まちカドまぞく 円盤 売上。 まちカドまぞくで『円盤』が話題に!

【まちカドまぞく】2期制作の可能性は高い!?放送はいつか

まちカドまぞく 円盤 売上

出典 : Amazon. jp 2019年夏のきららアニメ 『まちカドまぞく』の 2期が制作される可能性についてまとめました! 現在の人気、そして過去に2期が作られたきららアニメとの比較などから、シャミ子たちの活躍を再びアニメで見られるかどうかを徹底検証します! 「シャミ子が悪いんだよ」で百合ファンのハートをゲット!! 独特のセリフ回しも話題に 出典 : Amazon. jp 『まちカドまぞく』は2018年秋に放送された『アニマエール!』以来となるきららアニメとして、2019年夏に放送されました。 きららアニメが2クールにわたって放送されないのは、2011年春『Aチャンネル』~2012年冬『キルミーベイベー』の時以来。 きららアニメに飢えていた 日常アニメファンにとっては待望の作品でした。 その背景もあり、まちカドまぞくは放送前の期待度アンケートにおいても、dアニメストア「2019年夏アニメ、何を見る?」26位、アニメ!アニメ!「2019年夏アニメ 期待値の高い作品は?」18位、eb-i Xpress「2019年放送 夏アニメ 総合ランキングTOP20」圏外……と 芳しくない結果に終わっています。 この流れは、放送が始まってからも大きな変化はありません。 第1話「優子の目覚め!! 家庭の事情で今日から魔族」放送終了後は、原作者・伊藤いづも先生のセンス溢れるセリフ回しやテンポの良い掛け合い、シャミ子のポンコツ可愛さに称賛の声があがる一方、千代田桃(ちよだ もも)の性格がこの時点では掴み辛い点、擬音や掛け声を文字化した演出には賛否があり、評判としては 「まずまず」くらいという印象でした。 実際、1話放送の直後にBlu-ray・DVD(円盤)の予約受付がスタートしましたが、 当時はあまり予約状況は芳しくなかったようです。 その後、「この回を境に状況が一変した!」というわかりやすい転機こそありませんでしたが、 放送を重ねるごとにシャミ子の可愛さがネット上で話題となり、評判も上昇。 また、第3話あたりから シャミ子と桃の関係も明確になり、 百合ファンを喜ばせる描写が増え始め、ファンアートも次第に増加します。 そして、その中の1つとして投稿された ファンアートをきっかけに、イラスト内での桃の 「シャミ子がわるいんだよ」というセリフが大流行します。 作中では一度も言われていないセリフですが、 いかにも桃が言いそうなセリフということで人気を博し、Googleの検索で「シャミ子」と入力すると検索候補に「シャミ子が悪いんだよ」が出てくるほど定着しました。 この一連のブームで作品知名度も上がり、シャミ子と桃の関係もどんどん深まっていったことで中盤以降は大いに盛り上がり、特に終盤は放送がある度に 円盤予約チャートも大幅上昇。 その結果、第1巻が発売される前に あらゆるネットショップで売り切れてしまいます。 更に 原作コミックスを買い求める人も続出したため、こちらも 各ショップで品切れ状態となり、アニメ最終回を迎える頃には全国各地で 「シャミ子ロス」が発生する事態となりました。 円盤・原作とも売切れ続出!! きららアニメに立ちはだかる壁を突破せよ 出典 : Amazon. jp 前述したように、まちカドまぞくの円盤1巻は発売前に完全品切れ状態になってしまったこともあり、1周目の売上は 約3,300枚という結果になりました。 その後は無事再出荷され、2020年2月現在、 5700枚にまで伸びています。 その後発売された円盤も好調を維持。 1巻同様にイベントチケット優先販売申込券を封入した2巻はもちろん、イベチケのない3~4巻でもそれほど売上を落とさず、 平均5000枚を突破しました。 近年は円盤不況もあって、5000枚の売上を記録する作品はかなり少なくなっており、そのラインを突破したとなれば2期濃厚、いや確定と言い切ってもいいくらいですが…… きららアニメの場合は話が別。 近年でも かなり売れないと2期が作られていないのが現状です。 また、『ゆゆ式』は本放送時こそ平均3,000枚でしたが、2年後に発売されたBlu-ray BOXは4,000セット以上売れ、合計すると約7,000枚。 しかも2017年に発売したOVAは10,000枚以上の高セールスを記録しましたが、それでも2期は作られていません。 同様に、Blu-ray BOXが6,000セット売れた『キルミーベイベー』も2期制作は行われていないのです。 とはいえ、これはあくまで 過去の事例。 『NEW GAME!』は当時の最低ラインだった『きんモザ』に届かずとも2期が作られている訳ですから、まちカドまぞくに同じことが起こっても何ら不思議ではありません。 それに、円盤売上以外にも2期を後押しする 好結果が幾つかあります。 その1つが 原作への影響です。 「きららアニメは2期のハードルが高い」ということは、 「芳文社(きららの出版社)は2期のハードルを高く設定している」と言い換えることもできます。 よって、アニメを放送したことによって原作がどれだけ売れたかは、2期を占う重要な要素と言えます。 アニメ化以降、まちカドまぞくの原作コミックスには 複数回の重版がかかりましたが、それでも在庫切れの書店が数多く見受けられ、2020年2月現在も品薄状態が続いています。 ここまで長期的に品不足が改善されていないとなると、アニメ2期発表に合わせて大重版を行う計画なのでは……と邪推したくなるくらいです。 それは考え過ぎかもしれませんが、需要に対して供給不足が続いているのは、アニメ放送による一過性の人気ではなく、 本格的にファンが増えている証と言えるでしょう。 アニメ公式アカウントのフォロワー数が放送後も伸び続けている点も見逃せません。 放送終了直後の2019年9月30日には3万人だったフォロワー数が、2020年2月9日の時点で 4万2000人にまで増えているのです。 「これもしかしたら2期の方が売れるんじゃないの?」と思わせるくらいの伸びです。 また、 グッズ売上も非常に好調。 2019年11月16日に開催されたイベントでは物販コーナーの 全ての商品が売り切れとなり、KOTOBUKIYAが販売したシャミ子のフィギュア(危機管理フォーム)は 即座に完売するほどの人気で、早くも第2弾の制作が決定しました。

次の

まちカドまぞくで『円盤』が話題に!

まちカドまぞく 円盤 売上

原作… 伊藤いづも 4コマ漫画• ジャンル…日常 コメディ 魔法少女• アニメーション制作…J. STAFF• 放送期間…2019年7月〜9月 魔法少女や魔族が出てきますが、 日常を描いたゆるふわコメディですね。 主人公が弱すぎて、敵の魔法少女に心配されて仲良くなる切り口は斬新で引き込まれました。 後半からは少し真面目でシリアスな要素も混じり、最後まで飽きずに楽しめました。 そんな「 まちカドまぞく」ですが、 待望の2期の可能性はあるのでしょうか?分析していきます。 まちカドまぞく 作品データと実績から2期を考察 作品データと実績を見ながら『まちカドまぞく』2期の可能性を分析していきます。 原作ストック、円盤売上、その他の収益源などから多角的に見ていきます。 結論がいち早く知りたい方はをクリックして先に進んでください。 まちカドまぞく 原作ストック そもそも、原作が無ければアニメで続きが物理的にできないので、原作ストックを見ていきます。 『 まちカドまぞく』の 原作漫画は、現在 5巻迄が発売されていて現在も連載中の作品です。 その内アニメでは、2巻迄を使用しました。 まちカドまぞく 円盤(Blu-ray&DVD)の売上データ アニメの続編制作において円盤売上は超重要です! 続編制作が決まる 円盤売上の基準が 平均4,000枚と言われております。 それだけ売れれば アニメの制作費は黒字化される場合が多く、お金を出して アニメを作る委員会が儲かるからですね。 儲かるなら、続編を作ろう!そうした ビジネス的な意思決定が 制作委員会でなされます。 結論から申し上げると、 円盤売上という観点ではまちカドまぞく2期の制作の可能性は高いです。 まちカドまぞくの円盤売上は下記です。 01巻…合計 5,711枚 02巻…合計 5,426枚 03巻…合計 4,483枚 続編制作ラインの4,000枚は優に超えていますね。 日常系ジャンルでこの売上は大ヒットに入ります。 円盤売上の観点では2期の可能性は高いです。 その他の収益もあれば、2期の可能性は強固なものになるので次で見ていきます。 まちカドまぞく 原作漫画の売上から2期を分析 まちカドまぞくは漫画が原作なので、原作が売れれば2期の可能性も上がります。 結論から言うと、アニメ化の影響で原作は売れすぎて品薄になりました。 【まちカドまぞく漫画・BDの品薄についてご報告】現在、まちカドまぞくの単行本各巻とBD・DVDが品薄となっている状況です。 最後に2期が決まった場合に物理的にアニメが作れるかを見ていきます。 もう充分!結論を教えてという方は まちカドまぞくのアニメ制作会社「J. STAFF」の制作状況 まちカドまぞくの制作会社は「このすば」や「ワンパンマン」などを手がけるJ. STAFFという会社です。 STAFF公式サイト J. STAFFが2期の 制作を引き受けないと 物理的にアニメが作れません。 結論から言うと、J. STAFFが続編制作を受ける可能性は高いです。 理由は単純で、売れてる作品だから です。 他にも売れている作品は多数ありますが、年10本以上のアニメを作る大きな会社です。 そのため、 2期が決まれば高い確率で制作を受けるかと思います。 まちカドまぞくの原作漫画を全て半額で購入する方法 まちカドまぞくが面白かったから、原作漫画版も1巻から読んでみたい! そんな風に思う方もいらっしゃると思います。 アニメでは話数の問題で原作が大幅にカットされているため、原作漫画を読む価値はあります。 2クールで14巻分なのでかなりはしょっています そこで、まちカドまぞくを 全巻半額で購入できるお得な方法があるので紹介します。 もちろん、登録は無料です。 月額料金などはかかりません。 DMM電子書籍は、3,000名以上の従業員を抱える大手ECサイト運営のDMM社のサービスです。 どの 電子書籍サービスよりも安く「まちカドまぞく」をまとめ読みすることができます。

次の

<意外な作品が爆死?>2019夏アニメDVD・BD(円盤)売上ランキング!<覇権?爆死?>|深淵のサルベージ~アニメ・漫画・映画をとことん楽しむブログ~

まちカドまぞく 円盤 売上

2019年夏アニメ円盤売上結果 アニメ2期、3期決定の基準と言われるのが円盤売上5,000枚以上。 その5,000枚以上を達成したのが 『あんさんぶるスターズ! の約15,000枚』と『スタミュ3期の約6,700枚』の女子向け作品を除けば、『戦姫絶唱シンフォギアXV(5期)の約13,000枚』の1作品のみ。 なので、僕ら男性陣にとっての2019夏アニメの円盤覇権は戦姫絶唱シンフォギアXVとなりました。 さすがですね、3期・4期と続いて連続の1万超え。 ただし、シンフォギアに関しましてはこれが最終章なので、それをひっくり返したりでもしなければ続編はありません。 また、 売上が下がった今なら3,000枚以上売れれば続編はあるよ なんていう意見もあるので、次にもうちょっと基準を下げて3,000枚オーバーの作品も対象に。 3,000枚以上売れたのは、 『ロード・エルメロイII世の事件簿の約4,200枚』『まちカドまぞくの約3,800枚』『ダンベル何キロ持てる?の約3,500枚』の3作品となります。 ちなみに、これ以外の作品は全て3,000枚以下。 ただし、 その他の人気どころ『彼方のアストラ』『とある科学の一方通行』『ソウナンですか?』などはまだ円盤が発売されておりません。 これらの円盤発売日はまだまだ先なので、もう待ってられないということで。 この円盤売上の結果を見ると、 円盤売上不振が止まらない とか 2019年夏アニメも不作だった とか未だに言う人がいますが、それは時代の流れを読めてないかなと思います。 そもそも 円盤が売れていた時代は動画配信サイトがなかったですからね。 今は円盤の売上はどんどん落ちますが、一方で動画配信サイトの売上はどんどん増えています。 そりゃ動画配信で観る人が増えれば、円盤の売上は落ちるでしょう。 ということで、 円盤売上5,000枚以上で続編決定は古い!今は動画配信の成績も合わせて見ないといけない。 >> 続編は円盤売上だけでなく動画配信の成績も影響する 実際、 円盤売れなくても続編を決定している作品はどんどん増えてきた。 2019年夏アニメでも、ダンまちなどすでにいくつか続編が決まってますね。 すでに3期が決定しているダンまちは2期の円盤の売上約2800枚となっています。 公式に発表されてないけれども、もう動画配信は円盤の売上を超えているんじゃないかなと思います。 ちなみに、 動画配信の収入は契約料+再生回数の売上となります。 簡単に言えば、ユーチューバーみたいなものですね。 そして、きっとYouTubeよりも条件がいいはず(悪いんだったらYouTubeで配信するでしょうから) そのクールの再生数ベスト5ぐらいに入れば、 全部の動画配信サイトを合わせて1話100万再生ぐらいはされるでしょうね。 YouTubeで100万再生もされればかなりの金額。 それがさらに条件がいい動画配信サイトだったらなかなかの金額になるでしょう(別に契約料もありますしね) この辺、ブロガーともかく、ある程度の登録者がいるユーチューバーだったら予想できると思うのですが、なぜかね未だに円盤売上だけで動画配信の方には触れないですよね。 また、 動画配信は円盤と違ってある程度の収入が読めるという利点もあります。 というのも、動画配信は序盤の調子が良ければ、最終話まである程度は調子がいいまま終わるのですよね。 例えば、序盤でずっとベスト3をキープしていたら、それが最終話でベスト10とかいった大暴落はほぼない。 2019年夏アニメで言うなら、 『ありふれた職業で世界最強』は1話目からTwitter上で叩かれて、テレビでは途中で切る人も続出しましたが、dアニメストアではずっとベスト3をキープしていたんですよね。 そして、円盤の発売前に2期も決定と。 先ほどのダンまちも実は序盤から動画配信の成績がずっと良かった。 ダンまちとありふれたは動画配信の成績を見て続編やろうと決めたのかもしれません。 もちろんね、放送前から続編を決めていたパターンもありますが、放送期間も1年以上は空きますし、動画配信の動向を見てから決めた可能性もあるんじゃないでしょうか。 ということで、 わたくしは円盤の売上だけでなく動画配信の成績、そして原作があるものは出版社もスポンサーになることが多いので、原作の売上も考慮して推理していきます。 からかい上手の高木さん3期 高木さん2期の円盤売上は約2,800枚。 2018年のアニメ1期が約7,000枚だったので半分以下になっちゃいましたね。 原作漫画の方も1期のときにかなり伸びたので、2期ではやはりそこまで伸びておりません。 動画配信の方は高木さんはネットフリックス独占配信なので、再生数は不明となっております(ネットフリックスが公開してないので) ただ、ネットフリックス独占配信だと契約料ががっぽりなので、この時点である程度の成功は約束されております。 で、 アニメ3期ですが原作ストックがもうないので、やるにしても数年は待たないと難しい状態。 オリジナルを入れるなりして、がんばれば出来ない状態ではありませんが。 とはいえ、それなら売れまくりの高木さんのスピンオフである『からかい上手の(元)高木さん』をアニメ化するという方法も。 高木さんの作者である山本崇一朗先生の『くノ一ツバキの胸の内』 『それでも歩は寄せてくる』の2作品も売れまくりと、これら3作品をアニメ化する可能性の方が高そう。 元高木さんはもちろん、残り2作品も山本崇一朗ワールド爆発なラブコメですから(元高木さんは作者が違いますが) これら全てを含めて、 山本先生作品のアニメ化が再び決まる可能性は…80%!と予想させていただきます。 >> まちカドまぞく2期 まちカドまぞくの円盤売上は最初に言った通り約3,800枚。 円盤は売り切れ続出で再生産もしたので、もう少し伸ばして4,000枚は突破しそうですね。 ノーマークだっただけに、2019年夏アニメの台風の目となりましたね。 ただ、動画配信に関してはトップ10にも入れなかったのでイマイチ。 原作漫画の売上もベスト5にも入ってませんでしたが、アニメ終了間近から売れ出して増刷決定! これらの成績を含めて アニメ2期の可能性は…70%!と予想させていただきます。 きらら系は売上の調子がいいと続編を決めやすいのでその分も数字を上乗せしました。 >> ダンベル何キロ持てる?2期 ダンベル何キロ持てる?の円盤売上も最初に言った通り約3,500枚。 2019夏を一番沸かせた作品の割には円盤売上伸びなかったですね~ 動画配信は最初はトップ10前後でしたが、どんどん再生数を伸ばして最終的にはトップ5に迫るぐらいの成績に。 原作漫画の売上は第4位。 アニメ放送前から1巻の売上を9. 6倍にナイスバルク!状態にw これらの成績を全て含めて、 ダンベル何キロ持てる?のアニメ2期の可能性は…70%!と予想させていただきます。 売上の総合力は3つの中で一番いいんですけれども、話題No. 1だった割には売上面では一つもNo. 1取ってないんですよね~ その点が伸び代がないと取られる可能性も含めて少し下げて70%としました。 >> 『ダンベル何キロ持てる?2期、まちカドまぞく2期、からかい上手の高木さん3期』2019年夏アニメ続編予想まとめ 3作品とも十分続編の可能性あり。 うまくいけば3つ共、決まるかもよ。 >> >>.

次の