男の子の名前 ハーフ。 ハーフの名前ランキング25 !アメリカ人が好む日本名が凄く意外でした│アメリカ info

ハーフの名前事情は?男の子と女の子で違いはあるの?

男の子の名前 ハーフ

アメリカやイギリスなど英語圏に多い名前で、日本でも昔からある馴染みのある名前です。 アメリカの初代大統領、ジョージ・ワシントンやイギリス国王にも代々多い名前であり、元ビートルズのジョージ・ハリスンさんなど有名な人の名前に多いことも特徴です。 日本ですとタレントの所ジョージさんや歌手の山本譲二さんが有名ですね。 ジョージは外国人っぽい名前でありますが、漢字で表記すると「譲司」「丈治」「條治」「譲治」など古風なイメージで、誰でもスラっと読むことが出来ます。 グローバルに活躍出来る、国際的な人に育って欲しいと願いを込めるにはぴったりの名前です。 カイはハワイ語で海を意味します。 そのためカイを漢字一文字で表すと「海」や、船のオールを示す「櫂」を選ぶ方が非常に多いです。 ハーフの夏生まれや、親御さんが海にちなんだ仕事をしている、海が好きというお子さんにはぴったりの名前ですね。 カイの発音はシンプルで海外でも通用しやすい名前です。 日本でも違和感なく受け入れられるので、海にちなんだ国際的な名前を考えている方にはおすすめです。 日本でルイという名前をきくとタレントの栗原類さんや、人気少女マンガ「花より男子」に出てくる美少年の花沢類が思い浮かぶのではないでしょうか。 ほんわかとした優しそうな男性をイメージさせますが、本来の名前は「名高き戦士」という男らしい意味を持っています。 またかつてのフランスでは王の名前に代々ルイという名前が継承されていました。 今でもフランスでは男の子の名前の上位にルイがランクインしており、かっこよく人気があることを感じさせます。 漢字でルイを表すと「瑠偉」「琉生」「瑠維」などが挙げられます。 日本でナオという名前は男の子、女の子どちらに名付けても違和感のない名前です。 「なおと」「なおき」「なおこ」「なおみ」のようにナオの下に文字がプラスされていれば、すぐに性別が判断出来ますが、ナオだけだとどちらの性別か区別がつきにくいです。 しかし海外ではナオときいただけで男の子とすぐに判断されます。 なぜかというと、外国語は男性の名前の最後は「オ」で終わるという決まりがあるからです。 そのため女の子でナオという名前だと、なんで男性の名前をつけられたんだろう?と不思議がられるケースもあります。 ケンは日本でも海外でも非常にメジャーな名前なので、どこの国でも通用する呼びやすい名前です。 海外ではカ行の音が発音しやすいと言われています。 どうしても外国人っぽい名前を付けたい方はカ行で始まる名前を候補に考えてみると良いですよ。 ケンは漢字だと一文字で「健」「憲」「賢」などシンプルでかっこいい印象になります。 下記の記事では、男の子の漢字一文字の名前を紹介しています。 かっこいい名前や古風な名前、珍しい名前など種類豊富に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 男の子らしく勇ましい印象であると、近年人気がアップしている名前です。 英語で発音すると虎の「Tiger(タイガー)」と似ているため、違和感がなくすんなりと通じる名前です。 海外でも強い男の子をイメージさせるかっこいい名前です! またタイガと同様に、動物の名前の発音に似ている男の子の名前はレオが挙げられます。 「Reo(レオ)」はライオンのことで、こちらも強い男の子を思わせる名前です。 漢字でタイガは「大雅」「大海」「虎翔」、レオは「玲央」「怜生」「礼緒」など男らしい名前を表せます。 ハーフの男の子にもおすすめの名前です。 日本では男の子にも女の子にも使われることが多い名前です。 英語の「June(6月)」と発音が似ているので、海外の方でも呼びやすく馴染みのある名前です。 ジュンは漢字で表すと「純」「潤」「淳」「隼」と一文字になります。 スタイリッシュな見た目でかっこよく、誰が見ても読むことが出来ます。 日本人らしさと海外でも通じる名前の両方を表すにはぴったりですね。 近年の洋画で日本人男性が登場すると「ヒロ」という役名であることが多いです。 英語圏の人にとってヒロは英雄である「Hero(ヒーロー)」と発音が似ているので、スムーズに呼んでもらうことが出来ます。 ハーフのお子さんにも多い名前です。 またヒロはハワイ語で「編む」「結ぶ」という意味を示します。 家族の結びつきを大切にする子に育って欲しい、友達がたくさん出来ますようにと願いを込めることも出来ますよ。 シオンは旧約聖書に登場する人物の名前でもあり、ヨーロッパでは多くいる名前です。 発音は「ショーン」と聞こえますが、日本でも海外でも呼びやすい名前です。 日本でシオンの名前は男女両方に使えるので、漢字は男の子らしさを感じさせる物を選ぶと良いですよ。 力強さを感じさせるなら「獅」を使って「獅恩」「獅音」、優しい印象を与えるなら「心温」「心穏」「心園」などがあります。 また「汐」を使うと「汐遠」「汐音」と海をイメージさせる名前になります。 日本でも海外でも発音に大きな差がなく、どの国でも問題なく通じる名前です。 漢字ですと「翔」がぴったりです。 「翔」は大空に羽ばたき、世界中で活躍することをイメージさせます。 男の子の名前に使われる漢字としても人気で、毎年上位にランクインしています。 次の記事では、男の子の名前で「しょう」と読む漢字を紹介しています。 ショウはハーフの子に多く、外国でも通じる名前として人気があります。 ぜひ名付けの参考にご覧ください。 海外は子供の名付けに発音しやすく呼びやすいかを第一に考えます。 またニックネームで呼び合うことも多いので、2文字もしくは3文字の名前が良いでしょう。 英語を含む外国語の中には「つ」の音が存在しない言語が多くあります。 そのため「つよし」という名前だと「ちゅよし」、「みつお」だと「みすお」呼ばれてしまう確率が高いです。 またフランス語は「H」の音を発音しません。 「はると」は「あると」、「ひで」は「いで」というように少し感じが違う名前になります。 海外でも通じる名前にこだわり過ぎて、日本で通じなかったり呼びにくい名前であったら本末転倒です。 あまりにも変わっている名前だと、何度も聞き返されたり、間違えた発音で呼ばれたりと嫌な思いをするのはお子さんです。 いじめの原因にもなりかねないので、まずは日本で通じる名前を選んであげてください。 日本では名前の最後に~助、~太郎とついていると男の子、~子、~美とついていると女の子と区別します。 海外でも同じように名前の最後がオで終わると男、アで終わると女と区別の仕方があります。 日本人にとって聞き分けが難しいとされている「L」と「R」のように、外国の方は日本語のラ行の音を聞き分けることが苦手です。 「レイ」が「ライ」になってしまったり、「レオ」が「リオ」になってしまうことは多いです。 また英語にはりゃ、りゅ、りょの音がありません。 「りょうへい」や「りゅうた」の名前は、外国の方が正しく発音できなくても当たり前のことなのです。 日本の男の子の名前で多い「ゆうだい」は英語にすると「You die」と怖い言葉になってしまいます。 名前の響きは良くてもスペルにするとネガティブな名前になってしまうこともあるので、必ず確認するようにしてください。 男の子の海外でも通じる名前を選ぼう! 男の子の海外でも通じる名前を紹介しました。 いかがでしたでしょうか?近年はハーフの子でなくても海外で通用する名前をつける親御さんが増えています。 素敵な名前を見つけて、お子さんに最初のプレゼントをしてあげてくださいね!.

次の

男の子の珍しい名前一覧!【199選】

男の子の名前 ハーフ

アメリカやイギリスなど英語圏に多い名前で、日本でも昔からある馴染みのある名前です。 アメリカの初代大統領、ジョージ・ワシントンやイギリス国王にも代々多い名前であり、元ビートルズのジョージ・ハリスンさんなど有名な人の名前に多いことも特徴です。 日本ですとタレントの所ジョージさんや歌手の山本譲二さんが有名ですね。 ジョージは外国人っぽい名前でありますが、漢字で表記すると「譲司」「丈治」「條治」「譲治」など古風なイメージで、誰でもスラっと読むことが出来ます。 グローバルに活躍出来る、国際的な人に育って欲しいと願いを込めるにはぴったりの名前です。 カイはハワイ語で海を意味します。 そのためカイを漢字一文字で表すと「海」や、船のオールを示す「櫂」を選ぶ方が非常に多いです。 ハーフの夏生まれや、親御さんが海にちなんだ仕事をしている、海が好きというお子さんにはぴったりの名前ですね。 カイの発音はシンプルで海外でも通用しやすい名前です。 日本でも違和感なく受け入れられるので、海にちなんだ国際的な名前を考えている方にはおすすめです。 日本でルイという名前をきくとタレントの栗原類さんや、人気少女マンガ「花より男子」に出てくる美少年の花沢類が思い浮かぶのではないでしょうか。 ほんわかとした優しそうな男性をイメージさせますが、本来の名前は「名高き戦士」という男らしい意味を持っています。 またかつてのフランスでは王の名前に代々ルイという名前が継承されていました。 今でもフランスでは男の子の名前の上位にルイがランクインしており、かっこよく人気があることを感じさせます。 漢字でルイを表すと「瑠偉」「琉生」「瑠維」などが挙げられます。 日本でナオという名前は男の子、女の子どちらに名付けても違和感のない名前です。 「なおと」「なおき」「なおこ」「なおみ」のようにナオの下に文字がプラスされていれば、すぐに性別が判断出来ますが、ナオだけだとどちらの性別か区別がつきにくいです。 しかし海外ではナオときいただけで男の子とすぐに判断されます。 なぜかというと、外国語は男性の名前の最後は「オ」で終わるという決まりがあるからです。 そのため女の子でナオという名前だと、なんで男性の名前をつけられたんだろう?と不思議がられるケースもあります。 ケンは日本でも海外でも非常にメジャーな名前なので、どこの国でも通用する呼びやすい名前です。 海外ではカ行の音が発音しやすいと言われています。 どうしても外国人っぽい名前を付けたい方はカ行で始まる名前を候補に考えてみると良いですよ。 ケンは漢字だと一文字で「健」「憲」「賢」などシンプルでかっこいい印象になります。 下記の記事では、男の子の漢字一文字の名前を紹介しています。 かっこいい名前や古風な名前、珍しい名前など種類豊富に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 男の子らしく勇ましい印象であると、近年人気がアップしている名前です。 英語で発音すると虎の「Tiger(タイガー)」と似ているため、違和感がなくすんなりと通じる名前です。 海外でも強い男の子をイメージさせるかっこいい名前です! またタイガと同様に、動物の名前の発音に似ている男の子の名前はレオが挙げられます。 「Reo(レオ)」はライオンのことで、こちらも強い男の子を思わせる名前です。 漢字でタイガは「大雅」「大海」「虎翔」、レオは「玲央」「怜生」「礼緒」など男らしい名前を表せます。 ハーフの男の子にもおすすめの名前です。 日本では男の子にも女の子にも使われることが多い名前です。 英語の「June(6月)」と発音が似ているので、海外の方でも呼びやすく馴染みのある名前です。 ジュンは漢字で表すと「純」「潤」「淳」「隼」と一文字になります。 スタイリッシュな見た目でかっこよく、誰が見ても読むことが出来ます。 日本人らしさと海外でも通じる名前の両方を表すにはぴったりですね。 近年の洋画で日本人男性が登場すると「ヒロ」という役名であることが多いです。 英語圏の人にとってヒロは英雄である「Hero(ヒーロー)」と発音が似ているので、スムーズに呼んでもらうことが出来ます。 ハーフのお子さんにも多い名前です。 またヒロはハワイ語で「編む」「結ぶ」という意味を示します。 家族の結びつきを大切にする子に育って欲しい、友達がたくさん出来ますようにと願いを込めることも出来ますよ。 シオンは旧約聖書に登場する人物の名前でもあり、ヨーロッパでは多くいる名前です。 発音は「ショーン」と聞こえますが、日本でも海外でも呼びやすい名前です。 日本でシオンの名前は男女両方に使えるので、漢字は男の子らしさを感じさせる物を選ぶと良いですよ。 力強さを感じさせるなら「獅」を使って「獅恩」「獅音」、優しい印象を与えるなら「心温」「心穏」「心園」などがあります。 また「汐」を使うと「汐遠」「汐音」と海をイメージさせる名前になります。 日本でも海外でも発音に大きな差がなく、どの国でも問題なく通じる名前です。 漢字ですと「翔」がぴったりです。 「翔」は大空に羽ばたき、世界中で活躍することをイメージさせます。 男の子の名前に使われる漢字としても人気で、毎年上位にランクインしています。 次の記事では、男の子の名前で「しょう」と読む漢字を紹介しています。 ショウはハーフの子に多く、外国でも通じる名前として人気があります。 ぜひ名付けの参考にご覧ください。 海外は子供の名付けに発音しやすく呼びやすいかを第一に考えます。 またニックネームで呼び合うことも多いので、2文字もしくは3文字の名前が良いでしょう。 英語を含む外国語の中には「つ」の音が存在しない言語が多くあります。 そのため「つよし」という名前だと「ちゅよし」、「みつお」だと「みすお」呼ばれてしまう確率が高いです。 またフランス語は「H」の音を発音しません。 「はると」は「あると」、「ひで」は「いで」というように少し感じが違う名前になります。 海外でも通じる名前にこだわり過ぎて、日本で通じなかったり呼びにくい名前であったら本末転倒です。 あまりにも変わっている名前だと、何度も聞き返されたり、間違えた発音で呼ばれたりと嫌な思いをするのはお子さんです。 いじめの原因にもなりかねないので、まずは日本で通じる名前を選んであげてください。 日本では名前の最後に~助、~太郎とついていると男の子、~子、~美とついていると女の子と区別します。 海外でも同じように名前の最後がオで終わると男、アで終わると女と区別の仕方があります。 日本人にとって聞き分けが難しいとされている「L」と「R」のように、外国の方は日本語のラ行の音を聞き分けることが苦手です。 「レイ」が「ライ」になってしまったり、「レオ」が「リオ」になってしまうことは多いです。 また英語にはりゃ、りゅ、りょの音がありません。 「りょうへい」や「りゅうた」の名前は、外国の方が正しく発音できなくても当たり前のことなのです。 日本の男の子の名前で多い「ゆうだい」は英語にすると「You die」と怖い言葉になってしまいます。 名前の響きは良くてもスペルにするとネガティブな名前になってしまうこともあるので、必ず確認するようにしてください。 男の子の海外でも通じる名前を選ぼう! 男の子の海外でも通じる名前を紹介しました。 いかがでしたでしょうか?近年はハーフの子でなくても海外で通用する名前をつける親御さんが増えています。 素敵な名前を見つけて、お子さんに最初のプレゼントをしてあげてくださいね!.

次の

【日本台湾ハーフ】国際的に通用する赤ちゃんの名前 男女別3選【中華圏OK】

男の子の名前 ハーフ

お子さんがどちらの国でより多く過ごすことになるか。 将来変わる可能性は?• 親が呼んで違和感のない名前であるか• 片方の国でおかしい意味にならないか ハーフの女の子というくくりに限らず、名前は誰でも考えるのに苦労します。 発想法を持って、考え出すのも一つの方法かもしれません。 ハーフの女の子だったら、日本での名前と外国での名前を二つ考えなければならないので、さらに悩みますよね。 女の子に名前を付ける時、こんな選択肢があります。 ハッキリ名前を分ける…日本での名前を純日本名にして、外国での名前を完全に外国名にする• 名前を統一させる…ミドルネームなどを入れた長い名前を短縮して、日本と外国を混ぜた名前を統一させどちらの国でも使用する 日本では外国の顔立ちで「純日本名」を使用すると。 色々違和感があるんだとか。 例えば、日本名の響きだと本人も大人しい子を演じる気持ちがあったり、市役所や病院の窓口なので、名前がクローズアップされる際、周りから好奇の目を向けられることもあるようです。 名前を考えるときの発想法• 音からの発想…「あ」から始まる音がいい、「き」から終わる音がいい• 好きな季節・自然の事物を取り入れる…好きな場所(山川海)好きな季節(出産する時期など)、またそれを象徴する言葉(桃・渚・楓・晴など)を取り入れてみる• 好きな漢字…家族の誰かの名前からの一文字や、理想の姿をイメージした言葉など• 画数から決める…先に画数を決めてから名前を決めていく• 理想の姿をイメージ…和風、知的さ・明るさ・個性的などの印象から決める 海外で通用する名前で「発音」で気を付けたい事• 「ら」行はNG…日本でも海外でも発音が難しい音• 「りゃ」「りゅ」「りょ」…海外の人には発音しにくい• 「きゃ」「きゅ」「きょ」…難しい(「きょうこ」は「きよこ」と発音される…)• 「小さいツ」…は発音しない・存在しない国もあるので、使わない方がよい• 母音が難しい…アルファベットの発音は母音が続くと発音しにくいようです。 日本では可愛い「まいこ」という名前は「マイケル」と勘違いされちゃいます。 ローマ字表記の落とし穴• 海外では長音がないので、しょうこちゃんは「shoko」ということは、「しょこ」と呼ばれることに• 「エマ」の表記…スペルのMが二つの場合と一つの場合がありややこしい• フランス語・スペイン語圏では、最初のHを発音しない…「ひろみ」「はるみ」は「イロミ」「アルミ」と呼ばれてしまう• 「ゆ」の発音は「JU」と表記する国がある…日本では「じゅ」と読むので発音が異なってしまう• ドイツ語つづりの場合…マヤ(Maya)をMajaとつづる 家族が呼びやすいハーフの女の子の名前一覧 昔に比べて現代でも国際化はかなり進みましたよね。 その中で、日本と海外、音もイメージもなんとなく共通する名前って結構あることが分かって来ました。 両国別々の名前を付けるのも良いですが、どうせなら世界で愛される名前がひとつぽんっと存在してたらなおいいですよね。 こんな名前がポプラーだし、すんなりとなじみやすい名前、そんな感じのものを集めてみました。

次の