ナカノ ヒトゲノム パカ。 #ナカノヒトゲノム #コピペbot ナカノヒトゲノム【実況中】でコピペbot

#ナカノヒトゲノム #コピペbot ナカノヒトゲノム【実況中】でコピペbot

ナカノ ヒトゲノム パカ

突如巨大な動物に襲われかけたアカツキと美少女・更屋敷カリンは、和装の男鬼ヶ崎カイコクの助けや、巨大パンダと和解するという方法で、なんとかピンチを脱出。 第1ステージクリア、と言いながら登場したアルパカのかぶりものをした謎の人物パカにより、リアルゲーム「ナカノヒトゲノム」の実況をし、再生数1億ビューを稼がなければならないと告げられます。 13番街というチームに振り分けられたアカツキ、カリン、カイコクは、そこで仲間となる5人の人物と出会います。 おのおのがゲームの実況をしており、名前の知られた存在。 彼らは協力し、パカに提示されるステージをクリアしながら、再生数を稼いでいくことになります。 1巻では、リアル「ナカノヒトゲノム」のルールと、13番街メンバーの紹介を兼ねた内容。 特に主人公であるアカツキの魅力である、ナチュラル実況を可能とさせる、マイペースかつ天然な部分が前面に押し出されています。 「リアルゲーム実況をし、再生数を稼いでいく」という大きな目的と、各ステージクリアという課題が提示されていますが、パカが何者なのか、なぜゲーム実況者が集められているのかは、1巻の段階では不明。 監視者であるパカですらわからない、謎の少女の存在や、焼却炉で燃やされていた人のような何かなど、謎が深まります。 1巻では第1ステージ「アニマル合戦」、第2ステージ「取り替えこっくりさん」が行われ、何とか課題をクリアしてきました。 おもにゲーム実況者である主要キャラクターの紹介と、彼らが取り込まれたリアルゲームのルールの一部が公開され、第3ステージの内容と課題、そしてパカの正体が判明するか、という緊迫したところで終わっています。 第3ステージは、卵から誕生した少女と、学園のアイドルである光源氏の恋を成就させるというのが課題。 アカツキの他にも、格闘ゲームが得意でアカツキの友人駆堂アンヤ、恋愛シミュレーション実況を得意とする逢河マキノ、育成シミュレーション実況で人気の伊奈葉ヒミコが活躍します。 ステージをクリアするために、アカツキ達が奔走するところはもちろんですが、本編には路々森ユズとカリンの入浴シーンが登場するのも見所。 また、パカの正体を暴こうと迫るカイコクと忍霧ザクロの連携が見られるなど、実況者の中で交流も楽しめるポイントです。 また、1巻の段階では実況者であること、得意なゲームや性格などしかわかっていなかった各キャラクターの隠された部分が明らかになってきます。 アンヤが睡眠障害を持っているというのも明らかになりましたが、ユズのアカツキに対する異常な執着が注目ポイント。 マンイーター戦ではぞっとする場面もありますが、それ以上にぞわりとするユズのヤンデレな一面にも注目です。 「ナカノヒトゲノム」3巻:「ナカノヒトゲノム」システムの謎が深まる! 2巻から少しずつ各キャラクターの抱えている事情や、問題が明らかになってきていますが、3巻ではカイコクとザクロの生い立ちが公表されました。 カイコクは、実はお金持ちの御曹司ですが、祖父と折り合いが悪く、勘当された身です。 どうやら祖父はカイコクを跡継ぎにしようとし、熱心に指導をしていたようですが、カイコクが反発していた様子。 家を出た彼は、そのまま「ナカノヒトゲノム」に連れ去られたのでした。 対するザクロは、他の人とは少々事情が違う様子。 2年前に行方不明になった双子の妹、サクラを探しており、「ナカノヒトゲノム」をプレイして、わざと失踪者になっているのです。 「鬼退治」ステージでサクラの持ち物が発見され、現段階では命を落としたのでは、と言われています。 「ナカノヒトゲノム」4巻:ゲーム外の動きも活発に! 兄はヒミコを守るため、両親によって養子に出されましたが、後に行方不明となり7年が経過。 法律上は死亡したことになっており、そのことに責任を感じているのです。 ちなみにこの巻では、ヒミコが怒るシーンがあるのですが、そのキレっぷりがあまりにひどく、アンヤにトラウマを残すこととなりました。 そして「ナカノヒトゲノム」ゲームの外の動きも活発になるのが4巻の見所。 アンヤの兄、駆堂シンヤが、カリンの兄で探偵業を営む更屋敷ヒノキに、アンヤの捜索を依頼します。 ゲーム内部ではカイコクが、ゲーム失格者やリタイアした者が強制収監される「白の部屋」へ収監されてしまいますが、その原因となったのは第7ステージ「呪奪の三姉妹」とのかくれんぼの最中に、13番街メンバーのデータが書かれた紙を発見したため。 ゲーム内外双方から、少しずつ「ナカノヒトゲノム」の謎に迫っていきます。 4巻では、人が死んでいると思しき描写も登場する強制収監施設「白の部屋」にカイコクが収監されてしまうという、かなり緊迫した場面で終了しました。 5巻では、「白の部屋」に収監された者たちがどうなったのか。 他の行方不明者がどうなっていたのかが明らかになります。 ユズの行動を怪しんでいたカイコクが、ユズの自室を調べたことにより「白の部屋」に強制収監されてしまいます。 厳しい監視の中、浴槽の下にあった抜け道を通ったカイコクの前に現れたのは、他の番街の実況者。 13番街メンバーよりも早く誘拐された、男女嶋ナナミ、ザクロの妹であるサクラをはじめとしたゲーム実況者たちでした。 カイコクは地下に住む実況者たちと合流し、「ナカノヒトゲノム」のシステムを知ることになります。 一方、カイコクへの処遇を不服として、一時はゲームからの離脱を口にしたアカツキたちでしたが、敗者復活ゲームとなる「ホワイトパズル」に挑むことになります。 パズルゲームを得意とするユズを中心に謎に挑みますが、その過程で明らかになったのは、ユズが何を考え、行動しているのか。 そして、何者なのかでした。 得意分野を活かし、仲間を救うために尽力しましたが、5巻ではユズがパカ側、つまりはゲーム主催者側の人間であることが明らかになります。 しかし、なぜアカツキに執着するのか、第1巻「こっくりさん」でも登場した、関係者らしき少女は本当に姉なのか、多くの謎は明かされていないままです。 「ナカノヒトゲノム」6巻:幼児が可愛くて震える! そして、外部で調査を続けていたカリンやアンヤの兄、ヒノキたちにも新たな動きがありました。 失踪者たちを調査していたヒノキたちは、彼らがフリーゲーム「ナカノヒトゲノム」をプレイしていた可能性にたどり着きました。 さらなる調査を続ける中で、アカツキの実家である入出家を訪れたヒノキとシンヤは、ぐるぐるまきの包帯にくるまれた人形を、アカツキだと口にする、母ユカコの異常な姿を見たのでした。 今までちょっと天然な気質を見せていたものの、裏表がなさそうだったアカツキに、実は養子であり、義母ユカコとは歪な親子関係を結んでいたという事実が判明しました。 入出家は何か「ナカノヒトゲノム」に関わっているような描写も見られ、緊迫感が増します。 「ナカノヒトゲノム」7巻:島の謎が明かされる!? 一方、島へ上陸することを決意したヒノキとシンヤ。 アカツキの叔父にあたる仁木イチヤと協力していくことになります。 イチヤの口から明かされたのは、島には7人の定例会議メンバーがおり、元々はテーマパークの予定地だったが、遺伝子研究施設として買い取られたこと。 アカツキの義父である入出アキトが島を引き継ぎ、現在はアカツキが所有者となっているという事実です。 パカを含め、「ナカノヒトゲノム」に関わっているのは、この研究施設に関わりのある人間であることが示唆されました。 アカツキ自身は、島の所有権を持っていることを知っているのか、どこまで事情を把握しているのかは不明です。 主人公でありながら、巻を追うごとに謎が深まっていくアカツキの今後も気になります。 『ナカノヒトゲノム』8巻:明かされるカリンの過去。 そして……? ついに再生回数が1万回達成となる9巻。 それと並行して、ユズがゲームから離脱したことが告げられます。 それと平行して明かされるユズの秘密。 そしてマザー・ミミクリーとユズ、そしてひいてはアカツキとの関係が示唆される描写……。 かつてこっくりさんの時に約束したアカツキのある約束が意味を持ってくることになりそうです。 このゲームに関してアカツキが真相に迫ったとき、果たしてどんな全容が見られるのでしょうか? 緊迫したリアルデスゲームに巻き込まれた、という内容ではありますが、絵柄とキャラクターの雰囲気も相まって、ホラー色が強いわけではありません。 残酷描写が苦手な方でも手に取りやすいライトさはありながら、謎の部分ではしっかりと読ませてくれます。 まだまだ謎の多いリアルゲーム「ナカノヒトゲノム」がどうなっていくのか、アニメ化も決定して盛り上がっていく本作の、今後の展開から目が離せません。

次の

ナカノヒトゲノムラジオ【配信中】~どうか死ぬ気で聴いて下さいませ~

ナカノ ヒトゲノム パカ

Contents• ナカノヒトゲノムアカツキの正体を考察 ナカノヒトゲノムのアカツキについて、まずはどういった人物か・・・ 主人公とも言える立ち位置ながら、敵であるパカとのつながりも見せる謎多きアカツキ。 クラスでの人気は高く、誰とでも仲良くなれる性格の持ち主。 彼は オンラインでのゲーム実況の動画配信を行っていました。 得意なゲームジャンルは脱出ゲーム。 非常に多くの花粉症アレルギーを持っています。 そのため、マスクは欠かせません。 また、 忘れっぽく、ついさっきのことも忘れてしまうほどです。 自己紹介で、自然や肉球が好きであることを公言しています。 そして、自他ともに認める平和主義者というのが、アカツキという人物の正体です。 家族は母親のみで、 父親はすでに他界しています。 性格は? アカツキの性格を一言で表すと、素直というのが一番ピッタリかもしれません。 彼のとる行動原理を見れば、それは明らかです。 アカツキは非常に好奇心が強く、積極的にゲームに参加していきます。 何事にも首を突っ込みがちで、メンバーから怒られることもしばしば。 興味がわいたものには一直線です。 また、彼を包む空気はゆるく、「平和」という言葉が大変よく似合います。 彼と接した人間は、あっという間に彼のペースにのまれ、泥棒も改心させるほど。 そしてなにより、彼はもめ事をよしとしません。 血が流れるようなことを極端に嫌い、事態を平和的に収めようとします。 それゆえ、 13番街メンバーの中ではクッションのような役割を果たす存在です。 そこには彼の確固たる意志が表れています。 島に来た直後の第 1ステージ、彼は真っ先にパンダを倒す以外の方法をとりました。 こうした好奇心と、周囲のギスギスを和らげようとする姿勢。 ときに彼は、そのために自ら果敢に突っ込んでいく姿を見せます。 第 5ステージで 娘に変装したり、イエティに捕まったパカを助けに行ったりなど。 一見向こう見ずな行動に、驚かされるばかりです。 このように行動力のあるアカツキですが、 感情を激しく出すことはまずありません。 時折何を考えているのかわからないような、物憂げな表情を浮かべることも。 そんな側面が、 彼の裏の部分の正体をにおわせるのです。 魅力十分のキャラクターを持つアカツキは、まさに この物語の主人公といえます。 初対面同士の中でアカツキは、積極的にコミュニケーションをとろうとします。 いい意味で無神経な彼は、 最初こそうとましく思われますが、徐々に打ち解けていきます。 そして、苦難を超えていく 13番街メンバーたち。 一方で、 アカツキのあまりにも善人な部分や、妙な行動に疑問を持つメンバーも。 彼を全面的には信頼していない、してはいけないと冷静に見ている者たちです。 その最たるものが、常に一歩引いたところで状況を客観的に見ているカイコク。 彼はユズの部屋の写真などから、 アカツキとユズとパカの関係性を疑っています。 カイコクと行動を共にすることの多いザクロもまた、カイコクの話を聞いた 1人。 何かとユズにつきまとわれる彼女は、 ユズの底知れなさを直感的に感じていました。 アカツキとユズは本当は初対面ではないのでは?と勘ぐってもいます。 そんな中、パズル後のユズとカイコクの話を聞いてしまうのです。 以降、カリンはカイコクから資料を見せてもらい、自分たちの状況を知り始めます。 そして最後に、 ユズとアカツキの関係。 この両者の関係こそ、物語のメイン部分と言ってもよいかもしれません。 アカツキの行動を絶えず観察しているユズ。 部屋には、アカツキの写真が壁一面に貼られています。 また、 カリンに近づいては、アカツキのことを根掘り葉掘り聞いてくるのです。 こうしたユズのアカツキに対する執着は、 好意というより研究対象としての興味というべきものです。 アカツキがたまに見せる笑顔や涙を見て、不思議に思うユズ。 まるで、 アカツキはそんなことしないと言わんばかりの驚きを見せます。 そんなユズは、アカツキのことを昔から知っていました。 彼女は島の研究施設に出入りしており、当時からアカツキに関心を向けています。 アカツキとユズの関係が、島の研究に関わるものであることは間違いありません。 単に絆を深めるにとどまらない、複雑な人間模様もまた、ナカノヒトゲノムの面白さです。 アカツキの秘密 一見裏表のないアカツキですが、たまに見せる彼の知られざる姿。 ここでは明らかになったアカツキの秘密を解説していきます。 まず、 アカツキ自身は両親の本当の子供でなかったということ。 彼のかつての名はアキラといい、入出家に養子として迎え入れられました。 そして彼は、 それ以前の記憶を完全に失っているのです。 息子のアカツキを失い、ショックで心が壊れてしまった母親。 母がアキラに注ぐ愛情は、亡くなったアカツキに対してのものでした。 その後、改名申請を経て、 アキラは文字通りアカツキとなったのです。 そのアカツキはなんと、 ナカノヒトゲノムが行われている島の所有者でした。 島の初代所有者の一番弟子だったアカツキの父親。 彼は先代から島を受け継ぎ、父の死後はアカツキに権利が渡ったというものです。 すでに亡くなった父親は、島でのミミクリー研究の中心的な存在でした。 アカツキがナカノヒトゲノムと浅からぬ関係があることがわかります。 また、 アカツキとヒミコが兄弟である可能性についてもほのめかされています。 第 5ステージでのアンヤのヒミコに対する一言。 それは、 ヒミコはアカツキと雰囲気が似ているというものでした。 さらに、第 6ステージで判明するヒミコについてのシーン。 アカツキの良い部分を挙げろという質問に、彼女は 「お兄さんみたいなところ」 と答えます。 そして最後の質問で、 「自分は兄を殺した」 という衝撃の一言。 ヒミコは幼いころに兄と離れ離れになっています。 自分のために、兄が離れなければならなかったというヒミコ。 そんな兄も養子先から失踪し、死亡認定を受けているということ。 とんでもない事実がここで明らかになるのです。 こうしたヒミコの境遇とアンヤの言葉が、 アカツキとヒミコが兄弟である可能性を高めます。 13番街メンバーが意図的に集められていることは以前紹介しました。 初対面同士だった彼らの間には、本人たちも知らない秘密がまだまだ隠されています。 パカとの関係は? 【あらすじ・先行カット公開!】 「【実況中】」第2話のあらすじと先行カットが公開! 第2話「BORN THIS WAY」 パカの指示で様々なゲームのリアル実況を強いられることになったアカツキたち。 案内人パカが課したタスクは、生死をかけたリアルゲーム実況で再生数1億を達成すること。 アカツキは、パカに対して敵意を持っていません。 これは、感情の起伏が大きくない彼だからこそできることなのでしょう。 しかし、何も知らされないままゲームをやらされる 13番街メンバーたち。 抗えば力でねじ伏せられ、ときにはあおってくることもあるパカ。 これで怒りが湧かない方がどうかしています。 ただ、アカツキはそうではありませんでした。 アカツキの特殊性は、こうしたところからも見てとれます。 その他、アカツキはアンヤのために睡眠薬の調達をパカにお願いします。 第 5ステージでも、パカに 「一緒に島を脱出できないか」 と、うわ言。 第 10ステージでパカがイエティに襲われたときは、パカを救出に向かいさえします。 無意識的な部分で、 アカツキはパカとのつながりを求めているようです。 第 5ステージでは、アカツキを殺そうとするキハチを止めにきました。 カイコクが閉じ込められた際も、アカツキがゲームを拒否したとたん、第 8ステージを用意。 パカの扱いが、 他メンバーに比べてあまりにも違いすぎています。 どうやら、パカは アカツキがゲーム参加不能状態となることを恐れている様子。 パカが無理やりでもゲームを進行させようとする意図は、この点にあるのでしょう。 これらパカの態度から、 アカツキとナカノヒトゲノムに接点があることは確かです。 アカツキとパカ、そしてユズの 3者。 彼らの「裏」の動きが今後どう展開していくのか、大変楽しみです。 アニメでも、この二人の関係は緻密に再現されています。 しかし、 アカツキには謎多きマダラメに関する部分も残されています。 他方、真相を解き明かそうとするカイコクやナナミ、そしてヒノキたちの今後の展開は。 真実を知るたびに、彼らの心境にどんな変化が見られるのでしょうか。 繊細に練り上げられた伏線をめぐらし、ストーリーを描いた本作。 キャラ 1人掘り下げるだけでも、パズルが解けていくような快感を覚えます。 一筋縄ではいかない、魅力しかない登場人物たちにぜひフォーカスを当ててみてください。

次の

「ナカノヒトゲノム【実況中】」レビュー

ナカノ ヒトゲノム パカ

Contents• ただし、顔はアルパカ。 パカという人物は言ってしまえばそんなやつです。 すいません、これでは何がなんだかわかりませんね。 パカは、主人公アカツキたち 13番街チームの監視役を担当する人物。 リアルナカノヒトゲノム実況プレイの進行役も兼ねています。 ナカノヒトゲノムの世界に来たばかりのアカツキたちの目の前に突如現れました。 以降、彼らに実況するゲームとゲームクリア条件を与えていきます。 顔はまんまアルパカですが、 本人はアルパカと言われると否定します。 13番街メンバーの中では、ヒミコがお気に入り。 耳元でささやかれたいという変態願望があります。 パカは通常、島の中心にあるタワーの上層部で実況者たちを監視。 島中に設置されたカメラと、パカメラというアルパカの顔をした飛行生物を用います。 そして、アカツキたちが集められた島が研究所だった頃からいる人物の 1人。 研究所だった頃は、研究員の一人として研究を行っていました。 苗字が「墓守」というのが本来の名前です。 この物語の真相を知る上でのカギを握る、最重要人物の 1人。 普段のふざけた態度から一転、時折見せるすごみに思わずゾクッとしてしまいます。 その言葉は冷たい刃のように鋭く、メンバーたちをひるませてしまうほど。 表情を隠すアルパカの被り物が、より一層不気味さを引き立たせます。 また、 何事も容赦なく行う姿には、狂気すら感じることも。 いつものひょうひょうとした姿とのギャップが、彼の異常さを際立たせています。 この二面性が、パカ本来のものなのかについては、まだ明らかになっていません。 表の部分はあくまで演技である可能性もあります。 仮にそうだとしたら、 彼が尋常ではない人物であることは間違いありません。 いずれにせよ、パカが気味の悪い一面を見せたときこそ、物語の核心に迫っていることは確かです。 今後も、パカの行動から目が離せません。 パカの目的 久々のナカノヒトゲノム投稿だな多分…ネタバレ注意な! この男性パカじゃないのかな多分 夢見たって言ってるし鬼ヶ崎が見つけた実験室のところだしやけどおったって言っている…. てか二枚目の写真の人めっちゃあっきーに似ているんだけど。 ゲームとは、メンバーたちが自ら参加するものであり、命の危険を伴うものも。 彼らは、パカに与えられたゲームをクリアしなければなりません。 ゲームをクリアすれば、「染色体」がもらえます。 メンバーたちは、島中のカメラやパカメラによって逐一実況されています。 そして、 実況の再生数が1億を超えることが、リアルナカノヒトゲノムのクリア条件。 ゲームの参加を拒否すると、「白の部屋」と呼ばれる部屋に収容させられます。 いったん収容されたら最後、 2度と出られません。 パカの素性や目的を探ろうとする行動が明らかになっても同様です。 しかし、パカの真の目的は実況再生数 1億超えではありません。 別の目的があることを匂わせる部分が、作中で見え隠れします。 作品を読み進めていくと、 13番街メンバーは島に関係を持つ者ばかりでした。 つまり、彼らは意図的にゲームに参加させられているわけです。 島で行われていた研究は、人間のように成長した植物「ミミクリー」の開発。 アカツキの義父はこの研究者の 1人でした。 また、 アンヤの睡眠障害やアカツキの花粉症は、島の研究の影響によるせいともほのめかされています。 とはいえ、残念ながら、作中ではパカの真の目的は明らかになっていません。 しかし、島での研究に関することであることは確か。 パカの目的とメンバーたちがどう関わっているのか、今後の展開に注目です。 なんで被り物をかぶっているの? パカ CV. みぃ ナカノヒトゲノムの進行役。 アルパカの被り物にスーツ・ネクタイという何ともアンバランスな恰好をしている。 ウケ狙いの行動も多いが、時々垣間見せる本気の表情には何かうかがい知れないものがある。 島にはパカを含めた 7人の人物が存在し、島の管理を行っています。 定例会議に出席するその 7人は、みなそれぞれ被り物をかぶっています。 彼らが被り物をかぶっている最大の理由は、その顔を隠すためです。 というのも、 被り物をかぶった連中は、13番街メンバーはじめ島にいる人物と関係のある者ばかり。 ネコの被り物をしたカーマインは、アカツキの義理の叔父にあたる仁木イチヤ。 鳥の被り物のコッカラップも、カイコクの祖父であることをほのめかす部分がちらほら。 メンバーに顔がバレると何かに支障をきたすことだけは、疑いようもありません。 現在、メンバーの素性や抱える事情が少しづつ明らかになっている本作。 パカたちの正体が明らかになったときこそ、物語は佳境に入っていくことでしょう。 パカの素顔は・・・ パカの素顔が見えたのは、 冒頭カイコクとザクロがタワー立入禁止区域に入ろうとしたときの、一瞬だけ。 このとき、 パカは自ら被り物を取っています。 なぜなら、 パカはそのときパカメラを使ってカイコクを失神させていたからです。 パカいわく、パカメラのストロボ機能で目をくらまされた者は、「悪夢」を見ると言います。 その「悪夢」とは、 見る者にとっての悪夢であるため、何を見るかは人それぞれ。 カイコクが見た顔は、カイコクにとっての「悪夢」である人物である可能性が高いのです。 いったいどんな顔をしているのか、どんな顔の人物がこんなことをしているのか。 早くも見たいという気持ちが抑えきれません。 アニメでもパカの素顔が話題になっていましたね。 パカという人物については、原作でもそこまで明かされていません。 しかし、 確実に13番街メンバーたちとミミクリー研究を結びつける接点です。 彼らの間に今後どんな変化が起きるのか、今から楽しみで仕方ありません。 同時に、リアルナカノヒトゲノムを行う目的も握っているパカ。 ゲーム実況を行わせていることの意味についても、いずれ語ってくれることでしょう。 これだけ聞くと、なかなかピリピリした作品と思われるかもしれません。 しかし、 パカは本作で一種の清涼剤として働いている一面もあります。 アルパカの顔だったり、バカをやっているシーンが、緊張感を和らげてくれるんです。 そんな様々な顔を持つパカが、物語を動かしていきます。 伏線アリアリの展開に、今後も期待大の作品です。

次の