コロナテロ。 新型コロナウイルスは中国の生物兵器によるテロですか?

新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する 米中によるバイオテロはあり得るか、北朝鮮は?(1/7)

コロナテロ

スポンサーリンク ポカホンタス女の現在がコロナに感染していた? 栃木のポカホンタス女さん、結局コロナ陽性じゃねえか マジで日本に拡散しに来ただけかよ・・・ — える lTfC8qI4PATLiaC 2週間ほど前にニューヨークに留学中だった女性が発熱していたにも関わらず日本に帰国して炎上したのですがコロナに感染していた可能性が高いと再び炎上しています。 細井郁代さんはロックダウンされたニューヨークで発熱し、病院で受診出来ないことから帰国を決断していました。 コロナ感染の可能性が高い状態で帰国した事で大炎上した細井郁代さんですが、やっぱり感染していたと再び大炎上しているのです。 空港検疫の表でアメリカ滞在歴のある栃木県の30代女性がコロナに感染しているとの記載が。 細井郁代さんについては• 30代• 栃木県出身• ニューヨーク滞在歴• 3月末から4月始めに帰国 と検疫表に記載されている情報と一致している事で、細井郁代さんはコロナ感染者だった可能性が高いと言われているのです。 空港の検疫で陽性が確認されたという事は千葉県内で隔離されているかもしれませんね。 スポンサーリンク インスタやブログは? ネット上では細井郁代さんのインスタやブログについて注目が集まっています。 引用:Twitter また、友人のブログに細井郁代さんの写真が沢山投稿されていたそうですが4月3日に細井さんに関する記述や写真は削除されています。 ちなみにブログやネット上の書き込みから 現在は34歳で佐野日大高校出身との情報も。 また、大学は大東文化大学でアルペンスキーの国体選手だった経歴をお持ちのようです。 その他の詳しい情報が入り次第追記したいと思いますので今しばらくお待ちください。 スポンサーリンク ネット上の反応とは? うんこがでかそう というレスで爆笑した 【悲報】ニューヨークから栃木に帰ってきたポカホンタス女、やっぱり新型コロナに感染してた — Yutaka Iwahara IwaharaYutaka 【悲報】ニューヨークから栃木に帰ってきたポカホンタス女、やっぱり新型コロナに感染してた — taku0824 taku08243 雷に撃たれて死ねよ自意識過剰ブサイクゴリラ — 安倍下痢ぞう AcIR2MhK1wCPL7y ポカホンタス女は自己顕示欲に勝てていれば袋叩きにあうことはなかったのに。 エゴ以前にバカ全開。

次の

唾を入れたスプレーでウイルス拡散計画も コロナ禍がもたらすテロの脅威

コロナテロ

中国で発見された新型コロナウイルス。 日本、韓国、台湾、シンガポール、タイ、ベトナムなど近隣諸国のほか、アメリカでも感染者が確認、24日からは中国は数億人の国民が移動する大型連休に入った。 クアラルンプール在住のジャーナリストの末永恵氏がアジアの密猟事情と合わせて分析した。 17年前のSARSの際は、諸外国に先駆けて中国人などのビザ発給を停止し、入国封鎖を断行したマレーシアのマハティール首相 それに対抗し、中国はマレーシア、シンガポール、タイの3国への中国人渡航を禁止した。 所狭しと並ぶ露店は、足元が水でビショビショ。 市場で解体する肉などの血を流したりするなどで、清潔に保つため、いつも水びだしだ。 中国や東南アジアの生鮮市場を「Wet market」という由来でもある 中国当局もその事実を認め、中国国営の新華社は23日、「規制の網をくぐった違法な野生動物密輸売買が拡大している証拠」と批判。 さらに、「新型肺炎の感染源は、違法に販売されていた野生動物」という中国疫病防止センター長の声明を引用。 その悪質で、深刻な犯罪の摘発に乗り出す姿勢を見せた。 また、同報道の中で、華南市場で売られていた動物の多くが、希少の野生動物でワシントン条約で中国や東南アジアでも取引売買が禁止されている、「絶滅危惧種のセンザンコウ」も含まれていたことを明らかにした。 さらに、モンゴルの密輸業者への取材で、「ワニやセンザンコウなどはシチューにして食べるのが人気」と高額な密輸ビジネスが地方役人の腐敗の温床として、今後も拡大するだろうと語ったという。 肉のさまざまな部分が、無造作に置かれる市場。 周辺には、野良犬がウロウロ。 狙っている。 決して、衛生的とはいえない 筆者も新聞記者時代、東南アジアのマレーシアからタイ、そしてラオスを経て中国に密猟、密輸されるシンジケートの潜入取材を行った。 その際、長い間、エサも全く与えられず、脱水症状や下痢を起こすなど、密輸業者の残酷な扱いでセンザンコウの多くが中国に行き着くまでに虐待死していったのを目のあたりにした。 英国のガーディアン紙は「中国に現存するセンザンコウの数は過去30年間で90%減少。 そのため、東南アジアが格好の中国人の需要を満たす供給地となっている。 センザンコウの大半が中国人の食卓に上ったり、漢方薬の材料と化している」とし、中国人に食い尽くされる絶滅危惧種の野生動物の中国への違法な密猟による密輸を国際法で厳しく罰するべきだと主張。 さらに、昨年末、中国の秘薬に使用される絶滅危惧種のスマトラトラと胎児が密猟される事件がインドネシアで発覚した。 インドでも… また、昨年12月には、ツキノワグマの熊胆の密猟ビジネスが、インドで一大産業になっていることがインド政府の捜査で明らかになった。 発端は、インド中央のマディヤプラデシュ州で、熊の体がバラバラに切断された死体が多く発見されたからだ。 死体のほとんどが、生殖器と胆嚢が無残にも切除されていた。 同州の捜査の結果、容疑者に、以前、トラとナマケグマの密猟で逮捕され、服役していた男を割り出した。 そして、中国などでは、違法で、しかも極めて残酷な手法で国際的にも非難されている熊の胆嚢から採取される胆汁は、肝臓で生成される液体でウルソデオキシコール酸を含み、肝疾患や胆石の分解などの治療に効果があるとされており、そのために殺戮されていることが明らかになった。 歴史的に、中国医学では、胆汁は秘薬で、心臓疾患や風邪にも効能があるとされてきた。 しかし、科学的な立証はない。 さらに、熊から製造される製品の国内販売はアジア各国で違法で、国際売買についても、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約(CITES)」に抵触する。 しかし、インドなどで、熊の胆汁採取を実施する専用農場が確保されており、生きたまま、劣悪な環境で数千頭の熊が拘束されている。 ツキノワグマは元来、インドネシア、マレーシア、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスなど東南アジア地域で密猟されてきたが、乱獲に伴い、ツキノワグマの数が激減。 東南アジアの乱獲で枯渇した熊の生体を確保するため、インドなどが新たな密猟の供給地になって、とりわけインドは最大市場として急成長しているという。 最大のリスクは人間のエゴが招く 密猟を調査する専門家らは、「密猟者たちは、金のなる木の野生動物を求め、常に新たな生息地を漁っている」と糾弾する。 今、中国を中心にアジアや米国に感染拡大する新型肺炎は、SARSと同様、野生動物の売買が根源で発症したものだ。 SARS発生の際、中国政府と早期診断検査法を開発した米国のコロンビア大感染症免疫所のリプキン所長は「このような野生動物の売買を厳しく取り締まり、市場を閉鎖できれば、今回のような大流行は起こらないだろう」と話す。 劣悪な状況下に置かれた野生動物間では、さまざまなウイルスが介在するといわれている。

次の

バイオテロ説が急浮上。新型肺炎の蔓延が映す破滅へのプロローグ

コロナテロ

この「 コロナばらまき男」は、居酒屋とフィリピンパブを訪れており、フィリピンパブではカラオケに興じたり、ホステスと肩を組んだりしたようだ。 1)抱えきれない不安 2 鬱憤晴らし まず、自分1人では不安に耐えきれないので、誰かと共有したい、誰かに話を聞いてほしいという願望が強かったのではないか。 ところが、この男性は両親と同居していて、両親が発熱や呼吸困難を訴えて入院し、感染が確認されたそうなので、そういう役割を担ってくれる家族が身近にいなかったのだろう。 しかも、親身に話を聞いてくれる恋人も友人もいなかったからこそ、居酒屋とフィリピンパブに行ったわけで、それだけ孤独だったのだ。 また、やり場のない怒りを誰でもいいからぶつけたい、つまり鬱憤晴らしをしたいという気持ちも強かったと考えられる。 この怒りから復讐願望が生まれ、誰でもいいから感染させて自分と同じように不幸にしてやりたいと思ったのだろう。 そもそも、自分が病気にかかっていることを知ったときに怒りを覚えるのは、共通の反応である。 死に瀕している患者200人以上にインタビューした女性の精神科医、エリザベス・キューブラー・ロスによれば、病気を告知されたとき、ほとんどの人がはじめは「いや、私のことじゃない。 この否認は、ショッキングな知らせを聞かされたときの最初の反応であり、その衝撃をやわらげるためのものだ。 しかし、やがて第一段階の否認を維持することができなくなり、「ああそうだ。 間違いなんかじゃない」と思い知らされる。 すると、今度は怒り、激情、妬み、憤慨などの感情が出てくる。 そして、必然的に「どうして私なのか」という疑問が頭をもたげ、怒りが見当違いにあらゆる方向に向けられる。 つまり、八つ当たりするわけである(同書)。 「コロナばらまき男」も、この第2段階の怒りの状態だった可能性が高い。 たとえ新型コロナウイルスに感染しても、8割以上は軽症だし、致死率も低い。 それでも、感染者も死者も増え続けている状況を目の当たりにして、不治の病と思い込んだのかもしれない。 あるいは、入院によって生じる経済的損失が受け入れがたかったのかもしれない。 当然、「なぜ自分が感染したのか。 どうしてあの人じゃなかったのか」と怒りを覚えたはずだ。

次の