アコギコード。 アコギとエレキのコードの違いって何なの???

【すべて無料で見放題】ギターコード/ピアノコード検索サイト|楽器.me

アコギコード

アコギらしい奏法! ギター初心者の方におすすめの奏法を確認します。 これら奏法も組み合わせて、伴奏を作っていきましょう。 アルペジオの可能性も無いとは言えないですが・・ 「僕は ギャロッピング奏法で、弾き語りました」 「私は ラスゲアード奏法で、フラメンコをやったわ」 なんて人がいれば、手を挙げてください。 笑 ちなみに、私がアコギで最初にやったのは、 BUMP OF CHICKENの名曲 『スノースマイル』のコピーでした。 コードジャカジャカじゃない(汗)。 譜面のコピーからはじめる人もいるでしょう。 「アコギ弾いてるぜっ」感のあるコードジャカジャカ弾き。 コードの押さえ方も覚えられるので、ギター初心者にすすめる人(本)も多いです。 最初の内はそれで十分楽しいのですが、しばらく弾いていると「もっと他の弾き方もしてみたい!」という気持ちが出てくると思います。 和音を構成する音を一音ずつ低いものから(または、高いものから)順番に弾いていくことで、リズム感や深みを演出する演奏方法。 日本においては順番に弾くことだけではなく、コードを抑えた状態で弦を一本ずつ弾く事全般を言う場合もある。 アルペッジョ — Wikipedia コードを押さえながら、指やピックで一本ずつ弦を弾くアレです。 ジャカジャカとは異なった響きで、 アコギの良さを存分に味わえる奏法。 ギター初心者の方は、このコードジャカジャカとアルペジオを 組み合わせた演奏が多いのではないでしょうか。 名前がついた奏法もありますし、名前のない(あまり知られていない)オリジナル奏法もあります。 下の方で紹介します。 ギター弾き語りのコツ! 意識すると弾き語りが 良い感じに聴こえるコツ。 それは メリハリ 抑揚です。 Bメロに入って、下がるパターン。 出だしを盛り上げてガシっとつかみます。 ただ、サビでも盛り上がりたいので、一旦Bメロで盛り下げ、サビで再び盛り上げる。 メリハリが効いています。 伴奏を下げ、歌を前に よくあるのは、Aメロ前の 「前奏」 導入部分 で盛り上げて「Aメロ」で下がるパターン。 例をあげると、テレビアニメ『化物語』のEDになったsupercellの 『君の知らない物語』。 出だしの 「今夜星を見に行こう」で 音数MAXで一気に盛り上げ、前奏が終わりAメロ?の 「たまには良いこというんだね」に入った途端、急に ピアノアルペジオと歌だけという落差。 一気に音数が減ると不思議な余韻とともに、何故か歌詞に注目してしまいます(私の場合)。 そして、またサビに向かって盛り上がり・・。 最初にグッと惹きつけるパターンは、最近発売される曲に多い気がします。 このメリハリが、 聴く人を飽きさせないコツです。 音量のメリハリ どうやってメリハリを付けるのか? 最も簡単なのは、 盛り上げたいところで音数を増やす です。 鳴らす音を増やして、音に厚みを出します。 ギターならば6弦全て弾く、 コードジャカジャカです。 音量も上がりますし、 音域も上下に広がります。 となると!? サビでコードをジャカジャカ弾くなら、それ以外の 盛り下げたいところでは、 音数を減らした方が良い感じになる(場合が多い)。 全てはメリハリのため。 音数を減らす方法として有効なのが、 アルペジオ。 無意識に「サビでコードジャカジャカ弾きたいから、それ以外はアルペジオにしよ」と実践している人も多いと思います。 もちろん「1曲全部コードジャカジャカだけど、サビ以外では音量が小さくなるように弾いてます」というのもあり。 音程のメリハリ メロディで考えると、 音程を上げて盛り上がりを作る方法もあります。 五線譜がわかりやすいですが、サビに高い音があると 五線譜も右肩上がりになり、「盛り上がるぜ」感が伝わってきます。 が、そもそもアコギの高音は音量が小さくなりがち。 構造上、開放弦を使ったコードの方が音量を出しやすく、サスティーンも伸びやすい。 高音は歌にまかせて、バッキングでは音数を増やしましょう。 ギター弾き語り実践! (初心者向け) 実際に弾いてみましょう。 曲はいつも通り「けいおん!」から 『天使にふれたよ! 』タブ譜 『 天使にふれたよ! タブ譜も作りました。 歌詞が始まって最初の8小節。 前奏から数えるなら、5~12小節です。 今回はアコギでの弾き語りを想定しているので、 アコギらしさを出す弾き方にしました。 奏法の名前がわからなかったのですが、なんとか検索できました。 グーグルすげぇ。 「DaisukeMinamizawa2」 ソロギター好きにはお馴染みの南澤大介 さんの動画をお借りします。 説明すると、 ・ 親指で5弦1フレットを弾く。 ・ 薬指で2弦3フレットを引っ掛けて鳴らす。 ・再び、弦にペチッ。 という感じです。 次に弾く(引っ掛ける)弦に指を置いて、無駄の無い動作にしましょう。 歌のスキマにアクセント こんな感じで5~7小節まで弾いて、8小節目でハンマリング。 9~12小節も似たような感じで、12小節の最後は原曲と同じアクセントを入れました。 13小節~20小節もほぼ同じ。 若干無理やり・・というより、もっと休符を入れる。 もしくは、音を伸ばした方が良い感じになる(メロディと合う)のですが、 アルペジオをガッツリ入れて繋ぎたかったので、詰め込みました。 コードをなめらかに繋ぐ 22小節の4拍目は、ベース音「F」を、次のベース音「D」に繋いでいます。 音数を増やして盛り上げるために、コードジャカジャカ弾きの登場。 普通に左手ミュートでブラッシングください。 最後までコード弾き。 以上! こんな感じで、 サビで音数を増やしてそれ以外は減らすように弾くと、自然なメリハリが出ます。 弾き語りは最後まで自分一人なので「 聴く人を飽きさせない」工夫をして演奏したいですね。 曲をお探しの方は「 アコギ弾き語り曲」も是非ご覧ください。 弾き語り楽しんでください! ありがとうございました。

次の

ギターコードの正しい押さえ方

アコギコード

もくじ• 【アコギ弾き語り】綺麗に響くギターコード10選【使い方も解説】 普通のローコード3つを綺麗にカスタマイズ【add9化】 この普通のローコード3つ、EとAとDを普通にそれぞれadd9にすると、、、 これでも悪くはないのですが、普通といえば普通です。 今回はこういう風にadd9化します。 指のストレッチとしっかり指を立てるのがキツいフォームですが、最初のように簡単なadd9フォームだと得られない独特な響きになりますね。 簡単だと普通で、キツくて努力した方が綺麗な音が鳴るなんて、まるで人生みたいです。 この「スーパーadd9」フォームの秘密は ピアノのようにコード内で音が全音でぶつかる、ことにあります。 普通のメジャーコードフォームのルートの音をそのまま全音上げることで、9(ナインス)とM3がぶつかるヴォイシングができるんですね。 ピアノの真似をしたのに、ピアノ的な響きにはならず、逆にとってもギター的な響きになるのはすごく不思議な感じがしますね。 ペダルベースで綺麗なコードの流れを作る さてこのスペーシーなスーパーadd9コードを使って、綺麗なコード進行を弾いてみましょう。 新たにこの3つの綺麗なコードを紹介します。 ギターの場合、 バレーをはずしたり、ズラしたりすることで、思いもよらぬ響きのコードが出来上がることがあります。 これらもそうやってできたコードで よくわかんないけど、なんかいいじゃん! という適当な(笑)ひらめきも、ギターの場合は役に立ちます。 理論やコードネームは後付け、ということなんですね。 ベースでEが、そして1弦2弦の開放弦がずっと鳴っているので、すごく爽やかな、空間のある雰囲気ですね。 軽めのストロークでもいいし、アルペジオで弾くのも良いです。 曲のイントロなんかに使えますね。 CM7は普通に押さえるとこういうフォームになります。 ある意味民族的な響きともいえますね。 この二つのコードを交互にアルペジオで弾くと、 湿度の高い、憂鬱な、優雅な、色々な情景を表現できますね。 アコギ弾き語りでも綺麗なテンションコードを使う Lita「でいごの花」アコギイントロ アコギの弾き方りイントロでも、綺麗なテンションが入ったジャジーなコードを使えば、ひとひねりした雰囲気を出すことができます。 僕が2001年に発表したLita 1stアルバムから「でいごの花」のイントロです。 Dmのイントロですが、 半音上のEbから始めることで一味違った風景が見えます。 まとめ.

次の

エレアコに適したおすすめのギターケーブル【アコースティックギター博士】

アコギコード

アコギ初心者です。 チューニングが出来るようになりました! コードダイアグラムの読み方もわかったけど 押さえ方がチョット。 そう、 アコギ初心者はここから先の コードの 押さえ方が大変なので、 コードの 押さえ方のコツを伝授したいと思います。 実際に コードダイアグラムの 押さえ方とおりにやってみても、綺麗に アコギの音が響かない。 初心者だから、 コードの 押さえ方が悪いのか、力の入れ方が悪いのか指先が痛くなるし、早くも アコギ挫折の一歩手前なんて方もいるのでは? コードとは、日本語で和音のこと。 ピアノを習ったりすると、音楽理論なんかが出てきてややこしいのですが、 アコギの場合は左手の形を覚えてしまえばいいので、コツを掴めば簡単だと思います。 私のサイトでは、挫折してしまいがちな アコギ初心者の方が、ちょっとでも上達して アコギって楽しいなと思えるようになるために運営しています。 今回は、 アコギの 初心者が コードの 押さえ方で知っておきたいコツと、初めに覚える5つの定番 コードを解説したいと思います。 アコギ初心者必見!コードの押さえ方のコツ|はじめに覚える5つのコード どうしてもアコギで弾きたい曲が決まっていて、途中に押さえ方の難しいコードが出てきてつまずいた! ここでアコギの練習を諦めてしまってはもったいない。 アコギの初心者の段階では、簡単なコードから覚えると、早い段階で演奏可能なレパートリーができるので、アコギの楽しさが実感できます。 簡単なコードが押さえられると、力の入れ具合や使う筋肉の感じがつかめてくるので、焦らず、ひとつひとつ覚えていきましょう。 アコギの響きが良くなるまでは、力(ちから)加減にコツがありますが、諦めなければなんとかなりますよ。 では、基本の5つのコードに行きましょう!! Cメジャー Cコード シー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 2弦:1フレットを人差し指で押さえる 3弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 4弦:2フレットを中指で押さえる 5弦:3フレットを薬指で押さえる 6弦:弾かない 弦を押さえた指の力を抜かずに、5弦から1弦まで、一本づつ弦をはじいてみてください。 弾いた弦全ての音が鳴り続けるように頑張ってください。 アコギ初心者の方は、どれかの弦が「ぽん」とか、「ぷっ」といって音が途切れませんか? アルペジオをやるにしても、コードストロークで弾くにしても、鳴るべき弦がきれいに響かなければ良い演奏にはならないです。 弦の音が途切れてしまう状態の解消するコツは後ほど解説するので、地道に押さえ方の練習を重ねましょう! Dメジャー Dコード ディー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:2フレットを中指で押さえる 2弦:3フレットを薬指で押さえる 3弦:2フレットを人差し指で押さえる 4弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 5弦:弾かない 6弦:弾かない Cコードと同じように、弦を押さえた指の力を抜かずに、4弦から1弦まで、一本づつ弦をはじいてみてください。 私は、アコギ初心者の頃、Cコードより、Dコードの方が早く覚えられました。 押さえ方が簡単ですよね!力が入りやすかったというか、綺麗にアコギの音がなるのが早かったですね。 Gメジャー Gコード ジー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:3フレットを小指で押さえる 2弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 3弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 4弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 5弦:2フレットを中指で押さえる 6弦:3フレットを薬指で押さえる アコギ初心者の方が初めに覚える5つのコードの中で、一番押さえ方の難易度が高いコードだと思います。 コツは小指の力の入れ具合ですね。 なかなか最初は、小指だけ指を曲げるのlは難しいと思います。 私は、コードの響きとしてはこのGコードが好きですね。 Em Emコード イーマイナー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 2弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 3弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 4弦:2フレットを薬指で押さえる 5弦:2フレットを中指で押さえる 6弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) アコギ初心者の方が初めに覚える5つのコードの中で一番押さえ方のやさしいコードですね。 力の入りやすい、中指と薬指だけで弾けるので、まずはこのEmで、全ての弦を弾いてみて音が鳴り続けるように頑張ってみてください。 Am Amコード エーマイナー・コード の押さえ方は下記のコードダイアグラムの通りです。 1弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 2弦:1フレットを人差し指で押さえる 3弦:2フレットを薬指で押さえる 4弦:2フレットを中指で押さえる 5弦:開放弦(何も押さえないでそのまま弾く) 6弦:弾かない このAmコードで5つの最初に覚えるべきコードは完了です。 きちんと、鳴らすべき弦の音が鳴り続けるようになるに押さえ方を覚えるには時間が掛かると思います。 アコギ初心者のうちは、指の皮の様子と見比べながら、休み休み精進しましょう。 綺麗に響かせるコツ アコギ初心者の方がコードを綺麗に響かせるのに、コツをつかめるとアコギの練習もぐっと楽しくなりますね。 アコギのコードを響かせるちょっとしたコツをお伝えしますので、頑張ってみてください。 弦はフレット近くで押さえる! コードダイアグラムを見ると、フレットとフレットの中間にしるしが付いていますが、実際の弦の押さえ方としては、フレットに割りと近い場所を押さえます。 ひとつのコードを覚えるときに、どの指でどの場所を押さえるか覚えた後は、どの位置でどれくらいの力を加えると弦の響きが良いかを確認しましょう。 大事なのは、弦の押さえ方の形では無く、アコギが心地よく響いているかどうかですよ。 アコギ初心者の方がつまづきがちな指の傷みについて下記に紹介しています。 指を立てて隣の弦に触れないように! 弦の押さえ方は、弦に対して指を斜めに倒して押さえてしまうと、隣の弦に指が触れてしまい、音がミュートされてしまう事があります。 特に開放弦は気をつけましょう。 例えば、Cコードの場合、2弦の1フレットを押さえている人差し指が、1弦に触れていませんか? 押さえ方の角度によって、1弦に人差し指がちょっとでも触れてしまうと、1弦が響かない事になります。 綺麗なコードを響かせるには、鳴らすべき弦の全て音が充分に出ている必要があるので、指の角度には注意しましょう! アコギ上達の近道なども紹介してきました! アコギ初心者必見!コードの押さえ方のコツ|終わりに アコギ初心者の方は、まずはこの、基本の5つのコードを体で覚えましょう。 コードダイアグラム見て、目でポジションを覚えるのではなく、私は、左手の押さえ方の形でコードを覚えました。 コードをパッと見たときに、アコギの音色の響きの感じととともに、左手の押さえ方の形が瞬時に出てくるようになると素晴らしいですね。 アコギで実際に曲を弾くときには、次のコードは「G」といわれて、「えーっと、薬指が・・・」と押さえ方を思い出している暇は無いので。

次の