はありません。 アトピタ 保湿全身泡ソープの気になるポイント 気になる点は旧表示指定成分のTEAとEDTA-2Naです。 赤ちゃん用スキンケアだからこそ無添加であって欲しかった成分です。 BGやDPGも安全性は比較的高いとされていますが、お肌に合わず肌トラブルにつながることも多い成分ではありますので、特にDPGが高配合なのは防腐効果を持たすためといえど、気になります。 防腐剤無添加という心意気は素晴らしいのですが、配合成分が低刺激の域に達していない感があります。 アトピタ 保湿全身泡ソープの安全性は? 一応旧表示指定成分であっても、配合量の基準などが定められていて、その範囲内であれば安全性は高いということになっています。 そのため、安全範囲内で作られているはずなので、化粧品の観点からすると安全なベビーソープとなりますが、旧表示指定成分が配合されていることをママ視点でどう捉えるかが重要ではないでしょうか? 化粧品的に安全であることと、ママが安心できることは別問題なので、ママが我が子のお肌に使うものの安全基準をどこに置くか次第です。 アトピタ 保湿全身泡ソープの人気の理由とは? 雑誌などでもよく掲載されていますので、多くのママやパパたちに認知されているのも人気の理由だろうと考えられます。 また、前述したアトピー肌にはアトピタという認識を持っていることも多いので、子供肌トラブルきっかけでアトピタに辿り着くケースも多いのではないでしょうか? アトピタは2014年度の マザーズセレクション大賞を受賞しています。 マザーズセレクションというのはママ達が他のママにも教えてあげたい!とか便利!と思う商品やサービスを選ぶものです。 それの大賞ということなので、たくさんのママに知られているということがわかります。 アトピタ 保湿全身泡ソープの価格や販売店は? アトピタのベビーソープはどこでいくらで購入できるのか調べました。 まずアトピタ 保湿全身泡ソープはポンプ式ボトルと詰替えの2種類が用意されています。 定価は 350mlボトルが1,250円(税抜) 300ml詰替えが850円(税抜) となっています。 売り場はインターネット通販と実店舗の両方あります。 インターネット通販では、 メーカー直販はありませんが、 楽天市場や amazon、 Yahoo! ショッピング、 Wowma! などで様々な店舗にて販売されています。 主にはドラッグストア系店舗やケンコーコム、爽快ドラッグとなっています。 実店舗ではメーカーサイトにはドラッグストアやスーパー、百貨店でお買い求め頂けるとありましたが、 西松屋やトイザらス・ベビーザらス、アカチャンホンポなどでも販売されています。 ドラッグストアだとマツモトキヨシやココカラファインなどで販売されています。 購入の際は事前に店舗への確認をされることをおすすめします。

次の