待っ て た ぜ この 時 を よ。 犬がトイレの前で飼い主を待っている時の心理4つ

吉本興業、3カ月半ぶり“客入れ” 西川きよし「待ちに待ったこの日がやっと…」(2020年6月20日)|BIGLOBEニュース

待っ て た ぜ この 時 を よ

6月26日にスタートする綾野剛さんと星野源さんダブル主演の連続ドラマ「MIU404(ミュウ ヨンマルヨン)」(TBS系、金曜午後10時)の合同取材会がこのほど、リモートで行われ、綾野さん、星野さんが参加した。 当初は4月スタート予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。 綾野さんは、「もしかしたら中止になる可能性もゼロではなかったと思う。 (撮影が)再開できたことに感謝するとともに、現在の最高のパフォーマンスを皆さんに届けるという気持ちでいっぱいです」と感謝しながら、「みんな、待たせてごめんね。 でも待っててくれてありがとう。 愛ですね」と視聴者へメッセージを送った。 綾野さんは、「『必ず再開するんだ』という気持ちを一日たりとも忘れたことはなかった」と心境を明かした。 撮影休止期間中は、キャスト、スタッフと連絡を取り合っていたという。 「逆に時間が生まれることによって、(脚本を手がける)野木(亜紀子)さんも良質な台本を書ける時間が伴っていて。 一方、星野さんは、「3月末の時点で撮影しているのって、正直つらかった。 やっていていいものだろうかと悩みながらもやっていた。 でも僕はエンターテインメントは必要だと思うので、どうしようもない思いだった」と率直な思いを告白。 撮影再開後については、「もうすでにチームができあがっている状態で再開なので、ブランクある感じはしなかった」と明かした。 綾野さんは機動力と運動神経はピカイチだが機捜経験がなく、刑事の常識にも欠ける伊吹藍(いぶき・あい)、星野さんは観察眼と社交力にたけているものの、自分も他人も信用しない理性的な刑事、志摩一未(しま・かずみ)を演じる。 タイトルの「MIU」は、「Mobile Investigative Unit(機動捜査隊)」の頭文字で、「404」は綾野さんと星野さんが演じる機動捜査隊員の2人を指すコールサインだという。 伊吹の印象について、「いつも、とにかく機嫌がいい。 切り替えが早くて、悩まない。 僕はこういう友達がいっぱい欲しい(笑い)」と明かした綾野さん。 「少年マンガを読んで伊吹を形成した」といい、「あんまり『演じている』という感覚はないですかね」と話す。 「自分を捨てて、役に成りきるというのはとてもいいことだと思いますが、僕はさんざんそのやり方をやってきて、もういいかなと。 新たなやり方で自分のいいところをちゃんと伊吹にもアウトプットしていく。 自分らしくやらせてもらっている」と表現し、「それぐらい整っちゃっているんですよ。 脚本も現場も共演者も星野源という人も。 (伊吹については)芝居で語っているので、ドラマを見てもらうのが一番いいなと思っています」と力を込めた。 約2年半ぶりの共演となるが、綾野さんは「2年半もたっているんだなとちょっと驚いています。 (星野さんと)連絡を取り合っていたから、っていう一言では終われない感覚。 命を扱う『コウノドリ』という作品で共に戦ってきた戦友であるという感覚が僕には強い」と表現した。 綾野さんは、「話を増す中で、(星野さんが)僕と一緒にいないシーンも増えてきた。 そうするとね、『どんな表情しているんだろうな、今日の源ちゃんは』とか、『このシーン、どんな顔でやっているのかな』って気になる」と告白。 星野さんは、「ははは」と笑いながら、「『コウノドリ』のときは、(星野さんは)ほとんどしゃべらない役でしたし、剛くんも基本的に優しい役でした。 今回は二人ともそれとは対照的な役で、会話が多い。 会話の芝居がたくさんできるというのは、すごく楽しい。 ここまで振り幅が違うところに二人で行っているというのは、見てくださる方々も楽しんでもらえるんじゃないかな」と手応えを語っていた。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

ブライトバイテ、バルサ初ゴールに「この時をずっと待っていた」

待っ て た ぜ この 時 を よ

吉本興業は19日、大阪・なんばグランド花月 NGK など全国5劇場で、観客を入れた公演を再開した。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月2日から観客の入場を取りやめて以来、約3カ月半ぶり。 NGKでは、、、、が公演に先立ち記者会見を行った。 そして19日、なんばグランド花月、ルミネ the よしもと、よしもと幕張イオンモール劇場を加えた全国5劇場で、入場者を大幅に減らして観客同士の距離を1. 8メートル以上確保したり、消毒、換気を徹底したりするなど、綿密な感染予防対策をとった上で観客を入れた公演を再開した。 NGKで公演に先立ち行われた記者会見では、それぞれの間にアクリル板が設置される中、桂文枝、西川きよし、中田カウス、桂文珍は、久しぶりの舞台に笑顔を見せた。 桂文枝は「せっかくの日なのに雨。 この舞台にやっと立つことができました」とあいさつし、「やっとここまで来たなという感じ」と感慨深げ。 「吉本のベテラン4人の再会が本当にうれしい。 僕ら全員、70歳を超えているので、感染したらどうしようと思っていました」と話した。 西川きよしは「待ちに待ったこの日がやっと、帰ってきました! 」と喜びを爆発。 アクリル板を指して、「まるでゲートインしているような、キタサンブラックの気持ちです」と冗談を交えつつ、「通常公演は心をひとつにしてお客様の爆笑の声を聴かせていただきたい。 一朝一夕といきませんが、今こそ小さなことからこつこつと。 大きな笑いを皆さんにお約束して頑張りたいです」とおなじみのセリフで締めた。 中田カウスは、アクリル板越しに隣の文枝の方を見て「こう見たら、文枝さんがはっきり見えるはずやのに、僕しか映ってない」と、アクリル板が意外と反射することを紹介。 「若手が漫才をやっていたけど、自分の姿が映るから非常にやりにくかったと思います」と気遣い、「今はこういう状況ですが、きっと アクリル板が 取り外されると思います」と期待を込め、さらに「大阪が元気になっているのかどうかは、なんばグランド花月が営業しているかどうかが指針。 今日からさらに、大阪が元気になり、景気がよくなると思います」と笑顔で語った。 桂文珍も「久しぶりに舞台に立ち、感無量です」と感慨深げ。 「これからもお客様あっての落語、お客様とともに笑いを作っていくということだと思います。 無観客もやらせてもらおうと思いましたが、無観客にもそれなりの面白さがあるようです。 スベってもわからないというよさもあるし、いろいろ考えまして。 『いや、まだ早いで』と」と笑わせた。 C 吉本興業.

次の

香取慎吾、パラリンピックSPサポーター就任に「この時を待ってました」

待っ て た ぜ この 時 を よ

待ちに待ってた、三度目の正直! T山さんの初飛びチャンスがやってきました! だれもいない空を、独り占め。 尾崎さんの無線にも応答できちゃうくらい、余裕の感じ。 当面のご利用は、完全予約制 前日18時までに とさせていただきます。 学科は室内では行わず、引き続きオンラインで開催してまいります。 手洗い、咳エチケット、3密対策を徹底して営業いたします。 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。 また天候や予約状況により、臨時休業を設けさせていただく場合がございます。 休業案内は、ブログにてお知らせいたします。 なお、社会情勢により営業内容が急遽変更になることがございます。 何卒ご了承くださいませ。

次の