吉本 興業 会長 大崎。 【インタビュー】吉本興業会長・大崎洋氏に聞いた!残りのキャリアでやりたいことは?

吉本興業・大崎会長はダウンタウンの元マネージャー!学歴や経歴は?

吉本 興業 会長 大崎

2019年7月20日に行われた宮迫博之と田村亮の記者会見は、世間に大きな衝撃を与えた。 詳細については割愛するが、そこで語られたのは吉本興業、岡本昭彦社長によるパワハラ、そして時代にそぐわぬ 吉本興業の隠蔽体質、 ブラック企業体質であった。 翌21日、自身がレギュラー出演する「ワイドナショー」にて松本人志が一連の騒動に対する見解を発表、事態の収束へ自らが乗り出すことを明かした。 松ちゃんが動くならもう大丈夫……と言いたいところだが、番組を見ていて一点だけどうしても気になることがあった。 やもすれば、いかに松ちゃんとはいえ「 大崎洋会長を私情だけでかばいすぎたら危ないのではないか」と。 ・松ちゃんが守りたいもの 番組内で松ちゃんが何を語ったのか? そちらについては各種サイトをご覧いただくとして、記者は「 松ちゃんが守りたいもの」がよく見えた生放送だったと思う。 これだけの騒動にこのスピード感で対応した松ちゃんは流石の一言で、一連の騒動の行方は松ちゃんの双肩にかかっていると言っても過言ではないだろう。 記者が感じた松ちゃんが守りたいものとは、後輩・お笑い・吉本興業・自分自身と自分自身が築き上げたもの……といくつもが垣間見えたが、その中の1つが冒頭でもお伝えした「 大崎洋会長」である。 番組内で松ちゃんは以下のように語っている。 「(大崎会長が)これ以上、騒ぎが大きくなるようなら自身の進退も……なんて言ってましたけど、それは止めます。 もし大崎が辞めるなら僕も吉本興業を辞めます。 ずっと一緒にやってきた兄貴なんでね」 あまり表舞台に出てくることはないものの、大崎洋会長はダウンタウンの育ての親として知られる人物で、 大崎会長とダウンタウンが今日の吉本興業を築き上げたと言っても大げさではあるまい。 また松ちゃんの言葉を借りるならば、両者の信頼関係は肉親ほど近いものがあるのだろう。 ・吉本興業のトップ中のトップ だがしかし、である。 仮に今後の吉本興業が大崎会長の指揮のもと、世間からある程度は理解される企業に変貌するならば問題はない。 ただ、契約書や最低賃金などの問題をクリアせず 今まで通りの会社運営をしていくならば、大崎会長に批判の矛先が向くのではなかろうか。 問題なのは、大崎会長がビジネスインサイダージャパンのインタビューで以下のように発言していること。 「契約は口頭でも成立する。 契約書を導入する予定はない」 「最初のギャラは250円でもいい。 月に30万円払ってやるからがんばれよ、というやり方は本当に芸人を育てるやり方とは思えない。 吉本の今のやり方を変えるつもりはありません」 お笑いに限らず、芸事は特殊な世界である。 歌舞伎も絵描きも相撲も、 一般的な社会通念とは相容れない部分が多い。 大崎会長が言いたいことは理解できるし、その通りなのだとも思う。 ましてやダウンタウンの育ての親が言うならば、これ以上の説得力はない。 とはいえ、一昔前ならばいざ知らず、コンプライアンス至上主義の現代において、 吉本興業のやり方は隙が多すぎる。 ギャラの問題にせよ契約書にせよ、ツッコミどころだらけなのだ。 ましてやこれだけの騒動になってしまった以上、ある程度は世間が納得する必要がある。 ・冷静に大崎会長体制を維持する意味を伝えて欲しい 番組内で松ちゃんは「(吉本興業が)時代を読み違えたのかな」と発言していた。 そして松ちゃんは 時代を読む能力に長けた人物である。 今回の件で多くの人が松ちゃんを支持する理由は、松ちゃんの意見が時代の流れに沿っていること、そしてそれが多くの人の意見と重なり合う部分が多いからであろう。 生放送内で、松ちゃんは上層部と「ギャラのことも話した」としていたので、大崎会長が インタビュー時とは違った方針に舵を切る可能性は十分にある。 だが、もし今まで通りの運営を続けていくならば、世間の目はトップである大崎洋会長に向いてしまうハズだ。 ビジネスインサイダージャパンのインタビュー内で、大崎会長は「僕が社長になった当時、社内に反社のような人たちもいた。 役員にもいて、 身を賭して戦って、やっと追い出したんです」としている。 表には出づらい話ではあるが、大崎会長の功績は非常に大きい。 それ以外にもきっと、大崎会長がいたからこそ達成できたことが多くあって、それを松ちゃんは知っているのだろう。 だが、 残念ながら世間の人はそれを知らない。 いまあるボンヤリしたイメージは「吉本の一番偉い人」ともすれば「ブラック企業の総大将」ではなかろうか。 なので、松ちゃんは「大崎会長が兄貴だから」と言うだけではなく、大崎会長がいたからこそ達成できた事実、また「 大崎会長がいるからこそできる改革」を世の中に示すべきだ。 番組を見ている限り、他のことは全て客観視できているのに、大崎会長の件だけは私情に見えてしまった。 ・松ちゃんが本当にピンチになったとき…… こんなことを書いている最中、22日放送の「スッキリ!! 」にて加藤浩次さんが「 上層部が辞めなけば吉本興業を辞める」と発言したとの情報が入ってきた。 松本さん、東野さんクラスは岡本社長および大崎会長と意思疎通が取れるのだろうが、加藤さん、宮迫さんクラスでも上層部との意思疎通は容易ではないということだ。 つまり、松本さんは大崎会長が会長職を続ける意味を、何より 後輩たちに示さねばなるまい。 加藤さんは「経営陣が責任を取れない会社ってどうなんだ?」とぶち上げていたというが、個人的にはその後に収まる人物が、大崎会長以上の能力がなければ意味がないと考える。 辞めるだけが責任の取り方なのか? 難しいところだ。 とはいえ、空中分解寸前の吉本興業を救えるのは松本さんしかいないのだろう。 上層部、後輩たち、そして世間。 その際、私情だけで大崎会長を擁護するのは、 いくら松本人志といえども危険だ。 松ちゃんが惚れ込むくらいの人物である。 きっとこれからの吉本興業を変革してくれるに違いない。 なお、あくまで個人的な予測だが、この件がさらにねじれにねじれたとき、つまり松ちゃんおよび吉本興業が本当にピンチを迎えたとき、ついにあの男が動き出すと見ている。 吉本興業のもう1人の巨人、 浜田雅功さんだ。 参考リンク: 、 執筆: イラスト:.

次の

【インタビュー】吉本興業会長・大崎洋氏に聞いた!残りのキャリアでやりたいことは?

吉本 興業 会長 大崎

来歴・人物 [ ] に卒業後、吉本興業に入社。 以後、エンターテインメントビジネス界において様々なプロジェクトを成功させ、からの東京事務所時代には、を支えた。 吉本に入社した理由は、私服で通勤が可能な会社だったからと語っている。 入社当初は仕事に対して特別やる気もなく適当に仕事をしていたが、ある日、会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときに終始一人負け続けたことがあった。 夜が空けた明け方近くまでずっと負け続けた大崎はおもむろに立ち上がり、カーテンと窓を開けて外に向かって大きな声で「絶対に出世する! 」と怒鳴り声を上げた。 その日以来、仕事に対する姿勢は一変し、最終的に社長に上り詰めた。 はかねてより大崎の能力を崇拝しており、自分の子供の名前をつける際、姓名判断の占い師に相談したついでに大崎の名前も鑑定してもらったところ、「掃除夫から社長になる男」との診断をもらったらしい。 吉本所属タレントの中でも、特にとの関わりが強く、開校時の担当社員となり、無名時代の2人の兄貴分・マネージャー的存在として業界のイロハを教える。 その後、大阪で人気の頂点に立ったダウンタウンを東京に進出させる(は、「大阪で満足していたが、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた」とネタにしている)。 また、ダウンタウンがメインの番組には・オーガナイザーなどとして参加、「ダウンタウンのごっつええ感じ」ではダウンタウンの二人が打ち合わせ中に大喧嘩するというドッキリの仕掛け役としてテレビ出演し、そのリアルな演出にすっかり騙された今田耕司が本気で泣いてしまうという事もあった [ ]。 東京支社長就任後は、吉本興業の企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設や若手育成に力を注ぐ反面、会社の方針に従わない芸人やタレントを大胆にリストラし、の淫行事件で早々に専属芸能家契約の解除を決定し 2016年11月に吉本復帰が許された 、の暴力団との親密交際 最終的には紳助が自ら引退 など、不祥事、モラルに反する行為を起こしたタレントに対し厳格な措置を取る(ただ、紳助が引退を決断する前に大崎が本人に対して、どういった措置を取るつもりだったのかは著書においても述べられておらず、不明である。 しかし、著書によれば吉本社内において様々な意見が出たが、大崎は紳助本人に決断をしてほしかったと述べられている )。 、まだ松本が20歳頃、松本も大崎も仕事が無く、ヒマをもてあました2人で映画館や銭湯等によく行っていた。 ある日、大崎が広いスポーツジムの25メートルプールで突然「俺が端から端まで息継ぎせんと泳げたら、これから先お前がどんだけ売れても、俺の言うこと1つだけ聞いてくれ」と言った。 お互いこの業界で成功しそうにないと思っていた松本は「いいですけど」と答え、大崎は本当に潜水してみせた。 その20年後、本当に売れた松本は「1つだけって、なに言われるんやろ? 断ったろ思ってんねんけど」とネタにする。 しかし更にその後に松本が頑として首を縦に振らなかった出来事があった時に「あのときのプールの約束、今使うわ」と大崎が言うと松本は「こんなときにですか…」と言いつつ「わかりました」と苦笑しながら了承した 経歴 [ ]• 1978年 吉本興業入社• 1980年 吉本興業東京事務所に、上司の(東京事務所長)と共に異動• 1982年 吉本総合芸能学院の担当社員に異動• 2000年 取締役• 2001年 吉本興業取締役、取締役• 2002年 取締役兼務• 2006年 吉本興業取締役副社長• 2009年 吉本興業代表取締役社長• 2019年 吉本興業ホールディングス代表取締役会長 暴力団との関係 [ ] 2012年、「週刊現代」1月28日号では吉本興業の創業家当主・林正樹が、大崎が5代目組長・の娘の芸能界デビューを画策していたと暴露している。 この件について「週刊現代」は、吉本興業とに連名で提訴されている。 2019年、吉本芸人が起こした闇営業騒動の中、元所属芸人のがで大崎について語り、前田らのマネージャーをしていた時代にヤクザから何回も仕事を受けていたと語った。 関連文献 [ ]• 『笑う奴ほどよく眠る 吉本興業社長・大崎洋物語』幻冬舎、2013年。 脚注 [ ] [].

次の

【吉本危機】いくら松本人志でも「大崎洋会長」を私情だけでかばいすぎたら危ない

吉本 興業 会長 大崎

吉本興業の雨上がり決死隊の宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんなどのが芸人さんの闇営業問題がこじれにこじれています。 abemaTVで謝罪会見したのですが、その会見が途中から吉本興業の告発会見に変わり、そのことで本日7月22日の14時から岡本社長が生会見することになりました。 そのことで吉本興業の大崎会長と岡本社長に注目が集まっています。 そこで、今回お笑い界のトップ企業と言っても過言ではない吉本興業・大崎洋会長どういった人物で結婚妻や子供はいるのか? 芸人たちが闇営業しないと暮らしていけないくらい困窮している会社のトップの年収はいくらなのか? また、ダウンタウンの元マネージャーだった経緯や今でもつながりがありどういった関係なのか? 気になるあれこれを調査してみました。 もくじ• 今の社会で雇用していくなら。 後は吉本本社から戦艦が出てきたら完璧 ヘイハイツの高田健志が暴れる — ピースファイナンス高田 wtnrmxpmx ニコニコ動画内で企業チャンネルに出演するなどネットタレントとして活動しているそうです。 ウィキペディアに出ていた情報なので確かな情報だとは思いますが正確な情報はまだ出てきていないのでわかり次第追記します。 長男がいるという事は結婚して奥さんがいるという事でしょうか? 長男という事は他にも子供がいるという事でしょう。 大崎会長の年収は? ここまで大きな会社の会長である大崎洋氏の年収はいくらあるのでしょうか? 吉本興業に所属する若手やまだブレイクしていない芸人さんの収入が 吉本興業と言いう大きな芸能事務所の社長なので相当年収も良いと思われま少ないというのは有名な話です。 社員数644名、所属タレント役6000名の大所帯ですが、トップクラスの芸人さんは年収10億円ほどだそうです。 同じ会社でも年収が違いすぎる~!! 2018年3月時点での純利益が7.1億円で利益はプラスのようです。 売上金は700億円で岡本社長の 推定年収は7億円だそうです。 会長であればもっといいに違いありません。 闇営業しないと生きていけない社員がいるのに、トップクラスの方々は〇億円も収入があるんだからもう少しギャラあげても良いのではないでしょうか? そうすれば闇営業なんてものがなくなるのでは?と思いますが・・・。 まとめ 吉本興業のお笑い芸人の「闇営業」問題はかなり闇が深そうですね。 色々ありすぎてこじれまくってるな~と言うのが率直な感想です。 宮迫さんと亮さんの謝罪会見で吉本興業社長・岡本昭彦氏の裏の顔が暴露されました。 この会見を見て、私たちが普段テレビで見ている世界は本当に真実ばかりが語られる世界ではないんだと再認識させられました。 岡本社長はダウンタウンの元マネージャーでもあるし、松本人志さんがついに動き始めた大崎会長に直談判したようでその動きを今後も追いかけていきたいと思います。

次の