てん びん 座 いつ。 【10月の運勢】星占いで占う毎月の運勢|netflixomatic.goodformandspectacle.com 今月の占い

てん びん 座 恋愛

てん びん 座 いつ

今日は、昨日の続きで、非常に個性の強い友達で、 Xちゃんとは対照的なAちゃんの話にしようか、 とか、蟹座の彼の話にしようか、とか、色々考え たのだが、個人のネタにすると、プライバシーを 守るために、どうしても脚色や「嘘」をまじえな いといけなくなるので、一般的な「蟹座」の話題 にしてみようかな、と思う。 え?蟹座の彼の話の 方が面白い?それは天国まで持っていきます! (多くの人が概要は知ってるけどね)。 蟹座、それは、てんびん座の私と最も相性の悪 い星座。 中学時代は占いブームで、確か、「マイ・ バースデイ」とかいう占い雑誌がありました。 全 星座の毎日の星占いから、各種占い、当然のこと ながら気になる彼との相性占いとか、今年の運勢 とか色々な特集が組まれ、私が得意としていたタ ロット占いもその雑誌で覚えました。 ほとんどの 女子が毎月買っていたと思います。 時には、「恋 が実るブレスレット」とか、怪しい全員プレゼン トがあったりしてね。 ああいう類の雑誌はどこへ 消えたんでしょうか?今のティーンはもっと現実 的で、「彼をおとすテクニック」とか「かわいく 見えるメイクのしかた」なんて方を重視するんで しょうね。 それはともかく蟹座・・・である。 実は初恋の 人が蟹座。 その次に好きになった人も蟹座。 その 次に好きになった人も蟹座。 何だよ、蟹座だらけ だよ!しかも、3人の誕生日が近すぎて、誰が、 どの誕生日だったか、わからないよっ!ええ、 これは、まじです。 確か、7日、8日、15日だ ったような・・・で、中学のときは純粋だから、 思いっきり占いに頼って、それを信じて、(・・ ・・蟹座とてんびん座の相性、最悪だよ・・・。 ) と落ち込むわけ。 もちろん、「占いなんて信じない さ!」と思ってるんだけど、ちょっと今日は話せな かったとか、今日は気まずかった、となると、すぐ に、(やっぱり、蟹座とてんびん座だから)と思い 悩むわけです・・・ばかばかしすぎる・・・ 星座は大きく4つのグループに分けられます。 蟹座は水のグループ、てんびん座は風のグループ で、もちろん、同じグループの星座どうしの相性 が良い。 てんびん座はふたご座や水瓶座と相性が 良いのだが、今まで一度も、同じグループの星座 の人を好きになったことがありません(と書いた 後で、1人、水瓶座の彼がいたことを思い出した。 すっかり忘れていて失礼しました)。 てんびん座を含む風のグループのキーワードは 「知性」でクールなイメージ。 特に、てんびん座 は八方美人な特徴があるそうです。 さすが、てん びん。 そして蟹座を含む水のグループのキーワー ドは「感情」で喜怒哀楽を何よりも大切にするそう です。 もう、このキーワードを見ただけで、相性悪 そう!合うわけない!って感じ。 まあ、でも、蟹座 も色々で、全員が全員、感情的だったわけではない んだけど、昔、付き合っていた蟹座の彼が蠍座の 彼女と結婚したときには、既に大人だったのに、 (さすが・・・水グループの星座どうし。 しかも ハサミをもった星座どうし)と目が点になりました。 もはや生物でさえない「てんびん」は白旗です。 こうして大人になって振り返ると、別に、蟹座だ からというわけではないでしょうが、皆、繊細で、 優しかったと思います。 もう、バカみたいに優しか った。 自分が損してしまうくらい。 そういうところ が好きだったし、ちょっと物足りなかったのかな。 そして、我が家ですが、パパはやぎ座です。 地の グループです。 これまた、相性、最悪なんです。 確か、てんびん座と相性が最悪なのは、蟹座とやぎ 座なんです。 やぎ座は地のグループなんだけど・・・ ・・相性が悪い人と縁がある運命なのかしら。 息子 はおひつじ座で火のグループです。 風のグループの てんびん座とはなかなか相性がよろしい。 風によっ て火は燃えあがる!・・・だから、息子はしょっちゅ う怒ってるのかな・・・でもね、もう大人ですから、 多少のことがあっても星座のせいにはしません!! しかし、それでも、万が一、致命的な事件が起きた ら、(しょせん、やぎ座とてんびん座よね)ってな感 じで、風のグループらしく、クールに(?)、星座の せいにして軽く考えちゃおうと思っています。 理不尽 なとき、じたばたしても仕方がないとき、自分や互い の努力ではしょーがないときに占いのせいにする、と いうのは、何とも気楽で理にかなっています。 かえって、「相性が良い」と言われた相手とうまく いかない場合よりも気楽かもしれませんね。

次の

天秤座(てんびん座)の2020年上半期はどんな運勢?テーマは「安らぎ」

てん びん 座 いつ

「太陽星座」が 「天秤座」のあなたは… 天秤座という星座を、 太陽星座に与えられたことの 意味を知っていますか? 天秤座は、12星座の中でも指折りのバランス感覚とコミュニケーション能力を誇り、洗練されたムードに恵まれた星座です。 その天秤座を「太陽星座」に与えられたということが、あなたの人生にどんな影響を与えるか知っていますか? 一般的な星占いでおなじみの「星座」は正確には「太陽星座」と呼ばれます。 「太陽星座」は文字通り、あなたが生まれた時に「太陽」が位置していた星座。 そして太陽星座が表すのは、その人が「外」に向かって発揮するもの。 つまり、他人や社会との関りの中でどんな才能や個性、傾向を表し、何を大切に生きようとするのか、といったことです。 社会の中で生きる大人にとって、この太陽星座の傾向は最も目立ち、大きなウェイトを占めるもの。 天秤座を太陽星座に持つ人は、他人との関りや仕事、そして自分の人生を豊かに生きようとするなかで、 天秤座という星座の性質が前面に表れてくることが多いのです。 自分の性格や才能、さらに短所や欠点だと思っているものも、 天秤座という太陽星座の性質に影響されているかもしれません。 その性質、力がどんなものなのかを客観的に理解すれば、 あなたの魅力をもっと豊かに花開かせ、陥りがちなトラブルにうまく対処できるようになるはず。 さっそく天秤座という太陽星座の力と、その豊かな魅力を紐解いていきましょう。 天秤座が持つ「テーマと使命」 自分とは異なる個性を尊重し、 人々との調和を模索する 「自分」とは異なる「他者」と触れ合うこと、その触れ合いを通じて自分というものを知ること。 そしてその「他者」たちと調和しながら生きること。 これが天秤座に与えられた最も大事なテーマであり、使命です。 「自分」と「他人」は、様々な面で違っています。 社会的な立場や育ってきた環境やもちろん、何を大切にするか、何が良いことで何が悪いことと感じるかといった価値観まで…。 そんなあらゆる面で自分と違う人たちと争わず、調和して生きるには、まずどんなに自分と違う価値観を持った相手でも、それを個性として認め、尊重することが大事です。 「違い」はあくまで「違い」であり、どちらが優れているか、どちらが正しいかの判断を下すべきものではないのです。 そして、他の人と自分の「違い」を知ることで、他の人とは異なる「自分」とは何なのかを認識することができます。 だから天秤座は、より多くの人と関わって、より多くの「違い」を体験しようとします。 人との関りの中で自分の存在を確認し続けるのです。 そしてその中でどんどん自分を磨き、成長していきます。 一部の人たちとの限定された関係に偏らず、バランスよく人々と関わっていくことが、天秤座の人生をより大きく成長させるカギなのです。 あなたに与えられた「天秤座」という星座の力は、 様々な場面であなたに作用します。 この天秤座という星座を太陽星座に与えられた人は、天秤座の「他者との関りの中で成長する」「バランスと調和を求める」 といった性質を自分の中に持ち合わせていて、 少なからずその影響を受けることになります。 そしてこれは天秤座に限ったことではありませんが、どんな星座の性質も、それ自体に「良い・悪い」や「優劣」はありません。 ただ、それぞれの星座の性質が場合によって良い方向に働くこともあれば、困った状況を作り出してしまうこともあるのは事実です。 それは例えば、「水」が私たちの命と生活に欠かせない物質であると同時に、 場合によってはそのエネルギーが人の命を奪い、生活を破壊することもあるのと同じ。 でも、水の力と性質を知っていれば、それをある程度コントロールすることも可能になります。 あなたが生まれた瞬間に与えられた、天秤座という星座の力も同じなのです。 自分が与えられているもの、それがどんなパワーを持っていて、どんな性質、傾向のものなのかを理解していれば、 その力を様々な場面で、最大限に活かすことができます。 逆に無自覚なままに、天秤座の力と性質に引きずり回されて困った状況に陥ってしまうのも避けられるでしょう。 天秤座という星座の固い甲羅、そしてその内側にある繊細で優しい心と豊かな感情が、 あなたの人生にどんな作用を及ぼしているのか、具体的に見ていきましょう。 天秤座を太陽星座に持つ人が 「人生に求めるもの」 常に誰かと関わり、 平和な関係を築きたい たくさんの人との関りの中で生きること、人々と平和で調和のとれた関係を築くこと。 天秤座を太陽星座に与えられた人にとって、この二つの要素は無視することができないものです。 たとでどんな輝かしい社会的成功が約束されていたとしても、他人を蹴落として自分が這い上がらなければいけないような環境で生きるのは本望ではありません。 また、いくら自分の好きなことが自由にできても、誰とも関わらずに一人で閉ざされた場所にこもっているような生活では、元気がなくなってしまいます。 天秤座は、自分の存在を確認するために何よりも他者との関わりを必要とする星座。 周りに何も触れられるモノがなく、何も見ることができない本当の真っ暗闇に置かれると、人は「自分」というものの境界線を見失い、自分自身の存在が闇に溶けて消えてしまうような恐怖を味わいます。 自分の肌で他のモノに触れることで、自分の身体の外に広がっている世界を目でみて認識することで、私たちははじめて自分と外の世界との境界を確認し、安心することができるのです。 それと同じように天秤座も、自分を確認するために他者という存在に触れ、見ることを必要としています。 そしていざ他者というものに関わってみると、それは自分とは全く違う存在であることに気付かされます。 天秤座は、その「違い」を通じて「自分」が何者なのかを発見するのです。 この人は自分と違っている、この人との違いが「自分」を特徴づけている。 というkとは、また別の人に触れれば、それだけ新たな「自分」を知ることができるわけです。 だから天秤座は、できるだけ多くの人と関わろうとします。 そして、人と自分が違うということを理解しているからこそ、天秤座はその「違い」を「違い」として認めて尊重しようとします。 どんな相手であれ、人と人がお互いの違いを批判せず、個性として認め合う…。 それがみんなにできるなら、世界から醜い争いなどなくなるはずです。 天秤座が最終的に求めるのは、そんな調和のとれた平穏な世界と生活。 だから太陽星座に天秤座を与えられた人は、みんなと平和的に、穏やかに、楽しく暮らせる生活を何より望むのです。 天秤座を太陽星座に持つ人が 周囲を惹きつける「魅力」 洗練されていて好感度抜群。 天性の社交センスも 天秤座を太陽星座に与えられた人は、誰からも好かれる素晴らしい魅力の持ち主。 その好感度の高さは、12星座ナンバー1とも言われるほど。 その魅力は、天秤座が何よりも人との関りを大臣しうること、そして根本的に「人が好き」であることからくるようです。 天秤座には、どんな人ともスムーズに関わるために天性の社交センスが与えられています。 それは「人当たりの良さ」や「感じの良さ」、「一緒にいて心地いい」といった印象して表れ、周囲の人達を惹きつけます。 「人当たりの良さ」とか「感じの良さ」といったものは、「それって具体的にどういうこと?」と聞かれても説明が難しいもの。 つまり他の人が憧れて努力したからといって手に入れられるものではない、正に「天性」の魅力なのです。 そして、他者を通して自分を見つめる天秤座は、人というものにとても興味を持ち、常によく観察しています。 だからその場その場で周囲の空気を瞬間的に読んで、みんなが心地よく過ごすために自分がどんな立ち居振る舞いをすべきかを適切に選択できるのです。 また、相手がどんなタイプの人なのか、どんな風に接すれば喜んでくれるのかを、本能的に理解して繊細に対応できます。 しかもそれが堅苦しい義務感からではなく、「人が好き」という純粋さから生まれるものなのですから、そんなあなたが周囲にとって魅力的でないわけがありません。 また「他者を通じて自分を見つめる」とういことは、自分が人からどう見られているかを意識でいるということでもあります。 加えて天秤座は、「調和」を愛する星座。 自然と自分自身に対しても「人から見て調和のとれた、美しい人間でいよう」という意識が働きます。 そしてそれは礼儀正しさや洗練された雰囲気、優雅な身のこなしやマナーの良さといったものとして表れるのです。 これも、そういう自分が好きだからというより、あくまで「人を不快にしないように、気持ちの良い存在であるように」という天秤座の使命感から生まれるもの。 だからあくまで自然でさりげなく、でも確実に人を惹きつける魅力として発揮されます。 天秤座を太陽星座に持つ人が 発揮する「才能」 偏らず全体を見て器用にこなす。 美的センスも抜群 天秤座は絶妙なバランス感覚の持ち主。 バランス感覚があるとはつまり「偏らない」ということ。 これは人生においてとても大切なことです。 どんなに健康によい食材でもそればかり食べていては栄養が偏ってしまうし、勉強が大事だからといって他のことをすべてシャットアウトしてしまったのでは幸せにはなれないはず。 その偏りが人生をどこかで狂わせてしまうこともあるでしょう。 太陽星座に天秤座を授かった人は、社会で生き抜くうえで、この「偏らない」力、バランス感覚を様々な形で活かすことができます。 天秤座は、一つのことだけに盲目的にかじりついたり執着したりして、周りが見えなくなるような事態は避けようとします。 そのために、いつでも全体をくまなく見渡す視野の広さと、全体像を見渡したうえで必要なことを判断できる頭の回転の速さ、機転が備わっているのです。 だから何でも器用にソツなくこなすことができ、他の人が行き詰っていることも身軽に乗り越えてしまいます。 常に意識を外に向け、偏りのない視点で客観的に周囲を見ている天秤座にとってはこれは当たり前のことなのですが、他の人の目にはそれは羨むほどの器用さと映ります。 またバランス、つまり調和を重んじる天秤座は「美しさ」にもとても敏感。 天秤座の「美」に対する感覚は、単に「キレイなもの」を見極め、そうでないものを排除してしまう、といったものではありません。 ごくありふれた家具しかない部屋でも、ちょっと配置を変えて調和のとれた空間に整えることができたり、いたってシンプルな服でもどこか洗練された雰囲気で着こなすことができたり…。 まさに全体のバランスを整えることで生まれる「美」に対する鋭さで、その現実的なセンスは仕事から日常生活まで、あらゆるシーンで活かすことができるものです。 そして何よりも人が羨む天秤座の能力は、人間関係の作り方のうまさ。 それは、他の人なら自分一人の力で躍起になって頑張らなければいけないところを、人の縁やツテを頼って上手に切り抜けたり、人を通じて必要な情報が自然と集まってきたり…といった形で天秤座の人生を幾度となく救ってくれます。 また常に他人の存在を尊重し、公平な立場で相手と接するため人からも信頼され、チャンスを広げることができるのも天秤座の優れた能力です。 天秤座を太陽星座に持つ人が 求める「人間関係」 固定化された関係は苦手、 多くの人と楽しく付き合う 天秤座は何よりも他者との関わりを求め、人と接することを喜びとする星座。 その天秤座を太陽星座に与えられた人は、対人関係において少なからずこの傾向に影響されるでしょう。 ひとりっきりの状態が長く続いたり、固定化された人間関係の中に閉じこもってしまうと、天秤座は孤独感にさいなまれます。 多少人付き合いに疲れてしまうことがあったとしても、常に人に囲まれている方がずっとリラックスして人生を楽しむことができるはずです。 他者を見つめ、その他者との違いから自分が何者であるかを発見する天秤座は、できるだけ多くの人と関わることで、自分の可能性を広げようとするのです。 「あの人は私とはタイプが違いすぎるから」と排除したり、自分にとって居心地のいい人達とだけ付き合っていたのでは、それだけ自分という存在が小さく閉じ込められ、限定されてしまいます。 だから天秤座を太陽星座に持つ人は、人間関係を固定化してしまうより、できるだけ幅広く様々な人と触れ合える自由な環境を好む傾向があります。 むしろ、どんな人とでもうまく付き合っていきたいと望み、誰とでもわかりあえるはずだと考えるのが天秤座。 一般的に「浮気っぽい」などと移り気な性質が強調されることが多い天秤座の傾向は、こういうところからきているのです。 また天秤座は「他人はそもそも自分とは違う存在である」ということを、当たり前に認識しています。 そのため相手と自分との境界線は明確で、必要以上に相手のテリトリーに深く入り込むことは望みません。 また自分と同じように相手を尊重するため、自分ばかりが一方的に自己主張して相手を支配するような関係も、逆に相手に全面的に賛同して自分を殺してしまうような関係も、天秤座の求めるものではありません。 「自分」と「相手」がお互いに違う個性として干渉しあうことなく、公平で調和のとれた関係でいられること。 それが天秤座が求める人間関係です。 だからその「調和」を崩してしまう、醜い争いや衝突は大嫌い。 あくまで平和的に、みんなと仲良く過ごしたい…。 そして、それを実現するコミュニケーションスキルとバランス感覚を授かっているのが天秤座です。 天秤座を太陽星座に持つ人が 抱えている「不安」 人の事を考えすぎてしまう、人目を気にするナイーブさ 誰とでも苦労せず仲良くなれて、簡単に人間関係を築けてしまうように見える天秤座。 確かに天秤座は人と接するのがとても上手で、対人関係もスムーズなのですが、実はその裏には強い緊張が隠されているのも事実です。 天性のコミュニケーションスキルと人当たりの良さを与えられているため、そういう緊張は外からはまず見えないだけなのです。 天秤座の素晴らしい力と魅力を太陽星座に与えられたあなたは、同時にこんな緊張と不安も常に抱えているかもしれません。 他人を通して自分の存在を確認する天秤座。 その天秤座が他人と接する時には、相手も自分も傷つかない距離感、天秤がどちらにも偏らずまっすぐ水平になる完全なポイントを見つけ出すことがどうしても必要です。 その絶妙の距離感がつかめないと、天秤座が何よりも求める「調和」が崩れてしまいます。 その「調和」を保つため、天秤座は相手のことを自分のことと同じようによく考えているし、相手が求めていることを理解するために人をよく観察し、相手の考えを尊重しようといつも気を配っています。 そんな気配りが緊張、そして対人ストレスにつながることも少なくないでしょう。 それでも天秤座は他者との関わりを断って生きていくことはできません。 また、常に「他人から見た自分」を意識している天秤座は、自分の言動が相手を傷つけたり、不愉快にしたのではないか…と感じると、他の人以上にそのことを気にしてしまいます。 同じ理由から、人前で失敗やミスを犯したり、恥をかくこともとても恐れます。 また、自分以外の人達の立場や気持ちを考えすぎて自分の意見が言えなくなったり、自分がとるべき行動を決められなくなってしまうことも。 天秤座は八方美人、優柔不断などと言われることがあるのも、こんな風に人のことをいつも考えてるが故なのです。 「他人」と「自分」の違いをいつも客観的に見つめているため、人と自分を比較し過ぎて疲れてしまったり、自分に必要以上に低い評価を与えてやる気を失ってしまうこともあります。 誰よりも人を愛し、人と常に接していたい一方で、人と関わることにこんな緊張と不安を抱えているのも天秤座なのです。

次の

【10月の運勢】星占いで占う毎月の運勢|netflixomatic.goodformandspectacle.com 今月の占い

てん びん 座 いつ

蟹座と天秤座の二人の相性は40% 家庭的で愛する人と常に一緒にいたい蟹座。 対して、一見クールを装ってしまいがちな天秤座。 蟹座と天秤座の二人の相性は実に40%といったところでしょう。 蟹座はとても甘え上手で頭の回転が早く、その上愛する人をとても大事にするあまりにいつでもどこでもそばにいたい世話女房なのです。 一方の天秤座は、密かに燃えるが、スマートに行きたいタイプなので、気恥ずかしさを隠すためにどうしても冷たい人間風にしてしまう癖があります。 蟹座と天秤座はそこのところの駆け引きがとても苦手なようなので、イマイチ相手の心を読み取れないところがあるかもしれません。 分かり合えるには少し時間がかかりそうな二人です。 一緒にいるとプラスの感情が湧いてきやすくなりますし、ときにはお互いを求め合うこともあるでしょう。 大変力強い運勢ですので、この勢いはぜひとも活かしていきたいですね。 相手が楽しそうにしているときには積極的に話しかけていきたいですし、長期の休みの前には旅行のお誘いをするのもアリです。 今までよりも一段上の関係が見えてくる一年ですので、心配しなくても大丈夫ですよ。 相手としてもあなたともっと親しくなりたいと感じるようになっていきますので、安心して理想の未来へと足を踏み出しましょう。 ひとまず、思い描いたご縁を実現するためにも、これから二人でしたいことから考えていくのがオススメですよ。

次の