チャップリン の 殺人 狂 時代。 『チャップリンの殺人狂時代』ネタバレ感想と考察。明言(映画名セリフ)に込めた戦争批判とヒューマニズム

映画 『殺人狂時代』 (1947年) ー 戦争による大量殺人を批判したブラック・コメディ ー 20世紀・シネマ・パラダイス

チャップリン の 殺人 狂 時代

『 殺人狂時代』(さつじんきょうじだい、 Monsieur Verdoux)は、の。 製作・監督・脚本・主演。 原案とクレジットされている(詳細は後述「」を参照)。 長年親しまれた「チャーリー」のスタイルを捨て、チャップリンの映画にしては珍しく喜劇色が少なく、シリアスな展開であると評価されている。 生前、チャップリン自身がこの映画を最高傑作と評価していた。 それに加えて、主人公が処刑に向かう前のセリフ"Wars, conflict - it's all business. One murder makes a villain; millions a hero. Numbers sanctify"(「戦争や紛争、これは全てビジネス。 一人の殺害は犯罪者を生み、百万の殺害は英雄を生む。 数が(殺人を)神聖化する」。 元は牧師で者、の言葉)は、チャップリンの代表作に押し上げた原因とされている。 一方で、この作品がきっかけとなり、によるチャップリン排斥の動きがますます加速。 のアメリカ追放へとつながった。 あらすじ 物語は生前を回顧するアンリ・ヴェルドゥの独白から始まる。 北フランスの商家・クーヴェ家の婦人セルマが、多額の預金を引き出した直後に行方不明になる。 すでにフランス国内で同じような状況の行方不明が連続して起こっており、事態を重く見た警察が動き出す。 犯人はアンリ・ヴェルドゥといい、30年勤めた銀行をされた元銀行員である。 彼は「が起こる」などと言って裕福な中高年女性をそそのかし、預金を解約させたのちに殺害して、その奪った金を株に投資して生活費に充てていたのだ。 彼はリディアをいつもの手口で殺害したのち、グロネイ夫人を口説いて結婚に持ち込もうとする。 その一方で、キャプテン・ボヌールを名乗り、すでに関係をもっていたアナベラを殺害しようと画策する。 そんなヴェルドゥの家庭は、車椅子生活の妻と幼い子供一人。 家族や友人には投資で稼いでいると説明しながら、多忙な二重生活を送っていた。 ある雨の晩、ヴェルドゥは刑務所から保釈されたばかりの身寄りのない若い女性に出会う。 一度は新しい毒薬のテストのために殺害しようとするヴェルドゥだったが、彼女の話を聞くうちに殺害を思いとどまる。 セルマの件でヴェルドゥを追ってきたモロー刑事を心不全に見せかけて毒殺するが、アナベラ殺害はアナベラの悪運の強さに阻まれ果たせない。 仕方なくグロネイ夫人との結婚を一刻も早く進めようとするヴェルドゥだが、結婚式の場でアナベラと鉢合わせしてしまい、その場から逃げ出す。 やがての波がヴェルドゥに押し寄せ、ヴェルドゥは財産も妻子も失う。 数年後、かつて雨の夜に出会った女性と再会するが、彼女はの会社の社長の妻になっていた。 彼女と話をするうちにヴェルドゥは運命に身をゆだねる決心をし、自らすすんで逮捕される。 そして、裁判の場やメディアとのインタビューで「(戦争と軍需産業に比べて)者としては、私などアマチュアだ」「殺人はビジネス、小さい規模ではうまくいかない」などの言葉を残し、ヴェルドゥは死刑場へと連行されていく。 キャスト• アンリ・ヴェルドゥ:• アナベラ・ボヌール:• グロネイ夫人:• 若い未亡人(後に軍需会社社長の愛人):• モーリス(ヴェルドゥの友人):• モナ(ヴェルドゥの妻):• ピーター(ヴェルドゥの息子):• アネット(アナベラの):• グロネイ夫人のメイド:• リディア・フローレイ:• モロー刑事:• マーサ(モーリスの妻):• 花屋の女:• ヴェルドゥの弁護士:• 刑吏:• 検察官:• 医者: 日本語吹替 俳優 日本語吹替 版 版• TBS版吹き替え - 初回放送1977年5月16日 21:02~23:25『』• BD版吹き替え - 2016年発売の『チャップリン Blu-ray BOX』に収録 制作の経緯と公開 真っ只中の秋、1920年代のに実在した 1869-1922 という殺人鬼をモデルにした映画の脚本を書くので、その映画の主演をしてもらいたいという話をオーソン・ウェルズがチャップリンに持ち込んだ。 アイデアだけで脚本を書く以前の段階であったため、その場は断るが、後にそのアイディアを別の形で映画化することを思いつく。 トラブルを避けるために、ウェルズに連絡して「原案」のクレジットを入れ、5000ドルを払うが、実質はウェルズは何もしていない。 ただし、後にウェルズが『殺人狂時代』の産みの親は自分だと吹聴したことにチャップリンは心を痛めたという。 チャップリンは映画化に際し、ランドリューのエピソードにウェインライトというイギリスにいた殺人鬼を掛け合わせた形の主人公「アンリ・ヴェルドゥ」を考案。 脚本の完成に、の影響を挟んだこともあったが2年をかけ、5月から撮影を開始した(ラストシーンから撮影した)。 しかし、この頃のチャップリンは様々な困難にぶち当たっていた。 まず時代の変化であった。 第二次大戦では圧倒的物量で勝利したアメリカであったが、フィルムなど軍用に優先的に回される資材は不足していた。 気が済むまで撮り直しを繰り返すことが常であったチャップリンにとっては、フィルム不足は頭の痛い話であった。 さらに、信頼していたスタッフの多くが亡くなったり引退して、かつてのような手法で撮影することははなはだ困難であった。 さらに、チャップリン自身にも何かと厄介な問題が付きまとっていた。 この映画の撮影に入る前、チャップリンは別の映画の企画をしており、その映画に主演で起用する予定であったという女優に行為をされた挙句、バリーの子供の認知裁判に巻き込まれる。 血縁関係がないことは証明されたが、平和主義者・共産主義者として糾弾されていたチャップリンに不利な判決(慰謝料・扶助料等の支払い)が下った。 そして、一番大きな困難はやがて来る「赤狩り」であった。 大戦中、を助け第二戦線構築を訴えていたチャップリンを反共団体などが「共産主義者」として糾弾。 大戦後、アメリカに亡命していた友人で作曲家のが共産主義者として糾弾された際、アイスラーを擁護するコメントを発したことが、さらにバッシングを大きくさせた。 撮影は1946年9月に終了し、後は公開するだけとなった段階で、チャップリンに対する非難は手の付けられないレベルに達していた。 団体や団体などが猛烈な上映反対運動を繰り返し、上映を予定していた映画館などに脅迫を繰り返して上映をやめさせる動きを盛んに行った。 こうした妨害を何とか排除しつつにで封切られたが、興行成績は悲惨なものであった。 チャップリン自身は1200万ドル(約43億円。 1ドル=360円で計算)の利益を目論んでいたが、結果は32万5000ドル(約1億円強)であった。 これはチャップリン映画で通常「興業的失敗作」と呼ばれる『』などよりも悪い興行成績であり、チャップリン映画で唯一純損失が出た映画でもあった。 失敗の影響は、以前から経営不振が伝えられていたの経営をさらに圧迫させることにもなった。 アメリカでの失敗の一方で、遅れて封切られたなどではまずまず好評だった。 しかし、そういったニュースもに結婚した愛妻ウーナの深い愛情も傷ついたチャップリンの完全な癒しにはならず、やがて苦難のアメリカ追放を迎えることとなる。 アメリカでこの作品が正当に評価されるようになったのは、に対する反戦運動が高まった1970年代になってからである。 なお、純粋にランドリューを主人公にした映画もある。 に製作されたフランス映画 Landru (日本では劇場未公開 、ビデオ題『』)で、監督は「殺人狂時代」を高く評価しているである。 シャブロルは「ランドリューは単なる変わり者だが、ヴェルドゥは哲学者」と述べている。 チャップリンは、チャーリーにおいてはから作った付け髭をつけていたが、この作品では自前の髭を蓄えている。

次の

ユーモアと皮肉にくるまれた反戦映画「チャップリンの殺人狂時代」

チャップリン の 殺人 狂 時代

解説 「モダン・タイムス」のチャールズ・チャップリンが、「チャップリンの独裁者」以来7年ぶりで製作した1947年度作品。 製作・脚本・監督・主演を1人で行なう他、作曲も担当している。 原案はオーソン・ウェルズ「第三の男」のサジェストである。 撮影はローランド・トセロー。 主演はチャップリンの他、「ワイキキの結婚」のマーサ・レイ、チャップリン発見の新人マリリン・ナッシュで、マディー・コレル、イゾベル・エルソム、チャールズ・エヴァンスらが助演する。 1947年製作/アメリカ 原題:Monsieur Verdoux 配給:松竹洋画部 ストーリー 30年間忠実な銀行員であったアンリ・ヴェルドゥ(チャールズ・チャップリン)は不況のため馘首されたが、以後彼が足なえの妻(マディー・コレル)と息子のために選んだビジネスは、金持ちの中年女を誘惑してその夫となり、彼女を殺害して保険金を奪うことであった。 彼はヴァルネイと称して中年の未亡人グロネイ(イゾベル・エルソム)を口説く傍ら、土木技師フロレエに扮して妻の1人リディア(マーガレット・ホフマン)を訪れ、一夜のうちにこれを殺して5万フランを強奪する有様である。 しかし彼も本妻や息子に対しては善良な、道徳的な夫であり父だった。 彼は友人のボテロ(ロバート・ルイス)から証拠の残らぬ毒薬の製法を聞き出し、街で拾った女(マリリン・ナッシュ)で実験しかかったが、不具の夫のため盗みをした過去を持っていることを聞くと、殺す気が起こらなくなってしまった。 彼は更に船長ボヌースに化け、妻の1人アナベラ(マーサ・レイ)を毒殺しようと苦心したが失敗、最後の手段とグロネー夫人を口説いて成功しかかったものの、結婚式場にアナベラが現われたので万事画餅に帰した。 警察当局は女たちの家族の密告でヴェルドゥに捜査の手を延ばし、探偵の1人は彼の毒薬のため最後をとげたが、遂に彼も寿命がつき、今や軍需王の囲い者として成功した、かつて街で拾った女と会食中、逮捕された。 既に彼は30年代初期ヨーロッパを襲った恐慌のため、破産していたのである。 彼は法廷で、自分のした行為は小さなビジネスに過ぎず、人類はそれより残虐な戦争戦争を賛美し、大ビジネスとして実行しているではないかと叫び、ギロチンへ引かれて行った。 チャップリンらしくギャグを全編に散りばめてありますが、物語はタイトル通りシリアスな殺人狂の物語です ギャグそのものもさすがチャップリンというべきレベルの高いものです それなのに邪魔でうるさく感じてしまいました むしろギャグは減らすべき、無くしても良かったかも知れないとまで思いました チャップリンのシリアスな表情の演技も見事なものがあります そして終盤の大量殺人への反戦メッセージのシーンは素晴らしい印象深いものです もしこのプロットを使ってヒッチコックが撮ったならどうでしょう 当然ギャグは一部のみ残してほとんど排除されます サスペンスはもちろん強調されるでしょう ところが終盤はそうかわらないシーンになっていると思います チャップリンという名前がギャグをどうしても求めてしまうのです 私達観客も、監督かつ主演俳優であるチャップリン自身も チャップリンがチャップリンであることから脱皮出来ず苦闘している、そんな映画に感じました さて、チャップリンです。 たぶん皆さんが思い浮かべる彼とは全く違うイメージではないでしょうか チャップリンと言えば、見返りを求めない『愛』でありどんなに貧しくても人の道は外さない(多少の盗みはするけど)紳士であり誰からも愛されるチャーリーのイメージですよね チャップリンが何を伝えたかったのか 世の中の人の心が変わってきたからでしょうね 戦争とは殆どが被害者である、仕掛けた国も仕掛けられた国も、買った国も負けた国もそこに住む人々の大半は被害者でしょ、とても心穏やかに生活するなんて無理な話 何かに腹を立て何かを非難し、より安全なところから弱い物を遠ざける、そんな人々に贈るメッセージ 1人で戦い神から与えられた善の心を捨て去り完全に自分の仕事として生活する事に徹した男の物語 動物と違い人にはやってはいけないルールがある、シナイ山で頂いた十戒にも記されている 自然界では全く通用しませんけどね 人は服を着て生活するようになったので仕方がないのです だからルールが必要なのです、少しのお金も必要なのです 彼には彼の理屈があり、それが彼の仕事になった とは言え最初からでは無かったと思いますけどね 彼の言葉を借りるなら 「絶望は麻薬に似ている 人の心をマヒさせる」 チャップリンはこの映画に女神を2人用意しました 1人は妻でしょうね もう1人は雨の日女、彼女には3度会い2度救われている 最初にあった時に己の愚行に気が付いていたら妻子ともっと長い時間いっしょに生活出来たでしょうに 悪も女神にはなす術がないのですね 見ている前ではだけですがね サイレント映画で極上のユーモアと心に染み入るペーソスで人間愛を謳ったチャールズ・チャップリンは、前作「独裁者」で戦争と戦争を誘導する人間を痛烈に批判したが、第二次世界大戦後の米ソ冷戦の軍拡に対しても義憤を感じていたと思う。 「キッド」「黄金狂時代」「街の灯」によって、人間愛を理想とするチャップリン芸術は頂点を極め世界的な評価と信頼を得た。 その自信と表現者の使命感から、文明に潜む非人間性の警告「モダン・タイムス」を、戦争の愚かさを「独裁者」で表現した。 批判は正論でも発言者の資質が問われる点において、チャールズ・チャップリンは最も適した映画作家であった。 大量殺人兵器に技術革新が利用される文明は人間の進化とは言えない。 これを伝えるために作られた「殺人狂時代」は、浮浪者チャーリーのスタイルを捨てた普段着のイギリス紳士(映画のアンリ・ヴェルドゥはフランス人)の辛辣なシニカルさが特徴となる。 愛を謳ったチャップリンが連続殺人者を演じることの必要性は、ラストの有名な台詞にある。 ただ、理論的にも物語としても飛躍した発言であるものの、言葉の意味する単純で明確な事実を指摘した意味合いが勝り、私たちに強烈な印象を残す。 ブラック・ユーモアに特化したコメディだが、マーサ・レイの快演によりチャップリン映画らしさは充分ある。 また、アンリ・ヴェルドゥの言動から感じるのは、善良な個人主義者が全体主義の社会では簡単に利己主義に転化することだ。 世界恐慌から戦争に至る政治・社会状況は、全体主義で利益を得ようとする人間の仕業と見れるからだ。 ヨーロッパ文化の権化ともいえる個人主義は、常にその危険性を持っているのではないだろうか。 チャップリン自ら殺人者として問うた捨て身のメッセージは、色んな思考のヒントを与えてくれる。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

NHK番組表・トップページ

チャップリン の 殺人 狂 時代

チャップリンの殺人狂時代の紹介:1947年アメリカ映画。 オーソン・ウェルズのアイデアを基に伝説の喜劇王チャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・音楽・主演を手掛けた、これまでの喜劇色から一転してシリアスな作風となったブラックコメディ作品です。 1920年代のフランスに実在した殺人鬼をモデルに、金と生活のために次々と殺人を犯す男の顛末を反戦思想と絡めて描きます。 監督:チャールズ・チャップリン出演者:チャールズ・チャップリン(アンリ・ヴェルドゥ)、マーサ・レイ(アナベラ・ボヌール)、イソベル・エルソム(マリー・グロネイ夫人)、マリリン・ナッシュ(若い未亡人)、ロバート・ルイス(モーリス・ボテロ)、メイディ・コレル(モナ・ヴェルドゥ)、アリソン・ロダン(ピーター・ヴェルドゥ)、マーガレット・ホフマン(リディア・フローレイ)、チャールズ・エヴァンズ(モロー刑事)ほか 目次• チャップリンの殺人狂時代のネタバレあらすじ:起 アンリ・ヴェルドゥ(チャールズ・チャップリン)は墓の下から自身の生前について語り始めました。 それは愛する妻子を養うために次々と女性を殺して金を奪ってきた男の辿った顛末でした…。 …遡ること1930年のフランス。 30年もの間真面目に勤めていた銀行員のヴェルドゥは折からの大恐慌によって仕事を失いました。 ヴェルドゥには身体の弱い妻モナ(メイディ・コレル)とまだ幼い息子ピーター(アリソン・ロダン)がおり、彼は妻子を養うために裕福な女性と重婚し、殺害しては金を奪って株に投資することを繰り返していました。 ヴェルドゥはこの時も妻子の存在を隠してフランス北部のワイン商・クーヴェ家の女性と重婚していましたが、この女性は預金を解約して行方をくらましてしまっていました。 その頃、ヴェルドゥはこの女性が解約した6万フランを株に投資していました。 クーヴェ家の者たちは司法警察に女性の捜索を願い出、モロー刑事(チャールズ・エヴァンス)はここ3年間で12人の女性が謎の失踪を遂げている事件と今回の件が似ていることから共通点を深く探るため捜査を始めました。 チャップリンの殺人狂時代のネタバレあらすじ:承 ヴェルドゥはクーヴェ家の女性が死んだことにして家を処分することを思いつきました。 やがて不動産業者と共にマリー・グロネイ(イソベル・エルソム)という中年女性が現れ、マリーが未亡人だと知ったヴェルドゥは彼女を口説こうとしますが、気分を害した彼女はその場から立ち去っていきました。 その後、株価の暴落で5万フランの損失を出したヴェルドゥは重婚相手の一人であるリディア・フローレイ(マーガレット・ホフマン)を訪ね、銀行が破綻すると嘘をついて彼女の預金7万フランを下させ、リディアを殺して金を手に入れてモナとピーターの元に戻りました。 ヴェルドゥは家族や友人には投資で稼いでいると嘘をついており、夫の行いを知らないモナは、自分たちの前では良き夫であり父親であるヴェルドゥに感謝していました。 やがてヴェルドゥは重婚相手の一人であるアナベラ・ボヌール(マーサ・レイ)の元に向かい、彼女から金を巻き上げて殺そうと画策しましたが、家にクビにしたメイドが戻ってきたために実行には移せませんでした。 マリーの住所を調べ上げたヴェルドゥは彼女にも狙いを定め、友人のモーリス・ボテロ(ロバート・イス)から心臓麻痺に見せかけて人を殺すことができ、しかも証拠の残らない毒薬の作り方を聞き出しました。 早速毒薬を調合したヴェルドゥは、街で見かけた若い女(マリリン・ナッシュ)を実験台にしようと声をかけて家に招き入れました。 しかし、ヴェルドゥは、夫を戦争で亡くし自分も窃盗罪でつい最近まで刑務所に服役していたという女の身の上話を聞くうちに実験を思いとどまり、彼女に一握りの金を渡して帰しました。 チャップリンの殺人狂時代のネタバレあらすじ:転 かねてからヴェルドゥの足取りをつけていたモロー刑事は彼の自宅を訪ね、行方不明になった女性たちについて尋ねてきました。 モロー刑事が確たる証拠を掴んでいることに気付いたヴェルドゥはモロー刑事に毒薬入りのワインを飲ませ、妻の前で自白することを約束して一緒に汽車に乗り込みました。 そしてヴェルドゥはモロー刑事が心臓麻痺を起こして死んだことを確認して汽車を降りました。 邪魔者を消したヴェルドゥは再度アナベラに狙いを定め、毒を飲ませようとしましたが、メイドが瓶を置き換えたことにより失敗に終わりました。 続いてヴェルドゥはアナベラと共にボートに乗り、湖の上で彼女を殺そうとしましたが、目撃者がいたためにこれも失敗に終わりました。 その一方でマリーに花束を贈ってアプローチを続けていたヴェルドゥは彼女から好感触を得、マリーと結婚式を挙げることになりましたが、何と式場にアナベラがいることに気付いたヴェルドゥは式の途中で逃げ出してしまいました。 やがてマリーやクーヴェ家の者たちは、警察でヴェルドゥが関わっているとされる事件について知ることとなりました。 やがて世界は大恐慌に見舞われ、ヴェルドゥは株価の暴落により破産してしまいます。 チャップリンの殺人狂時代の結末 数年後、すっかり心がすさんでしまったヴェルドゥは偶然にもかつて自分が親切にした女と再会しました。 女は軍需工場の社長の愛人となって今では裕福な暮らしを送っており、礼がしたいとヴェルドゥを食事に誘いました。 ヴェルドゥは妻子を失ったことを打ち明け、「私は夢の世界に生きていた。 恐ろしい世界だ。 今、目が覚めた」と語りました。 その時、その場に居合わせたクーヴェ家の者たちはヴェルドゥを見かけて警察に通報、ヴェルドゥは女に別れを告げると駆け付けた警察に抵抗することなく逮捕されました。 裁判にかけられたヴェルドゥは死刑判決を受け、「私を殺人鬼と検事は言うが、世界は大量殺人(戦争)のために破壊兵器を作っているのです。 その点では私はアマチュアです」と発言しました。 そして処刑の日、ヴェルドゥは弁護士や神父、記者らに自分のしたことはビジネスだと語り、「戦争や紛争などは全てビジネスなのです。 一人を殺せば悪人で、100万人を殺せば英雄です。 数が殺人を神聖にする」と持論を述べました。 そしてヴェルドゥは刑務官から生まれて初めて飲むラム酒をいただき、神父に祈りを捧げられながら処刑場へと連行されていきました。 以上、映画「チャップリンの殺人狂時代」のあらすじと結末でした。

次の