あたりめ するめ。 あたりめの食べ方10選|おいしい料理レシピやするめ・さきいかとの違いも

【常識?】「あたりめ」と「するめ」「さきいか」の違いとは

あたりめ するめ

あたりめとするめの違いは? 「あたりめ」と「するめ」は実は同じものなんです。 「あたりめ」も「するめ」も どちらもイカを内臓を取り除き、乾燥させたものです。 ではなぜ、「あたりめ」と「するめ」の違いはできたのか。 「あたりめ」と「するめ」という2つの呼び方が存在する理由は諸説あります。 その中でも有力なのが「するめ」の「する」を「あたり」に変えたという説です。 なぜ変えたかというと昔は「する」が「損をする」という意味で使われていたためです。 そこで「当たり」というポジティブな言葉に変えたことで「あたりめ」という呼び方が誕生したという説です。 あたりめ(するめ)の原料であるイカは、干すことで日持ちの良い食品になります。 そのため「 幸せが長く続く」という意味を持つようになります。 それにより 日持ちもして、縁起もよい「あたりめ」は結納などの儀式の場では欠かせないものとなっていました。 そのような祝いの席では「するめ」よりも「あたりめ」呼び方で呼ばれ、「あたりめ」が広まったとされています。 あたりめとさきいかの違いは? これは全くの別物です。 まずは、 「あたりめ」はそのまま、「さきいか」は裂いてあるという大きな違いがあります。 他にも「あたりめ」は、材料のイカをそのまま火であぶって乾燥させます。 一方で、「さきいか」は味をつけてから火であぶっています。 そしてあぶった後に裂いて、もう一度味をつけています。 そのため、さきいかはメーカーによって味が違ったり、濃すぎたりなどがあるわけです。 ソフトさきいかは更に違う 他にも「ソフトさきいか」がありますよね。 この「ソフトさきいか」は乾燥させたイカを使わず、生のイカで作られています。 よく見るのは白い細かくさかれた「ソフトさきいか」ですね。 「さきいか」と「ソフトさきいか」は全くの別の物ですが、メーカーによっては「ソフトさきいか」を「さきいか」としている場合もあります。 個人的には、「さきいか」と「ソフトさきいか」は味が濃くて苦手なんですよね 笑。 あたりめは使われるイカでも名前が違う 「あたりめ」に使われるイカの種類は、スルメイカやヤリイカ、ケンサキイカなどがあります。 最近では、一部地域のヤリイカやケンサキイカが高級品となっています。 そのため、コウイカやアオリイカなどが使われる場合も増えてきています。 珍しいものでは、ホタルイカを使った「あたりめ」もあります。 ホタルイカの場合は、小さくて内臓を取るのが難しいため、そのまま炙ってから乾燥させて作ります。 またイカによって名前が違うもので代表的なものだと、シリヤケイカなどコウイカを使った「甲付するめ」、ミズイカやアオリイカを使った「袋するめ」や「おたふくするめ」があります。 あたりめを味わい、楽しもう あたりめ好きでも知らないことがあったのではないでしょうか? 色々の「あたりめ」がありますが、 アオリイカの「あたりめ」が特に美味しいので食べてみてください。

次の

あたりめのおすすめ人気ランキング10選【おつまみに!】

あたりめ するめ

するめ(あたりめ) 日本にはイカを使った食品がたくさんあります。 天ぷら・刺身・おつまみ・駄菓子などいろいろです。 日本人はイカ好きな国民ですね。 昔は、イカにはコレステロールが多いのであまり食べないようにという健康指導がされていました。 イカのコレステロール値は高いですが、最近の研究で善玉コレステロールであることが判明しています。 次に、するめ(あたりめ)の栄養・するめ(あたりめ)の栄養の効能などの紹介をします。 するめ(あたりめ)の栄養 するめ(あたりめ)の栄養成分は、タンパク質・ビタミン類・アミノ酸類・ミネラル類になります。 タンパク質は100g中に69.2g含まれています。 ビタミン類は、ビタミンDを除くすべてのビタミンを含んでいます。 少ない量ですが、ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンb6・ビタミンB12・ビタミンC・ナイアシン・ビタミンE・ビタミンKなどのビタミンが含まれています。 アミノ酸類は、タウリン・イソロイシン・ロイシン・リジン・メチオニン・シスチン・フェルアラニン・チロシン・トレオニン・トリプトファン・バリンなどです。 ミネラルは、ナトリウム・銅・カリウム・亜鉛・リンなどです。 するめ(あたりめ)の100g当たりのカロリーは、334Kcalです。 次に、するめ(あたりめ)の栄養の効能の紹介をします。 するめ(あたりめ)の栄養の効能 するめ(あたりめ)の栄養の効能ではタウリンが注目されています。 アミノ酸の一種であるタウリンが豊富に含まれています。 タウリンの効能には、・疲労回復・高血圧予防・血圧降下・悪玉コレステロール抑制・血液サラサラ・むくみ改善・視力回復・肝臓細胞の保護などがあります。 するめ(あたりめ)に含まれているビタミンEには抗酸化作用があります。 ビタミンEが有害な活性酸素を体外に排出します。 ビタミンEには、血液サラサラの働きもあります。 するめ(あたりめ)の食べ過ぎは塩分の取り過ぎになるので注意が必要です。 よく噛まないと食べられないので、満腹中枢を満足させるのでドカ食い防止にはなりますが食べ過ぎるとカロリーオーバーになります。 するめ(あたりめ)を食べ過ぎると身体に毒だといわれる理由は、消化の悪さです。

次の

「するめ」と「あたりめ」、「さきいか」の違いとは?

あたりめ するめ

あたりめとするめの違いは? 「あたりめ」と「するめ」は実は同じものなんです。 「あたりめ」も「するめ」も どちらもイカを内臓を取り除き、乾燥させたものです。 ではなぜ、「あたりめ」と「するめ」の違いはできたのか。 「あたりめ」と「するめ」という2つの呼び方が存在する理由は諸説あります。 その中でも有力なのが「するめ」の「する」を「あたり」に変えたという説です。 なぜ変えたかというと昔は「する」が「損をする」という意味で使われていたためです。 そこで「当たり」というポジティブな言葉に変えたことで「あたりめ」という呼び方が誕生したという説です。 あたりめ(するめ)の原料であるイカは、干すことで日持ちの良い食品になります。 そのため「 幸せが長く続く」という意味を持つようになります。 それにより 日持ちもして、縁起もよい「あたりめ」は結納などの儀式の場では欠かせないものとなっていました。 そのような祝いの席では「するめ」よりも「あたりめ」呼び方で呼ばれ、「あたりめ」が広まったとされています。 あたりめとさきいかの違いは? これは全くの別物です。 まずは、 「あたりめ」はそのまま、「さきいか」は裂いてあるという大きな違いがあります。 他にも「あたりめ」は、材料のイカをそのまま火であぶって乾燥させます。 一方で、「さきいか」は味をつけてから火であぶっています。 そしてあぶった後に裂いて、もう一度味をつけています。 そのため、さきいかはメーカーによって味が違ったり、濃すぎたりなどがあるわけです。 ソフトさきいかは更に違う 他にも「ソフトさきいか」がありますよね。 この「ソフトさきいか」は乾燥させたイカを使わず、生のイカで作られています。 よく見るのは白い細かくさかれた「ソフトさきいか」ですね。 「さきいか」と「ソフトさきいか」は全くの別の物ですが、メーカーによっては「ソフトさきいか」を「さきいか」としている場合もあります。 個人的には、「さきいか」と「ソフトさきいか」は味が濃くて苦手なんですよね 笑。 あたりめは使われるイカでも名前が違う 「あたりめ」に使われるイカの種類は、スルメイカやヤリイカ、ケンサキイカなどがあります。 最近では、一部地域のヤリイカやケンサキイカが高級品となっています。 そのため、コウイカやアオリイカなどが使われる場合も増えてきています。 珍しいものでは、ホタルイカを使った「あたりめ」もあります。 ホタルイカの場合は、小さくて内臓を取るのが難しいため、そのまま炙ってから乾燥させて作ります。 またイカによって名前が違うもので代表的なものだと、シリヤケイカなどコウイカを使った「甲付するめ」、ミズイカやアオリイカを使った「袋するめ」や「おたふくするめ」があります。 あたりめを味わい、楽しもう あたりめ好きでも知らないことがあったのではないでしょうか? 色々の「あたりめ」がありますが、 アオリイカの「あたりめ」が特に美味しいので食べてみてください。

次の