気まぐれクック。 きまぐれクックの年収がやばい!包丁・車のメーカーは?家の住所や年齢・彼女を調査!

きまぐれクックお勧めのケジャンの通販は?『西麻布宮(KUNGクン)』の絶品ケジャン!

気まぐれクック

youtube. 名前:きまぐれクック 本名:金子 姓のみ判明 生年月日:1991年5月31日 2019年現在27歳 出身地:愛知県南知多町 血液型:O型 身長:177cm 体重:64. 2kg 料理系のYouTuberとして大人気の「きまぐれクック」。 つまり、YouTuber歴は長いのですが独立して個人チャンネルを持ったのが2016年の12月でした。 個人チャンネル開設以降、右肩上がりにチャンネル登録者数が伸びていき、わずか 2年程で150万人になると言う快挙を果たしています。 com そんなきまぐれクックですが、何故か韓国人説が流れているようです。 検索ワードによくヒットするようで、公言されていると勘違いしている人も多いようです。 実際にきまぐれクックが韓国人かと言うと出身地は愛知県南知多町ですので韓国人ではないと言えます。 但し「在日韓国人」であると言う話であれば日本出身であることは普通にあり得るので「人種として」どうかと言う事になれば知る由もありません。 ちなみに、この話が広まった原因としては「顔が何となく日本人っぽくない」、「在日には金子と言う苗字が多い」と言うだけでさして根拠はありません。 結果から言えば、判らないと言うのが正直なところでしょう。 さて、気まぐれクックには彼女がいるのでしょうか。 実はこんな動画が上がっていました。 出典:www. youtube. ですが、調理関係の仕事をしていた訳ではなさそうです。 本人が語ったところによると「両親の影響」で小さい頃から釣りや魚を捌くことをしていたからと理由を語っています。 しかも、本格的に始めた際にはYouTubeの動画によって独学で学んだそうです。 ただ、きまぐれクックは仕事こそ調理人ではないものの、 調理師免許は持っているそうです。 調理師学校には通っていませんが、2年の実務経験があれば調理師免許は取得資格が出来ます。 実務経験があるのなら調理師だったのではと言う指摘はありそうですが、調理師ではなくても鮮魚店で働く、スーパーの裏方で魚を捌くなどの仕事をしていた可能性も無視出来ません。 更に、それだけではなくきまぐれクックは ふぐの調理師免許も持っているそうで、包丁捌きはプロにも負けないものがあります。 1円だとして2,866万円となります。 企業案件もあるのではないかと見られ、もっと多いとは思われますが確証はないので最低でも2,866万円の年収はあると言う事ですね。 相当稼いでいますので、さぞかし良い生活をしているのでは?と見られますが自家用車がそこそこ高いと言う事しか判っていません。 ちなみに きまぐれクックの愛車はトヨタのハリアーです。 とは言っても最新式ではないので中古市場では30万円程度から300万円とかなりの幅があります。 グレードまでは判りませんが、大きく稼いでいる割には質素で堅実な生活をしているのが判りますね。 と言っても自家用車が1台だとは限らないので何とも言えませんが……。 また、きまぐれクックは1人暮らしなのに一軒家に暮らしているようです。 ~田舎あるある~ 玄関にこーいうの届いてる。 それこそ田舎の古い一軒家なら1,000万円を切るものも少なくないので購入した可能性も充分考えられます。 また、 一軒家を選択したのは魚を捌くための広いキッチンが必要だったからだと見る方が自然でしょう。 やはり、マンションやアパートのキッチンでは大型の魚を捌くほどの広さは無い方が普通ですし、そうした物件を探す方が時間の無駄になるので一軒家ならその無駄も省け、更には魚を捌く、料理をすると言う面では適していると言えます。 言ってみればYouTuberとしての生活を第一に考えていると言って良いのかも知れませんね。 まとめ 今回はそんなきまぐれクックの魚捌きが凄い!経歴やプロフィール、年収は?事務所はKiii?などの情報を調査しました。 「料理経験なし」なのに魚をさばくことが異常に上手と言う人気のYouTuber「きまぐれクック」。 その華麗な包丁捌きと、何でも捌いてしまうバイタリティに人気が集まっています。 今後は一体どんな魚を捌くのか期待して注目していきたいですね。

次の

きまぐれクックかねこの市場の場所はどこ?朝市や仕入れ先についても!

気まぐれクック

概要 [ ] を拠点に活動しており、主に魚を取り扱う動画が多く、軽やかな包丁さばきと軽妙な語り口が人気を博している。 体長約40cmのを数分で刺し身にする技量を持ち、一般的な食用魚ではないやなども自宅の台所で捌くパフォーマンスを行う。 生きた魚を殺める所は極力動画では取り扱わないようにしている。 動画内で魚の調理を始める際には「捌いていく!」、作った料理を食べる際に「銀色のヤツ!」という決めゼリフがあり、後者ではを飲むのが定番となっている。 免許は持っていないが、愛知県にての免許を取得している。 経歴 [ ] 1991年の近くの漁師町に生まれる。 幼少の頃から釣りや魚の調理や食べることに親しんで育つ。 魚の捌き方は調理師の両親を見て育ったことから、自然とできるようになったという。 名古屋の工業高校を卒業後、サービス業へ就職。 2016年3月、親友の釣り仲間たちと「にしやんfishingclub」というチャンネルでグループYouTuberと活動開始。 また、かねこ単独でもチャンネルを開設するも、2016年8月頃動画を集約して更新頻度を上げていこう、ということから合併した。 2016年12月、サービス業で調理の腕が磨かれ役職を貰うほどであったが、休日が不定休で日数も少ないことを苦に離職することを決意。 2017年2月に退職することが決まって動画編集の時間が取れるようになるため、「にしやんFishingClub」のチャンネルに自分の動画のみが並ぶのはよろしくないだろう、ということで再度チャンネルを分割する。 この時はまだYouTuberを専業として活動していく事は考えておらず、2017年4月からの就職がほぼ決まっていた。 この時、友人のYouTuberであるから「なかなか掴めるチャンスじゃない。 本当にもったいないから、ちょっとあと一ヶ月だけ真剣にやってみ」という言葉を受け、精力的に活動していく。 あるとき、マグロをさばいた動画がYouTubeの「急上昇」に載り、それを境に上げる動画がほぼ全て「急上昇」に載るようになり、登録者が加速度的に増えていき2017年3月末には70,000人を記録した。 これをきっかけにほぼ決まっていた会社には辞退を申し出て、YouTuberとして活動していくことを決めた。 2020年7月7日、自身のでを発表した。 出演 [ ]• (2017年7月25日、)• (2017年10月10日、)• (2019年1月6日、)• (CM、2019年12月1日 - )• (シブ5時探偵団、2019年11月29日、)• (2019年12月15日、)• (2019年12月21日、)• ()(2020年、) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• inc 2019年4月18日. 2019年4月25日閲覧。 2019年4月18日閲覧。 PR TIMES 2017年7月28日. 2018年3月5日閲覧。 産経WEST. 2017年9月9日. 2019年9月5日閲覧。 産経WEST. 2019年4月18日閲覧。 きまぐれクック 2016年12月28日. 2019年7月15日閲覧。 2019年4月25日閲覧。 にしやんFishingClub 2016年12月31日. 2019年4月25日閲覧。 にしやんFishingClub 2017年9月2日. 2019年4月25日閲覧。 Sponichi Annex. 2020年7月7日. 2020年7月7日閲覧。 渥美拓馬 [ TakumaAtsumi] 2017年7月20日. ツイート. より 2020年1月30日閲覧。 PR TIMES 2017年10月10日. 2018年3月5日閲覧。 2019年12月2日. 2019年12月2日閲覧。 2019年10月11日. 2020年6月13日閲覧。 2019年12月9日. 2020年6月13日閲覧。 2019年12月17日. 2020年6月13日閲覧。 2020年2月27日. 2020年2月27日閲覧。 外部リンク [ ]• - Kiii公式プロフィール• - チャンネル• - チャンネル• kimagure. cook -.

次の

名古屋でイベント出店中の「きまぐれクック食堂」禁断の「痛風鍋」食べてきた

気まぐれクック

グルメ 会場となっているのは、名古屋駅からも歩いて行ける、キャナルパークささしま パークエリア。 普段は広々とした芝生もある公園。 中京テレビの社屋のすぐ目の前ということで、中京テレビ関連のイベントもよく行われています。 そんなとってもクリスマス感あふれる会場には、イルミネーションの大木があるステージや、様々なフード、雑貨が立ち並んでいます。 その立ち並ぶお店たちのちょうど真ん中あたりに、ありました!「きまぐれクック」の等身大看板とともに、「きまぐれクック食堂 BY下の一色」の看板。 平日は午後4時からのスタートでしたが、4時を少し回った時点で既にお客さんが。 あちこち写真を撮りつつお客さんのオーダーを見ていると、やはり「痛風鍋」がお目当ての人が多い様子。 ちなみに、「きまぐれクックの痛風鍋」 1000円・税込 、「きまぐれクックの蟹フリッター ヤンニョムソース付 」 500円・税込 、「きまぐれクックのカレーライス 蟹フリッター添え 」 1000円・税込 の3品がメニューとして上がっていましたが、取材日は平日……そしてカレーの方は土日のみということで、あえなく断念……。 ドリンクには「銀色のヤツ(アサヒスーパードライ)」と「選ばれたヤツ(綾鷹)」もありましたよ。 夕飯にはまだ早めの時間なのに、きまぐれクックの等身大看板とツーショットを撮影している人は絶えず、とイベント時間スタートからぱらぱらとお店に立ち寄る人たち。 このまま待っていたら日がとっぷり暮れて、写真撮るどころじゃなくなっちゃう!と、早速「痛風鍋」と「蟹フリッター」をオーダー。 さて、早速飲食スペースへ。 平日のみ、中京テレビ・プラザCにて飲食が可能ということでしたが、やはりここは会場内の雰囲気と一緒にお外で料理を楽しみたいところ。 まずは蟹フリッターから。 蟹フリッターの上手な食べ方がお店の窓とカウンター部分に貼ってあり、付属のヤンニョムソースを付けながら食べていき、最後は足の部分の殻を外しながら中に詰まっている蟹身も頂くわけですよ。 で、早速取り出したのが蟹のツメ。 これはもしかしたらお飾り的なアレかな?などと思いつつも、早速ツメの方からガブリ。 何というワイルドな食べ方……。 あれ、ボリンボリンと噛み砕ける。 フリッターなので衣にも程よい味が付いているのですが、ヤンニョムソースがよく絡んで程よい酸味と、お子様でも大丈夫な程度の辛みが蟹の風味を引き立たせています。 最初は食べ方どおりに殻を外そうかな……と思っていたのですが、しっかりとパリッパリに揚げられていたので、殻ごと食べちゃいました。 ゆっくりよく噛むと、殻からのエキスも出てきて、あぁ蟹ってやっぱり旨い……となれるのですが、歯が弱い人、噛む力が弱い人は蟹身だけにしておくことをお勧めします。 そして、いよいよ痛風鍋へ。 片手で持てるくらいのちょうどいいサイズの容器の中には、牡蠣・あん肝がそれぞれ2つ、白子は形が形なのでちょっとちぎれた部分も混じるのはご愛敬、というところですが、それでも一口ほおばると満足な大きさのサイズが二つ。 白菜と長ネギも一緒に煮込まれていました。 あん肝、実は好物なのになかなか食べる機会がこれまでなかった私。 よく煮込まれているのに形が美しいあん肝、早速一切れを口に。 おぉう……この濃厚でクリーミィな舌触りと甘味を感じる旨さ。 これ、これだよこれ!酸味を利かせたスープの中に沈んで待っててくれたあん肝が、スープと馴染んで心満たされる味わい。 しかしこの一切れ、いい感じに満足感を覚える大きさだなぁ。 お次は、牡蠣。 牡蠣の身の大きさって結構ピンキリじゃないですか。 こういうイベントでよく出てくるのって、何かこう、お飾り程度な大きさで、「あーはい牡蠣入ってるねー(棒)」みたいなイメージだったのですが……ですが!! ちゃんといい感じの大きさ。 え、この大きさが2つ!うはっ!牡蠣のヒダにスープが染みてて、身はプリっと「牡蠣食べた!!」って食感(語彙力)。 鍋にすると牡蠣って生の大きさよりも結構縮んでしまいがちですが、それを差っ引いても牡蠣の存在感がしっかり。 そして、白子。 実は私、白子のアノかおりがあまり得意ではなくて……正直、ビビりながら恐る恐る口にしたんですけどね。 独特のアノかおりはほぼ抜けている代わりに、あまーい。 とろーり。 これが、魚介専門店の白子……。 白いアノニオイの脳みそとか思っててごめんなさい!!そして白子の真の実力を味わうことができた痛風鍋に圧倒的感謝!! 冬場ということもあり、具は冷めにくいようにとスープの中に沈められ、たっぷりスープにに満たされていたわけですが、ここでスープを半分ほど頂いてみましょう。 まず感じられたのが、酸味。 それも強すぎず弱すぎず。 余程酢の物が無理な人でなければ、きっと余裕。 個人的には、具を一口とスープを一口、という感じで口にすると、それぞれの具の旨味とスープの味がその旨味を引き立たせる感じになってよりいい感じ。 具をそれぞれ1種ずつ、スープを半分飲んだところで、本来の鍋物!っていう雰囲気が出てきました。 この贅沢な旨味の凝縮と、酸味と出汁の利いたスープをもう1周味わう……。 はぁ、世の中、こんな美味しい料理があるんだねぇ。 ということで、ごちそうさまでした!平日は夕方からなので、イルミネーションも一緒に楽しむことができます。 飲食は中京テレビ・プラザCでお楽しみになるのがおススメ。 というのも……、この日、めっちゃ風が強かったんです!屋内では雰囲気が出ないよな……と思いつつお外で写真撮りながら食べてみましたが、仕事帰りに寄るなら屋内で落ち着いて食べるのがいいですね。 痛風鍋のサイズ感は小ラーメンと同じくらいになるのかな?他にも魅力的なお店が出ていたので、あちこちのお店のメニューと組み合わせても丁度いい感じ。 土日なら、お昼からイベントスタートなので早めに行かないと売り切れてしまうかも……(ホントに売り切れ御免になってた日がありました)。 ちなみに、スポンサードしている「下の一色」は名古屋でも有数の魚介料理店。 下の一色本店、ニシキ店、グローバルゲート店の3店舗で、この2品をしっかりと堪能できるそうですよ。 (取材/撮影 梓川みいな).

次の