イチゴ の 収穫 量。 イチゴを水耕栽培で育てる方法!必要な道具や設備は?注意点も

イチゴ

イチゴ の 収穫 量

イチゴ栽培の特徴 イチゴはバラ科の野菜です。 多年草で、同じ株で翌年もそのまま育てることもできますが、2年目以降の株は、大きく成長しますが、収穫量も実の大きさも満足したものができない傾向にあり、さらに害虫やウイルス性の病気の発生もありよくあるため、毎年株を更新して育てられることが通常です。 ランナーからは、またランナーが出て株がどんどん増えていくのですが、ウイルス性の病気のどの影響の少ない、出来るだけ親株から離れた、孫カブ以降を使うとうまくいく場合が多いようです。 自然に受粉することもできますが、きれいな形のイチゴを作るためには、人工授粉が必要です。 日向を好む• 連作障害:あり• バラ科の植物• 輪作期間: 3年 日当たり 日向を好む野菜です。 連作障害 バラ科の植物で、連作障害があります。 輪作する際は3年バラ科の植物を栽培していない畑で栽培するのが好ましい。 栽培期間 定植から収穫まで約200日です。 畑の準備 植え付けの2週間前くらいに苦土石灰や、消石灰などを畑に混ぜ込んで土壌酸度を弱アルカリ性に調整しておきます。 植え付けい週間前までに、堆肥と元肥を施してよく耕しておきます。 堆肥と元肥には、牛糞や豚糞に鶏糞、化成肥料などを混ぜて使用するとよいでしょう。 ランナーの位置で、実がなる方向をコントロールできる 収穫期が終わったころから夏場にかけて、イチゴの苗からはランナーと呼ばれるつるが出てきます。 イチゴの苗は自ら、ランナーの先に新しい株を作って、そこから新しい根を張って株を更新しようとします。 去年育てたイチゴの苗から出たランナーについ出来た更新苗を植え付ける場合、収穫がしやすいように植え付けるコツがあります。 イチゴには、苗のランナーが付いていた方向とは真逆の方向に花房が出て、そこに実がなる性質があります。 植え付ける際は、ランナーのついていた真逆の方向を、外に向けて植え付けると収穫の際、外に向かって実が付き収穫がしやすくなります。 イチゴの追肥 イチゴは浅く根を張ります。 追肥の際にスコップなどで株元を掘ると根を痛めやすいので注意が必要です。 株の周りに化成肥料などをパラパラとまいてやるといいでしょう。 形のいいイチゴを作るには人工授粉が効果的です• 土の跳ね返りを防ぐためにマルチや敷き藁が有効です• ランナーを定着させて、来年の株を更新をすることもできる 支柱 必要ありません。 間引き 必要ありません。 人工受粉 自然受粉でも実はなりますが、イチゴは、雄蕊と雌蕊がある全体がまんべんなく受粉しなければ、形のいいイチゴはできません。 花の雄蕊と雌蕊をまんべんなく筆などで軽くなでて、人工授粉してやるときれいな形のイチゴができやすくなります。 その他の作業 イチゴは、ランナーと呼ばれる、株から伸びた茎の先に新しい子株を作ります。 ランナーの先からは根を出して、親株から離れた場所に、根を張って子株を作ります。 また、この子株からもランナーを出して、孫カブを作ります。 孫カブ以降の株の根が定着したころに、ランナーを親株から切り離して、新しい苗が出来上がります。 この苗を新しい畑に植えつけると、来年も継続して栽培をすることができます。 イチゴの収穫 イチゴの収穫期は、品種によって若干異なりますが、通常は5月~6月ごろが旬と呼ばれています。 開花から30日ぐらいで実全体が赤く熟したものから収穫はさみでへたごと切り取ります。 Advertisement 関連する記事• 目次 1. しそ栽培の特徴2. 紫蘇の栽培カレンダー3. 紫蘇の植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 連[…]• 目次 1. アスパラガス栽培の特徴2. アスパラガスの栽培カレンダー3. アスパラガスの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. […]• 目次 1. ラッキョウ栽培の特徴2. ラッキョウの栽培カレンダー3. ラッキョウの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適[…]• 目次 1. ニラ栽培の特徴2. ニラの栽培カレンダー3. ニラの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 連[…]• 目次 1. パセリ栽培の特徴2. パセリの栽培カレンダー3. パセリの植え付け3. 栽培環境3. 日当たり3. 生育適温3. 3[…].

次の

イチゴ/苺/いちご/ストロベリー:旬の果物百科

イチゴ の 収穫 量

せっかくイチゴを育てたけどまだ全然熟してなくて酸っぱかったという苦い経験をした人も多いのではないでしょうか? 今回は収穫の際の注意点について取り上げていきます。 収穫前 収穫前の注意点としては、 鳥対策があります。 せっかくイチゴが熟していっても収穫しようと思っていたらいつの間にか鳥についばまれていたなんてことがあるそうです。 そのため、イチゴが赤くなってきたら苗を必ずネットで守るようにしてください。 なお、イチゴは害虫の被害はあまりありませんので、鳥対策に専念してください。 赤くなっていても酸っぱかったりする時があるので味見をしたりしながら見分けると良いでしょう。 ただし、イチゴは日中の気温が高いときだと半日でもかなり熟成が進んでしまいますし、タイミングを間違えると腐ってカビが生えることもあるので気を付ける必要がありますね。 いざ収穫 イチゴを収穫するときは早朝から午前中の涼しい時間帯にハサミでヘタごと切り取りましょう。 植え付けの時にランナーの跡を奥に向けていると収穫が楽です。 イチゴの収穫量についてですが一株当たりだいたい 10個くらいが目安です。 スポンサードリンク 収穫後 イチゴの収穫後は親株か伸びているランナーに沢山子株が出来ていると思います。 この子株を秋になって植え付ければ苗を新たに買わなくても来年、また来年と繰り返すことでイチゴを育て続けることができます。 定植する子株は親株から2-3番目のものをポットで育てて秋になったら定植してください。 ランナーを選ぶときは一番収穫量が多かった丈夫な株を選び、そこから太くて元気があり最も良く伸びている苗を残しましょう。 このとき、収穫が終わった親株は弱っていますので抜き取ってください。 なお、収穫量を増やすコツとしては、植え付けの前に根を洗うと良いでしょう。 こうすることで新しい根が出て苗の劣化を防げます。 まとめ 今回はイチゴの収穫について調べました。 うまくやれれば株を買わなくても作れるようになるというのが楽しそうでワクワクしますね! スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

イチゴ

イチゴ の 収穫 量

1,イチゴの収穫時期 ビニールハウスなどで栽培時期をコントロールせずに自然とイチゴが育った場合のイチゴの収穫時期は4月~6月である。 イチゴが春の果物と言われるのはこのような理由からである。 一方、日照や気温をビニールハウス内でコントロールしたイチゴは 12月のクリスマスシーズンなどに向けて貯蔵されたり需要に合わせて収穫される。 12月のイチゴが甘いイメージがないのは、イチゴの甘みは朝の低温に晒されることで増すからだ。 12月以降にさらに寒さが厳しくなるため、春先のイチゴは甘いのです。 イチゴを研究していた私の好みを教えると、 ずばり、3月が一番甘くて美味しい時期だと思います。 2,自然に育ったイチゴの方が味がよい? 最近ではビニールハウスなどの時期をコントロールするイチゴの栽培方法も向上したため、 このような育て方でもイチゴは十分に美味しく感じられる。 しかしやはり時期コントロールによって出荷されたイチゴは 時おり葉っぱが茶色っぽくなっていたり、味も少々、酸味が強い場合もある。 これはこの時期に合わせて保存されたりしたためである。 これはクリスマスケーキなどを食べる際にイチゴはあくまでもケーキを引き立てる役であり、 ある程度の美味しさ以上はイチゴのみの販売より求められないからかもしれない。 このように時期を操作して作ったイチゴは大量な需要に応えるために生産されているので、 イチゴそのものを売りにしている露地栽培よりは味が落ちることも場合によってはあるだろう。 3,家庭菜園のイチゴの収穫時期について 最近ではベランダで野菜を育てたりする園芸愛好家が増えている。 イチゴもその中の一つである。 主に園芸用のイチゴには一年に一回(4~6月)だけ収穫できる一季成りのものと、 年に数回(4月~7月、9月~10月)収穫できる四季成りの物に分けられる。 少し前までは四季成りの方が一季成りに比べて味が落ちると言われていたが、 最近では改良により四季成りも味が良くなっている。 最近では11月から6月まで収穫できるようになった。 いかがだったろうか? 収穫時期はかなりイチゴの味にやはり少なからず影響しているようだ。 露地栽培のイチゴとそうではないイチゴを食べ比べてみると違いが分かるかもしれない。 人気の記事:.

次の