みんなの 競馬。 「みんなのKEIBA」新MCに佐野&小澤アナウンサー

みんなの予想:ガイド:楽天競馬

みんなの 競馬

この記事にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2009年12月) KEIBA BEAT ジャンル スポーツ番組 出演者 (京都・阪神担当MC) (京都・阪神担当MC) (中京担当MC) (中京担当MC) (小倉担当MC) (小倉担当MC) 放送 放送局 音声形式 (2012年まで一部の回は) 放送国・地域 放送期間 (平成22年) - 放送時間 毎週日曜日 15:00 - 16:00 放送枠 関西テレビ制作日曜午後の競馬番組 放送分 60分 KEIBA BEAT(けいばビート)は、、、他、西日本地区の14局 で(22年)から放送している中継番組である。 (関西テレビ制作分のうち京都・阪神でGIレースが開催される日は5. 1サラウンド放送 2012年まで )。 からまでは 競馬BEAT(読みは同じ)と大文字に変更され、タイトルロゴも一転してポップ調のものに変わった。 概要 [ ] 関西テレビ・東海テレビ・テレビ西日本の3社では、(平成3年)から『』を18年余りにわたって制作・放送してきたがが(平成21年)に『』から『』に全面刷新を発表したことを受け、関西テレビも年末年始の番組情報の中で(平成22年)から全面刷新を行った新番組を放送すると発表した。 しかしそれ以前に報道や当事者による公式ブログでのメッセージで当番組の開始が明らかにされていた。 メインとなる関西テレビでは3年ぶりにMCを・の男女ペア に戻したが、長年関西テレビ競馬中継の顔となっていたとについては70歳を超える高齢 となったこともあって『DREAM競馬』終了とともに引退。 その後は杉本が旧八大競走などのビッグレース時にゲスト出演する程度となった。 詳細は「」を参照 金子が競馬サークルの人脈交流の深を活かし騎手・調教師の生の声を取材・紹介するほか、毎回現役調教師を「スペシャルアドバイザー」として迎え入れて、より専門的なレース解説を提供する。 ただ、(平成23年)は「スペシャルアドバイザー」の出演は不定期となり、替わってが実況と兼務する形でスタジオも担当することとなった。 東海テレビは、工事の関係による日程調整で番組開始後しばらくしてすぐに自社制作を始めたものの、の放送分をもって一時休止し 、再開は(平成24年)となった。 そのため、中京競馬場工事入りまでは『DREAM競馬』終了時点の出演者が続投の上、事実上タイトルのみを変更した形で放送し、工事期間明けに改めて番組リニューアルを行う形になった。 改修後初の夏開催となった2012年7月には、第1週に(小倉編)、第2週に(阪神・京都編)と、それぞれの女性MCがゲストとして参戦した。 テレビ西日本制作分は、2010年(平成22年)のの開催が中京競馬場の工事の関係で、西日本主場となる夏開催(放送分)からのスタートとなった。 同局では歴代の競馬番組と同じく自社制作体制で放送し、こちらも関西テレビ制作分に倣って男女ペアによる司会となるが、『DREAM競馬』時には毎回迎えていたゲストが、隔週出演に変更された。 「」も参照 開始段階では、前番組で独自のサイトを立ち上げていたテレビ西日本には番組紹介のページはなかったが、夏開催の前にサイトは開設されている。 また、2011年(平成23年)の春開催は中京競馬場の工事に加え、の発生に伴い小倉競馬の開催が急遽延長 されたため、まで自社制作が継続された。 なお従場開催時において、土曜日のテレビ中継を担当していたが2004年を以って、ラジオ中継を担当していたが2018年を以って、それぞれ中継制作から撤退したため 、2019年からは本番組が在福地上波メディア唯一の中央競馬の自社制作中継となっている。 関西テレビ制作分については『DREAM競馬』から引き続き、一部ネット局を含めてでを実施している。 データ放送のコンテンツは『DREAM競馬』時代のコンテンツをほぼ継承(注目レースの出馬表・単勝オッズ・レース結果など)していて、杉本の勝ち馬予想コラム「清のささやき」も継続して掲載されている。 の日は、助っ人として東海テレビのアナウンサーもしくはテレビ西日本のアナウンサーが関わることがある。 (平成22年)の放送からはに移行。 番組内で、1着と2着の馬を予想するプレゼント企画を実施しており、的中者が1名のみの場合に限り、大型デジタルハイビジョン(52v型)テレビがプレゼントされる。 番組の終わりにはとして次週の日曜に行われる重賞競走の出走予定馬を紹介している(GI開催日など、時間の都合で割愛する日あり)。 第2期は「ドリーム競馬」時代からのドキュメンタリーの要素・競馬に隠された馬と人の絆、またサラブレッドの血統ロマンとその夢にかける人たちを描きつつ、初心者にもわかりやすい中継を心がけることを大きなテーマとする。 司会の杉崎美香は、大阪の放送局制作番組では初のレギュラー出演・主演となるほか、開始の「」との連携を深め、一部の出演者共有を含め、上方お笑いタレントのコメンテーター起用も行う。 なお放送開始当初から解説メンバーとして参加していた門口は競馬エイトの本紙予想家に専念するため、2011年末で降板(勇退)、スペシャルアドバイザー(現役調教師のゲスト解説)も事実上発展終了となり、その代わりとして元調教師のが解説メンバーに加わった。 2012年は、FNN報道特別番組(関連)放送のため休止(ただし、メインレースの実況はで放送する「」の放送で行ったが、通常関西テレビ・東海テレビそれぞれから放送される出馬表などの字幕フォーマットは当日に限りフジテレビより送出された「みんなのKEIBA」用のものを利用して行った)。 2012年放送分は、シグネットホールを会場に関西テレビ放送開局55周年特別番組として公開生放送(特別ゲスト <・>)が行われた。 放送分は、2月に現役を引退した元騎手がゲストとしての予想などを披露した。 以降、G1レースなどのビッグレースには安藤またはが出演している。 但し、東海テレビ版に関しては中京のGIレースであっても両者の出演がない。 同放送は関西テレビ放送開局55周年記念特別番組への内包として放送されたが、通常競馬場で行うスタジオ進行パートは、この日に限り本社スタジオで行われ、この55周年特番の総合司会を務めたが特別ゲストとして参加した。 またこの日はの発走が15:55であったため、16:10までの10分拡大 で行われた。 2013年4月からは関西テレビ放送分で、地上デジタル放送でも番組連動データ放送がスタートした。 放送日当日のメインレースの出走馬から1着馬(推しウマ)を予想して、その推しウマが1着あるいは2着になった場合、的中者から抽選で1万円分のが当たる予想クイズ「推しウマに挑戦! 」がスタートした(ワンセグの番組連動データ放送は従来通り)なお地上デジタル放送の番組連動データ放送は、2015年12月27日の放送を以って終了した。 なお、通常主催者クレジットのアナウンスは「主催はJRA日本中央競馬会です(でした)」とするが、この番組では関西テレビに限り「この放送はJRA日本中央競馬会の主催でお送りします(しました)」と、他番組の提供クレジット読みに倣っている。 東海テレビとテレビ西日本では、「主催はJRA日本中央競馬会です(でした)」とアナウンスされる。 2014年1月から関西テレビ版は、の(タレント)が新たに加入し 、杉崎とのコンビ司会となった。 同時に番組タイトルも『 KEIBA BEAT』に変更された。 但し、新聞のラ・テ欄やGガイドの表記は『競馬BEAT』となっている。 2015年1月から関西テレビはオッズ・出馬表などCGテロップをリニューアル。 東海テレビは3月の中京開催から、テレビ西日本は8月の小倉開催からCGテロップをそれぞれリニューアルした。 2017年1月15日の放送は、京都競馬場・中京競馬場の開催が雪で開催中止になったため、東海テレビでは放送予定だった自社制作の放送が急遽取りやめになり、関西テレビ版のネットに変更になった。 2018年2月11日の放送は、小倉競馬場での競馬が開催中であったが、当日はもともと開催がなかったため、テレビ西日本も自社制作ではなく、関西テレビ版のネットのものを放送していた。 2019年は、が当初の日程からこの日に延期されたことを受け、本時間帯に報道特別番組を放送のため休止。 など当日のレースは「」でのみ放送を行うが、レース映像は京都分のレースはJRA公式の映像で放送された。 なお、前週の11月3日も「」放送のため休止となり、2週連続で本番組が放送されないこととなった。 制作局別のスケジュール [ ] 各ネット局の放送スケジュールは以下のとおり。 代替開催などを除く。 2010年 [ ] ネット局 1月上旬~中旬 中京1月下旬~2月中旬 2月中旬~下旬 中京3月 4月上旬~7月中旬 小倉7月中旬~9月上旬 9月中旬~11月下旬 小倉12月 関西テレビ (下記3局以外) 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 テレビ熊本(GIのみ) 放送無し 関西テレビ制作 放送無し 関西テレビ制作 2011年 [ ] ネット局 1月上旬~中旬 小倉1月下旬~2月中旬 2月中旬 小倉2月下旬~4月中旬 4月下旬~7月下旬 小倉7月下旬~9月上旬 9月上旬~11月中旬 小倉11月下旬~12月 関西テレビ (下記3局以外) 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 テレビ熊本(GIのみ) 放送無し 関西テレビ制作 放送無し 関西テレビ制作 2012年 [ ] ネット局 1月上旬 小倉1月中旬~2月中旬 2月中旬~下旬 中京3月 4月上旬~6月下旬 中京7月 小倉7月下旬~9月上旬 9月上旬~11月下旬 中京12月上旬~中旬 12月下旬 関西テレビ (下記3局以外) 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 テレビ熊本(GIのみ) 放送無し 関西テレビ制作 放送無し 関西テレビ制作 2013 - 2019年 [ ] ネット局 1月上旬 中京1月中旬~下旬 2月上旬 小倉2月中旬~3月上旬 中京3月中旬~下旬 4月上旬~6月下旬 中京7月上旬~下旬 小倉7月下旬~9月上旬 9月上旬~11月下旬 中京12月上旬~中旬 12月下旬 関西テレビ (下記4局以外) 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 関西テレビ制作 テレビ西日本 関西テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 東海テレビ制作 テレビ西日本制作 関西テレビ制作 高知さんさんテレビ・テレビ熊本(GIのみ) 放送無し 関西テレビ制作 放送無し 関西テレビ制作 出演者 [ ] 関西テレビ [ ] 司会者• (、所属 :2012年1月8日 - 2016年3月27日、2017年4月2日 - ) BEATファミリー 準レギュラー(夏季ローカル開催を除きほぼ隔週〜月1で担当)• こいで• てつじ• (野球評論家)• (タレント・女優)• (タレント・歌手)• ・ よく登場するゲスト(基本的に以下のメンバーから1-2人がシャンプーハットと交互に出演するが、シャンプーハットとの共演となる週もある)• (タレント ・中京・小倉にも年1回程度出演する)• (野球評論家・馬主)• (タレント・女優)• (タレント・女優)• (俳優・前身番組『ドリーム競馬』の初代司会者)• 中京担当MCの蛍原徹も中京開催と被らない時に不定期で出演している。 解説者• (元調教師、スタジオ解説)• (、実況席解説)• 上記の2名に加えて元騎手の、、がビッグレース開催時などに不定期で出演している。 その際にはメインレースの実況席解説が高橋とのダブル体制となる。 リポート• (関西テレビアナウンサー:2016年4月3日 - 2017年3月26日までは司会を担当、2018年からは他の実況アナの兼ね合い次第で稀にスタジオの情報アナを担当することもある ) 実況アナウンサー 2014年1月5日から麒麟・川島明が男性側の総合司会者に就任したため、実況やゲート前リポート(リポーター)に参加しないアナウンサーの中から1人はスタジオでの情報担当(オッズ・配当金紹介他)に回る。 (「スーパーニュースアンカー」の出演に専念するために、2014年の天皇賞(春)をもって競馬中継から一時降板するも、2017年4月2日より阪神競馬場からの現場リポーターとして復帰。 以後ほぼ毎週アシスタントを経て、2018年1月7日より競馬実況に復帰。 GIレースは・・を担当 )• (GIレースはを担当 )• (GIレースは・・を担当 )• (GIレースは・ ・を担当 )• (のでリポートデビュー、2019年6月9日の阪神10レースで実況デビュー) 特別リポーター• (2013年6月23日の宝塚記念開催当日をもって、産休のため同年12月まで番組出演を一旦休止 ) ナレーター• 東海テレビ [ ] 司会者• (東海テレビアナウンサー:2020年3月1日 - ) よく出演するゲスト• ・(テレビ東京・ウイニング競馬MC)• (かつては、競馬ファンでもある元メンバーの が出演する事が多かった)• 夏季主場開催の時には蛍原との交友が深いお笑いタレントが登場することが多く、京都・阪神担当MCの川島明も毎年出演している。 ただし、蛍原の相方であるとの共演はまだ実現していない。 解説者• ( トラックマン、スタジオ・実況席解説)2017年から出演。 2018年1月21日・28日放送分は体調不良のため欠席。 2018年3月以降は草野・大野と交代で出演• (中日スポーツトラックマン、パドック解説)2012年以後中京で重賞が開催される当日のみ出演• (中日スポーツトラックマン、スタジオ・実況席解説)2018年3月開催から黒柳・草野と交代で出演。 (トラックマン、スタジオ・実況席解説) 2016年までは毎週出演、2018年1月21日・28日の放送では黒柳が体調不良による欠席のため急遽担当。 2018年3月から黒柳・大野と交代で出演。 2018年3月開催以後、黒柳・大野・草野のうち交代で毎週1名がスタジオ解説を担当する。 実況アナウンサー• (GIレースは・を担当した)• (GIレースは高松宮記念・チャンピオンズカップを担当 )• (かつて在籍していたでもを経験していた) 特別リポーター• (高松宮記念とチャンピオンズカップのみ) テレビ西日本 [ ] 司会者• (テレビ西日本アナウンサー )• (テレビ西日本アナウンサー) 解説者• (競馬エイト、スタジオ・実況席解説 )• (元騎手) 実況アナウンサー• よく出演するゲスト• 川島明• (小倉競馬場がある出身)• (、出身)• (2015年夏開催期間中、レギュラーコメンテーターとして参加)• (『』レギュラー )• (前述) 過去の出演者 [ ] 関西テレビ [ ] 司会者• (:番組開始 - 2011年12月25日)• 舞台公演『』に出演したため2010年から 、及びからの間は当番組には出演しなかった。 その間の関西テレビ制作分については調教師とは別にゲスト を招いた。 アシスタント• (フリーアナウンサー、セント・フォース所属 :番組開始 - 2011年12月25日) 実況アナウンサー• (開始年途中で定年退職のため2010年の桜花賞で競馬中継引退)• (GIレースは・・を担当した。 (GIレースは・を担当した ) 解説者• (、スタジオ解説)• 2011年1月23日は高橋が小倉競馬場に出張のため、実況席解説も担当した。 2012年から競馬エイト・大阪本社の本誌予想(チーフ予想家)昇格になり、それに専念するために降板したが、同はレギュラーの高橋がにより欠席したため、降板後初めて実況席解説を担当した。 (、パドック解説)• 2010年3月28日の高松宮記念開催当日は東海テレビ制作分に出演した。 ナレーター• (「DREAM競馬」から続投) 東海テレビ [ ] 司会者• (2010年、前身番組『ドリーム競馬』の東海テレビ版から引き続き担当)• ・(2012年3月開催~2012年12月開催) アシスタント• (2010年、前身番組『ドリーム競馬』の東海テレビ版から引き続き担当)• (2012年〜2015年3月開催、当時東海テレビアナウンサー)• (2015年夏主場開催〜2017年3月開催)• (2017年夏主場開催〜2019年12月開催、東海テレビアナウンサー) 解説者• (2010年のスタジオ解説) テレビ西日本 [ ] 司会者• (、所属) アシスタント• (2010年7月 - 2013年3月3日)• (タレント) 解説者• (、パドック解説、関西テレビとの兼務のため夏開催のみの出演) 実況アナウンサー• 主要出演者の変遷 [ ] 司会者もしくはアシスタントを務めた人物の変遷を記す。 1 前番組(『』)から続投。 2 中京競馬場改修工事に伴う開催スケジュールの都合上、この時期の小倉競馬開催が無かったため。 3 中京競馬場が改修工事のため開催を休止していたため。 4 2013年9月開催以降、川島の実況スケジュールに応じてが代行することがあった。 5 杉崎の産休に伴い担当。 杉崎復帰後はパドックリポート担当に廻る。 放送日時 [ ] 日曜 15:00 - 16:00• ・・・ ・(2013年まで)当日は14:40(2013年までは14:35)開始。 2014年からの有馬記念当日は、通常より30分繰り上げの14:30放送開始、10分早く放送が終わる15:50までの放送となっている(2014年〜2016年は有馬記念前の準メインに重賞レースのが組まれていた)。 2019年のみ当日は14:40開始となっていた。 テーマ曲 [ ] 関西テレビ• 『』の第18変奏(2010年、2011年)• 『Life of a Salesman』(2012年、2013年、GI開催日以外)• 『The Boys Are Back』(2014年以降)• 『Memory』(2016年 - 2018年)• Space Cowboy『Across the Sky』(2012年、2013年) テレビ西日本• 『The Space They Can't Touch』(2012年)• 『Every Teardrop Is a Waterfall 』 2016年 特集のテーマ [ ] 放送日 内容 2010年 と金子昇対談 2010年 の子供達 2010年 (元。 )生出演 と金子昇対談 ウオッカの初仔の馬名募集 [ ] 、の繁殖牝馬の一番仔(父・)の牡馬(仮名:「ウオッカ2011」)の出産からデビューまでを長期密着取材する試みを行い、併せてその馬名を視聴者から公募する企画を行った。 その結果、で「飛び立て」を意味する「」という馬名に決定。 にのダートで行われた新馬戦(メイクデビュー阪神)にデビューし、2番人気に支持されるが7着に敗れる。 続くの未勝利戦(阪神競馬場)も15着に敗れた。 ところが、休養中だった2014年夏、突然(せんつう)を発症し、懸命な治療が行われたが、病状が次第に悪化、2014年に永眠した。 世界的に注目を集めたウオッカの初産駒は勝利できなかったばかりか、キャリア2戦だけで病死という悲運の、かつ3年という短い最期を迎えてしまった。 ネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 備考 (KTV) 15:00 - 16:00 【 制作局】(京都・阪神担当) (THK) 【 制作局】(中京担当) (TNC) 【 制作局】(小倉担当) (BBT) (ITC) (FTB) ・ (TSK) (OHK) (tss) (EBC) (KSS) (KTN) (KTS) (TKU) GIレース及び一部レースのみ放送 (TOS) フジテレビ系列 (UMK) フジテレビ系列 日本テレビ系列 備考 [ ] では開局以来競馬中継を放送しなかったが、で中央競馬のGIレースの発売を開始するに伴い、2013年4月7日(開催日)から以外のGI開催日限定でネット開始し(有馬記念は2015年から、天皇賞とクラシック競走は2018年から開始。 )、現在は全レースを放送している。 では長らく以外のGI開催日限定での放送だったが、2020年1月以降は全てのGIレース及び一部レースを放送する。 の・では長らく競馬中継を放送しなかったが、テレビ大分は2020年2月2日から、テレビ宮崎は2020年2月23日からGIレース及び一部レースのみに限りネット開始。 では当番組ではなく『』(フジテレビ)をネットするが、この中で関西のメインレースの実況は行われる。 西日本エリアに属する()では前番組に引き続き未ネットであり(2020年以降もフジテレビ系列で唯一競馬中継を放送しない局はサガテレビのみ)、またのあるはフジテレビ系列が存在しないため 、()・()・()でも放送されていないが、(『』)または近隣県(佐賀県ではテレビ西日本、山口県ではテレビ新広島、山陰中央テレビ、テレビ愛媛、テレビ西日本)の放送を利用して視聴することはできる。 関西テレビのみ不定期に日曜朝4時頃に当日行われるレースのプレイバック(数年分)が放送される。 スタッフ [ ] 関西テレビ [ ]• チーフディレクター:村田昌紀• プロデューサー:片山健太• 技術協力:、、、大阪共立、• 制作協力:• 制作:カンテレ スポーツ局 スポーツ部• 制作著作:カンテレ(関西テレビ放送) 関連番組 [ ]• 平年1月 - 2月の小倉と12月の中京を入れ替えて2010年は1月 - 2月に中京、12月に小倉開催を行うため。 東海テレビは当初から番組紹介ページは開設している。 日本中央競馬会 2011年3月23日• 日本中央競馬会 2011年4月1日• ラジオ中継はとが時期を区切って引き継いだが、従場開催時も主場開催地制作局からのネット受けのみである。 かつてフジテレビの『』で5連単クイズを2007年春のGIレースシーズンに実施していたが、全的中までは至らなかった。 ただし、第1期最終回の予告字幕(テレビ西日本でも)では「 新番組 競馬BEATスタート」とクレジットされてあった。 東日本・沖縄県向けの「」は16:15まで• スポーツ報知 2013年12月24日閲覧• 2010年から2013年までは準レギュラー(BEATファミリー)の一員で不定期に出演していたが、2014年から司会に起用されることとなった。 当番組では[麒麟・川島]と表記される。 2019年8月4日はテレビ西日本制作分にゲストとして出演。 実質3代続けてセントフォース所属タレントが司会を担当する(石山は番組途中のにトップコートからセントフォースに移籍したため)。 2013年夏から小倉編で八田が総合司会を担当するため、同事務所所属タレントが2名司会を担当する形になる• 元司会。 でも引き続き司会を担当する。 2020年から夏季開催期間中は「」MCを担当している。 過去に「ドリーム競馬」(第1期)時代に小倉サマーシリーズ編など不定期のゲスト出場があった。 以前は、杉崎や八田と同じの所属であった。 スポーツ報知、2016年3月31日閲覧• ヤフーテレビ、2018年1月5日閲覧• ヤフーテレビ、2018年11月8日閲覧• ヤフーテレビ 2018年12月13日. 2018年12月13日閲覧。 のでリポートデビュー、2016年に実況デビュー• ヤフーテレビ、2017年12月8日閲覧• 2013年9月から12月まで、川島が実況・リポートを担当する機会が増えたため、ほぼ隔週交代でスタジオアシスタントも担当していた• ヤフーテレビ 2015年10月16日閲覧• 2012年1月から司会に就任。 関西テレビのアナウンサーが司会格で出演するのは時代のまでの以来である。 (松本はその後コメンテーター「競馬博士」として参加。 川島自身は「DREAM競馬」担当の時代からパドック実況とGI以外の重賞競走のゲート前リポートを担当していたがレースの実況は担当してなかった。 その後、の準メイン(10R)で初実況を果たす。 2013年9月から12月まで、ほぼ隔週でスタジオアシスタントとレース実況やゲート前リポートを交代で担当し、実況・リポートを担当する日はMCとしては出演しなかった。 この番組開始とともに全面リニューアルされる『』に引き続き優先出演となるため、VTRリポートや関西GI時における現場リポートでの出演に限られる。 当日はオープニングリポートをフジテレビへ裏送りする。 2014年2月9日関西テレビ制作分に「BEATファミリー」の1人としてゲスト出演した。 以降も中京開催と被らない時に不定期で出演している。 SKE48在籍中にSKE48メンバーとしては最多となる14回ゲスト出演しており、司会の蛍原から「番組の準レギュラー」と紹介されることもあった。 2020年1月26日は京都競馬場の11Rのパドック実況・ゲートリポートを担当。 例外として、2006年9月24日の神戸新聞杯(中京代替開催)で当時3冠を目指していたが出走したため、細江がリポーターとして出演した。 2013年の冬開催から2015年の冬開催、2017年の夏開催から司会を担当。 2014年1月26日は京都競馬場の10R・11Rを実況。 2017年1月29日、2018年1月28日、2019年1月27日は京都競馬場の11Rのパドック実況・ゲートリポートを担当。 前番組は冬開催のみの出演だったが、この番組から関西主場開催である夏開催にも出演。 旧『DREAM競馬』時代は最晩期の司会を務めていた。 2010年1月31日は、石巻・川島以外の関西テレビ競馬担当アナウンサー陣が『大阪国際女子マラソン』中継の実況で不在となったため、パドック担当として出演した。 『DREAM競馬』時代は2006年から毎年1・2回準レギュラーゲストとして出演していた。 7月18日から9月5日まではテレビ西日本制作のため出演せず。 競馬愛好家の芸能人が主。 開始当初は所属。 2011年8月に現事務所移籍。 2011年はスタジオも兼務、オッズ紹介や関東GI振り返りの進行、あるいはコメンテーター的なポジションを勤めていた。 現・アナウンス部長のため、出演が減少していたが、2015年9月27日の放送では久しぶりにゲートリポートと勝利騎手のインタビューを担当。 ヤフーテレビ2015年1月9日閲覧• 2011年は中京競馬場の工事のため阪神競馬場の開催となった高松宮記念も担当。 ヤフーテレビ、2017年6月25日閲覧• 制作「」でキャスターを担当する事もある。 なお、BSフジ競馬中継 BSオリジナルバージョン と日程が重なる場合はBSフジ競馬中継を優先するため出演しない場合もある 例:2012年9月2日は(テレビ西日本アナウンサー)がアシスタントを担当した。 2013年までは14:35開始• 2019年を除く• 2013年は発走時刻が15:55に設定された都合上15:00-16:10に放送(関西テレビ開局55周年の5時間半特番内包扱い)。 2014年度はジャパンカップが15:55、それに続けて京都のメイン扱いとなるが16:20に発走となる関係で15:00-16:30に放送• (日刊スポーツ2014年8月24日 8月26日閲覧)・ デイリースポーツ2014年8月24日 2014年8月26日閲覧• テレビ山口がフジテレビ系列に加盟していた期間中は、まだ開設されていなかった。 外部リンク [ ]• ・・ 前番組 番組名 次番組.

次の

フジテレビ競馬パーク

みんなの 競馬

2着馬以下に5馬身の差をつけてユニコーンSを制したカフェファラオ デスク 好素材がそろった3歳馬のダート重賞、ユニコーンSは1番人気のカフェファラオが圧勝。 道中は逃げるレッチェバロックを射程に入れながらレースを進め、直線では持ったままの手応えで前に並びかける堂々たるレースぶり。 最後は楽々と抜け出して2着デュードヴァンに5馬身差をつけた。 東京競馬場の佐藤圭トラックマン(TM)、どういう印象だった? 佐藤圭TM カフェファラオはパドックでは発汗が目立って大丈夫かな、と思ったんですが、返し馬で丁寧にじっくりと歩かせたことで平常心でレースに臨むことができましたね。 今回はスタートが決まりましたし、楽に好位に取り付いて、逃げたレッチェバロックを徹底マークという形。 それも、ほとんど持ったままでしたから。 速いペースで、そんなレースぶりができるのですから、桁が違いましたね。 僕が思っていたより一枚も二枚も上の強さでした。 今でも、すぐにGIを勝てる馬だと思います。 デスク 3番人気のデュードヴァンは後方2、3番手の位置取りだったけれど、直線に外に持ち出してからは素晴らしい脚を使った。 上がり3ハロンはメンバー最速の35秒5。 35秒台はこの馬だけだから、やはり3歳ダート路線では上位の力があるといえるだろう。 佐藤圭TM ダートでこれだけの末脚を使える馬はなかなかいないと思います。 直線での伸びは際立っていました。 普通の年ならば勝っているレベルの走りです。 時代が悪かったとしかいいようがありません。 デスク 11番人気のケンシンコウも道中は後方の位置取りだったが、直線でよく伸びて3着に食い込んだ。 前走、同じ東京ダート1600メートルで2勝目を挙げていて、それが今回につながったのかもしれないな。 佐藤圭TM これも後ろからの競馬で、直線ではいい伸びを見せました。 気性が良くない馬で、パドックでは発汗が目立っていましたし、これだけの速いペースでも道中は口を割りながらの追走でしたから。 落ち着きが出てくるようなら、今後はさらに楽しみでしょう。 デスク 2番人気のレッチェバロックは好スタートから先手を奪ったが、最後は失速して9着。 3戦目で初の黒星となってしまった。 佐藤圭TM スタートセンスがとてもいい馬で、馬なりのまま先頭に立つことができましたし、直線でも追い出しを待つ感じのレースはできました。 どこまで粘れるかと思っていたんですが、この結果を見ると1ハロンぐらい、距離が長いのかもしれませんね。 でも素晴らしいスピードを持っていることは間違いのない馬です。 デスク タガノビューティーは13着と、いいところがなかったけれど。 佐藤圭TM 向こう正面で大きくつまずくアクシデントがあって、騎手の鐙(あぶみ)が外れてしまいました。 それをつけ直して頑張ったのですが…。 リズムが乱れてしまったことは間違いないので、仕方がない結果です。 今回は参考外と思ってもらっていいと思います。

次の

みんなのKEIBA

みんなの 競馬

競馬番組『みんなのKEIBA』 毎週日曜日15:00〜 フジテレビ系列 の新番組MCが、佐野瑞樹アナウンサーと小澤陽子アナウンサーに決まり、が行われる1月10日 日 の放送より登場することが6日、フジテレビから発表された。 同番組は、今年で7年目に突入。 リニューアルされる『みんなのKEIBA』は、「楽しく! カッコよく! そして当たる! 競馬中継番組」をに、競馬の持つ「スポーツ的要素」、「カッコよさ」に焦点を当てた中継を目指す。 また、スタジオでは、初心者にもなじみやすい「明るく、楽しく、真面目」なトークを展開、もちろん従来からの競馬ファンを満足させる「有益な情報」もふんだんに提供していく予定だ。 さらに、出演者全員参加型の新たな予想コーナー「みんなの3連単」も始動。 番組MC小澤陽子アナウンサーは新人ながらMCを担当することになるが、過去に『スーパー競馬』 『みんなのKEIBA』の前身番組 で、入社2年目の高島彩が女性MCに起用されたことはあったものの、新人アナウンサーが競馬番組のMCを務めるのは、フジテレビ史上初。 「世界で広く愛される、この競馬というスポーツの番組に携われることを、とても光栄に思います。 私が初めて競馬場に行った時に感じたあの熱気や感動を、多くの人に知ってもらいたいです。 番組を通じて、みなさんと一緒に感動の場面に立ち会えたらと思っています。 小澤アナウンサーはスタジオのMCだけにとどまらず、トレーニングセンターへの取材や、企画VTRにも登場。 解説は、競馬界のご意見番・井崎脩五郎氏と、抜群の的中率を誇る細江純子さんが継続して務める。

次の