アズールレーン 13-4 オート。 【アズレン】13章(13

【アズールレーン】11

アズールレーン 13-4 オート

13章から追加された新要素について 厄介な特殊敵艦が複数登場 防空艦 対空攻撃により、 こちらの艦載機を落としてきます。 対空火力は尋常ではなく、 ほとんどの艦載機が落とされてしまうレベルです。 倒しても再度出現するため、非常に厄介な存在です。 また、 艦載機からの攻撃に対して耐性を持ち、12. 5%しかダメージを与えられません。 (8割以上軽減されます) 航空攻撃で落とすことは困難であるため、 前衛の砲撃や主力艦の砲撃で処理するのがおすすめです。 装甲は中装甲なので 「重巡洋艦の徹甲弾」「軽巡洋艦の榴弾」が有効です。 なお、駆逐艦の主砲攻撃はダメージが通りにくいため注意が必要です。 指揮艦 Danger 13章の攻略を邪魔する、 非常に注意すべき艦です。 13-3、13-4ではボスと一緒に出現するため、最優先で撃破する必要があります。 撃破しない限り、敵全体の攻撃力を50%上昇させます。 さらに、出現してから一定時間で、攻撃力をさらに30%追加で上昇させます。 撃破したとしても、攻撃力30%強化は残るというぶっ壊れた性能です。 敵艦の強化だけでもきついのに、 おまけとして航空攻撃まで発動してきます。 (勘弁してくれ・・・) 装甲は、 重装甲で非常にタフです。 砲撃のダメージが通りづらいため、 航空攻撃で一層するか魚雷を叩きこむなど少し工夫が必要です。 工作艦 明石と同じ工作艦です。 定期的に敵全体のHPを割合で回復させます。 回復量もそこそもあるため、火力が低いと戦闘が長引いて危険な存在。 装甲は、 軽装甲ですが非常にタフです。 「重巡洋艦の榴弾」「軽巡洋艦の榴弾」が有効で、駆逐艦の砲撃もそこそこ通ります。 しかし、出現位置が後方であるうえに、定期的に後退するため狙い撃ちするのが難しいです。 航空攻撃で一層すると良いでしょう。 特殊敵艦の対処法 指揮艦を最優先で落としたいところですが、砲撃が通りづらいです。 航空攻撃で一層しようとすると、防空艦が邪魔してきます。 以下の手順で、対応するのがおすすめです。 step 1防空艦を砲撃で落とす step 2指揮艦と工作艦をまとめて航空攻撃で落とす 攻略のポイント• 制空権は可能な限り『制空権確保』、最低でも『制空権優勢』にする。 Lvは115以上まで上げておく(13-4のボスはLv120推奨)• 道中の主力は「明石」「ユニコーン」「イラストリアス」を推奨• 前衛は回避と耐久を重視• 前衛の先頭キャラには『バルジ』の装備を推奨• 陣形は『輪形陣』を活用• 13-4は道中・ボス共に手動攻略推奨(安全海域になるまでは) 制空値システムの重要性について 制空権は非常に重要なので、絶対に 「制空権優勢」以上にしてください。 以下を見ていただければ分かりますが、「制空権優勢」以上のメリットが大きすぎます。 「拮抗中」からダメージがダウンする効果がついてしまうので攻略がきつくなります。 おすすめ設備 主砲や副砲については、艦種毎に最適なものがあると思うので省略。 ここでは、 13章で必須級の設備を中心にご紹介します。 強化油圧舵 回避を大幅にアップし耐久までアップします。 さらに、スキルにより一定確率で攻撃を回避する事が出来ます。 研究開発室でしか入手できないため、数を揃えるのが難しいですが、 ボス戦で装備させるために最低でも3つは欲しいところです。 SGレーダー 主に明石に装備させます。 道中での「敵艦見ゆ」の確率を下げるためにも、装備しておきたいです。 1つあれば十分です。 油圧カタパルト 航空値を大幅に強化し、耐久値も強化します。 空母にはとりあえずこれを装備させます。 ここまで来た指揮官さんなら数は揃っているはず。 ホーミングビーコン 航空値の強化と、航空攻撃の装填時間を4%短縮するスキルが強力です。 航空攻撃の回転を上げることも、この海域では重要です。 高性能対空レーダー 対空値を大幅強化する設備です。 対空番長であるサンディエゴ改にはこれを持たせます。 入手方法が研究開発室のみなので数は揃えにくいです。 複数持っている場合は、他の艦にも装備すると良いです。 SHS 火力を大幅強化し、クリティカル率までアップさせる素晴らしい設備。 ボス戦で使う主力戦艦に持たせたい一品。 ボス戦は時間との戦い(時間をかけるとこちらが落とされる)なので、火力の強化は重要です。 一式徹甲弾 火力と命中を大幅強化し、クリティカルダメージを25%もアップさせます。 ウォースパイトには絶対に装備させたい設備です。 応急修理装置 鉄板とも言える設備です。 耐久値の強化と一定時間ごとに耐久値を回復させるスキルは優秀の一言。 前衛にはとりあえず持たせておきたい。 バルジ 耐久の強化と、魚雷ダメージを30%軽減するスキルに助けられます。 前衛の先頭は、魚雷によるダメージも洒落にならないので装備必須です。 改良型シュノーケル 潜水艦の潜航力を強化します。 13章は敵との戦闘時間が長くなりがちです。 潜水艦には少しでも戦場に留まってほしいので、潜航力の強化は必須です。 各ステージの攻略について 個別に記事を作成したので、以下の記事をご覧ください。 13-1 オート攻略(脅威海域) まずは小手調べといった難易度。 13-2 オート攻略(脅威海域) 13-1がクリアできれば13-2は問題ないかな?という印象です。 13-3 オート攻略(脅威海域) 難易度が一気に跳ね上がります。 育成・装備ともに整っていないと道中の時点できついです。 13-4 手動攻略(脅威海域) 難易度が頭おかしいレベルです。 基本的には手動攻略必須。 13-4 オート攻略(安全海域) 安全海域にしてもオートの100%S勝利は難しいです。

次の

アズールレーン(アズレン)12

アズールレーン 13-4 オート

9章全体の注意点・概要 9章は、コンセプトがはっきりしているマップです。 7章・8章に引き続き空母が出現しないものの、重桜の航空魚雷対策や燃焼による削りなどが苛烈となっているため、事前準備を怠らないようにしましょう。 重桜魚雷は対策されている 9-1から9-4まで、手法こそ違えど重桜魚雷による大ダメージを狙えない敵配置になっています。 そのため、8-4までのボスを一瞬で屠っていた「アーク・ロイヤル」が活躍しづらい点に注意。 低燃費によるオート攻略が難しい最大の原因はコレ。 戦艦主砲は榴弾推奨 道中・ボスともに軽装甲の敵が多いため、戦艦の主砲は「榴弾」系を活用しましょう。 戦艦の榴弾は重装甲にもしっかりとダメージが出るので、相手を選ばずに有効打を与えられます。 ダメージ倍率こそ榴弾に劣りますが、道中で多数出現する戦艦 重装甲 相手であれば大差ないうえ、非常に優秀な対単体性能を誇っています。 旗艦の燃焼に注意する 道中攻略時、よく見る旗艦の倒れ方として「燃焼ダメージの蓄積」があります。 燃焼ダメージはきっかけとなった砲ダメージに比例しているため、敵戦艦に直接狙われて炎上した日にゃアホみたいに体力が削られます。 オート攻略では意図して戦艦を処理できないため、「消火装置」などの装備でしっかりと対策を行いましょう。 対空性能はほぼ不要 9章では、対空性能に目を向ける必要がありません。 7~8章に引き続き、待ち伏せ艦隊以外では敵空母が一切出現しないので、航空攻撃を受けることはほぼないでしょう。 そのため、9章前半 9-2 程度までであれば、8-4の攻略で運用した艦隊をそのまま流用できます。 9-3及び9-4では敵のレベルが非常に高く、戦艦主砲一発で戦況が覆されかねません。 少なくとも、上記の艦隊では9-3あたりから少し安定感に不安が出てきたので、何らかの対応策を打つ必要がありました。 専用スキル「応急修理」により、同時に編成されている艦船1隻をピンチ時に大きく回復できます。 いざという時の手動回復も非常に有用。 9章では敵戦艦の火力が非常に高いうえ、榴弾主砲を装備しているため、1度の炎上ダメージが致命傷となりかねません。 目を離した隙に、三笠の体力が半分になってるなんてザラ。 対策として、旗艦に対する「消火装置T3」の装備は必須ではないかな、と。 SGレーダー役をバトンタッチできる、という点も、無凸ヴェスタルの編成をオススメする理由の1つです。 ボス艦隊に対するダメージソースとなりがちな「重桜魚雷」が対策されているうえ、攻撃も苛烈。 1~2隻の前衛が稼げる時間で安定したボス処理は難しいので、強力な艦船を6隻詰めて乗り込むべきでしょう。 ボスを倒しての周回をする必要性は薄い 9章は周回を考えた場合でも、ボスを無理に倒す必要はありません。 7章同様にSSレア艦船のドロップが無く、ドロップ限定のSレア艦船は道中艦隊からも獲得できる……はずです。 恐らく。 であれば、低燃費でボスを倒す艦隊を考える必要も薄いかな、というのが正直なところ。 それぞれ挙動こそ違うものの、戦艦や爆撃機による範囲攻撃で巻き込みやすい行動パターンなので、榴弾主砲でさくっと焼き払うのがオススメ。 無理なくクイーン・エリザベスを編成できますし、フッドの特殊弾幕も当たりやすいので、何も考えずにロイヤル艦隊で挑戦するのが無難でしょうか。 ウォースパイトの特殊弾幕は駆逐艦と相性が悪いので、そこは差し替える感じで。 徹甲弾ですし。 特に9-4は敵が円状に高速で動き回るため、戦艦主砲ですら避けられてしまいます。 もちろん重桜魚雷が命中するはずもありません。 いろいろこねくり回してみた結果、僕の場合はエンプラやレキシントンなどのユニオン爆撃艦よりも、バフをしっかり乗せた前衛艦での削りが安定しました。 前衛艦隊のダメージ効率という意味では重桜艦隊が強力なイメージもあるのですが、道中の自爆ボート処理で三笠を使いたかったので結局ロイヤル。 ここでは、9-1~9-4におけるボス艦隊の挙動や対策などを紹介。 9-1ボス レベル89 9-1はボスこそ動かないものの、取り巻き2隻がボスよりこちら側へ配置されているうえ上下に動くため、攻撃の狙いが吸われがちです。 その特性上、「フッド」や「ネルソン」などが持つ範囲固定の特殊弾幕や、「ウォースパイト」などが持つ最も遠い敵を狙う特殊弾幕が特に活躍するでしょう。 ちなみに、敵のレベルもまだまだ低いので、S勝利にこだわらないのであれば4隻程度の編成でもオートクリアは可能です。 9-2ボス レベル91 9-2のボスは、演習における前衛艦隊のように駆逐3隻が固まって動き回ります。 戦艦や爆撃機などの範囲攻撃がまとめて削れてオススメ。 何故か軽巡程度の移動速度なので、ビュンビュン移動による回避はありません。 榴弾主砲を艦載した戦艦なら誰でもオッケー。 9-3ボス レベル93 9-3は、ボスも取り巻きも8-4同様に一切移動しません。 敵の配置幅が絶妙でして、戦艦でゴリ押せるように見えて、一度の攻撃で複数隻へダメージを与えられないのも特徴の1つ。 適当に放った魚雷でも誰かに当たるので、雷装巡洋艦なんかで固めるのが無難だと思います。 磁気魚雷だとなお良し。 ちなみに旗艦へフッドを据えると、特殊弾幕スキルの攻撃範囲に3隻ともぴったり収まります。 砲弾タイプの関係上、単発ダメージは800程度に収まりますが、命中する弾数を考えればダメージソースとしては十二分でしょう。 9-2とは違い駆逐艦相応のスピードで移動するため、戦艦主砲ですら当たらないと考えて差し支えありません。 着弾の早い前衛艦による攻撃や、爆撃機・汎用攻撃機などの面による攻撃が重要となります。 フルオートでの攻略を考えると、9-4だけ頭一つ抜けて難しい印象がありますね。 決まったルートでしか動かないので、魚雷を密着して当てるのが容易。 一発1,500ダメージと考えても、4,500~7,500ダメージをコンスタントに与え続けられるでしょう。 どうしてもクリアできない場合は、手動操作での挑戦がオススメです。 消火装置は紫箱から 以上、9章全体のざっくりとした攻略や、オートクリアに有用な艦隊例でした。 ちなみに、9章の取り巻き処理で有用な「消火装置T3」は、紫色の装備箱から排出されます。

次の

アズールレーン(アズレン)12

アズールレーン 13-4 オート

海域ステージ:13-4「舞い降りる鳳」基本情報 ステージ紹介 最後に立ちはだかるのは最新鋭装甲空母・。 13章が実装された当初にプレイヤーがで苦戦する姿が散見されるほどの難易度になっていて、その章の最終ステージということで難易度は非常に高いです。 もメチャクチャな難易度だったけども13-4も同様に高い難易度のステージになっています。 個人的には13-4の方が厳しかったですね…。 13-4の特徴としては、 ボス敵が出現するまでに必要な戦闘数が7まで上昇したということですね。 今まで通常海域では最大6戦だったので最大値を更新しています。 工作艦を入れると弾薬が6戦分持つことになるのですが、今回のステージでは7戦が必要になるので足が出てしまいます。 さらに 雑魚敵のレベルが121、ボス敵レベルが122に設定されていて、レベルで優位を取ることが難しくなっています。 そんな13-4ですが、 弾薬補給マスがあるので途中で弾薬を3つまで補充できます。 というわけで工作艦がいなくても7戦を通常の戦闘力で戦い抜くことは可能になっています。 弾薬は問題ないとして、13-4は敵がメチャクチャ強いので7戦こなすとなると6艦編成をする必要があります。 6艦編成で雑魚7戦、ボス1戦をすることで1周するだけで燃料が溶けまくります。 13-4ではSSR空母「」がボス限定でドロップするので、何度も周回する必要があります。 相変わらず章の最終ステージのドロップキャラ掘りは厳しい…(僕は12-4での鳥海掘り達成に200周以上かかりました) 雑魚戦闘を7戦必要になる上で厳しいのが艦隊の消耗です。 13-4では敵として大型艦隊が出現する確率が高めで、敵レベルも121になっているので非常に消耗が激しいです。 特に大型航空艦隊と戦うと一気に耐久が削られるのでなるべく回避することが攻略のコツになります。 危険度下げ後なら楽になりますが、下げ前であれば大型航空艦隊との戦闘は2回が限界です。 3回戦うと7戦持ちません。 ステージに出撃した段階で大型航空艦隊が多い場合はすぐに撤退すると良いでしょう 僕はステージ出撃時に敵艦は3艦存在しているが大型航空艦隊が1艦なら攻略続行、2艦以上要る場合は速攻で撤退していました また、大型航空艦隊ほどでは無いものの、 大型主力艦隊もかなりの強敵。 大型航空艦隊戦闘時に出現する金剛は主砲攻撃を主力艦に叩き込んできて、炎上するととんでもないダメージを受けます。 対空の低い空母だと一撃で落ちかねないので、金剛が出現したら速攻で倒すようにしましょう。 は雑魚処理はそれほど苦労しなかったものの、13-4は雑魚処理に結構苦労することになります。 とにかく大型航空艦隊を避けるようにしましょう。 必要な制空値が非常に高い上に弾薬も足りるので、工作艦を抜いて主力を空母のみで固めるという選択肢もあり。 僕は危険度下げ前は空母をかなり多く起用して攻略していました。 今までのステージの中で最高難易度ということもあって、特徴はかなり多いですが、とりあえずこのあたりでいったん終了しておきます。 ボス敵について ボス敵は。 大鳳は重装甲なのでダメージの通りが悪く、厳しい戦いを強いられます。 戦艦を入れるときは主砲に徹甲弾を装備するとダメージの通りがよくなるのでオススメ。 13-4のボス。 重装甲なのでダメージの通りが非常に悪い。 重装甲にダメージの通り安い徹甲弾や魚雷攻撃で対抗をしたいところです。 絨毯爆撃、弾幕、どの攻撃も強力なので攻撃力が足りないとジリ貧で負けます。 攻撃力で押し切るスタイルがオススメ。 ボス戦の難易度は過去最大難易度であったよりも高く、戦力がしっかりと揃っていないと簡単に壊滅するほど難しいです。 ボスだけでなく、ボス出現前の敵が非常に強力。 特にボス出現の直前に出現する戦艦が強力で、出現から数秒後に恐ろしく強力な主砲攻撃を主力艦隊に放ってきます。 この主砲攻撃が旗艦に刺さって炎上すると、それだけでゲームが終了になり撤退を余儀なくされます。 の主砲攻撃はそれほど恐ろしい威力になっています。 対策としては 長門が主砲攻撃をする前に潰すというのが正攻法です。 幸い、は最序盤に出現するのではなく、戦闘開始後しばらくしての出現になるので、それまでに航空攻撃や戦艦主砲攻撃を貯めておくことで出現直後に始末することも可能になります。 長門を上手く処理することが勝利に直結するので、しっかりと対処していきましょう。 長門を倒すとボスの大鳳が工作艦と指揮艦を引き連れて登場。 指揮艦を活かしておくと被ダメが大きく上昇するので集中して叩きましょう。 その後は回復効果のある鬱陶しい工作艦を破壊するという流れがオススメです。 を編成に加えてスキルの発動に合わせて航空攻撃や戦艦主砲攻撃を使用すると広範囲に大ダメージを与えてまとめて除去することもできます。 大鳳の攻撃で一番ダメージが厳しいのが艦載機による絨毯爆撃です。 爆撃の落下個所は事前にわかるようになっているので回避していきましょう。 攻撃が広範囲にわたり事前の攻撃予告から攻撃までのラグが分かりにくいので注意。 絨毯爆撃を直撃すると前衛がガッツリ削られます。 攻撃能力が非常に高く、戦闘が長引くとジリ貧の状態に追い込まれます。 前衛が落ちると航空機の除去ができなくなり、主力にダメージが入りやすくなりどんどんと艦隊が削られていきます。 敵の体力が高いのも相当に厳しい。 守っていても勝てないので、編成には高い攻撃力が必要とされます。 重装甲の大鳳に通りの良い徹甲弾弾幕スキルを持ったやが非常に刺さります。 ただし、13-4は非常に高い制空値が要求されるので戦艦を大量に採用できるだけの枠が無いのが厳しいところ。 制空値と戦艦の折り合いをつけて編成を行いましょう。 また、 ボス戦で潜水艦が戦闘参加になるとかなり戦いが楽になります。 ボス出現と同時に潜水艦を発進させると工作艦や指揮官の除去を早く行えますし、重装甲の大鳳には魚雷のダメージの通りが良いので潜水艦の有無は勝敗を大きく左右します。 潜水艦とボスの出現場所はランダムになっているので、戦闘に参加させるのは完全にランダム…と思っていましたが、事前にボスの出現場所を特定する方法があるので、その方法も下にまとめておきます。 ボス出現場所特定方法 ボスの出現場所をあらかじめ知ることができる方法があります。 ステージ出撃直後に検証することができるので、ボスの出現場所を知って潜水艦と範囲が被るかどうかを判定することが可能です。 7戦を戦ってボス出現後に潜水艦が参加できないから撤退というのはとても厳しいです。 危険度を下げる前の13-4は潜水艦の手を借りる必要があるほど難易度が高いステージなので、この判定は結構有効に働きます。 判定方法には、実はボス出現場所では空襲&待ち伏せが発生しないという仕様を利用します。 13-4でボスが出現するのはA1、A2、I1、J1の4か所となっていて、空襲&待ち伏せが発生しない安全マスがA1、A2に隣接するA3、B1に存在しています。 なので、ステージに出撃直後に雑魚用簡単でA1、A2を往復して、どちらかで空襲or待ち伏せが発生したら、発生しなかったマスに移動してそのマスに隣接する安全マスを往復します。 未発生マスと安全マスを往復しても空襲or待ち伏せが発生しない場合には、その未発生マスがボス出現マスになります。 そのマスと潜水艦の範囲が被っているならば潜水艦はボス戦に参加できます。 A1、A2両方のマスで空襲or待ち伏せが起こった場合にはボスはI1、J1に出現します。 I1、J1マスに潜水艦の範囲が被っているのであれば潜水艦がボス戦に参加可能になります。 下の画像が判定例になります。 A1、A2の往復をしてA1で空襲発生。 よってA1はボス出現マスではないことが判明。 A2と安全マスのA3を往復。 A2で待ち伏せが発生したのでA2はボス出現マスではないことが判明。 よってボス出現はI1、J1になるといった感じです。 潜水艦がI1、J1をカバーしていれば潜水艦はボス戦に参加することが可能になります。 ステージに入ってすぐにボス出現場所を特定できるのは非常に便利ですね。 安全マスの有無でどのステージでも使えるわけではありませんが、ボス戦で潜水艦が必要になるほどの難易度のステージでは、このボス出現マス特定方法が有効に働きます。 ただし、 空襲or待ち伏せを受ける回数が多くなるというデメリットがあり、雑魚処理艦隊が消耗してしまうという問題もあるので、メリットデメリットを比較して行うかどうかを決めましょう。 ちなみに僕は安全海域にしてからこの方法を知ったので利用することができませんでした。 5 現状でI1、J1の出現位置に両方とも対応可能なのは Lv. 4 、 Lv. 4 、 Lv. 5 になっています。 なので、13-4を攻略する際にはこのキャラを潜水艦編成の戦闘に置くようにしましょう。 海域ステージ:13-4「舞い降りる鳳」編成オススメキャラクター 航空攻撃が非常に強力で前衛の消耗が激しいので、耐久が低いキャラクターは厳しいです。 また、対空性能が低いキャラも厳しい状況におかれるので駆逐艦の活躍の機会は少ないですね。 主力は対空重視で編成しておくと消耗がかなり楽になります。 自爆ボートが出現しないので、戦艦ゼロでも攻略に支障はあまり発生しません。 攻略においてオススメできるキャラクターは以下のような感じになっています。 前衛 主力 スポンサーリンク 海域ステージ:13-4「舞い降りる鳳」攻略編成例 雑魚処理艦隊 雑魚処理艦隊に求められるのは7戦と戦い抜く戦闘力です。 13-4では弾薬補給マスが存在しているので、工作艦を編成に加えなくても弾薬切れを起こすことなく戦うことができます。 工作艦を入れるか入れないかというのは悩ましい問題で、主力のケアを考えれば工作艦を入れたいところですが、制空値を上げるために工作艦の枠に空母を入れるという判断もアリです。 僕の初回攻略時は雑魚処理艦隊にを入れて、制空値を確保するためにボス戦用艦隊に空母を3艦入れていました。 雑魚処理だけに限れば工作艦を入れた方が戦闘は安定します。 ですが13-4はボスが非常に強力なのでボス戦を有利にする方にシフトする方が賢明かと個人的には思っています。 orで前衛の回復をしつつ対空力の高いキャラクターで固めて、大型航空艦隊とはなるべく戦闘をしないというのが雑魚戦闘の攻略の流れになります。 ボス戦用艦隊 初回クリア時はではなくを採用していました(制空権を確保するため) は前衛の保護をできるという強力なスキルを所持し、対空能力も非常に高いのですが、いかんせん攻撃力が不足して苦しい思いをする場面も多々ありました。 制空値が許すのであればやのような徹甲弾弾幕スキルを所持した艦を採用するのをオススメします。 戦闘方法としては、とにかくのスキル発動を祈りながら、発動したら航空攻撃と主砲攻撃をぶっ放して、とのスキルが発動することを祈るという、完全な運ゲーを仕掛けていました。 ある程度運がいいとギリギリで勝てます。 潜水艦がいれば結構余裕なので潜水艦は本当に重要。 上に書いた「」を活用すれば潜水艦を確実にボスにぶつけられるので参考にしてみて下さい。 みんなの13-4攻略編成例&攻略動画 ツイッターで攻略編成報告をしている中で参考になると感じたものを掲載しておこうと思います。 所持艦や育成済みキャラで可能な編成は変わってきますし、僕が上で紹介した編成例よりも適したものもあると思いますし。 またツイッターでは攻略動画を上げてくれている人もいるので、参考になりそうなものをピックアップして掲載していきます(簡単にコメントも入れておきます).

次の