マラング サール。 マラング・サールとは

銀玉CBレベマ総合値91の逸材。マラングサールは確実に獲得しとこ

マラング サール

近年のフランスサッカー界では優秀な若手選手が数多く出てきているが、2018年もその流れは止まらないだろう。 UEFA公式は今年大ブレイクし、2019年には誰もが知っている選手になるかもしれない期待の若手50名を選出。 世界各国の若手選手がリストアップされているが、フランスは6名も選ばれているのだ。 ホッセム・オーアル(MF リヨン 19歳) リヨンのアカデミーが育てた天才MFオーアルは、アンドレス・イニエスタを思わせるエレガントなタッチが魅力のMFだ。 イニエスタと同じくインサイドハーフ、さらにはワイドな位置もこなすことができ、小柄でありながら相手選手をスルスルとかわしていくプレイは非常に魅力的だ。 バルセロナも興味を示しているとされる逸材で、今季もリヨンではリーグ戦14試合に出場して3得点を記録している。 アミーヌ・グイリ(FW リヨン 17歳) 2000年生まれの17歳なのが恐ろしいところだが、グイリはすでにリヨンのトップチームでプレイした経験を持つ。 昨年行われたU-17EUROでは8ゴールを記録して得点王にも輝いており、この世代では誰もが知る有望株の1人だ。 まだリヨンで出番が多いわけではないが、今年ブレイクする可能性のあるアタッカーとしてリストアップされている。 ベンジャミン・パヴァール(DF シュツットガルト 21歳) 日本代表FW浅野拓磨も所属するシュツットガルトで絶対的な柱の1人となっているパヴァールもフランス人選手だ。 昨年11月にはウェールズ代表戦でフランスA代表デビューも飾っており、2018年に大ブレイクする準備は出来ている。 強烈なパーマのかかった髪型もインパクトがあり、端正な顔立ちをしていることから女性人気も出てくるかもしれない。 マラング・サール(DF ニース 18歳) ニースで今季リーグ戦で7試合に出場しているサールも注目選手の1人だ。 フランスの世代別代表にも順調に招集されており、U-18のチームでは主将を務める。 182cmとセンターバックとしてはやや小柄だが、そのぶん機動力がある。 後方から攻撃を組み立てる技術にも優れ、最終ラインでボールを持つことに恐れがない。 サイドバックもこなすことができるレフティーで、ビッグクラブが注目する要素は十分に備わっている。 マーティン・テリアー(FW ストラスブール 20歳) リールからストラスブールにレンタル移籍しているテリアーは、すっかり主力の1人として活躍。 今季リーグ戦で3得点を記録している。 フランスでは世代別代表の常連だったわけではないが、昨年行われたU-20ワールドカップに出場。 そこでも得点を記録するなど結果を残し始めている。 ダヨ・ウパメカノ(DF ライプツィヒ 19歳) ブンデスリーガで存在感を高めているライプツィヒで主力として活躍するウパメカノも注目だ。 抜群の身体能力を誇り、センターバックとは思えないほど速い。 自らドリブルで敵陣へボールを運ぶこともでき、豪快なストライドでのドリブルは元フランス代表のパトリック・ヴィエラを思わせるところがある。 まだ19歳ゆえ荒いプレイもあるが、2018年に大ブレイクしてビッグクラブに引き抜かれるシナリオも十分に考えられる。 すでに彼らはリーグ・アン、ブンデスリーガのクラブで出場機会を得ており、2018年にA代表デビューを飾る者も出てくるだろう。 特にロシアワールドカップ終了後、次の4年間を背負う存在になっていくかもしれない。 今年もフランス産の若手選手から目が離せない。

次の

レベマ総合値は91!すぐにユムティティ超え!おすすめ銀玉選手CB編 ~マラング・サール~【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】

マラング サール

WE2019 そしてMAXレベル76、総合値は 91まで上がるみたいッス、十分銀河系。 ポジション CB 総合値 79 プレースタイル - 適性A CB 適性B DMF、LSB、RSB 身長 182 利き足 左足 オフェンスセンス 59 ディフェンスセンス 80 ボールコントロール 72 ボール奪取 80 ドリブル 70 キック力 55 グラウンダーパス 74 スピード 80 フライパス 72 瞬発力 78 決定力 50 ボディコントロール 73 プレースキック 55 フィジカルコンタクト 80 カーブ 60 ジャンプ 90 ヘディング 79 スタミナ 85 逆足頻度 2 逆足精度 2 コン安 5 ケガ耐性 2 スキル マンマーク インターセプト アクロバティッククリア スキルはアクロバティッククリアがあって、高さをさらに補う感じ、レアシルバーらしからぬディフェンス力を発揮してくれそう。 スカウトの組合せ ニースとドロップ確定は1組だけ発見、あとスキル入れた版もとりあえず。。 WE2019 スキル解説 マンマーク マーク相手から外されにくくなる。 インターセプト インターセプトしやすくなる。 アクロバティッククリア 難しい体勢でも足を使ってクリアができる。 ポジション適性とプレースタイル 基本ポジションはCB 適性Aはセンターバック、ジャンプ力が活きてくる感じ。 適性BはDMF、LSB、RSBで、左利きなんでポジトレLSBオンにしたいなーと。 マラング・サール選手 冒頭でも書いたけどフランスのニース生まれでニース育ち、ユースももちろんニースで2016年にトップチームデビューのジモティー。 6歳からユースで鍛えられて今日に至る、まさに生え抜き中の生え抜き選手。 デビュー年から準主力級の扱いで、リーグ戦27試合出場。 — Foot Mercato footmercato 今季も主力中の主力で、ほとんどの試合でだいたいスタメンみたいなサール選手。 順調にキャリア最高のシーズンを送ってることは間違いないと思われます。 フランスU代表にも各年代で選ばれていて、フル代表もそのうち選ばれると思う、今後も活躍が期待される選手ですねー。 ~Wikipedia「」~.

次の

銀玉CBレベマ総合値91の逸材。マラングサールは確実に獲得しとこ

マラング サール

近年のフランスサッカー界では優秀な若手選手が数多く出てきているが、2018年もその流れは止まらないだろう。 UEFA公式は今年大ブレイクし、2019年には誰もが知っている選手になるかもしれない期待の若手50名を選出。 世界各国の若手選手がリストアップされているが、フランスは6名も選ばれているのだ。 ホッセム・オーアル(MF リヨン 19歳) リヨンのアカデミーが育てた天才MFオーアルは、アンドレス・イニエスタを思わせるエレガントなタッチが魅力のMFだ。 イニエスタと同じくインサイドハーフ、さらにはワイドな位置もこなすことができ、小柄でありながら相手選手をスルスルとかわしていくプレイは非常に魅力的だ。 バルセロナも興味を示しているとされる逸材で、今季もリヨンではリーグ戦14試合に出場して3得点を記録している。 アミーヌ・グイリ(FW リヨン 17歳) 2000年生まれの17歳なのが恐ろしいところだが、グイリはすでにリヨンのトップチームでプレイした経験を持つ。 昨年行われたU-17EUROでは8ゴールを記録して得点王にも輝いており、この世代では誰もが知る有望株の1人だ。 まだリヨンで出番が多いわけではないが、今年ブレイクする可能性のあるアタッカーとしてリストアップされている。 ベンジャミン・パヴァール(DF シュツットガルト 21歳) 日本代表FW浅野拓磨も所属するシュツットガルトで絶対的な柱の1人となっているパヴァールもフランス人選手だ。 昨年11月にはウェールズ代表戦でフランスA代表デビューも飾っており、2018年に大ブレイクする準備は出来ている。 強烈なパーマのかかった髪型もインパクトがあり、端正な顔立ちをしていることから女性人気も出てくるかもしれない。 マラング・サール(DF ニース 18歳) ニースで今季リーグ戦で7試合に出場しているサールも注目選手の1人だ。 フランスの世代別代表にも順調に招集されており、U-18のチームでは主将を務める。 182cmとセンターバックとしてはやや小柄だが、そのぶん機動力がある。 後方から攻撃を組み立てる技術にも優れ、最終ラインでボールを持つことに恐れがない。 サイドバックもこなすことができるレフティーで、ビッグクラブが注目する要素は十分に備わっている。 マーティン・テリアー(FW ストラスブール 20歳) リールからストラスブールにレンタル移籍しているテリアーは、すっかり主力の1人として活躍。 今季リーグ戦で3得点を記録している。 フランスでは世代別代表の常連だったわけではないが、昨年行われたU-20ワールドカップに出場。 そこでも得点を記録するなど結果を残し始めている。 ダヨ・ウパメカノ(DF ライプツィヒ 19歳) ブンデスリーガで存在感を高めているライプツィヒで主力として活躍するウパメカノも注目だ。 抜群の身体能力を誇り、センターバックとは思えないほど速い。 自らドリブルで敵陣へボールを運ぶこともでき、豪快なストライドでのドリブルは元フランス代表のパトリック・ヴィエラを思わせるところがある。 まだ19歳ゆえ荒いプレイもあるが、2018年に大ブレイクしてビッグクラブに引き抜かれるシナリオも十分に考えられる。 すでに彼らはリーグ・アン、ブンデスリーガのクラブで出場機会を得ており、2018年にA代表デビューを飾る者も出てくるだろう。 特にロシアワールドカップ終了後、次の4年間を背負う存在になっていくかもしれない。 今年もフランス産の若手選手から目が離せない。

次の