背徳の愛。 背徳の愛新潟店

背徳の愛

背徳の愛

背徳のマニア 背徳のマニア保管庫 管理人が萌えた体験談。 どれも秀作ばかりで何回ぬいても飽きません。 愛する妻を見知らぬ男に貸し出す愛しさと、刹那さ。 これこそ「寝取らせ」の醍醐味。 自分の知らないうちに男達の性のはけ口になった妻。 なのに何故勃起するのだろう・・・。 旅の恥はかき捨て。 女性は男性以上に旅先では大胆になる生き物なのです。 普段知ってる仲だからこそ興奮する。 世間体と興奮の間で揺れ動く女心とそれにつけむ男心。 普段、夫が知りえない妻の情事がそこにある。 妻も一匹のメスなのだ。 「寝取らせ」の定番。 酒池肉林の宴は、何気ない酒盛りから始まった・・・。 妻という女を、まるでモノのように貸し借りするなんて・・・。 でも、妻もそれを望んでいる!? 「や、やめて・・お義父さま・・・」う〜ん、なんて背徳な響きがたっぷりのフレーズだろう。 男なら年上女性にヤラレタイ願望はあったはず。 「私が教えてア・ゲ・ル」なんて言われたい! 毎夜毎夜、PTAの会議と言って出かける妻。 どうして携帯の電源切ってるの?? 愛する妻の裸を視姦してほしい。 露出プレイは寝取らせに通ずる最強パターンなのです。 上の口、下の口、右手、左手。 これだけ多くの肉棒を欲しがる妻はまるで淫乱な女神です。 「あなた、ごめんなさい・・・実は・・・」。 少し長いですが、どれも力作ばかり。 ただ、若干リアリティにかけるのがタマにキズ。 上記のカテゴリーのどれにもあてはまらない変態話はこちらに。 「背徳のマニア」読者の皆さんからの投稿です。 投稿をお待ちしております。 「背徳のマニア」読者の「ふきのとう」さんの体験談です。 「背徳のマニア」読者の「里いも」さんの体験談です。 「背徳のマニア」読者の「早漏夫」さんの体験談です。 あなたが体験した「寝取らせ・寝取られ体験」や、あなたが見つけた「萌える寝取られ体験談の書込み」をぜひ教えてください。 管理人が萌えたか否かの基準で保管庫に追加したいと思います。 お送りいただく場合は お願いします。

次の

背徳のマニア

背徳の愛

コロナのワクチンが 完成するまでの期間限定 早く0になる事を願って!! クレジット決済手数料0円 それだけで終わらないのが 【背徳の 愛 】 さらに!! Web予約をして、口コミを書くと 10分サービス!!! 自信があるからこそ さらに高みを目指していきます。 それには、 やはりお客様の声が一番なのです。 だからこそ教えてください。 お電話での受付以外は、 イベントの適応不可とさせて頂きます。 ほかの地区は 電話スタッフにお問合せください。 指名の場合は 別途『指名料』頂いております。 55分12,000円 65分14,000円 75分16,000円 95分18,000円 125分24,000円 お電話の際に必ず 【 コロナ ゼロ 活動】 を見たと伝えてください。 お電話での受付以外は、 イベントの適応不可とさせて頂きます。 夜中に突然エッチな事がしたくなる…! でもなるべくお得に遊びたい! 男性ならばよくありますよね? そんな時は背徳の愛にお任せください! 皆様のためにとっておきの 深夜専用プランをご用意いたしました 宜しければ 口コミも宜しくお願い致します。 コロナによる イベントが多々ございまして、 確認のお時間をいただくことがあります。 もうちょっと女性と長く過ごしたい… そんな会員様もご安心ください。 伝えて頂かないと通常延長になります。 30分延長が まさかの 5,000円!! どう遊んでも激トクになってます! お電話の際に必ず 【 深夜営業ラストスパート 】 見たと伝えてください。

次の

背徳の愛

背徳の愛

背徳の愛は熱く深く二人を繋ぎ、もはや後戻りなど… じゃじゃ馬姫と呼ばれる程に活発な王女アンジェリーナは、夜な夜な別荘を抜け出して町へ繰り出し、そこで出会った鍛冶師アレックスと恋に落ちる。 自らの身分を踊り子と偽り、逢瀬を重ねるアンジェリーナだったが、そんな脱走劇が遂に父親である国王アレキサンダーに見つかってしまう。 夜着のようなはしたない格好の娘に激怒した国王は、未だ王女としての自覚の足りないアンジェリーナを早々に嫁がせる為、隣国の第一王子スチュワートとの婚約を強引に決めてしまう。 お互いに身分を偽っていた事もあり、予期し得ない場所での再会に思わず言葉を失う。 身分を隠して市井におりたヒーローとヒロイン お互いに、偽りのまま関係を持ち、心を残して別れます。 そして、ヒロインは、それとはしらずヒーローのお兄さんに嫁ぐことに なってしまいます。 再会に驚く二人。 恋心は止められずまた関係を持ってしまう。 ヒーローのお兄さんに二人の関係が露見してしまい、ヒーローは牢屋に入れられることに。 敵国の襲撃によりヒーローが負傷するなどあり、結局二人はうまくいきます。 狂言回し役のヒーロー兄がもうちょっと頑張ってくれたらよかったような。 筋立ては面白いと思います。 しかし、文章がわかりにくい、というか軽い? すべてのページに「… 三点リーダー)」が出てくるのに気が付きました。 作者の文章の癖なのでしょうが、語尾をあいまいにするというか、断言しない感じ? そのため、いまひとつ説得力がないように思いました。

次の