薄皮 アンパン。 柳屋ベーカリー (ヤナギヤベーカリー)

あんぱんの賞味期限・消費期限・日持ちについて

薄皮 アンパン

開店を目指して早起き! 東京・下町に1958年創業、地元密着の老舗パン屋へ パンを創り続けて半世紀。 菓子パンをはじめ、調理パンやサンドイッチなど、常時80種類のパンを取り揃えている「メイカセブン」。 都営新宿線の新宿駅より20分と少し、大島駅から徒歩3分。 大通りから路地に入ってすぐの場所にあります。 赤と白のコントラストと、煉瓦作りがかわいらしい印象の外観。 そんな店構えはさることながら、店内も下町らしさを感じる、なんともほっとする雰囲気。 平日にもかかわらず、絶えずお客さんが来店しています。 壁を見ると、アナウンサーやお笑い芸人など有名人のサインや写真が、ずらりと飾ってありました。 あんこは通常の5倍の重さとズッッッシリ! 独り占めしたい究極のあんぱん そんな同店で、創業当時より同じ製法で作られているのが、名物の「うす皮あんぱん」(1個185円)。 この「うす皮あんぱん」は、江東区を代表する商品「江東区の透品44」にも選ばれています。 上から見ると、一見、普通のあんぱんのように思えますが、横から見ると皮からうっすらとあんこが透けて見えるのが分かります。 ドキドキしながら割ってみると・・・ この断面図をみてください! 皮は極薄で、そのほとんどがあんこで埋め尽くされています。 手にするとズッシリと重い!! 店では皮の厚みは約3ミリとうたっていますが、実際に計ってみると1. 5ミリほど。 そんな皮の薄さに対して、なんとあんこは約200グラム、一般的なあんぱんの5倍ほども入っているんです! あんぱんの高さは約6センチもあり、その存在感に圧倒されてしまいます。 こんなあんぱん、今まで食べたことないんじゃないでしょうか? そんな圧倒的な存在感を放つあんこは、金沢の餡子屋さんが作る特製あんを使用。 粒の食感が楽しいおぐらあんと、舌触りまろやかなこしあんの2種類が用意されています。 どちらも優しい甘さで、食べていると幸せな気持ちになるから不思議。 たっぷりのあんこは想像以上におなかがいっぱいに。 常連さんの中には、食べきれないときは、冷やして羊羹風にしたり、揚げて天ぷら風にしたり、またあんこをお汁粉に利用する人もいるそう。 こちらの薄皮あんぱんはめちゃくちゃ人気になっていて、開店30分後の10時頃には売り切れてしまうんだとか。 頑張って早起きをして、開店と同時を狙って買いに行きましょう! また予約もできるので、どうしても早起きできないという人は予約がオススメ。 ただし人気のあまり、今すぐ予約を入れても、購入できるのは一か月ほど先。 ワクワクしながら待つというのも、ひとつの楽しみですね。 二つ目の看板メニュー「77%ぶどうぱん」をはじめ、心くすぐる要素がいっぱい! 驚くのは、うす皮あんぱんだけではありません!忘れてはいけないのが、こちらの「77%ぶどうぱん」 (534円)。 その名の通り、パン全体に対して、77%もの量のレーズンがぎっしりと詰まっています。 ぶどうぱんも、手にするとズッシリと重く、その重量に驚いてしまうはず! どこを切ってもレーズンがたっぷり、レーズン好きにはたまりません。 またパンをより美味しく食べられるよう、トースターまで用意されています。 パンは軽く焼いてから食べると、また格別の美味しさ! あんぱんは自宅用にして、焼き立てパンと淹れ立てのコーヒーで、一人のんびり過ごすのも贅沢。 日頃のもやもやも、どこかにいってしまいますね。 好奇心と胃袋を満足させるメイカセブン。 なかなかお目にかかれないあんぱんはもちろん、ゆっくり贅沢な時間を過ごしに訪れる価値は間違いなくあるはず。 休日のぶらり一人旅にぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。 価格は全て税込みです。 また価格や内容は変更になる場合があります。

次の

メイカセブンぶどう77%パン,薄皮あんパンは取り寄せ可!アド街大島

薄皮 アンパン

ヤマザキ 薄皮つぶあんぱん パン生地を極限まで減らした、つぶあんをたっぷりと包みました。 薄皮の中に粒あんがぎっしり埋まったボリューム感たっぷりの風味豊かなあんぱんです。 おそらく人生で一番食べてる菓子パンだとおもいます。 まさに王道の味ですよね。 ドクターXさん手術が終わると屋上でガムシロップ一気飲みですが、自分は薄皮つぶあんぱんで糖分補給でございます。 0グラム 脂質1. 0グラム 炭水化物25. 1グラム ナトリウム40ミリグラム 薄皮つぶあんぱん 中味はこんな感じでございます。 整然とならんだいつものスタイル みっしりとつまったつぶあんが素敵ですわ。 薄皮だけど隙間が最近気になるのは自分だけでしょうか。 ボリューム感あるので食べると満足ですが、続けて食べたくなるのはどうしてなんでしょうか。 今回もおいしくいただけました。 薄皮つぶあんぱんごちそうさまでした。

次の

ナカヤ(東砂):あんぱんが激ウマ!砂町を代表する創業80年の老舗パン屋さん♪

薄皮 アンパン

あんぱんを食べた時、何が嬉しいかと言えばあんこがギッシリ詰まっていた時だろう。 そんなあんぱんに出会った時、私(中澤)は密かに思う。 「 当たり!」と。 この個人的あんぱんくじにおいて、最近、 宝くじレベルの当たりに出会ったためご紹介したい。 あんこ詰まりすぎィィィイイイ! 薄皮すぎて もはや膜だろコレ!! ・2018年最高のあんぱん そんな大当たりあんぱんが売られているのは東京都江東区にある『メイカセブン』というパン屋。 外観は何の変哲もないパン屋だが、実はこの店、でご紹介した「パン・オブ・ザ・イヤー2018」のあんぱん部門で金賞を受賞した店である。 パンマニアが選んだ 2018年最高のあんぱんとは一体? その正体を確かめるべく、あんぱんを購入してみることに。 ・予約購入は約1カ月先までいっぱい 予約購入は1カ月先までいっぱいだというこの店の薄皮あんぱん(税込185円)。 毎日数量限定で店舗でも販売しており、1人6個まで購入することができる。 ちなみに、午前中になくなることがほとんどで、 早いと開店1時間で売り切れることもあるとのこと。 そこで開店時間の9時30分頃店に行くと、行列まで行かないまでも店内は人でいっぱいだった。 どんどん焼き上がり並べられる薄皮あんぱん。 つぶあん、こしあん3個ずつの計6個購入すると、袋を持つ手にズッシリした重さが…… パンの重量じゃねェェェエエエ! ・これが2018年最高のあんぱんだ さっそく編集部に持ち帰り袋から出してみたら…… おお! 皮ごしに具のあんこの色が透けている! 薄皮すぎてもはや膜だろコレ!! 食べると、むっちりとあふれ出してくるあんこ・あんこ・あんこ! まるで あんこ の洪水だ!! いや、あんぱんって元からあんが本体なんだっけ? でも一応パンだし……。 あんが本体かパンが本体か……思わずあんぱんのアイデンティティーにかかわる根源的な問題にまでたどり着いてしまうこの薄皮あんぱん。 ボリュームもバッチリで、とても185円とは思えない。 あんこを嫌というほど食べられるので、菓子パンというよりスウィーツに近いような気がした。 甘いものが好きな人はぜひ1度ご賞味あれ。

次の