インフレ 対策 投資。 インフレ対策となる資産運用の種類として知っておきたい6つの方法

第7回「資産運用でインフレ対策をする」とはどういう意味ですか?

インフレ 対策 投資

Contents• インフレのメリット・デメリット インフレとは、ひとことでいうと、「 お金の価値が下がり、モノの価格が上がる事」です。 これまではリンゴ1つを100円で買えていたのが、今日は150円する。 このように、1つのモノを買うのに必要なお金が多くなる現象の事を、インフレといいます。 インフレのメリット インフレになると、お金の価値が下がる=円安になる傾向があります。 円安になると、海外の人にとって、日本製品が安く買えるので、日本製品が売れやすくなり、輸出企業が儲かるようになります。 日本ではトヨタ自動車などをはじめ、輸出企業が日本経済を牽引しているため、日本経済全体にとっては恩恵が大きいのです。 また、円安になると、安く旅行できたり買い物できたりするので、海外から日本への旅行客が増えます。 中国人の方の爆買いが一時期話題になりましたが、これは円安が進んだ結果、安く旅行に来られるようになったからです。 輸出企業だけでなく、日本国内においてもお金を落としてくれる人が増えるのが、インフレのメリットです。 インフレのデメリット 一方のデメリットは、 日々の生活負担が大きくなる点です。 日本では多くのモノを輸入しているため、円安が進むと、1つのモノを買うのにより多くのお金が必要になります。 給料が上がらない中でインフレが進むと、生活負担が大きくなります。 また、インフレが行き過ぎてしまうと、「 ハイパーインフレ」と呼ばれる状態になってしまう恐れがあります。 ハイパーインフレの定義と事例 次に、ハイパーインフレの定義や、世界各国および過去の日本において起こったハイパーインフレについて見ていきましょう。 ハイパーインフレの定義 ハイパーインフレの定義は、下記の通りです。 主力産業である「石油業」が、石油価格の下落で儲からなくなった(経済成長できなかった)• 上記の状況から、外資系企業の撤退をはじめとした、外国資本の逃避による通貨安・インフレ 経済成長ができなくなってしまうと、健全な財政基盤の構築が難しくなります。 それにより、投資家などから見放され、その国の通貨は売られ、通貨安になり、インフレがはじまっていきます。 ハイパーインフレになったベネズエラの状況は、控えめにいっても「地獄」のような状況といえます。 経済が破綻し、まともな企業活動ができていない状態となり、物資が欲しくても物資がない。 特に、食物が不足しており、ゴミ箱からあさるのは当たり前の光景だったようです。 この状況なので、病院や警察などの公共機関もまともに機能できず、物資を持つ者が、持っていない人から襲われて強奪されてしまう。 ハイパーインフレによって人々の生活が壊されてしまい、最悪の治安の中、命の危険を感じながら生きていかなくてはならないのです。 ハイパーインフレの事例~ジンバブエ~ アフリカ南部に位置するジンバブエも、2019年に深刻なハイパーインフレに陥っています。 ハイパーインフレの影響で、同国のジンバブエ・ドルは暴落しました。 生活必需品の多くを輸入に頼っているジンバブエにとって、通貨の暴落は死活問題。 通貨安により輸入ができなくなるため、多くの店の棚ががら空きになり、電気も夜の数時間だけ、水道水は週に1度数時間流れるだけ、農作物の種も輸入できなくなり、深刻な飢餓が発生しました。 また、ジンバブエは、約10年前の2008年にもハイパーインフレを経験しています。 当時のムガド政権下において、巨額の財政赤字を中央銀行が融資して補てんする、という事態が起きました。 ジンバブエ・ドルに対する信頼度は壊滅的に失墜し、結果ハイパーインフレに陥る結果になってしまったのです。 ハイパーインフレの事例~ドイツ~ 今は経済大国であるドイツも、過去にはハイパーインフレに苦しめられました。 第一次世界大戦に敗戦したドイツは、ベルサイユ講和条約により、1320億マルクの賠償金支払いを課せられたのです。 これは当時のドイツで、国家予算の約20倍もの数値でした。 (国家予算が68億マルク) 賠償金を支払うに当たって、圧倒的に財源が不足していたドイツは、中央銀行が大量の紙幣を発行する事で対応する、という判断を下しました。 これにより、マルクに対する信用は一気に失墜し、ハイパーインフレの引き金を引く事になってしまったのです。 具体的には、第一次世界大戦前と比較して、 市場への資金供給量は2,000倍に増加し、一般物価水準は25,000倍を超えてしまいました。 パン1つを買うのに、1兆マルクが必要になるほどの状況で、100兆マルク紙幣というものも発行されていたようです。 ハイパーインフレの事例~ロシア~ ドイツと同じく、旧ソ連も、1917年に開戦した第一次世界大戦を背景に、ハイパーインフレを経験しています。 当時、国内外の債券などを通して、借金をする形で戦費を調達していましたが、新ソビエト政権が発行した債券の債務放棄を宣言、国立銀行券の増発により戦費を調達したため、 1917年から24年までの間で、物価が171倍にまで上昇しました。 また、時が経過して1998年にも、ロシアの財政破綻によるハイパーインフレが発生しています。 当時、ロシアは天然資源輸出に依存していましたが、世界経済の不景気とデフレの進行により資源価格が下落を続け、ロシア全体が全く儲からない状況になりロシア政府の財政が悪化してしまったのです。 対外債務の比率が大きかったロシアは、その後対外への支払いが困難となってしまい、90日間の対外債務支払いが停止になりました。 事実上のデフォルト 債務不履行 の発生です。 その影響で、ロシア・ルーブルの下落、それと同時にハイパーインフレが発生しました。 ハイパーインフレの事例~ブラジル~ 1986年から1994年にかけて、物価が2兆7,500億倍に上昇するハイパーインフレが発生しました。 当時の通貨である「クルゼイロ」を、1ドル=1レアルの管理相場制に切り替える「レアルプラン」により、ハイパーインフレを終息させました。 それ以降は、ブラジルでは大きなインフレは起こっていないものの、この経験が「トラウマ」となっているようで、経済成長政策よりも何よりも、「インフレ対策」を最重要視するようになりました。 日本でも、過去にハイパーインフレが発生しました。 日本でも、第二次世界大戦の敗戦直後にハイパーインフレに見舞われています。 1945年から1949年にかけて、物価が約70倍にまで上昇していました。 当時の日本では、第二次世界大戦の勝利に向けて、国家財政の約9倍に達するまで借金をして、戦費を賄っていました。 国債の資金の出していたのは、国民です。 統制経済と国債の個人購入により多額の借入金を調達していた当時の日本政府のもとに、敗戦後このツケが回ってきたのです。 敗戦直後の日本に、企業活動を行う余裕などなく、物資の供給に対する通貨量が過剰になってしまったため、物価が上昇を続けていました。 戦費を賄い、軍人への退職金を用意するために、多額のお金が必要となり、政府はその資金を日銀引き受けにより調達していたのです。 お金が余る一方で、敗戦により生産能力が壊滅的に失われた日本では、物資の供給ができず、結果インフレが加速度的に続きました。 最終的には、アメリカから、ドッジ=ラインと呼ばれる経済政策を命じられることになり、新規国債の発行禁止や超緊縮財政政策が行われるようになり、このハイパーインフレは解消されました。 日本政府の現在の非常にまずい財政状況を反論とともに説明 上記で、海外でのハイパーインフレの事例を見てきました。 これからの日本はどうなのか? ハイパーインフレが起こる可能性が高まっている、といえます。 それでは、現在の日本の財政状況について見ていきましょう。 現在の日本政府の財政状態 日銀の『』によると政府の借金は以下のように年々増加していっています。 つまり日本国民によって購入されているので売却されずに国債の金利が上がっていないということじゃ。 ここで債券の基礎知識ですが、 債券は安全なものであればリスクが低いので金利が低いのですが、危険なものであればリスクが高いので金利が高騰します。 金利が高騰すると利払費で国家の歳出が更に増大して借金返済が完全に不可能になります。 すると日本国政府の信用により価値を持っている通貨日本円の価値が暴落して強烈な円安を伴い、輸入物価の高騰等を要因に国内でインフレが発生していくのです。 では、いつまで日本国民の金融資産で政府の借金を賄うことができるのかという点が重要になってきます。 日本の家計資産に政府債務が追いつくXデー 日本の家計資産は現状1800兆円近辺で停滞しております。 日本人は給与もあがらぬし、投資比率も低いからのー。 整理すると現在の政府債務は1300兆円で家計資産は1800兆円と約500兆円のマージンがあることになります。 では年間どれほど借金が増加していくかというと、 最新の財務省による歳入に占める国債の金額・比率は以下のように34兆円で歳入の34. 引用: 34兆円というペースで増加した場合に僅か16年以内で家計資産を上回りますし、 今後歳出は増加の一途を辿ることが確実なので早ければ10年程で外国からの資金に頼らざるを得ない状況に陥ってしまいます。 外国人が日本国債を購入すると、リスクに見合った金利を要求するようになります。 金利は上昇していき更に債務が雪だるま式に増加し政府の信用が失墜していきます。 以下プリンストン大学の清滝教授も同様の点を指摘しておりますので参考にして見てください。 戦後の日本でもヘリコプターマネーで急激なインフレが発生した歴史を抱えておるからな。 歴史は繰り返すじゃ。 ではいつヘリコプターマネーに踏み切る可能性があるかということですが、現在日銀は市中銀行から国債を買い取っており両者の比率は大きく変わってきています。 黒田総裁の金融緩和から日銀が急速に買い進めた結果、残り預金金融機関が保有する国債は200兆円をきってきており、現在のペースでは後2年-3年で日銀が購入できる国債が枯渇します。 一方、目標とするインフレは一向に発生しないので日銀は手を緩めることができず、禁断の果実であるヘリコプターマネーに手をつけることが現実味を帯びてきています。 政府が直接日銀に国債を引き受けさせだしたら、赤信号点灯ということになります。 海外のハイパーインフレから、日本人が学ぶこと 海外のハイパーインフレの事例を先述しましたが、ハイパーインフレの大打撃を回避し、逆に資産を形成する人もいました。 ロシアの通貨危機の際、事実上ロシア国債は紙切れ同然になり、ロシア国内では預金封鎖もされました。 しかし、ごく一部の賢い投資家は、「ロシアはもう危ない」と見切り、アメリカの銀行に口座を開設し、保有資産をほとんどアメリカドル建て資産に変えました。 そして、ハイパーインフレのほとぼりが冷め始めたころに、ルーブルに戻し、多額の利益を得て、 資産数十億ドル以上を形成する人もいたのです。 この方はルーブルに戻した後、ただ同然で売られているロシアの不動産を買い占め、更に資産を形成しました。 これをそのままマネしましょうとはいいませんが、「いざというときのために対外資産を保有して備える」という事は、教訓になります。 ハイパーインフレの対策-米国株インデックスを楽天証券で積立投資- 上記を踏まえて、じゃあ私たちはどうやってハイパーインフレの対策を打つか? 「外貨建資産を持ちなさい!」というのが、結論です。 円とドルの関係で行くと、ハイパーインフレが起こると円売りドル買いが進行するため、ドル建て資産を持っている事が何よりの避難策になります。 米ドルをはじめとした外貨を保有することも十分な対策になるのですが、ただ外貨を保有するだけでは勿体ありません。 せっかく外貨を保有するのであれば、資本主義の歴史上最も上昇することが歴史的に証明されている株式市場に投資を行うことがおすすめです。 まとめ 日本はデフレ経済が継続していますが、今後財政懸念型の円安が10年〜15年後、日銀と政府によりヘリマネが実施されれば早ければ3年以内に円安を伴ったインフレが発生する可能性があります。 日本円の資産だけを保有していると、資産をインフレで大幅に失う可能性がありますので外貨建の資産を保有する必要があります。 以上、日本のハイパーインフレの可能性と対策を徹底解説!楽天VTIで資産を安全に守り育てよう。 …でした!.

次の

インフレ対策におすすめ資産5選!インフレに強い資産運用とは?

インフレ 対策 投資

また、新型コロナウィルス対策で、各国政府が大量のお金をばらまいていることから、今後は大きくインフレ方向に向かう可能性がります。 本記事では、「自分の資産を減らさない方法」について焦点を当て、自分の資産を守る為の方法として「国債(債券)への投資」や「ローリスクな投資」を提案していきます。 自分の資産の多くを貯金している方や、リスクの低い投資を検討している方に届けば幸いです。 貯金するくらいなら国債(債券)への投資やローリスクな投資をしよう【インフレ対策】 冒頭でも書いた通り、世界ではインフレがスタンダードです。 銀行による利息が全く期待できない今日では、「自分の資産を貯金しておく」という行為は、「自分の資産を減らす」という行為とイコールです。 もし「貯金=無難な方法」と考えているのであれば、それはあやまちで、「無難にお金を守る方法」としては、「リスクの低い投資」が必須となります。 とはいえ、「長らくインフレとは無縁の日本」に住んでいると、「本当にインフレになるんかいな?」という疑問が沸いてくると思いますので、まずは世界のインフレ状況を確認していきます。 世界のインフレ状況を確認 IMFの調査結果によると、2018年でデフレだった国は(調査対象の190か国中)• エクアドル• セントクリストファーネイビス• エリトリア の3国しかなく、残り187国はインフレでした。 また187か国中、• 118か国が2%以上のインフレ• 162か国が1%以上のインフレ となっており、「世界中でインフレがスタンダード」ということがよく分かります。 代表として、日本とアメリカのインフレ率の推移を確認すると、以下グラフの通り• 実際に30代中盤のひょしおんぬ(筆者)は、• 自販機飲料は100円がデフォルト• 牛丼チェーンの並盛は280円• マクドナルドのハンバーガーは60円(55円?) という時代を生きてきましたが、いずれも現在では値段が上昇しています。 よって、「自分のお金を守る」ためには、何かしらの行動が必要となるわけです。 その代表的な行動が「投資」です。 ローリスクな投資がおすすめ【国債について】 「投資」 と聞くと• 難しい• リスクが高い といったイメージを抱く方が多いと思います。 実際にそういった投資もありますが、反対に• 誰にでも出来る• リスクが低い 投資もあります。 そして、「最も簡単にできるリスクの低い投資」の代表格が国債への投資です。 国債への投資は、対象の国がデフォルト(いわゆる破綻)しない限りほぼ間違いなくリターンが得られ、30年債であれば年利が• 日本 :0. アメリカ :1. オーストラリア:1. 「ほぼ破綻する可能性がない」と言っても問題ないアメリカでも年利1. 例えば100万円をアメリカ国債へ投資すれば、30年後には142万円になって返ってくるわけです。 老後に備えてノープランで貯金しているよりは100倍マシです。 とはいえ、30年ものの国債に投資していると、• インフレが加速• 銀行預金の金利が大きく上昇 した際に、「銀行に預金しておいた方が良かった…」となってしまう可能性があります。 (年利1. そこで、「国債」よりは少々手間がかかりますが、「各種資産への分散投資」をお勧めします。 分散投資することでローリスクな投資をする 上記で書いた「インフレ時リスク」は、「インフレに合わせて価値が向上する資産」に投資することで回避できます。 代表的な資産としては• 不動産• 金(ゴールド)• 株式 などが挙げられます。 これらを上手く組み合わせることで、「インフレに対応できる資産」を手に入れることが可能です。 中でも「株式投資」を上手く活用すれば「インフレ」「デフレ」に関わらず、「あなたの為に稼いでくれる労働力」を手に入れられることとなり、資産形成に大きく役立ちます。 詳しくは以下記事をご参照頂きたいのですが、「適切な分散投資」をすれば「インフレにようリスク回避」だけでなく、リターンも得られるようになります。 そして、「適切な分散投資」に難しい知識や勉強は必要なく、誰にでも可能です。 まとめ:自分を資産を守るためにはローリスクな投資が必須 ここまで記事にさせてもらった通り、世界のスタンダードは「インフレ」である以上、現金を(預金などで)持ち続けることは「損をする」と言わざるを得ません。 何も考えずに生きていては、誰もあなた(の資産)を守ってはくれません。 自分(の資産)を守れるのは自分だけです。 「貧困老人」になる道を自ら選んでおきながら、国や社会に文句を言うような人間にならないよう、注意深く生きていく必要があります。 本記事の内容が、本ブログの賢明なる読者達に届けば幸いです。 ------------ ツイッターでは記事の公開を通知したり、投資に関係する記事を取り上げたりしています。 よろしければフォローをお願いします! 本記事が少しでも良かったと思って頂けたら、以下バナーを1日1回クリック頂けると嬉しいです。 よろしくお願いします! よろしければ以下の関連する記事もご参照ください。 それではまた hyoshionnu.

次の

第7回「資産運用でインフレ対策をする」とはどういう意味ですか?

インフレ 対策 投資

記事INDEX• インフレになるとお金の価値は下がります。 たとえば、 今まで100円で買えた商品が、ある日突然500円を出さないと買えなくなるということになるのです。 このインフレは、資産にも影響を与えます。 実質の資産価値が下がってお金が減ることになるのです。 数年後の資産価値は、以下のようにして算出できます。 【例】2,000万円の資産があって、物価上昇率は2%とします。 この場合の10年後の資産は1,640万円となり、360万円の価値は目減りしてしまうのです。 金融緩和が原因で国内のインフレ率は上昇し続けていますが、インフレ率は今後も上がることが予想されています。 何か対策を取らない限り、資産の目減りは避けられません。 現物資産の種類と不動産投資がインフレ対策に向いている理由 このようにインフレは避けて通れませんが、資産価値を保持する対応はしていかなければなりません。 インフレ対策において効果的なのは、価値が目減りする現金の資産を現物資産にすることです。 現物資産はそれ(現物)自体に価値があるので、インフレの影響を受けにくいのです。 現物資産はおおよそ3つの分類があります。 【貴金属】 ・金(ゴールド) ・銀(シルバー) ・ダイヤモンド ・プラチナ ・時計 ・宝石・宝飾類等 【コレクション】 ・クラシックカー ・絵画・油画 ・食器 ・酒類(ウイスキー、ワイン等) ・アンティーク家具、コイン ・壺・酒器・茶器類 ・靴・バッグ・ヴィンテージ服 ・フィギュア・おもちゃ類等 【土地・建物】 ・マンション ・アパート ・太陽光発電機 ・マイホーム ・土地(畑・山・森など) 貴金属系は資産価値が安定していて、買取や査定も気軽にできるので馴染みがあるでしょう。 価格帯も分かりやすいので、現物資産として置き換えられることが多いです。 コレクション系はあらゆるジャンルの物品があってバラエティに富んでいますが、 貴金属に比べて価格は安定しづらいです。 コレクターやモノの状態・希少性によって価格が変動するからです。 俗に"お宝"と呼ばれる 希少性のあるものは驚愕するぐらいの値段が付いたりもします。 そして土地系ですが、 モノ自体に価値があるのは当然のこと、所有者の活用によっては大きく利益が見込める特徴があります。 とくに、土地や建物などの 不動産は実物資産として価値が落ちにくい強みがあります。 不動産投資は実物の価値を保持したままプラスの利益が見込めるので、インフレ対策に最適なのです。 ローンの返済に反比例して資産価値は上昇する 不動産投資であれば、インフレ率の上昇とともに不動産の価格が上がり、資産価値が大きく下落することは起きにくくなります。 これは特に、不動産投資でローンを組んだ場合にメリットを得やすいと考えられます。 また、ローンもインフレの影響で価値が目減りし、返済していくうちに不動産の資産価値は上昇していきます。 インフレに連動して家賃収入が増える インフレ時には家賃が上がる傾向にあるので、不動産投資がインフレ対策に最適と言われる部分はこういう点からでも伺えます。 不動産で得られる家賃は物価水準と連動するため、現金を不動産投資として所有すれば、物価の上昇に合わせて不動産の価格も上がります。 同時に家賃の水準も上がっていくので、家賃収入という安定した収入をインフレ時に得られるというワケです。 賃貸の需要があるエリアであれば、景気が変動しても家賃収入には強く影響しないでしょう。 不動産投資はインフレ時に資産を守るだけには留まらず、資産を増やしてもくれます。 また、このときに不動産を転売しても大きな儲けを生むことが可能で、投資すれば投資額よりも高くなる見込みがあります。 月々の家賃収入によりインフレ対策ができる 不動産投資においてローンを利用すれば、自己資金が少なくてもインフレ対策ができます。 不動産の場合は、 現物資産のなかで唯一、銀行からの借り入れが可能です。 これにより、不動産投資した後は家賃収入によって毎月のローンの返済額をカバーできるようになります。 また、収支をプラスにしていくことも可能です。 不動産投資がインフレ対策にならない場合について 不動産投資はインフレの影響を受けにくいとご紹介してきましたが、一部がこれに当てはまらないケースがあります。 それは スタグフレーションが起こる場合です。 スタグフレーションとは、物価が上昇(インフレ)しているのに景気が停滞することを指します。 スタグフレーション時にはローンを返せない人が現れるため、家を手放す人が増えます。 そのため、地域レベルでの住宅価格も下がってしまうのです。 しかし、いくつかの 対策を講じればリスクを回避しやすくなります。 下記に対応策を3つまとめました。 固定金利を選択してローンの支払額に余裕を持つ スタグフレーションは不況下に近い状態であるため、生活費が上がってローンの支払いが難しくなることが想定されます。 この リスクコントロールのためには、ローンの支払額に余裕を持つことが重要です。 ローンを組む場合は金利が上昇することに備え、スタグフレーション時にローンの実質的な負担の軽減に繋がる固定金利を選択するといいでしょう。 変動金利の場合は、金利負担が急激に上昇して家計を圧迫します。 例として、3,000万円の物件を30年のローンで、元利均等返済で借りるとします。 金利が年0. 1%のときは毎月約9万7,000円だったのが、年5. 0%の金利になると約16万円に跳ね上がるのです。 またスタグフレーション時は物価が高く、失業者が増える恐れがあります。 固定金利に変更しようとしても、金利市場の方が先に対策へ乗り出すこともあるので、注意が必要です。 利便性が抜群というような質の良い不動産を選ぶ 不動産投資の際には、将来性が見込める物件を選ぶことが大切です。 とくにその条件としては、• ・利便性が高い• ・適正な家賃• ・清潔である という点が挙げられます。 これらの条件が揃った物件であれば、継続的に入居希望者を望めるでしょう。 また、強いニーズがある 東京都心や一部のエリアでは資産価値がより高くなる可能性もあります。 この点も踏まえるとより効率良く入居者を集められます。 土地情報をもとに災害に強い不動産を選ぶ 災害時にもスタグフレーションが起こるとされています。 災害が起こりやすいとされる地域での不動産購入は、価値が下がる可能性があるので注意が必要です。 災害に強い不動産であれば、長期に渡っても価値が落ちにくいので、土地情報をリサーチした結果を基に物件を選びましょう。 各エリアの土地情報はホームページで公開されており、ハザードマップには各地域の洪水や土砂災害などのリスク情報が掲載されています。 内閣府のホームページでは、「各自治体防災情報」において地震の揺れやすさを調べることも可能です。 また、地質と地盤のリサーチもしておけば心強いでしょう。 地質が好ましくない場所だと、自然現象(集中豪雨など)で地すべりが発生して不動産に影響が及ぶ可能性があります。 地盤リスクが高い地域では、地盤沈下や液状化現象が起こることも懸念材料です。

次の