つるぎ みゆき。 NHK番組表・トップページ

Life is Songs

つるぎ みゆき

13)宝塚入団後は剣さんは男役として活躍しました。 常に前向きだった剣さんは、しかしある悩みを抱えていました。 それは男役としては背が高くないことです。 14)「入って直ぐ、私ちっちゃいなーと思いましたから、10年ぐらいは大きく見せようとして、頑張って踊ってみたり、人より手を高く上げたりとかって、考えて踊ってみましたけど、力が入り過ぎているんですよ、そうゆう時の踊りって。 はっちゃきに頑張るから、頑張れば頑張るほど、ちっちゃく見えちゃうんですね。 」 15)「反(かえ)って、もういい、私はちびなんだから、そのちびを活かして、ちびでしか出来ない包容力とか、違う事で芝居を何とかするようにすれば、それはそれで、ちっちゃくてもありかなって、思いましたね。 それでストーンと、ちっちゃくてもいいんだって、ぼーと立った時に、あれ、もしかして私、大きく見えてかもって、分かるんですよ、何となく。 その方が余裕を持った男役を演じられるんですね。 余分なものが、どんどん削(そ)げていって、何も要らない、ストーンと立っている方が一番すっきり見えて、大きな男に見えてるって、自分でも感じるんですね。 ありのままの自分を曝(さら)け出して、何で自分が小さい事を隠そうとしていたんだろうって。 身長が162センチなのに、164センチって書いていたんですよ。 もういい、小さいものは小さい、嘘はつかない、ありのままの私ですって見せなきゃあって思えた瞬間、凄く気が楽になって、余分なものが取れて、すっきりして、そしたら皆に舞台の外で会った時に、剣さんって、こんなに小さいんですかって、言われる様になったんですよ。 あ、(舞台で)大きく見えてるんだって。 」 16)ありのままの自分を受け入れた剣さんは5年の間、トップスターとして人々を魅了し、宝塚を退団後の現在は女優として舞台で活躍しています。 (剣さんの項、終わり).

次の

剣幸の本名と年齢は?

つるぎ みゆき

宝塚歌劇団月組の男役トップスターとして数々の名作を残す。 なかでも『ミー&マイガール』は1年間の続演という、宝塚史上初の記録を樹立した。 2016 年には「宝塚歌劇の殿堂」顕彰者に選出される。 退団後も舞台を中心に活動し、 菊田一夫演劇賞、読売演劇大賞優秀女優賞等を受賞している。 主な作品に「この森で、天使はバスを降りた」「兄おとうと」「ハロー・ドーリー!」( 2013 年度ミュージカル女優ベスト1)「エリザベート」「繻子の靴」(日本初演)ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」吹替など。 ライフワークである「 kohibumi concert 」のコンセプト CD のセルフプロデュースや TV 「 NHK 短歌」司会を務めるなど、活動の幅を拡げている。 元宝塚歌劇団月組男役トップスター。 宝塚時代は哀愁漂う二枚目男役から狼男、「風と共に去りぬ」のスカーレットなど幅広い役柄を演じ、ファイナル公演のパレードに集まったファン約 1 万人に見送られ、 2001 年惜しまれつつ宝塚歌劇団を退団。 退団後は歌手として 12 枚のソロ CD のリリースを始めコンサートの他、女優として舞台、 TV と幅広く活躍。 近年の主な出演作としてはミュージカル『アダムス・ファミリー』モーティシア役、 WOWOW『連続ドラマ W イアリー 見えない顔』、コンサート『坂東玉三郎 越路吹雪を歌う「愛の讃歌」』等。 また『大手町プレイス』グランドオープン記念ステージにも参加した。 2015年5月星組男役トップスターに就任。 2017年4月に北翔海莉1stアルバム「Alrai〜エルライ〜」をリリースし、「ALL JAPAN TOUR 2017」を開催。 2017年9月〜10月にはブロードウェイミュージカル「パジャマゲーム」にて主演。 2018年5月「蘭RAN]にてダブル主演。 2019年3月には明治座「ふたり阿国」にて主演。 現代能「マリー・アントワネット」に出演する他、数々のコンサートやディナーショーにて活躍の場を広げている。

次の

剣幸の情報 (つるぎみゆき) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

つるぎ みゆき

宝塚歌劇団月組の男役トップスターとして数々の名作を残す。 なかでも『ミー&マイガール』は1年間の続演という、宝塚史上初の記録を樹立した。 2016 年には「宝塚歌劇の殿堂」顕彰者に選出される。 退団後も舞台を中心に活動し、 菊田一夫演劇賞、読売演劇大賞優秀女優賞等を受賞している。 主な作品に「この森で、天使はバスを降りた」「兄おとうと」「ハロー・ドーリー!」( 2013 年度ミュージカル女優ベスト1)「エリザベート」「繻子の靴」(日本初演)ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」吹替など。 ライフワークである「 kohibumi concert 」のコンセプト CD のセルフプロデュースや TV 「 NHK 短歌」司会を務めるなど、活動の幅を拡げている。 元宝塚歌劇団月組男役トップスター。 宝塚時代は哀愁漂う二枚目男役から狼男、「風と共に去りぬ」のスカーレットなど幅広い役柄を演じ、ファイナル公演のパレードに集まったファン約 1 万人に見送られ、 2001 年惜しまれつつ宝塚歌劇団を退団。 退団後は歌手として 12 枚のソロ CD のリリースを始めコンサートの他、女優として舞台、 TV と幅広く活躍。 近年の主な出演作としてはミュージカル『アダムス・ファミリー』モーティシア役、 WOWOW『連続ドラマ W イアリー 見えない顔』、コンサート『坂東玉三郎 越路吹雪を歌う「愛の讃歌」』等。 また『大手町プレイス』グランドオープン記念ステージにも参加した。 2015年5月星組男役トップスターに就任。 2017年4月に北翔海莉1stアルバム「Alrai〜エルライ〜」をリリースし、「ALL JAPAN TOUR 2017」を開催。 2017年9月〜10月にはブロードウェイミュージカル「パジャマゲーム」にて主演。 2018年5月「蘭RAN]にてダブル主演。 2019年3月には明治座「ふたり阿国」にて主演。 現代能「マリー・アントワネット」に出演する他、数々のコンサートやディナーショーにて活躍の場を広げている。

次の