ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!。 女性ホルモンバランスを整える処方薬・漢方薬と副作用について

女性ホルモンサプリのおすすめ人気ランキング10選

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

スーパーイソフラボンセットはどんなサプリ? スーパーイソフラボンセットは1日5粒を目安に飲みます。 小粒で飲みやすくて、ほのかな甘みがあって噛んでも美味しいサプリです。 イソフラバランスに配合されている成分 イソフラバランスに配合されている特に注目の成分を紹介します。 大豆イソフラボン 女性ホルモンエストロゲンは加齢とともに減少していきます。 イソフラバランスには大豆イソフラボンという成分が入っていて、大豆イソフラボンは女性ホルモンエストロゲンと似た働きをするので、エストロゲン不足を補ってくれる重要な成分です。 大豆イソフラボンの成分は更年期を楽にしてくれます。 大豆イソフラボンを多く摂っている人はホットフラッシュが見られにくいという報告もあるので積極的に摂りたい成分です。 大豆イソフラボンを多く含む食品は納豆や味噌、大豆飲料や豆腐などです。 64歳でパートで仕事に行っています。 イソフラバランスを飲むと飲まないでは全然体調が違います。 だるさも全然ありません。 健康寿命を延ばし、長生きしたいです。 イソフラバランスはまだ口コミがあまり少ない商品ですが、スーパーイソフラボンセットは不二製油株式会社というところの商品で、大豆の研究には半世紀以上の歴史を有する大豆を熟知した研究スタッフが開発した自信の商品ですので安心です。 試しやすい価格が魅力的 スーパーイソフラボンセットは現在初回モニター特別価格で980円 1セット150粒 というリーズナブルな価格で購入できます。 しかも税込みで送料無料なので本当に980円!1日に換算すると32円です。 Amazon等ネットショップでもイソフラバランスは購入できますが、筆者が調べた時はイソフラバランス単品で980円でした。 現在購入者限定の健康読本がプレゼントでついてきます。 口に入るものだからなおさらよね 支払い方法は? 支払い方法はクレジットカード払いの他にコンビニ後払いやゆうちょ後払いも可能ですので、クレジットカードを使うのはちょっと…という方でも安心です。 しかもクレジットカード払いもコンビニ後払いもゆうちょ後払いもどれも手数料無料なので、何度も言いますが本当に980円で申し込めちゃいます。 まとめ サプリメントは薬とは違うのではっきり言って1ヵ月飲んだ位でやめてしまっては意味がありません。 効果を持続させるには少なくても数ヶ月飲み続けることで、女性ホルモンのバランスを整えて体を良い状態に保ってくれます。 しかし値段が高いものはなかなか続けにくいです。 スーパーイソフラボンセットは初回980円で購入できますが、その後続けたいと思って購入する場合2600円 税抜 と、セットでも比較的低価格で購入できますので続けやすい商品です。 まずはスーパーイソフラボンセット初回980円を試して、合わなければやめればいいし、続けたいと思ったら続けられやすい価格帯なのでまずは気になったらお試ししてみることをおすすめします。 女性ホルモンのバランスを整えることは体臭の軽減や更年期の症状の解消につながりますので、食品だけでは補えない部分はサプリを上手く活用して楽しく爽快な毎日を過ごしてください。 しかしサプリばかり頼るのではなくて女性ホルモンのバランスを整える成分を含む食品も摂るように心がけることも大切です。

次の

近年急増している「プレ更年期」。40代から始めるホルモンバランスの整え方と、プレ更年期に特化したオーガニックサプリを紹介します。

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

卵巣が疲労している• 下腹部の張りや痛みを感じる• 乳房の張りや痛みを感じる• 腰痛がある• すぐにニキビが出来る• 顔や身体のむくみが気になる• 化粧のりが悪い• おりものが増えてきた• すぐにイライラしてしまう いかがでしたでしょうか? 最も当てはまる項目が多かったものがあなたのホルモンバランスの乱れの原因と考えられます。 下記にタイプ別に特徴をご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。 自律神経が乱れているタイプの特徴 自律神経が乱れる原因は? 自律神経とは、消化器や循環器、呼吸器などの働きをコントロールしている神経。 活動時に活性化する 交感神経と安静時に活性化する 副交感神経の2つの神経からなり、 この2つのバランスが崩れると身体の不調となって現れてきます。 自律神経が乱れる原因は大きく下記の2つが挙げられます。 自律神経が乱れる原因1. 肉体的・精神的ストレス 自律神経を乱す最も大きな原因は、• 疲労や怪我によるストレス• 不快な音や温度などの身体的ストレス• 人間関係や仕事などの精神的ストレス 慢性的に過剰なストレスを受ける状況が続いていると、自律神経が乱れ、ホルモンバランスも乱れやすくなってしまいます。 自律神経が乱れる原因2. 不規則な生活スタイル 人間の体は 生体リズムに合わせて活動しています。 そのため、 昼夜逆転の生活をしていたり、不規則な食生活、寝不足などの状況が続くと、この生体リズムが狂って自律神経も乱れてしまうのです。 生体リズム バイオリズムとも呼ばれ、動物・植物・菌類・藻類などほとんどの生き物に存在している生命活動を円滑に行うための生理現象。 脈拍や体温の調整、ホルモン分泌量などに深く関係している。 眠る時間(太陽の光を浴びる時間)や食事の時間などが不規則になると生体リズムが狂う原因になる。 自律神経の乱れが原因となる代表的な疾患 特に思い当たる生活習慣はないのに自律神経が乱れている場合、病気により自律神経が乱れている可能性もあります。 下記に 自律神経の乱れに関係する疾患を挙げていますので、もし思い当たるものがある方は一度病院で相談してみることをおすすめします。 自律神経失調症 自律神経失調症とは、疲労や精神的ストレスにより自律神経が乱れ、心や体に不調を生じて日常生活に支障が出始めている状態のことを言います。 代表的な症状は以下になります。 極度の不安や緊張• 抑うつ• 吐き気• 全身の倦怠感• 肩こり• 四肢の痺れ• めまい• 睡眠障害 自律神経失調症の症状は人によって異なるため、なかなか自律神経失調症と自覚出来ずに対応が遅れてしまう場合が多い傾向にあります。 神経性胃炎 胃は身体の中でもストレスによる影響を受けやすい器官。 ストレス状態が続くと自律神経の乱れにより胃酸が過剰に分泌されて、 胃の痛みやもたれ、胸焼け、喉のつかえといった胃炎の症状が現れ始めます。 過敏性腸症候群 自律神経が乱れて腸の蠕動運動(ぜんどう運動:食べ物を移動する臓器の収縮運動)に異常を生じ、 腹痛に伴って下痢や便秘などの症状を引き起こすのが過敏性腸症候群。 下痢や便秘が交互に生じたり、一度治っても再発したりといった症状が起こります。 検査を受けても明らかな異常が見つからないため、対応が遅れてしまいがちな疾患です。 メニエール病 自律神経の乱れにより内耳のリンパ液に異常が起こり、• 頭がぐるぐる回るようなめまい• 片方の耳のみに生じる耳鳴り• 難聴 の3つの症状が同時に起こります。 強い吐き気や嘔吐を伴うケースも多いため日常生活に支障をきたしやすいことに加え、放置すると症状が悪化するため出来るだけ早期に適切な治療を受ける必要があります。 過呼吸症候群(過換気症候群) 強いストレスを引き金に、 突発的に浅く速い呼吸が繰り返される疾患です。 過呼吸により血中の二酸化炭素濃度が低下するため、めまいや四肢の痺れ、筋肉のこわばりが生じます。 強い息苦しさを感じるため、さらに呼吸しようとしてより呼吸が浅く速くなるという悪循環に陥ることも少なくありません。 自律神経の乱れを予防・改善するには? ストレスをコントロールしよう 自律神経を乱す大きな原因はストレス。 現代日本に生きている限りストレスを無くすことはほぼ不可能に近いですので、自分なりにストレスをコントロール出来るように工夫してみましょう。 焦らず気長に考える、悲観的にならず楽観的に前向きに考えるようにする、自分に自信を持つなど、気持ちのコントロール方法を身につけると少しずつストレスを軽減できるようになっていきます。 また、なんでも一人で抱え込まず誰かに助けを求めるのも良い方法です。 育児ストレスに悩むママは、こちらの記事でストレスチェックをして、ストレスや悩みの軽減・改善をしていきましょう。 日々の育児に仕事、炊事・洗濯・部屋のお掃除……多忙な現代女性の仕事はいくらやってもキリがあ… kirei-mama. net 生活スタイルを見直そう 食事、睡眠、仕事(勉強)、休養、運動といった5つの要素が規則正しくバランスよく行われると、生体リズムも整います。 忙しくても睡眠時間や食事時間はしっかり確保して、自律神経の乱れを防ぎましょう。 また、 毎朝、太陽光を30分程度浴びるだけでも生体リズムを整えるのに効果的です。 昼夜逆転の生活は避け、早寝早起きして朝日を浴びられる生活スタイルを心がけましょう。 適度に運動しよう 定期的な運動により生活リズムが整うだけではなく、運動不足やストレスの解消など運動には多くのメリットがあります。 無理なく出来る範囲の運動を生活の中に組み込んで、自律神経の乱れを予防しましょう。 これまで運動習慣がなかった方は、手軽に取り入れやすいウォーキングがおすすめです。 ダイエットをしたいけど、運動は続かなそうだし時間もないし。 かといって食事制限はストレスが… kirei-mama. net カルシウムでイライラを軽減 イライラしている時に「カルシウム足りてないんじゃない?」と言われた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 事実、 カルシウムには神経の緊張を和らげイライラを抑制する効果があるため、イライラ軽減にはとても効果的なんです。 カルシウムは• 牛乳やチーズなどの乳製品• めざしやワカサギなどの小魚• ほうれん草や小松菜などの野菜 に多く含まれていますので、積極的に摂取するようにしてみてくださいね。 セロトニン不足タイプの特徴 セロトニンの役割 セロトニンは、ノルアドレナリン・ドーパミンに並んで、三大神経伝達物質の一つです。 「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンは、体内時計をリセットしたり、消化管の運動を調節するほか、脳内で 神経伝達物質として働き精神の安定や意欲に関係しています。 セロトニンが不足すると精神的安定が崩れ、不眠やうつなどの原因になる場合もあります。 セロトニン不足になる原因 セロトニンが不足すると、やる気が起きなくなるなど、うつ病と似た症状が現れます。 セロトニン不足を起こす原因をつきとめ、改善することがホルモンバランスの乱れを整えることにつながります。 慢性的なストレス状態 ストレスは自律神経を乱すだけではなく、セロトニンを減少させる大きな原因。 ストレスを受けるとBDNF(脳由来神経栄養因子)というセロトニン合成(セロトニンを作ること)に関与している物質が減少してしまい、セロトニンの合成量(セロトニンが作られる量)も減少してしまうのです。 1日中屋内にいて日光を浴びない セロトニンは太陽光を浴びると活性化されます。 ずっと屋内にいて1日中太陽光を浴びない生活を続けていると、セロトニンの働きが低下してしまうリスクが高まると言われています。 食生活が偏り栄養状態が悪い(トリプトファンやビタミンB6が不足) セロトニンの原料は、必須アミノ酸の1つである トリプトファン。 トリプトファンは体内で合成出来ないため、食事から摂取して補う必要があります。 加えて、炭水化物やミネラル、ビタミンB6もセロトニン合成には必要な成分。 食事制限ダイエットや偏食などが原因で栄養バランスが偏っていると、セロトニン不足のリスクが高まるため要注意です。 トリプトファンが多く含まれる食品については後述します。 人との関わりが少ない セロトニンは、人と交流することで活性化するという特徴を持ちます。 そのため、普段1人で過ごす時間が多く、人との関わりが少ないとセロトニン不足を招きやすくなってしまうのです。 セロトニンは、 ネット上のコミュニケーションでは合成されにくいことが分かっていますので、出来るだけ人と直接会って交流するようにしてみてくださいね。 加齢によるセロトニンの減少 人の神経細胞は加齢により減少します。 セロトニンも例外ではなく、加齢により減少してしまうのです。 加齢によりセロトニンが減少すると顔のたるみや背筋の変形などの影響が現れます。 セロトニン不足が原因で起こる代表的な症状 セロトニン不足はホルモンバランスを乱すだけではなく、様々な影響を与えます。 ここでは特に注意したい症状についてご紹介していますので、心当たりのある方は出来るだけ早めに適切な対応を取るようにしてくださね。 不眠 セロトニンは、 メラトニンという睡眠ホルモンへ変化します。 そのため、セロトニン不足が不足するとメラトニンも不足し、 不眠や寝付きの悪さ、熟睡感のなさといった睡眠障害が起こりやすくなってしまうのです。 依存症になりやすくなる セロトニンは、脳内物質の1つである ドーパミンをコントロールする働きも持っています。 ドーパミンは「 快楽ホルモン」とも呼ばれるもので、 セロトニン不足によりドーパミンが暴走すると、目先の快楽や快感ばかり求めるようになり、依存症のリスクを高めるとされているのです。 買い物依存症、ギャンブル依存症、アルコール依存症など様々な依存症がありますが、これらはセロトニン不足が大きく影響していると言われています。 イライラしやすくなる セロトニンはドーパミンだけではなく、 ノルアドレナリンの調整機能も持ちます。 ノルアドレナリンは「 怒りのホルモン」とも呼ばれるように、セロトニンが不足して暴走すると 攻撃性が高まり、イライラや怒りやすくなるなどの症状が現れます。 セロトニン不足を解消する方法は? 早寝早起き セロトニンは日中に分泌が多くなり、睡眠中や夜間は分泌が減るという特徴を持ちます。 そのため、早寝早起きを心がけ、規則正しい生活を送るようにするだけでセロトニンの分泌を効率的に促せます。 また、太陽光を浴びるとセロトニンの分泌が活性化しますので、朝が苦手でどうしても起きられないという方はカーテンを開けたまま寝て、朝日が登れば自然と太陽光が部屋に入るようにしておく方法がおすすめです。 リズム運動でセロトニン神経を活性化 セロトニン神経は、一定のリズムで行われる リズム運動により活性化することが分かっています。 リズム運動とはスクワットや階段昇降、ウォーキング、サイクリング、深呼吸、ヨガ、太極拳、フラダンスなど、一定のテンポを刻む運動のこと。 これらの運動は セロトニン神経の活性化に効果的なだけではなく、自律神経の乱れを整える効果も期待出来ますので無理なく始められるものを選んでチャレンジしてみてください。 また、リズム運動は毎日5分以上、長期間継続して行うとより効果的です。 最近、エグザイルやイーガールズなど踊れるアーティストが大流行。 ダンスはかっこよくて見て… kirei-mama. net よく噛んで食べる 噛む動作も一定のリズムを伴った行動ですよね。 リズム運動がセロトニン神経の活性化を促すように、よく噛んで食べればセロトニン神経の活性化に繋がります。 また、セロトニン神経の活性化以外にも、太りにくくなる、顎の筋肉の強化、顔のシワが減るなど、しっかり噛むことで得られるメリットはたくさんあります。 普段あまり噛まずに早食いになりがちな方は、この機会にしっかり噛む習慣をつけてみてはいかがでしょうか。 トリプトファンを摂取する セロトニンの原料となるトリプトファンは体内で合成出来ないため、食事から摂取する必要があります。 トリプトファンを多く含む食材としては、筋子、たらこ、プロセスチーズ、アーモンド、肉類、赤身魚、そば、納豆などが挙げられます。 トリプトファンはたんぱく質が多く含まれる食材に比較的多く含まれていますので、毎日のメニューの中にうまく組み込んでみてくださいね。 卵巣疲労タイプの特徴 卵巣疲労は若年性更年期障害が原因の可能性も 一般的にといえば、 閉経に伴って卵巣機能が低下して女性ホルモンの分泌量が減り、体に様々な影響が出てくる状態のことを指します。 一方、 若年性更年期障害は20代〜30代に更年期障害のような症状が現れてくる状態を言います。 若年性更年期障害は、卵巣機能不全や卵巣機能低下症といった病気が原因で生じることもありますが、実際の更年期障害のように女性ホルモンの分泌量が減少しているケースは実はまれ。 その多くは ストレスにより卵巣が機能不全状態になったり、が原因で更年期障害のような症状が現れてきたりすると考えられています。 若年性更年期障害を招く生活習慣とは 若年性更年期障害は普段のライフスタイルに大きな影響を受けます。 一般的に若年性更年期障害を招きやすいと言われているライフスタイルは以下の通りです。 過度なストレス状態が慢性的に続いている• 太り過ぎ• 極端なダイエットを行なっている• ヘビースモーカー• 慢性的に睡眠不足状態にある• 生活習慣や食生活が不規則になっている ご自身に当てはまるものはありましたか? ストレスや睡眠不足はホルモンバランスを崩しますし、タバコは女性ホルモンの1つであるエストロゲンを分解して卵巣機能を低下させます。 もし思い当たるものがあれば、少しずつライフスタイルを改善していくようにしてみてくださいね。 若年性更年期障害でよくみられる症状 「もしかしたら若年性更年期障害になっているかも」と思っても、なかなか病院へ行く勇気が出ないこともありますよね。 ですが、若年性更年期障害を放置して悪化してしまうとさらに大変な事態になってしまいます。 下記に若年性更年期障害でよく見られる症状を挙げていますので、 当てはまるものが5個以上あれば病院を受診することを検討してみてください。 長期間に渡り、月経痛や月経不順がある• 慢性的に胃痛や頭痛、肩こり、腰痛などに悩まされている• 寝ても疲れが取れない• めまいや耳鳴り、のぼせ、立ちくらみがある• 気持ちが悪くなったり、吐き気を感じたりする• 肌荒れが改善しない• 最近、白髪や抜け毛が一気に増えた気がする• ドライアイ、ドライマウスの自覚がある• 寝付きが悪く、眠りが浅くて夜中に何度も起きてしまう• 以前に比べ、トイレに行く回数が増えている• 体重が著しく変化した• 食欲不振• 注意力や集中力がなく、すぐに仕事や家事をサボりたくなる• しょっちゅうイライラしていて怒りやすくなった• 気持ちが落ち込みやすく、あまり笑わなくなった• 人と会ったり会話することが面倒くさい 人によって症状に個人差がありますが、通常いくつかの症状が合わさって現れます。 若年性更年期障害の症状は日常生活に支障を来すレベルのものもありますので、出来るだけ早期に対策を始めるようにしてくださいね。 若年性更年期障害の治療はまず病院で相談を もし若年性更年期障害により身体的な症状が出ている状態であれば、出来るだけ早めに病院を受診しましょう。 誤診を防ぐために、婦人科を受信する 症状だけ見ると「体調不良かな」と感じて内科で相談してしまいがちですが、内科では異常なしと診断されてしまうケースも少なくありませんので出来れば 婦人科を受診するようにしてください。 独身女性や出産経験がない女性の場合、婦人科は少し敷居が高いかもしれませんが、 若年性更年期障害の理解が一番あるのが婦人科です。 婦人科を受診するとまず血液検査が行われ、原因が早期閉経か卵巣の機能低下、またはホルモンバランスの乱れにあるのかを見極めてもらえますよ。 若年性更年期障害を予防する方法は? 若年性更年期障害は 早期閉経や卵巣機能不全などの病気以外では、ストレスや過度のダイエット、食習慣や生活習慣の乱れによりホルモンバランスが乱れて引き起こされます。 そのため一番の予防方法は、規則正しい生活を心がけ、栄養バランスのとれた食事を摂り、運動や休息を適切に行うこと。 またストレスと上手に付き合う方法を見つけることも、効果的な予防方法と言えます。 サプリも効果的!ホルモンバランスを整えるおすすめの成分 ホルモンバランスを整えるには規則正しい生活習慣や食生活が重要ですが、ホルモンバランスを整える成分をサプリにより補うという方法もあります。 ここでは ホルモンバランスを整えてくれる成分についてご紹介していきます。 プラセンタ プラセンタは胎盤から抽出する成分。 ホルモンバランスを整えてくれるだけではなく、美肌や美白にも効果があると美容整形分野で注目を集めていますよね。 疲労回復効果もあるため、女性だけではなく男性にもプラセンタサプリを愛用している方がいらっしゃいます。 濃度100%のプラセンタ原液を15日間使用するとどんな効果があるのか?肌に悩みをもつ女性の疑問… kirei-mama. net 大豆イソフラボン 女性ホルモンの1つであるエストロゲンによく似た構造と働きを持ち、自律神経やホルモンバランスの乱れを整える効果が期待出来ます。 女性ホルモンの減少により起こるの症状緩和や、を予防する効果も期待できます。 ブラックコホシュ ブラックコホシュは、北アメリカ原産のハーブ。 エストロゲンに似た作用を持ち、月経前症候群や更年期障害といった女性特有の疾患の症状緩和に役立ちます。 レッドクローバー レッドクローバーはヨーロッパ原産のハーブで、 大豆と同様イソフラボンを豊富に含んでいます。 ホルモンバランスの乱れを改善してくれるため、肌トラブルの改善や更年期障害の症状緩和効果も期待出来ます。 マカ マカは南米のアンデス山脈に自生する植物で、 滋養強壮や精力増強効果があるためたくさんのサプリに配合されています。 また、ホルモンバランスを整えてくれるため、更年期障害の症状緩和効果もあるとされているんですよ。 その他の有効成分 ビタミンB6 ビタミンB6は、エストロゲンの代謝をサポートしてホルモンバランスを整えてくれる成分。 サプリを選ぶ時には、プラセンタやマカなどの成分だけではなく ビタミンB6などのビタミン類も同時に含まれたものを選ぶのがおすすめです。 ビタミンE ビタミンEは 女性ホルモンの1つであるプロゲスエテロンの原料になります。 ホルモンバランスが崩れている時には積極的に摂取しておきたい栄養素の1つですね。 ポロン ポロンはホウ素の一種で、骨の形成に欠かすことの出来ない成分。 また、 近年エストロゲンの活性化効果があることが分かったため、注目を集めている成分でもあります。 ホップ 女性ホルモンによく似た物質であるフィストロゲンを含み、ホルモンバランスの乱れにより生じるPMS症候群や更年期障害の症状緩和効果が期待出来ます。 リグナン リグナンはポロフェノールの一種で、 エストロゲンと同様の働きをしてくれます。 ホルモンバランスを整えるおすすめサプリ3選 イライラする…やる気が出ない…更年期障害のような不調には白井田七 2,700円 初回限定1,350円 小林製薬のエクオールは大豆イソフラボン由来のエクオールを主成分とし、ブラックコホシュやめぐりを良くするヘスペリジン、体の調子を整えるテアニンなどがバランスよく配合されたサプリです。 大豆イソフラボンが女性ホルモンのような働きをするためには、腸内の腸内細菌によりエクオールに変換されなければならないのですが 、日本人の2人に1人はエクオールは大豆イソフラボンを摂取してもエクオールを体内で作り出せないという研究報告がなされています。 小林製薬のエクオールは直接エクオールを摂取出来るので、ホルモンバランスを整えるにはとても効果的。 価格も定価が2,700円と他の製品に比べて安価なのも魅力的ですよね。 今なら 初回限定で半額の1,350円で購入できます。 女性ホルモンサプリの過剰摂取は絶対厳禁!サプリの選び方の注意点 大豆イソフラボンで女性ホルモンが増えすぎる場合も 大豆イソフラボンは、高いエストロゲン分泌促進効果を持つためサプリなどで広く使用されている成分です。 ところが 過剰摂取してしまうと、エストロゲンが増えすぎてしまってホルモンバランスを崩すリスクもあるのです。 月経周期が長くなる、乳がんや子宮内膜増殖症のリスク増加などの副作用が臨床試験により確認されているため、過剰摂取は絶対に控えるようにしてくださいね。 プラセンタ過剰摂取がニキビの原因になる プラセンタはホルモンバランスを整えるだけではなく、美容的にも優れた効果を持つため美容外科などでも使用されている成分です。 ですがプラセンタも過剰摂取してしまうとやむくみなどを引き起こす可能性が高まると言われています。 また、栄養素が豊富に含まれているため少量の摂取でもアレルギー反応を起こしてしまう方もいらっしゃいます。 プラセンタは女性にとっては続けたくなる成分が含まれたサプリではあるのですが、 服用により異常が出るなどした場合は無理に継続せず、服薬を中止したり量を減らすなどして対応するようにしましょう。 マカは下痢になりやすいので注意 マカにはホルモンバランスを整える効果に加えて、黄体ホルモンの働きを抑制する作用があります。 黄体ホルモンは妊娠維持のために分泌されるホルモンで、生理前に分泌量が増えます。 ただ 黄体ホルモンには子宮の収縮を防ぐために腸のぜん動運動を抑制する作用もあるため、生理前に便秘になりやすくなるのは、この黄体ホルモンが原因なんです。 そのためマカの過剰摂取により黄体ホルモンの働きが抑制されすぎると、便の水分量が増して下痢になりやすくなってしまいます アブラナ科の植物アレルギー持ちの方は要注意 また、アブラナ科の植物にアレルギーがある方は、マカでもアレルギー反応が出やすくなっていますので注意するようにしてくださいね。 サプリは用法用量を守って利用しよう より高い効果を得るために、サプリを決められた用量以上に服用している方もいらっしゃいますが、実はこれはとても危険。 サプリの過剰摂取は様々な悪影響を体に及ぼす可能性があります。 体調を整えるために服用しているサプリで体調を崩してしまっては元も子もありませんので、サプリを服用する際は定められた用法用量をしっかり守るようにしてくださいね。 まとめ・ホルモンバランスが乱れている原因を知り改善を試みることが大切 女性の体はホルモンバランスに影響を受けやすいため、そのことで悩まされている方は少なくありません。 まずは自分のホルモンバランスの乱れの原因がどこにあるのか把握して、適切な対応を取るようにしましょう。 また、ホルモンバランスを整える効果のあるサプリを活用するのも効果的な方法です。 サプリを利用する場合は、用法用量をしっかり守って安全に使用するようにしてくださいね。

次の

女性ホルモンを増やす方法は?毎日取り入れられるおすすめ食べ物

ホルモンバランスの整え方!サプリがおすすめ!

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、それぞれ違った働きで女性の体を支えています。 そして、この2種類の女性ホルモンは月経周期(約28~38日)にあわせて、それぞれ分泌量が変化していきます。 それぞれの女性ホルモンの働きの違いや肌に与える影響についてみていきましょう。 エストロゲンとプロゲステロンの分泌 エストロゲンは月経の終わりから排卵にかけて分泌が多くなり、プロゲステロンは排卵後から次回の月経が始まる迄に多く分泌されます。 女性の体は月経周期に伴い、この分泌サイクルを繰り返しています。 エストロゲンの分泌が多い時期(卵胞期)は、心身ともに安定し、肌の調子もよくなる為、とても快適で過ごしやすい時期となります。 逆に、プロゲステロンの分泌が多い時期(黄体期)は精神的に不安定になりやすく、悪化するとPMS 月経前症候群)と診断されることも。 また肌の調子も悪くなり、肌荒れやニキビに悩まされる人も少なくありません。 女性らしい体をつくる エストロゲンは卵巣内の卵胞から分泌されるホルモンで、子宮内膜を増殖させて妊娠できる状態にしたり、女性らしい体つきを発達させたり、肌や髪のハリやうるおいをキープする役割を果たしています。 この為エストロゲンは「 美肌ホルモン」とも呼ばれ、女性らしい美を作り出すのに欠かせないホルモンなのです。 骨の形成を助ける エストロゲンにはカルシウムの吸収を促進、骨形成を進め、骨吸収(骨からカルシウムが放出されること)を抑制する働きがあります。 エストロゲンの減少が急激になる更年期、閉経以降の女性に骨粗しょう症が増えるのはエストロゲンの低下が原因です。 動脈硬化の予防 エストロゲンには血中の悪玉(LDL)コレステロールを増えにくくする働きがありますが、閉経以降エストロゲンの減少により、悪玉コレステロールが急激に増え、動脈硬化が進む可能性がありますので、注意が必要です。 自律神経のバランスを整える エストロゲンが十分に卵巣で分泌されていれば、その指令を出している視床下部の働きも順調、視床下部がコントロールしている自律神経の働きも乱れることが少ないのです。 ところが、加齢により卵巣の働きが衰えてくると、視床下部に混乱が起こる為、自律神経のバランスも乱れてきます。 プロゲステロンの働き もう一方の女性ホルモンであるプロゲストロンにはどのような特徴があるのでしょう。 基礎体温を上げて子宮内膜を厚くする 黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンは脳内の体温中枢に作用して体温を上げます。 その結果子宮周囲の血流量が多くなることで、子宮内膜は更に肥厚し、着床しやすくなります。 また、受精卵の着床や胎盤の完成など、妊娠継続の大切な役割を果たしています。 乳腺の発達 妊娠後には乳腺を発達させ、産後の授乳に備える働きがあります。 食欲増進 決してメリットとは言えないのですが、プロゲステロンには食欲増進作用や水分保持機能促進作用がある為、分泌がさかんな時期には太りやすく、むくみやすくなります。 ダイエットを始めるには不向きなタイミングと言われるのはこういった理由によるものです。 ホルモンバランスの乱れの原因 エストロゲンとプロゲステロンの分泌量やサイクルは様々な理由でそのバランスを崩すことがあり、肌や体調にかなりの影響を与えます。 女性ホルモンの分泌バランスはなぜ乱れるのでしょうか。 思春期 第二次性徴に伴い、初潮を迎えますが、卵巣がまだ発達途上の為、女性ホルモンの分泌もバランスを崩しやすい時期です。 この為頻発月経や稀発月経などの月経トラブルや、精神的にも不安定な状態を招きやすく、心身の体調を注意して見守る必要があります。 特に体に負担をかける過激なダイエットは女性の体の成長に悪影響を及ぼしかねませんので、注意が必要です。 更年期 更年期になると、卵巣機能の低下に伴い、女性ホルモンは分泌量が減少し始め、徐々に閉経へと向かいます。 エストロゲンの分泌減少で肌のバリア機能は低下するため、敏感肌・乾燥肌に悩まされるようになったり、生理周期が短くなる・長くなるなど、月によって乱れが伴うようになります。 また、めまい、頭痛、だるさ、イライラ、落ち込み等の不快な更年期症状も引き起こします。 そして徐々に生理周期が長くなり、ひと月に1回・ふた月に1回と間隔が空き、閉経を迎えます。 誰でも通る道ですが、症状の強弱や感じ方にはかなりの個人差があります。 ストレス 女性ホルモンの分泌を指示する視床下部のすぐ近くに、感情コントロールを司る扁桃体があります。 この為エストロゲンの分泌は特にストレスの影響を受けやすいとされています。 動物性脂肪 焼き肉やステーキ・パンケーキ、ファストフードや唐揚げなど動物性脂肪の高い食生活は、女性ホルモン・エストロゲンの過剰な分泌を高める作用があり、生理不順の原因になることもあります。 脂肪分・糖分の多い食事は控え、低カロリーなタンパク質を多く含む赤身の肉や魚、野菜、大豆製品、ナッツなど美肌にもよいと言われるバランスのとれた食生活を心がけましょう。 睡眠不足 睡眠中は多くのホルモンが分泌されますので、寝不足はホルモン分泌を乱す原因となります。 特に寝ついてから3時間の間がもっとも分泌されやすいと言われますので、この時間帯に質の良い睡眠がとれるように、衣類、寝具、室温、香りなどを工夫しましょう。 女性ホルモンと肌の関係 女性ホルモンはどのような働きで美肌作りに貢献してくれているのでしょうか。 女性の生理周期は月経・卵胞期・排卵期・黄体期と4つのサイクルを繰り返しています。 このサイクルに合わせてエストロゲンとプロゲステロンは分泌を増減させています。 卵胞期~排卵期 生理が終わってから排卵期までの期間(卵胞期)はエストロゲンの分泌が最も高まり、肌のバリア機能も高くなる、いわゆる肌にとっていいことづくめのゴールデン期間です。 エストロゲンは妊娠に向けてボディをふっくらさせる働き・コラーゲンを生成させる働き・自律神経を安定させる働きがあります。 つまり、エストロゲンが十分に分泌されることで、肌のターンオーバーのリズムも整い、紫外線の影響も受けにくく健康的な肌を維持することができるのです。 この卵胞期には肌の保湿力を左右するヒアルロン酸やセラミドも多く分泌されるため、ハリと潤いのある、調子のよいお肌を実感することができます。 排卵期~黄体期~月経 排卵日以降の黄体期、月経期間は肌バリア機能が落ちていく時期。 肌が敏感になり、コスメや生活習慣の影響を受けやすなります。 プロゲステロンは皮脂の分泌を高めるので、ニキビも出来やすくなります。 この期間は、新しい化粧品で肌荒れを起こす、いつものスキンケアで吹き出物が出るといった肌トラブルも起こりやすい為、肌に刺激を与えるようなスキンケア(ピーリングやスクラブ、シェービング等)や、新しいコスメを試すこと等はやめておいた方が無難です。 寝不足や動物性脂肪の摂り過ぎなどに気をつけ、たっぷりの睡眠をとり、栄養バランスのとれた食事を意識しましょう。 生理周期に合わせたスキンケアを 女性ホルモン分泌量の変化に合わせてスキンケアも工夫することで、肌トラブルを防ぎ、健康的な素肌を維持することができます。 月経・卵胞期・排卵期・黄体期と4つのリズムに合わせた、特別なスキンケアを意識してみましょう。 月経 月経中は肌がデリケートに傾きます。 ピーリングや新しい化粧品の使用は避けた方がよい「守りの期間」。 いつもと変わらない丁寧なスキンケアを心がけたい時期です。 卵胞期 女性ホルモン・エストロゲンの分泌も増え、素肌のバリア機能も高まる為、積極的なスキンケアをおこなえる「攻めの期間」です。 ピーリングや脱毛・美白ケアなどはこのタイミングに行うのが安心です。 新しいコスメを試すのにも最適。 肌の調子が上向く時期ですので、ファンデーションやメイクのノリもとても良くなります。 排卵期 女性ホルモン・エストロゲンの分泌もほどよくあり、バランスのとれた状態が継続しています。 ただし、排卵期後半は皮脂の分泌が高まりややオイリー肌になるため、食生活のバランスに気を配ることも美肌の秘訣です。 黄体期 エストロゲンの分泌が低下してプロゲストロンの分泌が高まるため、肌はゆらぎが目立つ不安定な状態になり、毛穴の開きや吹き出物など、肌トラブルが気になりやすい時期。 肌のコンディションを安定させるためにも、睡眠不足や疲労をため込まないようスケジュールに余裕をもつことも必要です。 やや脂性肌に偏るこの時期は、クレンジングや洗顔での洗い残しに気をつけ、スキンケアも刺激の少ないものを選びましょう。 また、紫外線の影響を受けやすい肌になるので、日焼け止めを忘れずに、日傘や帽子等も活用し、肌への負担を減らすことも大切です。 女性ホルモンを整える方法 エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが崩れれば肌荒れの原因となる為、美肌の為には女性ホルモンのバランスを整えていくことがとても大切です。 薬に頼ったりせず自然にホルモンバランスを整えていくにはどうすれよいのでしょうか。 基礎体温の計測 ホルモンバランスを知る為には基礎体温の計測が一番正確です。 妊活していない人でも、普段から自分のホルモンバランスをチェックしておくことは、自分の現在の体調を知る為に、また将来の妊活の為にもとても役立ちます。 専用の婦人体温計を使って、なるべく毎日同じ時間、起床時に身体を安静にしたまま舌下で計測します。 グラフに記録をし、おりものや不正出血、腹痛、セックスの有無、月経の経血量などもあわせて記録していきましょう。 最低でも3ヶ月記録すると、低温期と高温期、排卵の有無、妊娠の可能性等がよく分かります。 基礎体温は低温期と高温期の2期に別れており、両者の差が0. ホルモンバランスが乱れていると、高低のはっきり別れた2層になりません。 もし排卵が不定期、高温期と低温期がきれいに別れない等が見て取れるた場合、ホルモンのバランスが乱れていると言えるでしょう。 エストロゲン分泌を整える食事 外食やコンビニフード続きではバランスが崩れます。 毎日気をつけるのが難しい場合は数日単位、あるいは1週間単位でも構わないので、バランスがとれているか意識していきましょう。 また、女性ホルモンのバランスを整えやすくしてくれる、大豆イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳等から、手軽に摂ることが出来るのでおすすめです。 ちなみに、大豆イソフラボンは、1日あたり約70 mg~75mgの摂取が推奨されています。 納豆なら2パック・豆腐なら1丁・油揚げなら6枚強がその目安。 その他、女性ホルモンの分泌を促してくれたり、整えてくれる注目の成分はマカ・プラセンタ・ボロン・チェストツリー・レッドクローバー・ボロン・ホップ・ブラックコホシュ・ローヤルゼリー・ビタミンE・ビタミンB6など。 これらの成分はサプリメントを利用するのがオススメです。 こちらも参考に 睡眠や休息をきちんととる 仕事や学業等で疲労がたまるとホルモンバランスは崩れやすくなります。 ぬるいお風呂に浸かる、リラックスできる音楽を聴く、早く寝る等、心身の休息を毎日意識してとることが重要。 軽いストレッチや屋外のウォーキングも質のよい睡眠に有効です。 睡眠中は女性ホルモンだけでなく、様々なホルモンが分泌されます。 自律神経を整える為にも、睡眠時間をきちんと確保する努力は必要です。 メリハリをつけた生活 仕事が忙しい、学業が終わらない等様々な理由で夜遅く迄活動せざるを得ないとしても、休む時は休むというスタイルがストレス解消に役立ちます。 脳を休ませることがホルモン分泌を整えるには非常に重要。 いつも疲れている、イライラしていると、脳が指令をうまく出せなくなる為、ホルモンバランスが乱れていきます。 極端なダイエットをしない 食事制限を伴う極端なダイエットは一時的に体重が減少しても、高確率でリバウンドしますし、ホルモンバランスを崩す原因になります。 ひどい場合には無月経や月経異常を引き起こし不妊の原因になることも。 長い目で少しずつ痩せる程度の多少の制限はいいのですが、強い我慢を強いるようなダイエットはやめましょう。 軽い運動 軽い運動やストレッチは自律神経も整え、ホルモン分泌を整えるにも効果的です。 少しずつ、身体を動かす習慣をとりいれたいもの。 ウォーキングや、踏み台昇降等、お金をかけずに即始められるものがおすすめ。 禁煙・節酒のすすめ タバコを吸うと血行不良になることはよく知られていますが、卵巣の働きにも悪影響を与えます。 また過度な飲酒もホルモンバランスを乱す原因となります。 ホルモンバランスが乱れている自覚がある方は、できれば禁煙、節酒するのがベターです。 温活 手足の血行不良による冷え性もホルモンバランスを乱す原因の一つです。 お腹や手足を中心に身体を冷やさない工夫、身体を冷やす飲み物や食べ物を摂らない等、意識して温活していきましょう。 冷えの改善についてはこちらの記事も参考に.

次の