足 裏 ツボ。 坐骨神経痛に効くツボ【手・足・足裏・お尻】とお灸

足裏のツボ(図解)マッサージの効果! 痛いところはどこが悪いの?

足 裏 ツボ

Contents• 足つぼマッサージをするときの注意点 足の裏は第二の心臓と呼ばれていることは良く知られています。 足の裏には様々なツボがあり、体全体に刺激を与える事で健康維持に努める事が可能です。 足裏のツボは体全体につながっており、 マッサージをする事で血行が促進されて、体の痛みやコリを改善してくれます。 足つぼマッサージは、基本的に自宅でできますので、特別に準備するものがなく、 手軽にできるマッサージです。 息を吐きながら押していく! ほとんどの方が手の親指を使っていると思いますが、その親指も疲れてきますので、 百円ショップにあるマッサージ棒が便利でおすすめです。 これがあればいつでも気楽に足つぼマッサージができます。 ただ上から押すだけでなく、押しながら滑らせる方法も効果的ですが、その場合は、足裏の滑りを良くするために足裏につける保湿クリームなどを利用すると足つぼマッサージもやりやすくなります。 やり方として、いきなり強く押すのではなく、 息を吐きながら軽めにゆっくり押していきます。 徐々に押す力を強くしていくのが効果的です。 マッサージをする時間帯・タイミング マッサージを始めるタイミングですが、 お風呂上がりで体全体の血液循環が良い時がベストのタイミングです。 その時間以外では、足湯などでできるだけ足だけでも温めるのがいいです。 足つぼマッサージを避けた方がいい時間帯、タイプもあります。 飲酒の後は、血行が良くなっており、マッサージによってさらに酔いが回るので避けましょう。 また、 妊婦さんや病気など体調がすぐれない時などは避けてください。 食後30分はとよく言われますが、マッサージも同じで避けた方がいいです。 マッサージする時間は、 片足15分を目安にしましょう。 毎日続ける事で少しずつ効果が出てくるものですので、毎日の習慣として取り入れるのが一番です。 一気に解決しようと長い時間続けるのは逆効果になるだけですので気を付けましょう。 こんな時はここを押す! ストレスを感じている時 ストレスを感じている時に効果を発揮してくれるスポットは、 足の指を内側に曲げた時にできるへこみの部分です。 この場所は 湧泉というツボで、ここを押して刺激を与えてあげましょう。 この湧泉しいうツボは万能のツボで、ポカポカと温かくなって 冷え性改善、リラックス効果、不眠改善にも効くツボです。 スマホやパソコンで目が疲れている時 スマホやパソコンで目が疲れている時は、 足裏の中指と人差し指の付け根を押してマッサージしましょう。 目の疲れを放置すると赤くなり、痛みが出るばかりでなく、最悪の場合は視覚障害につながります。 右目の疲れには左足裏の指の付け根、左目の疲れには右足裏の指の付け根と覚えておくといいです。 眠りたいのになかなか寝付けない夜 眠りたいのになかなか寝付けない夜には、 足の親指の腹をマッサージしてもみほぐしてあげましょう。 ここをマッサージすることで、頭痛も和らげることができます。 脳につながるツボでマッサージにより、リラックスすることで不眠解消になります。 合わせて湧泉もマッサージすれば効果的です。 首こりや肩こりを感じる時 首や肩こりは現代病とも言われますが、ひどい時には 足裏の親指の付け根を指圧マッサージしましょう。 足裏親指の付け根は首とつながっており、 足裏の指の付け根全体にかけてマッサージするのがおすすめです。 また、足裏の人差し指と中指の腹は、目の疲れからくる肩こりにも効果的です。 胃腸など消化器系が弱っている時 飲みすぎ食べすぎで胃腸など消化器系が弱っている時には、 土踏まずを指圧しながらマッサージするのが効果的です。 胃を健康な状態に回復してくれます。 青竹踏みで土踏まずをマッサージしてほぐすのも良い方法です。 飲みすぎた時には、肝臓とつながりがある右足外側の方をほぐすと良いです。 土踏まずを毎日マッサージする事で便秘の解消にも効果があります。 冷えやむくみの症状 女性に多くみられる冷えやむくみの症状には 湧泉のツボをマッサージしましょう。 足首を回してほぐすとさらに効果的です。 足は心臓から遠く、血流が悪くなりやすい場所ですので、足つぼマッサージが効果的に表れる場所でもあります。 冷えやむくみには、足裏だけでなく、 足三里というすねのツボに向かって 足首から上に指圧するのもおすすめです。 むくみには先手必勝で、むくみが出る前にマッサージすることでむくみ対策になります。 おわりに 今回は、足のツボのマッサージ方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか? これらのように様々な効果があるのが足裏マッサージです。 毎日続ける事で少しずつ気になる症状が改善されていきますので、健康維持のためにぜひ取り入れてみましょう。

次の

足のむくみ解消のツボとマッサージの決定版 |カンポフルライフ by Kracie

足 裏 ツボ

[目次]• ツボ押しといえば足のツボ ツボ押しといえば、最初に思い浮かぶのが足のツボではないでしょうか。 人間の体には便秘に効果的とされるツボがたくさんありますが、足にももちろん便秘解消に役立つツボが存在しています。 特に足の裏は、指で刺激を与えることが簡単なので効果を感じやすいかと思います。 また、悪い部分を指圧すると痛みやすいので、素人でもツボを見つけやすいというのも嬉しいところです。 適度な刺激を与えてあげましょう。 便秘に効果的な足のツボ 原則的にツボは左右対称に位置しています。 どちらか一方だけではなく、右足と左足の両方を同じように刺激してあげるようにしましょう。 便秘に効果的な足のツボ(1)厲兌(れいだ) 厲兌(れいだ)は足の第二指に位置するツボです。 第二指の爪の横、第三指寄りの部分がこのツボで、胃腸が悪いと強く痛むため場所は非常にわかりやすくなっています。 ここは便秘のほか、むくみにも効果のあるツボです。 また、狡猾、胃腸病変、過食の予防にも効果があるツボでもあります。 痛い部分を押しながら、つまみ上げるように持ち上げるとよいでしょう。 あるいは、綿棒の先端部分を押し当ててぐるぐると回すのも効果があります。 便秘に効果的な足のツボ(2)足三里(あしさんり) 足三里(あしさんり)は、膝の皿から指4本分下がったあたりの足の外側にあるツボです。 骨の縁のあたりがこれに当たります。 足三里は万能のツボだとされ、便秘以外にも体力増強やむくみなどに効果が期待できます。 もちろん胃腸への効果が期待できることから、美容効果も期待できます。 そのほか、胃腸を整えることで疲労・倦怠感の改善にも効果があります。 親指や中指を使ってグリグリとこねるように刺激してあげましょう。 便秘に効果的な足のツボ(3)三陰交(さんいんこう) 三陰交(さんいんこう)は、足首の内側付近にあるツボです。 くるぶしから指4本分上にのぼったあたり、骨の後ろのくぼみがこれです。 三陰交は消化器、肝臓、腎臓といった内臓器官の働きを助けてくれるツボです。 便秘のほか、生理痛や生理不順、むくみなどへの効果も期待できます。 左右の親指を重ねた状態で押し当てたら、力を込めるというよりも左右に動かすようなイメージで揉んであげましょう。 便秘に効果的な足裏の反射区 混同されやすいのですが、足の裏への刺激をするという共通点であるのが、足の裏の反射区を刺激するリフレクソロジーです。 リフレクソロジーは足裏の反射区(ゾーン)を刺激し、足つぼマッサージは足裏にある反射点(ポイント)を刺激するというのがその違いです[1]。 ツボへの刺激とあわせて行ってみましょう。 胃や腸といった排泄に関係する器官の反射区は、両足の土踏まずの周辺に集中しています。 親指の骨が横に出っ張っているあたりから土踏まずにかけての部分が、胃と十二指腸の反射区です。 足の裏の中でもかなり硬い部分ですから、指の腹では押し負けてしまうかもしれません。 手の指の関節を立てて強めに刺激するとよいでしょう。 土踏まずを取り囲むように、コの字型に位置しているのが大腸と直腸の反射区です。 こちらも指の関節を使って押していきましょう。 こすりつけるようにして刺激を与えるのも効果的です。 便秘に効果的なツボマッサージの注意点 揉む際に注意したいのは、マッサージ後の足が冷えないようにすることです。 足ツボの場合は片側ずつ刺激することになるため、どうしてももう一方の足は冷えてしまいがちなのですが、せっかくツボを刺激して血液の循環がよくなっても、すぐに冷えてしまったのでは台無しになります。 膝掛けやタオルなどを活用して保温に気を配るようにしましょう。 タイミングとしては就寝前にツボ押しをして、終わったらすぐに眠ってしまうのがおすすめです。 ご自身・ご家庭でいわゆるマッサージや指圧(ツボ押し)などをする際の注意点• マッサージや指圧などは身体に影響を及ぼす行為です。 ご自身・ご家庭で行う場合は、部位の把握や力の加減が難しく、身体への影響には個人差があります。 病気やケガ、痛みがある場合は、マッサージや指圧などをするまえに医師の診断やアドバイスを受けましょう。 食後、飲酒時、妊娠中など、普段と異なる体調の際は、自己判断によるマッサージや指圧などは避けましょう。 マッサージや指圧などをしたことで体調が悪くなったり、痛みなどが出た場合は、すぐに医師に相談しましょう。 また、症状が改善しなかったり悪化したりするようなら、医療機関を受診しましょう。

次の

足のむくみ解消のツボとマッサージの決定版 |カンポフルライフ by Kracie

足 裏 ツボ

夜勤明けの足のむくみも即解消! 「夜勤明けは足がパンパン!」「むくみでワンサイズ上の靴を履くようになった」「最近、勤務が続くと足の疲れがまったくとれなくって……」そんなお悩みはありませんか? もちろんむくみ知らず、疲れ知らずの、元気な足の人もいるでしょう。 でも立ち仕事が多くなりがちでハードな仕事柄のせいか、足に違和感を覚えても『仕方ない』と諦めている人が少なくないようです。 ここでは、鍼灸や整骨だけでなく、芸能人や口コミで評判の美容鍼灸も行う『竹田竜太鍼灸整骨院』院長で鍼灸師・柔道整復師の竹田竜太先生に、休憩中に気軽にできる、むくみや疲れをとるためのツボ&マッサージ&ストレッチについてお聞きしました。 疲れ&むくみを解消して美脚美人をめざしましょう! 3)足のむくみに効く!《太衝(たいしょう)》 太衝は、両足の甲にあるツボです。 気血の巡りをスムーズにしてくれるため、むくみに効きます。 太衝は足の親指と人差し指の間をなぞっていった時に骨にあたって止まる場所にあるくぼみです。 押してみると鋭い痛みを感じる人もいるかもしれませんが、痛すぎない程度の力加減で、ゆっくりと垂直に押してみてください。 竹田竜太先生からのワンポイント! 「ツボによっては押すと痛みを感じるものもありますし、その日の体調によっても押したときの感覚が変わったりします。 痛みを感じる時は無理やり押し続けたりせず、あくまでもイタ気持ちいい程度で止めておきましょう。 押し過ぎると、さらに疲れが出てしまうなど逆効果になることもあります」.

次の