三井 物産 配当。 三井物産(8031)の株価 買い時は?高配当でも買いでない理由は?

三井物産の配当金!支払日がやっと来た

三井 物産 配当

老後の資金の足しにと始めた株式投資。 最初は売買での利益を目的に始めたのですが、2015年は初心者株式投資1年目の私でも購入した銘柄ほとんどが上昇相場だったのでなんとか利益を出すことができました。 でも2015年の夏、ギリシャショックやチャイナショック以降ビギナーズラックだけでは利益がなかなか出せなくなり、とうとう2016年2月にダブルスコープ株で30万の損失を出してから、投資のスタイルを変えました。 それまで勉強していたロスカットをやめ、配当金狙いで多少下がっても保有し続けるスタイルに変更。 このスタイルはアメリカ株でずっと行ってたのですが、日本株も探してみると配当利回りの高い銘柄もあり、その頃には結構バーゲン価格になり始めていたので日本株ながら少し長期投資目的でキヤノン、三井物産、住友商事の3銘柄を購入しました。 そしてついに!8月にキャノンから、12月に三井物産と住友商事から待ちに待った配当金が入りました! 目次• 300株保有しているので7500円の配当金がでました!この前までは1株32円だったのに7円も低くなってる・・・。 ちょっと損。 移動平均線が少し落ち着いてきたので買って見ました。 その後1200を切るまで落ち、そこから移動平均線が短期、中期、長期を上昇してますね。 でもあがっても1500円までだろうと思ってたのですが、原油価格がもっと回復するとここももっと上がるのも!!?1200円台の時にもっと買っておくべきでした。 三井物産と同じですね。 なので配当利回り率だけみると住友商事の方がいいですね。 ここも1000円切ったときにもっと買っておくべきでした!8月ごろから移動平均線が3本全て上向きになりそうな時期にでも買い増しすべきだったかな。 権利落ち日にもう少し買い増ししててもよかったかな。 ここは最近移動平均線3本が上向きになってきてるので今後もっとあがる可能性があるかも!?買い増しすべきか悩み所。 もう少し安くならないかなー。 2016年配当金まとめ 12月のアメリカ株からの配当金集計がまだ終わってないのですが、とりあえずまとめてみました。 2016年配当金合計 1月 16. 3ドル 2月 10. 54ドル 3月 88. 25ドル 4月 6. 11ドル 5月 10. 64ドル 6月 111. 47ドル 7月 0ドル 8月 10. 64ドル + 5,977円 9月 128. 91ドル 10月 0ドル 11月 10. 39ドル 12月 9962円 + ??ドル 今のところ393. 25ドル+15939円で12月はIBMから配当金がはいってくるので最終的には日本円(ドル円113円)にして7万~8万円になりそうです。 今年は30万円ほどマイナスが出ているので確定申告で 損益通算と譲渡損失の繰越控除に加え、アメリカ株では米国と日本の両国で税金が引かれているので 外国税額控除の手続きもしようと思います!.

次の

三井物産 事業内容と決算概要について

三井 物産 配当

1,600円を割れば三井物産の株は買い時ですね。 三井物産の1株あたり利益の推移 1株あたり利益は過去最高を更新予想。 2015年:171 円 2016年:-46. 5 円 2017年:171. 2 円 2018年:237. 7 円 2019年:238. 3 円(過去最高) 2020年:258. 9 円(会社予想) 先程のチャートでは軟調だった三井物産の株価ですが、業績は好調です。 2019年に続き2020年も過去最高を更新する予想。 業績を考慮すると三井物産の今の株価は割安と言えます。 今後も引き続き米中貿易摩擦には注目です。 三井物産の財務状況 自己資本比率:35. 67円 流動比率:156. 自己資本比率が若干低いなと感じます。 まとめ 「三菱商事」や「伊藤忠」の利益の上がり方を見るとわざわざ「三井物産」を買う必要は無い。 三井物産の株価は割安で高配当です。 PER7倍以下で配当利回り4. 株価本体も17万円で買えて業績も悪くないので、NISAにおすすめの銘柄です。 原油価格が最近じわじわ上昇しているのも三井物産にとっては追い風。 ただ、それは商社全体にもいえることで 「三菱商事」や「伊藤忠」の増益率とチャートを見るとわざわざ三井物産を買わなくてもいいような気がします。

次の

投資家情報

三井 物産 配当

三井物産 を評価してみました。 鉄鉱石、原油の生産に強みがあります。 景気敏感性が高そうなセグメント構成ですが、長期保有対象としてはどうでしょうか? この記事では、• 直近の四季報の数値を独自の計算式に入れて5段階評価をしています。 長期投資するメリットがあるかの視点での12項目を評価しています。 総合商社銘柄に特化した評価方法になっています。 12個の5段階評価を考慮し、最終的なランクをつけています。 (Sランク~Dランク)• 最後に主観的なコメントもしています。 三井物産 とは 7大総合商社のひとつです。 7つのセグメントで構成されていて、収益のほとんどを金属資源、エネルギー、機械・インフラで出していて、これらを中核分野として取り組んでいます。 鉄鉱石、原油の生産 に強みがあります。 ユニークなところでは CoCo壱番屋 をインドに進出させるプロジェクトがあります。 長期ではキャピタルゲインも狙えるかも。 Aランク : 安心できる優良銘柄。 長期投資での候補にできる。 購入後のチェックは必要。 Bランク : 依然優良銘柄だが、気になるところもある。 こまめにチェックして買い時と売り時を考える必要がある。 Cランク : 長期投資の対象としてはちょっと難しい銘柄。 購入にはより詳細な調査と分析が必要。 Dランク : 長期投資の対象としてはかなり難しい。 (優待が良ければ保有も可) コメント 良いポイントとしては、純利益率が高めなところと、長期で高配当を維持できているところです。 悪いポイントとしては、業績と配当に安定感が無いところと、借金が多めなところです。 過去に何度か減配をしています。 平均的な評価結果でした。 自己株買いもしていて、株主還元に積極的です。 リーマンショック時影響 過去の景気後退局面であるリーマンショック時にどうだったかを確認し、今後の景気後退局面での予想をします。 また、赤字ではないけど減配の年もあったりもして、傾向がわかりにくいです。 全体的には業績に連動して配当を出す傾向かと思います。 大減配や無配はありませんでした。 セグメント的に景気敏感性が高そうな銘柄です。 今年の石油価格暴落の影響を受けそうです。 重要: 総合商社銘柄は高配当で魅力的ですが、現在は重要な転換点にいると思うので、次の決算をよくよく確認してから判断したほうが安全だと思います。 まとめ• 長期で高配当株になっている。 純利益率が高め。 過去の傾向から、景気後退期で減益すると減配する可能性は高い。

次の