有咲 胸。 うたまっぷ歌詞検索/歌手:Poppin'Party(戸山香澄(愛美)/花園たえ(大塚紗英)/牛込りみ(西本りみ)/山吹沙綾(大橋彩香)/市ヶ谷有咲(伊藤彩沙))/歌詞一覧

有咲 「香澄お前….そ、その姿」(改訂版)

有咲 胸

」以降) 身長 152cm(小説版設定) 好きなもの ゲーム、香澄の歌、風呂(小説版設定) 嫌いなもの 日光(小説版設定) 好きな食べ物 あんみつ、玄米、ゆでたまご 嫌いな食べ物 音楽以外の趣味 ネットサーフィン、盆栽 家族構成 祖母(万実)(祖母の存在はTVアニメ版・小説版の共通設定で、名前はTVアニメ版から。 ちなみに小説版では父は他界しており、母や祖父については不明。 祖父に関してはが姿を見せないことを理由に勝手に死亡扱いしていたが本人曰く健在とのこと) CV 人物 質屋『流星堂』の孫娘(原作・小説の共通設定)で、家の隣の蔵を隠れ家にしており、小説では蔵の中に大量のゲーム機(主にレトロゲーム機)がある。 好きな食べ物や音楽以外の趣味、更にその家族構成から、おばあちゃん子の可能性がある。 ちなみに、祖母の苗字も『市ヶ谷』である為、恐らくは父方の祖母である。 性格は人見知り・面倒くさがり屋で、その体型やという女の子らしい容姿に反すような男勝りな口調と毒舌の持ち主。 一方で外面を気にして深い交流がない相手には猫をかぶって振る舞うことがあり、その際は上品な敬語と立ち振る舞いでキャラ風になるが、ボロが出やすい。 このような言動からは想像もつかないが、を始めとした一部のキャラを「ちゃん」付して呼ぶ可愛らしい一面もある。 外面を気にする面はファッションセンスにも見られ、私服はラフな服よりもお嬢様然とした上品な雰囲気の服が多い。 毒舌や気性の荒さといった彼女の本性は特にと接する際によく見られるが、本当はただ素直になれないだけで、本当は香澄のことを大切に思っているような一面も度々見られる。 つまり一言で言えば「」である。 上記の通り、引きこもり気質のインドア派だが、要領が良く学校の成績も学年一という優秀さで、メンバーの中で一番の才女である。 2年生に進級してからは生徒会に所属し、書記を務める。 生徒会に入った動機は 内申点が良くなりそうだからとのこと。 ちなみに、メンバー中唯一違うクラス(他の4人はクラスメイト同士)で、『隣のクラスに遊びに行くのが面倒』と言いつつ、内心では寂しさを感じている。 小説版では、香澄をバンド活動へと導いたきっかけの人物。 その一方、自身は幼い頃に習っていたピアノで挫折し、投げ出してしまった経験がある。 ちなみに、メンバー5人の中で最も胸が大きく、『STAR BEAT! ~ホシノコドウ~』のMVでは、俯瞰以外の角度で胸の谷間が見えるのは彼女だけ。 小説やTVアニメやゲームなど、他媒体でも明確に一番の巨乳キャラとして描かれている。 特にTVアニメ版が顕著。 担当声優の伊藤彩沙氏はメンバー中唯一、楽器経験が無いところからのスタートであった。 その為、声優陣によるライブでは、初期はタンバリン専任だったが、現在はキーボード+ボーカルをこなすまでに成長している。 小説版では前髪が眉上のぱっつんという違いがあり、原作以上に幼い容姿になっている。 他にも、髪のボリュームや髪留めなども微妙に違う。 使用するキーボードはのJUNO-DS61。 関連イラスト pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 19:58:17• 2020-07-16 19:57:29• 2020-07-16 19:57:05• 2020-07-16 19:55:48• 2020-07-16 19:55:23 新しく作成された記事• 2020-07-16 19:55:23• 2020-07-16 19:54:04• 2020-07-16 19:45:36• 2020-07-16 19:48:22• 2020-07-16 19:42:17•

次の

有咲 「香澄お前….そ、その姿」(改訂版)

有咲 胸

まず、「MMD 着せ替え」で検索。 なんとかそれで、水着モデルの胴体と、頭をくっつけて、一つのモデルにする。 胴側のモデルの頂点と、首側の頂点をくっつけて、きれいに処理する。 で、肌色調整。 趣味で、胸のサイズを調整、こだわりがある方なら、胸のウェイト調整。 文章で細かく説明するってなると、基本的に「普通の首すげ替え知識はある」が最低条件。 これはまーー、首すげ替えツールとかもあるので、まずはそれ使えばよろしいかと。 >細かく分かりやすく。 これはもう、自力で習得するしかありませんw。 失敗して、なんぼの世界です。

次の

現役JK 馬渕有咲 お色気で壇蜜を目指す! ブラはBでも気持ちE!

有咲 胸

探していた市ヶ谷さんが見つかったのはいいものの、お互い会話が一切ない状態でいた。 有咲「………」 晴斗 これ、どうすればいいんだろう… 香澄や沙綾といる時は、ほとんどあちらがリードしてくれていた。 しかし、今回は違う。 お互い無言のため、どうすればいいか分からないのだ。 とにかく、現状を打破するために何とかしないと…。 晴人「えっと…寒く、ないですか…?」 有咲「え、ええ…。 私のことはご心配なさらず…」 晴人「………」 有咲「………」 ダメだ…、 やっぱり会話が続かない…。 「どうして今日学校に来なかったのか」なんて聞けるわけないし、市ヶ谷さんにも失礼だし…。 どうすればいいの…。 有咲「…あ、あの…」 晴人「?」 今度は市ヶ谷さんから口を開いてくれた。 少し間を空け、僕にこんなことを聞いてきた。 有咲「は、花咲川は女子高だと思うんですけど…。 どうして、その学校に…?」 晴人「………」 1番聞かれたくないことを聞かれてしまった。 ただでさえ見ず知らずの人ではあるけど、本当のことを言ってもいいのだろうかと、晴人は少し戸惑っていた。 有咲「い、言いたくなければ大丈夫です! 花咲川の制服を着ていたので、少し気になったというか…」 晴人「………たんです」 有咲「え…?」 晴人「僕をいじめていたやつに、ハメられたんです。 そいつの嘘で、受験できなくって…」 有咲「………」 小、中学校で僕は毎日のようにいじめられていた。 もちろん、高校でも同じ目に遭う覚悟もしていた。 それでも、花咲川に通う女子はみんな僕を軽蔑したりはしなかった。 それこそ、香澄たちの影響でもある。 市ヶ谷さんとは初対面であるが、僕を軽蔑したりはしないだろう、と感じたから言えたのだろう。 晴人「…そのことがあって、人を信じれなくなってしまったんです。 また裏切られるんじゃないかって…」 有咲「…私と同じなんですね」 晴人「えっ」 有咲「実は、かす…戸山さんと私は、5人でバンドを組んでいます」 晴人「………」 有咲「最初は、嫌々やっていたようなものでした。 無理やり誘われて、成り行きでやっていたようなものなので。 すぐ飽きちゃうかなって思っていました。 でも、戸山さんは普通の人と違った。 楽しそうにバンドをしている戸山さんに、私は巻き込まれて…」 晴人「………」 有咲「そこから、私はバンドを始めました。 毎日が楽しくて、飽きない毎日でした」 市ヶ谷さんの話を聞いていると、香澄の行動力がよく伝わってくる。 今日の入学式、1番乗りで僕に駆け寄った人。 香澄がみんなを巻き込んたことにより、友達がたくさんいるのだと伺える。 有咲「でも…」 晴人「…?」 市ヶ谷さんが涙を堪えたため、顔が少しだけ歪んだ。 有咲「最近になってから、香澄はずっと新入生のことしか話さないんだよ。 メールでも、「新入生どんな子かなぁ!? 楽しみだね!!」しか送られてこなくて…。 そいつのことばかり、だから、私、香澄に冷められたのかなって…」 市ヶ谷さんの目から、堪えていた涙が流れ落ちる。 どうやら、今日来なかった原因は僕にあるみたいだ…。 おばあちゃんが言っていた通り、あまり絡んでくれない香澄に、市ヶ谷さんが寂しさを感じたということだろう。 晴人「………」 沙綾が僕にしてくれたように、僕は市ヶ谷さんの頭を撫でる。 有咲「ちょまっ、何するんだよ!」 晴人「…香澄はそんな子じゃない。 確かにその子が気になっていたかもしれない。 けど、香澄も他のみんなも、今日休んでたことをずっと心配してた。 …だから、市ヶ谷さんは香澄に冷められてなんかない」 有咲「………」 市ヶ谷さんは少し俯いた。 そして、目から零れていた涙を拭い、こちらを見てこう言った。 有咲「…本当、なんだな…?」 晴人「…嘘はついてないよ。 か、香澄が1番市ヶ谷さんのことを、心配してたから…」 僕が言い終わる前に市ヶ谷さんはベンチから立ち上がり、「はぁ」とため息を吐く。 有咲「私、寂しかったんだろうな…。 香澄たちにはたくさん迷惑かけたし、謝りに行かねーとな…」 晴人「ぼ、僕もついて行った方が…」 有咲「はぁ!? 私だってそれくらいできるし、着いてくんな!」 …なんか、市ヶ谷さんに怒られた。 やっぱりよくわかんないや…。 有咲「それと!」 晴人「?」 有咲「さっきからずっと思ってたけど、私のことを「市ヶ谷さん」って呼ぶな! 男なら、ちゃんと下の名前で呼べ!!」 晴人「えぇ…」 なんか、説教的なのが始まっちゃったよ…。 何も悪いこと、してないのに…。 有咲「…まぁ、少し気持ちは楽になった、かな…。 いちが…有咲の表情とからよく分かる。 晴人「…帰ろっか。 おばあさんも、香澄も、心配してると思う」 有咲「…そうだな」 そう言って、僕は有咲と同時に立ち上がる。 その時、僕の制服の胸ポケットから学生手帳が落ちる。 晴人「あっ」 有咲「おいおい、何やってん…だ…」 有咲が僕の学生手帳を拾って渡そうとした瞬間、手が止まった。 どういうことか、僕の学生手帳を持っている有咲が小刻みに震えている。 晴人「あのー、有咲さん? 学生手帳を…」 有咲「……だったのか…」 晴人「……え?」 有咲「香澄の言ってた新入生って、お前だったのかぁー!!!」 晴人「ぶっ!?」 力をこめた有咲のビンタをモロに受け、僕は吹っ飛んだ。 そこから、僕の意識はぷっつり途絶えた。 意識は途絶えていてあまり分からなかったが、背中を擦るような痛みが僕を襲い、すごく痛かった。

次の