カンボジア語 翻訳。 通訳・翻訳

クメール語無料翻訳

カンボジア語 翻訳

カンボジア語の各種言語サービス(翻訳・通訳・人材派遣など)は、アーキ・ヴォイス翻訳WEBまでお問い合わせください。 カンボジア語について カンボジア語は、オーストロアジア語族に属する言語で、カンボジアの公用語です。 話者数は1,500万人ほど。 カンボジアの9割を占めるクメール人が使用する言語で、サンスクリット語やパーリ語(現在では上座部仏教の経典と儀式にのみ使用される言語)からの借用語が多く、古くからのインド文化の影響が濃くなっています。 表記はクメール文字を使用します。 クメール文字は、ローマ字などと同じ表音文字で、文字数は母音、子音合わせて58文字(ほとんど使われない2文字を除く)あります。 その起源はインドの「パッラヴァ・グランタ文字」までさかのぼれるとのことですが、古代のクメール文字からほとんど表記法に変化がなく、現代でも用いられています。 その他、カンボジア語は、他の言語と比較すると珍しい特徴がいくつかあり、 1 アクセント、声調がない、 2 活用や格変化のような語形変化がない、 3 数字の表記が複雑で、五進数に四進数や二十進数なども混在する、 4 句点(. カンボジアという国 現在、カンボジアは急成長をしています。 かつてクメール・ルージュが虐殺の限りを尽くし、知識人層がかなりの数殺されたため、国全体としての識字率は低いのですが、規制の緩さから、多くの外資系企業がカンボジアに入ってきています。 タイでは人材を雇用するのが難しくなってきているため、第二工場をカンボジアに建設される会社も多いです。 カンボジアではカンボジア語が用いられますが、現在のところ、カンボジア語の翻訳や通訳の依頼はさほど多くはありません。 しかし、カンボジアは工場を移転するほか、金融機関を設立されたりするケースが増えており、今後、カンボジア語のニーズは増えると予想しています。 また、首都プノンペンの人口の数は多く、東南アジアでも有数の人口を抱えています。 カンボジア全体の人口は少ないのですが、プノンペンをマーケットとして考える外食産業も増えていくのではないでしょうか。 GDP成長率 7. 2% 一人当たりGDP 1,080ドル インフレ率 1. 07% 財政収支 -1. 9 人口 1513万人 カンボジアについて• カンボジアの概要をご説明します。 その歴史や現在の状況、今後の課題、ビジネス環境などについてまとめています。 こちらのページではカンボジアの工業団地について、ご説明します。 プノンペン経済特区やタイセン経済特区、マンハッタン経済特区など。 ご相談ください。 カンボジア語翻訳は、800文字ないし400ワードからの料金となります。 それ以下の分量をご注文される際は、800文字ないし400ワードの料金が適用されますので、ご了承ください。 翻訳原稿の種類です。 翻訳単価が変わってきますので、ご注意ください。 一文字ないし一ワードあたりの単価となります。 税別価格です。 別途、消費税がかかります。 御見積金額は、その他の諸条件に応じて、変動いたします。 上記金額は目安とお考えください。 詳細をご連絡いただければ、正式御見積いたします。 お問い合わせ 各種カンボジア語サービスについてのお問い合わせ、ご質問、お見積依頼などは、株式会社アーキ・ヴォイス 通訳翻訳事業部までご連絡ください。 またはこちらかもどうぞ。 フリーダイヤル:0120-039-289(またはTEL:03-3409-0004) E-mail:.

次の

カンボジア語⇄日本語のネイティブ翻訳します カンボジア人と日本人の夫婦がカンボジア語翻訳をお手伝いします

カンボジア語 翻訳

クメール(カンボジア)語専門の通訳翻訳会社として、専門性の高いものから一般的なものまで、幅広く対応できることが当社の強みです。 カンボジア国内、日本国内いずれも手配可能です。 通訳者の実力や適性を把握し、お客様のご要望に合う最適な通訳者を手配します。 また通訳環境や事前準備資料、アポイント取得、お車やホテルなどの各種手配についてもご提案し、お仕事の成功を多方面からサポートします。 延長料金 規定時間を超えて業務の延長があった場合は超過料金をいただきます。 出張、宿泊手当 業務に伴う交通費、宿泊費等はお客様にご負担いただきます。 また通訳に伴い移動を要する場合は、移動拘束料金、食事手当等を申し受ける場合があります。 キャンセル料金 案件確定後のキャンセルは、キャンセルのタイミングにより一定のキャンセル料を頂戴しております。 JICA研修のテキスト、法令・法律翻訳、各種スピーチ原稿翻訳、広告・宣伝、日本映画祭17作品日本語字幕、テレビコンテンツ字幕、電力関係の講義資料翻訳、介護福祉関係の教科書翻訳(印刷)、パンフレット、ウェブサイト、アプリなど 多種多様な分野に対応しております。 まずはご相談ください。 料金についてはご相談ください。 通訳翻訳者紹介 山崎幸恵(やまざきゆきえ) 2000年、プノンペン王立大学社会人文学部クメール文学科卒業後、個人事務所を開業し現地新聞の翻訳配信サービスを開始。 以来20年以上にわたり、要人通訳をはじめ多数の案件を手掛ける。

次の

カンボジア語翻訳・通訳サービス|アーキ・ヴォイス翻訳WEB

カンボジア語 翻訳

ご要望に合う最適な通訳者をリーズナブルに手配します 日本国内だけでなく海外でもカンボジア語通訳者の手配を行っています。 お客様の目的や求めるレベルに応じて、国内外約60名のカンボジア語登録スタッフの中から、経歴だけでなく、過去の実績やお客様のフィードバックなどをもとに、ご要望に合う最適な通訳者をアサインします。 観光ガイドやアテンド通訳から重要な商談や会議の逐次通訳、講演会や国際会議の同時通訳まで、あらゆるニーズに対応しています。 カンボジア語(クメール語)通訳の対応分野• 観光通訳、一般ガイド通訳• 視察・商談・研修通訳• 会議・契約通訳• 映像通訳• 1 拘束時間 半日は4時間拘束、1日は8時間拘束(昼食を含む)となります。 ただし、Sクラス 同時通訳 の場合は、半日は3時間拘束、1日は7時間拘束(昼食を含む)となります。 2 延長料金 規定時間を超えて業務の延長があった場合は超過料金をいただきます。 3 早朝、深夜の業務 早朝・深夜の業務は、割増料金を別途いただく場合がございます。 4 出張、宿泊手当 業務に伴う交通費、宿泊費等は実費でお客様にご負担いただきます。 また遠方での業務の場合は別途移動拘束費、宿泊手当て、食事手当等を申し受ける場合があります。 5 キャンセル料金 案件確定後のキャンセルは、キャンセルのタイミングにより一定のキャンセル料を頂戴しております。 急な日時変更も含めてキャンセル料の対象になりますのでご注意ください。 詳細はお見積の際にご案内させていただきます。 6 事前資料 前もって業務当日に使用される配付書類、プレゼンテーション資料、進行スケジュール、ご出席者の氏名・所属・役職などがございましたらお送りください。 カンボジア語(クメール語)通訳に関するよくあるご質問 FAQ 問い合わせの際に準備しておいたほうがよい情報はありますか? 事前に以下の内容をお知らせいただけるとお見積りがスムーズに進みます。 ・通訳言語 (例:「カンボジア語(クメール語)から日本語がメインの通訳」など) ・通訳の対象人数(会議の参加者) ・通訳が必要な日時 ・場所 ・内容 (例:視察、研修、会議、商談、講演会、セミナーなど) ・方法 (例:アテンド通訳、同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング等) ・分野 (例:自動車、食品、医療、金融、観光等) ・見積期限 海外での通訳者派遣にも対応しているのですか? 世界各地に現地通訳者のネットワークがございます。 まずはご相談ください。 通訳者用資料はなぜ必要なのですか? どんなに優秀な通訳者でも、事前準備なしには完璧な通訳を行うことはできません。 事前知識がないままに通訳するのと、内容を事前に把握、理解した上で通訳するのとでは、通訳の質が全く異なったものになります。 通訳者は必ずしもその分野の専門家ではありませんので、お客様にご満足いただける通訳を行うためには、事前に内容や用語の確認が欠かせません。 特にプレゼンテーションの資料やスピーチ原稿、出席者の情報などは、できる限り早めに共有していただきますようお願いします。 機密資料があるので心配です すべての通訳者と機密保持契約書を締結しております。 ご希望に応じて当社とお客さまとの間で機密保持契約書(NDA)を締結させていただきますのでご相談ください。 事前に通訳者と打合せをしたほうがよいですか? 質の高い通訳を行うためにも、業務開始前に打ち合わせの時間を取っていただくことをお勧めいたします。 ただし、別途料金が発生する場合がございますのでまずはご相談ください。 カンボジア語(クメール語)通訳に関するお問合わせ.

次の