仏具 チーン。 【効果音】チーン 一回 高音ver.【仏具:お鈴】

仏壇で「チーン」と鳴らすあれ。意味やマナーについて徹底解説!

仏具 チーン

仏前でチーンという澄んだ音を出す、金属製で主に鉢形の仏具があります。 身近にあってよく目にする仏具でありながらも、正式な名前や鳴らし方を知らない方は多いのではないでしょうか。 天台宗や浄土真宗では鏧(きん)、浄土宗では小鏧(しょうきん)、日蓮宗などでは鈴(りん)、他にも鐘(かね)と呼んだりもします。 ここでは鈴(りん)と呼び、その役割や鳴らし方についてお話しします。 鈴ってどんなもの? 鈴には様々なサイズがありますが、仏壇用に購入する場合は直径7~15㎝のものが主流となっています。 一般的には鈴台(りんだい)と呼ばれる台座に置かれていますが、金属製の足と一緒になった「高台りん」と呼ばれる仏具もあります。 鈴と鈴台の間に鈴布団(りんふとん)と呼ばれる中敷をひいて使用するのが一般的です。 鈴の役割を知っておこう 鈴はもともと禅宗で使われていた梵音具で、現在では全ての宗派で使われています。 チーンというこの澄んだ音色によって、人々の邪念を払うといわれています。 また、祈りや供養の心をこの美しい音にのせて極楽浄土に届けるといういわれもありますので、仏様や先祖・故人への思いを込めて鈴を鳴らしましょう。 鈴はむやみに打つものではない 法事などで訪れた人が線香を立てた後に鈴(りん)をチーンと打って合掌する姿がよく見受けられますが、これは間違った作法です。 鈴は読経のときに用いられるもので、合掌礼拝や焼香のときにむやみに鳴らすものではありません。 経本を読むときにはこの鈴の打つところが指示されており、お経のはじめや区切りに鳴らすものです。 鈴の正しい鳴らし方 鈴は縁や内側を鈴棒(りんぼう)・撥(ばち)と呼ばれる専用の棒で打ち鳴らして使います。 基本的には鐘の縁の部分を叩きますが、宗派によっては内側を叩くという場合もあるようです。 読経のはじめや最中、読経終わりに鳴らされるのが一般的で、読経をしない場合は鳴らさなくてよいとされています。 浄土宗では八下といって8回打ち、一般家庭では3回、真宗では2回ですが、正式には以下の通り。 現在のご注文状況(最新30件)- 更新 ご注文日 ご注文いただいた商品 都道府県 合計金額 07月17日 京都府 13,330円 07月17日 福島県 178,000円 07月17日 福島県 43,980円 07月17日 福島県 18,460円 07月17日 福島県 59,800円 07月17日 神奈川県 11,010円 07月17日 福岡県 980円 07月17日 神奈川県 9,130円 07月17日 大阪府 35,600円 07月17日 大阪府 9,230円 07月17日 神奈川県 10,700円 07月17日 福岡県 7,890円 07月17日 静岡県 88,000円 07月17日 岡山県 23,880円 07月17日 埼玉県 7,890円 07月17日 東京都 25,930円 07月17日 島根県 13,330円 07月17日 兵庫県 88,000円 07月17日 兵庫県 23,810円 07月17日 兵庫県 23,620円 07月17日 兵庫県 59,800円 07月16日 大阪府 39,800円 07月16日 栃木県 12,980円 07月16日 長野県 94,800円 07月16日 青森県 98,000円 07月16日 佐賀県 13,070円 07月16日 群馬県 19,800円 07月16日 愛知県 13,180円 07月16日 宮崎県 98,000円 07月16日 千葉県 20,930円.

次の

【楽天市場】仏具 > 仏具 > おりん(鈴・りん) > おりん(単品各種):仏壇 数珠 盆提灯 京仏壇はやし

仏具 チーン

金属のお椀のような物体をなんと呼ぶのか知らない方も多くいるようです。 敬称をつけ「おりん」とも呼ばれます。 本来、経を読む合図として使われましたが、仏壇にお参りをするときに鳴らすように変化しました。 それは、おりんの音が極楽浄土まで届くと言われるのに無縁ではないでしょう。 現在では美しい音色が心を落ち着かせるとして、ヒーリングの点からも注目されています。 ここでは手元供養品を取り扱う、未来創想のおすすめおりんをご紹介します。 リン棒を当てると、澄んだ音色を奏でつつおりんがやさしく揺れ動きます。 空気中を漂うように残る音と、おりんの揺れが少しずつ静まるのを見ていると、悲しみもいつかは鎮まると感じられるでしょう。 リン棒は、従来の仏壇にも合わせやすい黒檀と花梨の2種類をご用意しました。 わずかな違いですが、明るい花梨は清らかな音を、木質がとても硬い黒檀は澄んだ音色を奏でます。 サクランボの実の部分にあたるおりん本体が、4:1ほどの割合で2つに分かれています。 どちらを上にしても、リン棒をおりんに収納できます。 ブラック・ゴールド・シルバーと、インテリアにもミニ仏壇にも合わせやすいカラーが揃っています。 2つの音で、亡き人との語らいをお楽しみください。 ベル型おりんはリン棒がないため、スペースを取らず、仏具に見えないのが特徴。 仏壇を置かず、日常生活の限られたスペースで故人と向き合うのにぴったりのおりんです。 虹色おりんは、従来のおりんの形を残しつつ、外側を明るく飾る華やかなデザイン。 インテリアに合わせてお好みの色を選べます。 おりんを叩くリン棒は、黒檀の玉に竹の持ち手がナチュラルで明るい色彩。 小さく華やかな虹色おりんは、美しい音で故人と心を繋いでくれるでしょう。 ブラックとシルバーの2種類あり、微妙に音が違います。 どちらも澄んだ美しい音色ですが、ブラックはやや低めの落ち着く音を、シルバーはやや高めの軽やかで元気な音を奏でます。 そんなやさしいひとときを感じられるおりんです。 愛する人が居なくなった寂しさや心の苦しみを、澄んだ音色がやさしく癒やしてくれるでしょう。 極楽浄土へ届くといわれる美しい音色は、故人の供養とともに遺された人の支えとなります。 亡き人を偲びつつ、遺された人が前を向いて生きていける未来のために。 未来創想ではおりんだけでなく、亡き人との絆を結ぶおしゃれな仏壇・仏具を多数ご用意しています。

次の

【効果音】チーン 一回 高音ver.【仏具:お鈴】

仏具 チーン

この記事の目次• 仏具とは仏壇でお参りするときに使われる道具 仏具とは、仏壇でお参りするときに使われる道具です。 本来、僧侶が使うための宗教用具でしたが、仏壇が普及するにしたがって、一般の人も仏具を持つようになりました。 仏具にはたくさんの種類がありますが、必ず購入すべきものは限られています。 あとは、宗派に合わせて必要なものを選ぶだけです。 仏具の種類と用途、宗派による要・不要をまとめた表を用意しましたので、参考にしてください。 セット仏具はデザインや大きさが揃っているので、バラバラで購入するよりも仏壇が美しく整います。 さて、仏具を買うにしても、一体どんなお店で揃えれば効率がいいのでしょうか。 次章では仏具の買い方についてご紹介します。 仏具の買い方 仏具を買えるお店には、次の 3 種類があります。 仏壇・• ネット通販• ホームセンター それぞれ、利用には利点と注意すべき点があるので、合わせて解説します。 仏壇・仏具店で揃える 仏具は、仏壇・仏具店で揃えることができます。 実際に商品を見て買うことができるので、買った後に「イメージが違う」「大きさが合わない」といった失敗がありません。 また、知識豊富な店員に色々な疑問点を尋ねることができます。 注意すべき点は、通販ショップよりも検討できる商品が少ないことです。 リアルな店舗では、どうしても並べられる仏具に制限があります。 ユニークな仏具、小さな仏壇に合う仏具を探している人には、物足りなく感じられるかもしれません。 ネット通販で揃える 仏具は、ネット通販で揃えることができます。 お店に足を運ぶことなく、自宅で時間を気にせず購入できるので便利です。 ネット通販にはたくさんのお店があり、取り扱っている商品は膨大な数にのぼりますので、 時間をかけて探せば、必ず自分のイメージにぴったりな仏具を探し当てることができるでしょう。 ただ、仏壇に合うデザインや大きさなのかは、サイズや材質表記を見て、自分で判断しなければなりません。 そうでないと、買ってからどうしても仏壇となじまず、返品するケースもあるでしょう。 ホームセンターで揃える 仏具を取り扱っているホームセンターがあります。 仏壇・仏具店よりも気軽に足を運べるという人は多いでしょう。 ただ、店舗に並べることのできる仏具は限られています。 仏壇・仏具店よりも種類は少なめです。 また、仏具に特化した知識を持つ店員がいるわけではないため、疑問があってもその場で解決するのは難しいかもしれません。 サイズやデザインを揃えることを考えると、仏壇を買ったのと同じお店で仏具を揃えるのが一番スムーズです。 仏壇を先に買ってしまっている場合は、とくにサイズに注意しながら購入しましょう。 さて、仏具を買った後、肝心のお参りはどのように行えばよいのでしょうか。 次章では、仏壇でのお参り作法についてご案内します。 仏壇でのお参り作法 仏壇でお参りをするときの流れは、以下の通りです。 お供えをする• 線香を上げる• 合掌する それぞれ説明します。 お供えをする まずは水、花、供物をお供えします。 供物は、朝いちばんのご挨拶であれば仏飯器に温かいご飯を、日中であれば果物やお菓子、湯呑に緑茶をなど、 生きている人の一日のリズムに合わせた供物をお供えするのが一般的です。 花は毎日取り換えるのが理想ですが、不可能な場合は水だけでも入れ替えましょう。 線香を上げる ろうそくに火をつけ、線香を 1~ 3本手に取って火をつけます。 線香の火は手であおいで消し、香炉にお供えします。 浄土真宗では、線香を 2つ、または 3つに折り、香炉に線香を寝かせてお供えするしきたりがあります。 ロウソクの火は、火消しを使うか、手であおいで消しましょう。 口で吹いて消すのはマナー違反です。 仏様に息を吹きかけるのは無礼とされているためです。 合掌する りんを鳴らしてから合掌・礼拝し、故人の冥福と先祖への感謝、今日一日の健康などを祈ります。 読経を行う人は、木魚や木柾を利用しながら読経します。 仏壇に向かうときと、お参りが終わって仏壇から離れるときには、本尊へ一礼するようにしましょう。 毎日お参りをしていると、仏具がだんだん汚れてくることに気づくはずです。 次章では、仏具の手入れ方法をお伝えします。 仏具の手入れ方法 仏具はとてもデリケートなので、できるだけそっと扱うのが正しい手入れ方法です。 3つのポイントをご案内します。 基本的には全て乾拭き 仏具は金属製品が多いため、水分は厳禁で、基本的には全て乾拭きです。 拭くための布も、ガーゼやタオルなど、柔らかい素材を選びます。 日々の手入れは、乾いた布でホコリを払う程度で十分です。 節目にさび落としや香炉の掃除をする お盆前、お彼岸前、命日の前など、節目となる時期は仏具をよりきれいにしておきましょう。 金属製の仏具にさびがついていたら、仏具専用のさび取り剤で落とします。 また、香炉の灰を金ザルでふるい、古い線香を取り除いてから灰を香炉に戻します。 燭台にろうそくがこびりついている場合は、ドライヤーの熱をあてると簡単に溶けます。 火傷に注意しましょう。 汚れがひどいときはクリーニングを活用する さび取り剤を使ってもさびが取れない、何となく薄汚れている、傷がたくさんついてしまったなど、仏具全体の汚れが気になるときには、クリーニングを活用しましょう。 近くの仏壇・仏具店に問い合わせたり、インターネットで調べたりして、仏具のクリーニングを行ってくれるところを探します。 仏壇の気になる部分についても相談してみるといいでしょう。 以上のように、仏具は基本的にそっと扱い、独断で市販の洗剤などを使ったりせず、いざというときはプロに頼るのが正解です。 仏壇の購入・買い替えを検討している方はこちら! 最近では、家具や机の上におけるタイプのミニ仏壇の人気が上昇しています。 仏壇の買い替えを検討している方は、ネットでもお得に簡単に仏壇を探すことができます。 仏壇をお探しの方は是非一度ご覧になってはいかがでしょうか。 日本最大級の仏壇検索サイト「いい仏壇」 には以下のような特徴があります。 仏壇の買い替えを検討している方は必見です。 仏壇の種類が豊富! 業界最大手、取り扱い仏壇店数No1だからこそ、あなたにピッタリな仏壇に出会えるでしょう。 お得に仏壇が購入できる! いい仏壇から仏壇店を探すと、お得な特典が受けられます。 まとめ この記事では、仏具の種類や買い方、お参りの作法、手入れの仕方などについて解説しました。 必要なものを買い揃え、日々、正しい作法でお参りをする準備ができたことと思います。 毎日家族でお参りすれば、子どもにも正しい作法が身につき、大人になってからもその知識が役立ちますよ。 先祖を敬い、日々の健康に感謝する気持ちを育むためにも、お参りに最適な仏具を揃えましょう。 ライフドットでは、そのほかにも仏具に関する記事を掲載しております。 詳しく知りたい人は、下記の記事を参考にしてみてください。 監修者 終活・葬送ソーシャルワーカー 吉川美津子 仏具で最低限必要なものは、、手を合わせるた対象となるご本尊と、三具足(みつぐそく)になります。 三具足とは、ロウソク立、花立、香炉のこと。 ロウソク立と花立が対になると五具足と表現されます。 (ちなみに、五セットとして販売されているのは、三具足に仏飯器と茶湯器の組み合わせが多いようです。 ) 三具足の次に何を足すかについては、仏壇の大きさや考え方によって違いますが、リンを選ぶ方が多いように思います。 リンは必ず必要な仏具ではありませんが、リンの音色には癒しの効果があると言われますから納得です。 仏壇は単なる置物でもなく家具でもありません。 毎日お参りしたくなるような空間を心掛けたいものです。

次の