むつ ざわ スマート ウェルネス タウン。 むつざわスマートウェルネスタウン株式会社

むつざわスマートウェルネスタウン・道の駅・つどいの郷 一部臨時休館のお知らせ

むつ ざわ スマート ウェルネス タウン

未経験からもスタートOK! 簡単な業務ばかりで、オープン前研修もしっかり行います! オープン後もしばらくは社員スタッフがフォローするので 初心者・仕事復帰の方も安心して始められます。 val04. replaceAll " 別途? 残業代 別途? val25. replaceAll " 土 ・ ・ 曜日・ 曜・ 曜日・ 曜・? 日 ・ ・ 曜日・ 曜・ 曜日・ 曜・? replaceAll " 週 月? 未経験からもスタートOK! 簡単な業務ばかりで、オープン前研修もしっかり行います! オープン後もしばらくは社員スタッフがフォローするので 初心者・仕事復帰の方も安心して始められます。 店舗・職種により異なります 茨城県・千葉県・東京都の各店舗• ライフサロンカインズ佐倉店(千葉県佐倉市寺崎北6-2-6) ライフサロンベイシア八街店(千葉県八街市八街は20-1)• A90718078170.

次の

むつざわスマートウェルネスタウンは無電柱化もされた、先進的環境配慮型の優れたまちづくりです!

むつ ざわ スマート ウェルネス タウン

台風・豪雨災害が続き、大規模停電が被害を広げました。 地産地消のエネルギーは災害対策として、どのように役立つのでしょうか。 千葉県睦沢(むつざわ)町の道の駅の事例と、東京都江戸川区のNPOの取り組みから見えてきたのは…。 (手島陽子) 台風15号(9月9日)による千葉県の大規模停電のとき、温泉を無料開放してテレビで話題になった道の駅「むつざわ つどいの郷」。 温泉は睦沢町の「むつざわスマートウェルネスタウン拠点形成事業」の一環です。 拠点協定を結ぶ 天然ガスの採掘場=千葉県睦沢町 災害時に、温泉を利用した人はおよそ1000人(人口約7000人)。 同施設は、災害時の拠点となる協定を町と結んでいました。 9月1日のオープン間もなく、それが活用されたのです。 同町に住むまゆみさん(40)は4人家族。 大規模停電1日目は妊娠中の大きなおなかでかがみながら、ふろにためた水をたらいに移し、お湯と混ぜて3歳の息子の体を流しました。 「わが家は水をためていたし、ガスでお湯を沸かせた。 断水した家は大変だったと思います」。 2日目、家族4人で温泉を利用。 「あの日はとても暑かった。 息子は皮膚が弱く、15分の制限はありましたけど、シャワーで汗を流せてとても助かりました」 道の駅は、九十九里浜から内陸へ8キロほどのところにあります。 津波や水害のリスクが低いことから、近隣自治体の2次避難所(家屋を失った被災者向け)と、「災害時の後方支援」の役割を果たすため、防災広場を設け、防災食などを備蓄しています。 電力は、太陽光発電と町内で発生する天然ガスで70~80%を賄います。 ガス発電と廃熱利用を組み合わせたコージェネレーションシステム(熱電併給)を採用。 地下水をガス発電の廃熱と太陽熱温水器で温めて、施設内の温泉施設に供給しています。 (図) 町の変革に貢献 スマートウエルネスタウン内に設置されたチェコ製のガス発電機 3年前に、町が資本金の56%を出資して、電力会社「CHIBAむつざわエナジー」を設立。 「エネルギーの地産地消により、地域内での省エネルギーや災害時の電力確保など、エネルギーを有効活用する町への変革に貢献します」とうたいます。 太陽光発電による電力を、8事業者・38施設、91世帯に供給しています。 同町まちづくり課の鈴木政信課長は「ガスが地元産で安いので、電気代を安くしても黒字です」といいます。 利益は公園への運動器具設置などの形で町に還元しています。 台風15号被害で、町内でも長期間の停電が起きました。 東京電力の情報が不正確だったため、役所に抗議電話が殺到しました。 「CHIBAむつざわエナジー」との契約世帯の中にも一部停電がありましたが、5~6時間後に自力で復旧したといいます。 「スマートウェルネスタウン」事業は、人口急減に歯止めをかける狙いもあります。 庭と駐車場がついた1戸建ての町営住宅は、家賃が5~6万円。 徒歩1分の道の駅では、産直野菜や新鮮な魚介類が買えます。 タウン内は電線が地下化しており、鈴木さんは「電柱の倒壊で停電することはありません」といいます。 町民の太陽光発電の設置を支援する制度も。 住宅用の太陽光発電設備を設置するための補助金は、1キロワット当たり4万円、総額の上限は18万円です。 会と党町議要望 日本共産党町議の市原時夫さんは、「平和といのちを考える会」の人々とともに2011年以降、太陽光や木質などエネルギーの地産地消に取り組むべきだと、何度も要望してきました。 「スポーツ観光優先」の睦沢町政に懸念を示しつつも、「3・11以降、大きな価値観の変化が起きた。 千葉県は、風向きが少し違っていたら、原発の影響がもっと深刻だったという危機感は根強い。 そのことが地産地消エネルギーへの転換という町の姿勢につながったのではないでしょうか」と市原さん。 「地産地消エネルギーは、地熱、水力、海の近くならば風力や波力など、地域の特性に合わせてどこでもできる。 自治体が本気になることがカギなのです」 (「しんぶん赤旗」2019年11月9日より転載) Post navigation.

次の

4/1申込開始!睦沢町の賃貸住宅「むつざわスマートウェルネスタウン住宅」

むつ ざわ スマート ウェルネス タウン

大規模停電を免れた「道の駅」があった 2019年9月9日未明、台風15号は中心気圧960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速60メートルという猛烈な勢力のまま、千葉県千葉市付近に上陸した。 千葉市中央区では最大瞬間風速57.5メートル、同県木更津市では同49メートル、同県成田市で45.8メートルを記録し、そのいずれもが観測史上1位の記録となったのだという。 大雨による被害よりも暴風による被害が際立つ典型的な「風(かぜ)台風」である。 同県内では大規模な停電も発生。 同日午前8時20分時点でおよそ64万軒にも及び、全面復旧までに2週間以上を要する非常事態に陥る。 北海道全域で295万戸が停電した昨年9月の「全道ブラックアウト」でさえ、復旧に要した時間は2日間(45時間)である。 まさか21世紀の首都圏で、これほど長期間に及ぶ大規模停電が発生するとは、思いも寄らぬことだった。 そんななか、完全停電を免れた地域があると聞いて驚いた。 同県の内陸部に位置する 睦沢町(むつざわまち)である。 理由があるなら知りたいし、秘訣があるなら教えてほしいと思い、現地を訪ねた。 おしゃれな「町営住宅」 台風15号襲来の際は、睦沢町も9月9日未明の午前4時前後から停電に見舞われた。 停電のピーク時には町内の8割で停電していたとのデータもあるが、地元の実感は「全町真っ暗」。 ほぼ全域で停電が発生した。 前代未聞の非常事態を受け、町の中央部にある「 道の駅むつざわ つどいの郷」(むつざわスマートウェルネスタウン)では、停電からおよそ5時間後の同日午前9時、ガスコジェネ発電機(後述)を起動させ、「道の駅」施設や隣接する町営住宅への電気供給を開始する。 道の駅周辺では電線はすべて地中に埋設されており、電柱や鉄塔の倒壊による影響は一切なかった。 ガスコジェネ発電機 そして、睦沢町の停電が解消する9月11日午前9時頃までの約50時間、「道の駅発電所」は稼働し続けた。 道の駅には温浴施設が併設されており、自宅の風呂に入れない町民のためにシャワーを無料で開放。 停電で防災無線がダウンするなか、噂を聞き付けた人々が行列をつくり、800人ほどが汗を流した。 「お湯が使える」だけのことで、利用者からは大変喜ばれたという。 また、携帯電話の充電ができない町民にも無料充電を可能とした。

次の