ち 首 が 痛い 更年期。 乳首が痛い原因って更年期?それとも病気?

更年期の血行不良から起こる首の痛みの原因と解消法

ち 首 が 痛い 更年期

更年期障害ってどんな症状? まずはじめに更年期障害について簡単に説明していきます。 更年期ってなに? 以前は、40歳を過ぎ閉経にかけて起こるものでしたが、近年30歳前後から起こる方もいます。 女性ホルモンの中にエストロゲンというホルモンがあります。 このエストロゲンの分泌が30代に最高潮となります。 その最高潮を超えると、卵巣の機能がおちていくため、分泌される量も減ってくるのです。 特に、この最高潮を超えた後の時期から閉経までの期間を、よく耳にすることが多い、「更年期」といいます。 更年期は、最高潮に達していたエストロゲンが急に減っていくため、体がその変化についていけずに体に色んな不調が出てくるんです。 女性ホルモンのバランスが崩れると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。 その結果、頭がくらくらしたり、めまい、吐き気、体の冷えなどが起きてくるんです。 では、どうして女性ホルモンが減るだけでこのような不調が出るのでしょうか。 脳の一部に視床下部というところがあります。 そこでは、卵巣に女性ホルモンの1つである「エストロゲンを出しなさい!」と指令を出しています。 更年期のように閉経に向かって卵巣の機能が落ちていくことで、エストロゲンが減っていっているにも関わらず、脳の視床下部は、その変化についていけずに「エストロゲンを出しなさい!」の指令を続けてしまっています。 そして、視床下部にある自律神経にも影響を与えてしまうのです。 視床下部しっかりして~って言いたいですが・・・。 更年期症状は、全く感じない方もいますし、症状がひどい方もいたりと個人差が大きいのが特徴なんです。 精神的にも影響を与えやすく、もともと社交的だった方が更年期障害中は、人に会いたくないため、引きこもってしまうなんてこともあるんですよ。 更年期障害の症状 更年期障害の症状は個人差があり、様々な症状があります。 めまい• 耳鳴り• 体がだるい、やる気が出ない• ドキドキする、息が苦しい• 急に暑くなったり、寒くなったりする・汗をかく・顔だけほてり手足は冷たい• 口の渇き• 肩こり・腰痛• 下痢・尿もれ• 関節痛• 物忘れ• 睡眠障害• 不安・うつ• イライラする• 肌荒れや肌の乾燥 更年期からくる頭痛や首肩こり、吐き気の原因は? では、更年期障害の症状の中で頭痛・首肩こり・吐き気はどうして起こるのでしょうか。 更年期からくる頭痛 先ほどもお話したように、更年期障害は女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが急に減ることで様々な症状がおきます。 更年期障害についてでもお話したように、エストロゲンが急に減ることで視床下部にある自律神経にも影響を与えてしまいます。 自律得神経が乱れてしまうと、血管内の働きも低下します。 そうすると、頭にある血管が広がり、頭痛が起こってきます。 また、女性ホルモンが急に減ることで、精神的に不安定になってしまったり、イライラしたり、ストレスを感じてしまうことも頭痛を引き起こす原因の1つになります。 更年期からくる首肩こり 女性ホルモンが急に減ることで、血液の流れが悪くなります。 血液の流れが悪くなると、老廃物が肩や首のみならず、全身に溜まってしまいます。 すると、肩や首、さらには腰に痛みが出てくるのです。 また、女性ホルモンが減ることで、骨がもろくなりやすくなり、急激な骨粗鬆症になります。 そういった骨や筋肉の老化によっても起きてきます。 更年期からくる吐き気 吐き気もそのエストロゲン減少が大きく影響しています。 自律神経が乱れることで、自律神経の交感神経(動いている時に働く)と副交感神経(寝ている時やリラックスしている時に働く)のバランスが乱れてしまうのです。 バランスが崩れるということは、交感神経が優位になったり、副交感神経が優位になってしまうのです。 副交感神経が優位になると、胃腸の働きは活発になります。 しかし、すぐに交感神経が優位になり、胃腸も一気に働きが低下します。 そのため、胃腸はその働きの変化についていけずに吐き気や胃もたれなどの症状を起こしてしまうのです。 それ以外にも更年期の症状としてめまいがありますので、めまいを起こした際に吐き気を起こしていることも考えられます。 更年期には漢方薬やサプリが効果的なの? 更年期障害は、女性ホルモンが急に減ることで起きるとお話しましたが、それなら女性ホルモンを入れたらよいのではと思いますよね。 でも、それは間違っています。 ホルモン剤は副作用の方が強く出てしまうため、簡単に使うことはできません。 そのため、即効性はなくてもゆっくり体のバランス改善ができ、副作用が少ないとされる漢方薬やサプリメントが更年期障害の治療には効果的とされています。 漢方薬は飲みにくく、苦手な方も多いのではないでしょうか。 匂いも味も独特ですし。 まずは、漢方薬についてお話します。 漢方薬の効果• 体のバランスが崩れるのを予防さらに良くしてくれる効果があります。 気持ちを安定(イライラや不安を和らげる)させてくれます。 そのため、気持ちをリラックスさせてくれます。 血液の流れを良くしてくれるため、体の冷えを改善してくれます。 自律神経の乱れが改善されるため、急に汗が出たり、体がほてるなどのホットフラッシュにも効果的です。 どのくらいの期間で効果があるのか? 漢方薬は即効性のある薬ではありません。 ゆっくり症状を落ち着かせていく薬なので飲み始めてから早くて2週間、遅くても2ヶ月ほどで効果が出てきます。 焦らずゆっくり症状を緩和していきたい方には漢方薬やサプリはおすすめですね。 まとめ 更年期障害についてどう感じましたか? 以前、感じていたイメージを少し変えることができたでしょうか?決して怖い病気と不安にならず、いざ症状が出てきた時に冷静に対処できるように知識を入れておきましょう。 すべての女性が経験することなので不安に思わないでくださいね。

次の

更年期になって肩こり、首こりがひどい!何かいい対処法を教えて!

ち 首 が 痛い 更年期

更年期には様々な部位が痛くなることもあり、関節痛や肩こりは代表的ともいえるものです。 そして、首が痛い、という人もかなり多くいるようです。 更年期には血行不良から首が痛むこともあります。 では、どうして首が痛くなるのでしょうか? 更年期に首が痛くなる原因とは 首には大きな負担がもともとかかっています。 首の骨(頸椎 けいつい)は重さ6~8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと 結構複雑な動きをコントロールしています。 それだけに首には日頃大きな負担がかかっています。 さらに加齢によって首の筋肉が弱まったり運動不足から首をあまり動かさないでいると首の筋をちがえたり、 首の凝りから筋肉痛を起こしたりします。 首の痛みを訴える方の多くはこのようなタイプで、日常生活の習慣を見直したり鍛えることで改善されます。 しかし年齢を重ねるごとに頸椎そのものも老化してしまいます。 頸椎がすり減る、クッションとなっている椎間板の変形が生じると慢性的な痛みやしびれを起こすようになってしまいます。 首の痛みから考えられるもの 頸椎の中央にある神経幹を脊髄といいます。 脊髄から枝分かれした神経は肩や腕につながっています。 そのため頸椎が変形すると首の痛みだけではなく、肩の痛み、吐き気、手の痺れ、あるいは脚のしびれによる歩行障害。 さらには排尿障害にまで発展することがあります。 このような症状に発展すると、本人がつらいのは一番、また治療には長期間要します。 ケースによっては手術しなければならなくなるので、できれば首の凝りや筋肉痛を感じた時点で早めに医師に受診することが大切です。 首の痛みを改善・予防する 運動で首などをリラックスさせる 現代ではパソコンの普及もあり、首の痛みを訴えている人が増加傾向にあります。 最大の原因は良くない姿勢を長時間続けていることにあります。 パソコン作業をしている人の多くの姿勢として 背中を丸め、顔を少し前に突き出す こんな姿勢していませんか? この姿勢、頸椎にとっては不自然な状態です。 特にアゴを突きだすと首が後ろに反り頸椎や首の筋肉を緊張させることになります。 長時間この姿勢を続けていると、首や肩の血液の流れが悪くなり、疲労物質である乳酸などが蓄積し、凝りや痛みを引き起こします。 首の痛み予防と改善として、まず背筋を伸ばし、アゴを少し引く姿勢を心がけましょう。 パソコン作業だけではなく、テレビを見ているときもこのような姿勢をしていることが多いので、注意しましょう。 straight-neck. 30分に一度は席を立って以下のような運動をしましょう。 1 首を左右にゆっくり倒す(5秒くらいずつ交互に5回) 2 顔を左右にゆっくり向ける(首の筋が少し張る位置まで向ける。 5秒ずつ交互に5回) 3 肩を大きくゆっくり回す(前回しと後ろ回しを5回ずつ) 4 腕を上げてブルブルとふるわす(腕を下げてブルブルふるわす) 結構大変そうな気がしますが、すべて行っても3分程度です。 忙しいときでも合間を見つけて行うようにしましょう。 体を少し動かすだけでも血行は良くなり疲労物質がたまりにくくなります。 この運動は首・肩・腕などをリラックスさせるためなので、力をいれずにゆっくりと行いましょう。 ただし、首の痛みが強い場合には、いきなり運動をしないこと。 受診して鎮痛薬などを処方してもらい、その上で医師の指導のもとで運動を始めてください。 また、眼鏡の度が合っていないと、デスクワークのときに前かがみの姿勢になりがちです。 背筋を伸ばし、アゴを引いた姿勢で見やすいように、眼鏡の調整をしましょう。 首の痛み予防と改善に 首の痛みの原因が直接的に打撲などのものであれば 数日経過すれば治りますが、更年期や加齢による骨密度の減少などから起こるものの場合 根底部分の予防と改善をしなければ、逆に何度も痛みが起こりやすくなってしまいます。 更年期・加齢による骨密度を減らさないようにするには• ホルモン補充療法を行う• 漢方での根治改善をする• サプリメントで痛みを軽減させる といった方法があります。 が、通院しなくてはならない、副作用が出ることもあり得る といった面もあります。 ローヤルゼリーには老化防止に極めて高い効果がある、といわれています。 ローヤルゼリーにしか含まれない成分 デセン酸は 関節痛予防だけではなく、コレステロール値・血糖値・血圧を下げる効果があり、滋養強壮効果もあります。 美肌効果や自律神経を調整する作用もあるため 更年期障害や関節痛などに悩む方にオススメです。 当サイトがオススメしているローヤルゼリーは ローヤルゼリーA錠 です。 ローヤルゼリーA錠は日本養蜂が原料と製造にこだわって作られたローヤルゼリーです。 一般のドラッグストアなどでは入手することはできません。 それだけ、特別なローヤルゼリーなのです。 ちょっと気になる首の障害・病気 首の痛み以外に手足にしびれがある、吐き気がする、といった場合には注意が必要です。 頸椎に次のような障害が起きている可能性があります。 頚椎症(けいついしょう) 加齢などから椎間板の柔軟性の低下から骨と骨の間のクッションが弱くなります。 すると頸椎そのものに強い力がかかり変形しやすくなります。 その結果、頸椎から腕に伸びる神経が圧迫され、手や指のしびれ、感覚異常(感覚がない)、手が動かしづらいといった症状がみられるようになります。 脊髄が圧迫された場合には脊髄は全身につながる神経の中心のため、さまざまな症状が起こります。 典型的な症状としては手の痺れや麻痺(ボタンがかけづらい、お箸を持ちにくい、字がちゃんと書けないなど)、脚のしびれや麻痺(つまづきやすい、脚が動かしづらいなど)、排泄障害(尿が出づらい、トイレが近い、便秘んど)があります。 頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんヘルニア 椎間板にはゼリー状の物質が詰まっており、クッションの役割をしています。 加齢などから頸椎の椎間板自体が変形した場合にも神経や脊髄を圧迫すると頸椎症と同様の症状が起こります。 頸椎症は更年期前後に多くみられますが、頸椎椎間板ヘルにははプレ更年期の30代から40代の方にも少なくはありません。 両方とも、首の凝りや筋肉痛以外では首の痛みの症状の中でも最も多くみられるものです。 放置していると悪化しやすく、痛みも激しくなるので早めに受診しましょう。

次の

更年期障害や自律神経失調症と首の痛みやコリの症状との関係

ち 首 が 痛い 更年期

更年期障害の肩こり、なぜ起きる? 更年期障害によって起きる肩こりは、肩がずっしり重たくなったり肩の筋肉がカチコチに固まってしまっているという症状を感じます。 痛みが出るだけでなく、強張りやだるさを感じることもあるので、肩こりと一言にいっても人によって現れる症状が異なります。 この肩こりは、肩甲骨から首にかけての筋肉が緊張状態になり、血行が悪くなることで生じます。 血行が悪くなることで、乳酸と呼ばれる疲労物質が蓄積されていき、頭や肩のあたりが重たくなってきます。 筋肉が緊張状態に陥ることで、筋膜も硬くくっついたようになり癒着を起こします。 その結果、ますます筋肉は動かしにくくなり、肩こりで悩むようになるのです。 更年期障害を迎える頃は、筋肉や骨の機能が低下してくる時期でもあり、今まで感じなかった関節の痛みや肩こり、腰痛などに悩まされることが増えます。 さらに、自律神経のバランスも崩れがちになるので、ここから背骨周辺の血行が悪くなり、冷えてしまうと考えられます。 肩こりを改善するマッサージ例 更年期障害に抱えがちな肩こりは、血行不良によって症状がはっきりと現れることがあります。 肩こりがひどくて悩んでいる人は、血行不良を改善するマッサージを行ってみてください。 長時間同じ姿勢で作業をしていたり水分不足、ストレスなどによって、肩こりが起きてしまいます。 結果、筋肉が硬くなってしまい、コリや痛みなどを感じるようになります。 そんな硬くなった筋肉をほぐすことで、肩こりが解消され、体がスムーズに動くようになるでしょう そこで、肩こりが生じている場合は、以下のような方法を試してみてください。 猫背や肩こり解消におすすめのマッサージ• 首こりや肩こりにおすすめのマッサージ 猫背や肩こり解消におすすめのマッサージ コリ固まってしまっている肩こりや猫背におすすめのマッサージは、以下のとおりです。 背筋を伸ばした状態で、椅子に座る。 肩甲骨を前に押し出すようにして、両手を肩の高さで前に伸ばす。 20秒数える。 肩の高さから腕を下げないように意識しながら、両肘を後ろに引いて20秒キープする。 肘の高さを保ったまま、両手の手のひらを前に向けるようにしながら肘から上を上にあげていく。 このとき、腰が反らないように気をつけること。 顎が上がらないように気をつけながら、20秒キープする。 首こりや肩こりにおすすめのマッサージ 続いて、肩こりだけでなく首のこりにも効果が期待できるマッサージをご紹介します。 立った状態で右腕を上に上げていき、肘を直角に曲げる。 左腕は左肘を直角に曲げて、左手の甲を腰の後ろに当てる。 両肘を直角に保ったまま、両方の肩甲骨を反時計回りに回すように動かして20秒数える。 右足を左足の前に交差させて、右の脇を伸ばすようにしながら体を左に倒して20秒キープする。 鼻を左肩に近づけるようにして顔を向け、右肘が引っ張られないように注意しながら20秒キープする。 慣れてくると、どちらのマッサージも手軽にできる内容ではないでしょうか。 肩こりがひどくて治らないときや、首のこりも感じているときなどにぜひ試してみてください。 筋膜の癒着を改善することで肩こり改善に 更年期障害による肩こりは、筋膜の癒着によって起こることもあります。 筋膜の癒着によって生じる肩こりは、体のバランスが崩れやすくなる更年期障害を抱える年代において感じやすい症状です。 しかし、筋膜の癒着に注目して正しくケアすることで、肩こりの症状も徐々に改善されていくでしょう。 さらに、筋膜リリースを行う中で、肩こりが改善される以外の嬉しい効果も期待できます。 内臓機能の向上• 血流が良くなるので冷え性改善に 内臓機能の向上 全身に張り巡らされている筋膜の動きをスムーズにすることで、胃腸や肝臓といった内臓の機能が高まります。 臓器を覆っている筋肉と筋膜がつながっているので、筋膜の癒着を取り除くことで腸の動きが活発になる便秘解消になるなど、嬉しいメリットがあるのです。 少し不調に感じている部分がある際にも、筋膜の癒着を改善することで症状が良くなっていきます。 血流が良くなるので冷え性改善に 筋膜の癒着を剥がすと、血流が良くなっていきます。 コリや癒着が解消されることで、血管が圧迫されることから開放されます。 その結果、血管を通る血液の流れがスムーズになり、全身にしっかり血液を送り届けられるようになるのです。 肩こり解消のために筋膜の癒着を剥がすという点では、血流アップも嬉しいポイントとなります。 血行不良によっても肩こりは生じるので、筋膜のケアをしていくことで血流が改善されるのは嬉しいですよね。 まとめ 更年期障害は人によって感じる不調が異なるものの、日々のデスクワークなどによって肩こりの症状を感じる人が多いです。 肩こりが悪化すると、首こりや頭痛にも影響が出てくるので、早めに対処する必要があります。 肩こりについては、筋膜の癒着が原因の1つとして考えられるので、癒着をはがしていくことが重要となります。 筋膜の癒着が剥がれると、筋肉の動きもスムーズになるので、肩こりも解消さるでしょう。 更年期障害ではさまざまな不調に悩まされることがあるので、肩こりだけでも解消できるよう、筋膜に注目してみましょう。 毎日の生活の中で、適度に体を動かすと良いですが、忙しく過ごしている日々では難しいもの。 そこで、筋膜リリースなどを意識して実践しながら、肩こりの悩みを改善できるようにしていきましょう。

次の