すとぷり 生理。 すとぷり、初の無観客ライブ生配信「今日という日を一緒に作ってくれてありがとう」

莉犬くん(りいぬ/すとぷり)は生理男子?手術や炎上,放送事故が気になる!

すとぷり 生理

この「お願いダーリン」の再生回数がなんと1000万回再生を超え、莉犬くんの名前が一気に知れ渡ることとなりました!歌詞も曲も、莉犬くんの歌声も可愛いですよね。 莉犬くんは、顔バレの動画や顔画像も話題となっていますが、中性的な歌声なので莉犬くんの性別も「男性?女性?」と噂になっています。 その顔バレしてしまった動画はもう削除されてしまって見ることはできませんでしたが、莉犬くんと思われる顔画像はツイッターに投稿されていました。 莉犬くんの顔がわかるライブでは、莉犬さんはしっかりメイクしているのですっぴんの顔を知る人は少ないので、顔バレした顔画像が本当に莉犬くんかどうかは不明です。 ですが、この顔バレ動画に関しては「他の人が映ることはありえない」という意見が多く、この顔画像は莉犬くんとされているようです。 普段、アニメキャラクターで活動している莉犬くんなので、驚いたファンも多かったようです。 先ほどの顔バレ画像とは違う人のようにも見えますよね!莉犬くんはイケメンですし、可愛さもありますね。 顔バレ動画が出てすぐ、莉犬くんが自身の顔画像をツイッターで投稿したので、顔バレ動画の否定という意味がこもったツイッターの投稿だったのかもしれません。 確かに、莉犬くんの歌声は中性的ですし、顔立ちも可愛い印象ですが、性別障害というのはどういうことなのでしょうか? 莉犬くんが言われている性別障害というのは「性同一性障害」のことで、莉犬くんがその性同一性障害という噂があるようです。 実際に、莉犬くん自身から性別障害について、莉犬くんの性別に関してファンに向けた投稿がありました。 こちらが自分からの報告です。 長くなってしまいましたが最後まで読んでいただけると嬉しいです。 女性らしくしていないといじめられたり、除け者にされたりしていたそうで、女性である違和感と周りとの関わり方で悩んでいたそうです。 しかし「歌ってみた」の動画に出会い、女性でも男性でも関係なく、莉犬くん自身の歌声を認めてもらえたことで、性別障害も何も関係なく自分は自分として生きていこうと勇気づけられたそうです。 現在では、女性ではなく男性として生きていくことを決めた莉犬くんですが、女性や男性関係なく「莉犬くん」として活動しています。 この莉犬くんの告白に、莉犬くんのファンは「莉犬くんが女性であろうが男性であろうが関係ない」「莉犬くんは莉犬くんだよ」「性別障害のこと話してくれてありがとう」という意見が多かったようです。 莉犬くんのファンは莉犬くんの歌声や声が好きというファンが多く、莉犬くんの歌や話している声を聞いている人が多いようです! 莉犬くんは、すとぷりの活動以外でもソロでも活動しており、2019年12月には莉犬くん初のオリジナルアルバム「タイムカプセル」もリリースする等、莉犬くんの歌は多方面から支持されています。 アルバムにはヒット曲や、カバー曲、そして莉犬くんが作詞も務めた楽曲が収録されています。 今でこそ性同一性障害であることを告白し、受け入れられていますが、告白するまでにはかなりの勇気がいったそうですよ。 自分でも性別の違いに苦しむ中で、周りからの悪口など辛いことがたくさんあったようですね。 周りからは認められても、自分を偽って生活するのは大変だったでしょうね。 そんな中、先ほども触れたように、ありのままの自分でいられるネットの世界に引き込まれていきます。 「男みたい!」と言われることに喜びを感じていたそうです。 そこで性別を非公開にし、活動をすることにしました。 リスナーが離れてしまうのではないか、と心配だったそうですが、それ以上にいつも応援してくれるリスナーに自分を隠し続けるのが嫌だったそうです。 ほんとうに勇気を出して話してくれてありがとう。 莉犬くんは莉犬くんです。 そんな莉犬くんが私は大好きだから、これからも応援するし、ついて行かせてください。 ついていきます。 だいすきです。 一緒に、共にがんばっていこうね。 勇気をありがとう。 自分の家は普通じゃないんだと気づいたと言います。 確かに普通はそんなこと自分の子供に言いませんよね。 その借金のせいで、家を追い出されたり、借金取りがくることもあったといいます。 そんなこともあって母親は重いうつ病になってしまったそうです。 母親にとっても辛い日々だったのでしょうね。 声優になりたいと母親に伝えた時も「あなたは声優にはなれない」と一言で却下されてしまったそうですよ。 名前 莉犬 りいぬ• 本名 非公開• 性別 女性 現在は男性として生活している• 生年月日 1998年5月24日• 年齢 21歳 2020年1月現在• 出身地 東京都• 血液型 B型• 身長 149. 8cm• 好きな食べ物 らーめん• 莉犬くんは長い間、自身の性別障害について悩んでいたそうですが、その時の経験を糧にしてこれからも活躍して欲しいですね!.

次の

すとぷり好きを馬鹿にされる...。:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

すとぷり 生理

[すとぷり]見せ合い。 さとみside さと「あー・・・ 察し 」 何となく察したわ。 珍しくころんが素直にジェルくんに着いていってるし、ニヤニヤしてるから怪しいなーとは思ってたけど。 まぁ、大方こういうことだろうなぁと予想はしてたってことよ。 てことはななもりさんにも媚薬的なの飲ませたのかな。 まずななもりさん効くのか? プレイの時に媚薬とか玩具使ったことないからわかんねぇわ。 ジェル「るぅと大丈夫?どうしたん?」 るぅと「やっ・・・さ、わんないでくださ・・・っふ・・・ぅ、ぁ・・・」 真っ赤な顔で背中を丸めてうずくまり、股間を抑えているるぅとくん。 え、ころんかジェルくんかわかんないけどどんだけ強いの飲ませたの。 ななもりさん大丈夫かな・・・。 心配になってななもりさんの方を見れば、案の定真っ赤な顔をしていた。 目に涙を溜めて生理的な震えを必死に隠してるのを見て、息子が起き上がりそうになるのを感じる。 これ、見せ合いっこじゃなくね? ただの我慢大会じゃね? なな「ん、ぅ・・・ね、莉犬はなんともないの?」 莉犬「え?俺はだいじょ、う・・・ぶ・・・」 さと「 あ、効いてきたんだ。 めっちゃ涙目じゃん。 」 小さい莉犬がもっと丸まって更に小さくなった。 ころんとジェルくんの方を見れば悪い顔をしていた。 ころんに至っては鞄に手を入れてローターやら、ピンクの小さな袋を取り出していた。 ゴムまで常備してるのかよ。 ・・・ま、俺もこいつらと同類か。 俺の性癖がまだ可愛く見える。 *** 莉犬「ひゃああっ、触んなぁ!みんな見てるから・・・っ!」 るぅと「やっ、やだ、ジェルく・・・っ」 なな「ふ、ぁ・・・っ、さとみくん、触って?身体熱くておかしくなりそうなの・・・っ」 嫌がる2人に覆い被さるのは鬼畜2人組。 俺とななもりさんは健全だから、オネダリさせて俺からは一切何もしないというほぼ放置プレイをしていた。 かわいいわぁ。 ななもりさん可愛すぎる。 もう我慢出来ない。 ななもりさんのシャツを掴んでこちらに引き寄せる。 その勢いで軽くキスをした。 チラリと小さい組を見れば、叫んでいる莉犬が縛られているのが見えた。 ・・・うわぁ ころ「じゃあ選ばせてあげる。 みんなに見られながら玩具で3回イクか、自分でシて1回イクか。 」 莉犬「っは、俺イク前提?!しかもマシな方が自慰ってなに?!」 ころ「股広げながら精子びゅうびゅう飛ばすの皆に見られちゃうねぇ?ほら、早くしないと辛いでしょ。 」 めちゃくちゃ笑顔で卑猥なことを言い出すころん。 ・・・うわぁ 2回目 莉犬は真っ赤な顔をしながら、股を抑えてるぅとの方を見た。 莉犬「う、ぁ・・・るぅとくん助け・・・っ」 るぅと「やぁ・・・ジェルく・・・だめ、出ちゃうからっ、出ちゃ・・・っ」 ジェル「らして、全部飲むから。 」 ジェルくんはフェラしてました。 るぅとくんは細くて白い腕で頭を押してるけど、ジェルくんは離す気なんて無いようで夢中でるぅとのを咥えてしゃぶっている。 気持ちよすぎて反ってしまったるぅとくんがビクビクと肩を震わせた。 イったのかな。 リビングでやりにくそうだなぁ、なんて他人事のように思いながら俺はソレを見ていた。 まぁ実際他人事なんだけどさ。 すると、ななもりさんが遠慮がちに俺の服を脱がせてきた。 さと「今日は積極的ですね?」 なな「だって・・・っ、早くさとみくんの欲しいから・・・っ」 さと「っ・・・俺らもやりますか。 」 今のは腰にきたぞ。 それに俺も我慢出来なさそうだ。 俺のももうパンパンになってズボンを押し上げ、自身を主張してる。 ・・・はやく挿れたい。 そのグチャグチャになった穴に俺を挿れたら、敏感になったその身体はどう反応してくれるのかな。 瞼にキスを落としてからななもりさんのジーンズに手を掛けた。

次の

すとぷり莉犬くん、配信中に「中学生は精神年齢がゴミ」発言でアンチに叩かれ炎上

すとぷり 生理

[すとぷり]見せ合い。 さとみside さと「あー・・・ 察し 」 何となく察したわ。 珍しくころんが素直にジェルくんに着いていってるし、ニヤニヤしてるから怪しいなーとは思ってたけど。 まぁ、大方こういうことだろうなぁと予想はしてたってことよ。 てことはななもりさんにも媚薬的なの飲ませたのかな。 まずななもりさん効くのか? プレイの時に媚薬とか玩具使ったことないからわかんねぇわ。 ジェル「るぅと大丈夫?どうしたん?」 るぅと「やっ・・・さ、わんないでくださ・・・っふ・・・ぅ、ぁ・・・」 真っ赤な顔で背中を丸めてうずくまり、股間を抑えているるぅとくん。 え、ころんかジェルくんかわかんないけどどんだけ強いの飲ませたの。 ななもりさん大丈夫かな・・・。 心配になってななもりさんの方を見れば、案の定真っ赤な顔をしていた。 目に涙を溜めて生理的な震えを必死に隠してるのを見て、息子が起き上がりそうになるのを感じる。 これ、見せ合いっこじゃなくね? ただの我慢大会じゃね? なな「ん、ぅ・・・ね、莉犬はなんともないの?」 莉犬「え?俺はだいじょ、う・・・ぶ・・・」 さと「 あ、効いてきたんだ。 めっちゃ涙目じゃん。 」 小さい莉犬がもっと丸まって更に小さくなった。 ころんとジェルくんの方を見れば悪い顔をしていた。 ころんに至っては鞄に手を入れてローターやら、ピンクの小さな袋を取り出していた。 ゴムまで常備してるのかよ。 ・・・ま、俺もこいつらと同類か。 俺の性癖がまだ可愛く見える。 *** 莉犬「ひゃああっ、触んなぁ!みんな見てるから・・・っ!」 るぅと「やっ、やだ、ジェルく・・・っ」 なな「ふ、ぁ・・・っ、さとみくん、触って?身体熱くておかしくなりそうなの・・・っ」 嫌がる2人に覆い被さるのは鬼畜2人組。 俺とななもりさんは健全だから、オネダリさせて俺からは一切何もしないというほぼ放置プレイをしていた。 かわいいわぁ。 ななもりさん可愛すぎる。 もう我慢出来ない。 ななもりさんのシャツを掴んでこちらに引き寄せる。 その勢いで軽くキスをした。 チラリと小さい組を見れば、叫んでいる莉犬が縛られているのが見えた。 ・・・うわぁ ころ「じゃあ選ばせてあげる。 みんなに見られながら玩具で3回イクか、自分でシて1回イクか。 」 莉犬「っは、俺イク前提?!しかもマシな方が自慰ってなに?!」 ころ「股広げながら精子びゅうびゅう飛ばすの皆に見られちゃうねぇ?ほら、早くしないと辛いでしょ。 」 めちゃくちゃ笑顔で卑猥なことを言い出すころん。 ・・・うわぁ 2回目 莉犬は真っ赤な顔をしながら、股を抑えてるぅとの方を見た。 莉犬「う、ぁ・・・るぅとくん助け・・・っ」 るぅと「やぁ・・・ジェルく・・・だめ、出ちゃうからっ、出ちゃ・・・っ」 ジェル「らして、全部飲むから。 」 ジェルくんはフェラしてました。 るぅとくんは細くて白い腕で頭を押してるけど、ジェルくんは離す気なんて無いようで夢中でるぅとのを咥えてしゃぶっている。 気持ちよすぎて反ってしまったるぅとくんがビクビクと肩を震わせた。 イったのかな。 リビングでやりにくそうだなぁ、なんて他人事のように思いながら俺はソレを見ていた。 まぁ実際他人事なんだけどさ。 すると、ななもりさんが遠慮がちに俺の服を脱がせてきた。 さと「今日は積極的ですね?」 なな「だって・・・っ、早くさとみくんの欲しいから・・・っ」 さと「っ・・・俺らもやりますか。 」 今のは腰にきたぞ。 それに俺も我慢出来なさそうだ。 俺のももうパンパンになってズボンを押し上げ、自身を主張してる。 ・・・はやく挿れたい。 そのグチャグチャになった穴に俺を挿れたら、敏感になったその身体はどう反応してくれるのかな。 瞼にキスを落としてからななもりさんのジーンズに手を掛けた。

次の