韓国の反応 ノーベル賞。 韓国「相次ぐ日本のノーベル賞に落胆する韓国学会」

ノーベル賞韓国の反応2019!日本人受賞にマスコミは嫉妬?

韓国の反応 ノーベル賞

リチウムイオン電池(電池)を開発し、商品化に寄与して別名「充電する世界」を開いた米国・英国・日本人科学者3人が今年のノーベル化学賞を受賞し、ノーベル科学賞歴代最高齢者の97歳の受賞者が出た。 27番目の日本人ノーベル賞受賞者も誕生した。 ノーベル科学賞に限定すると、日本人の受賞者は、今回が24回目だ。 スウェーデン王立科学アカデミーノーベル委員会は9日(現地時間)、2019年のノーベル化学賞受賞者で、アメリカ人のジョン・グッドイナフ(97)テキサス州オースティン大学教授、マイケル・スタンリー・ウィッティンガム(77)、ニューヨーク州立大学教授、日本人吉野彰(71)、日本名城大教授兼旭化成フェローを選定した。 今度の受賞者のうちジョン・グッドイナフ教授の年齢は97歳で最高齢者ノーベル賞受賞者になった。 今まで最高年齢の受賞者は2018年度ノーベル物理学賞受賞者のアーサー・アシュキン米国ベル研究所博士だった。 受賞当時、アシュキン博士は96歳だった。 また、日本人受賞者がいるという点も目を引く。 日本国籍者のノーベル賞受賞は今回が27番目だ。 吉野氏は化学賞を受賞した8人目の日本人となった。 これまで日本は物理学賞11人、生理医学賞5人、化学賞の7人を輩出している。 ノーベル科学賞では24人目の受賞者が誕生しだ。 京都大学大学院卒業後、1972年に世界1位のリチウムイオン電池メーカーである旭化成に入社し、吉野は学界ではなく産業界出身という点で注目される。 大阪大学で博士号を取得したことも、かなり後の2005年だ。 企業で下積みしてきた吉野は2017年から名城大学名誉教授職もしている。 ノーベル委員会はこの日、「現在携帯電話、ノート型パソコン、電気車などすべての分野に使われているリチウムイオン電池は化石燃料がなくても 「充電が可能な世界」を切り開いた」と評価した。 今年のノーベル科学賞の受賞者に900万スウェーデン・クローナ 約1億円相当 の賞金とメダル・証書を授与し、授賞式は、アルフレッド・ノーベルの命日の12月10日、スウェーデンのストックホルムで開催される。 技術のギャラは出ているが、むしろ私たちが利点であるわけだ。 韓国は基礎科学を研究しようとする人が多くない。 本当に興味がなければ。 お金がなければ。 本当に痛ましい民族である。 この方のおかげで、バッテリーの心配がなく携帯用家電が使用できて感謝しています。 そもそも科学史は百年以上の差がであり、基礎科学は産業のように短期間で模倣できる分野ではないのに。 日本の高等科学教育は、20世紀初頭にはすでに開始したが、韓国はせいぜい70年代からだ。 naver. nhn? 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の

[B!] 【速報】韓国人「ノーベル化学賞に、日本人旭化成名誉フェロー吉野彰氏が受賞! 韓国の反応 : 世界の憂鬱 海外・韓国の反応

韓国の反応 ノーベル賞

私が自分で調べたところ、韓国は、ノーベル賞他学術分野・建築・文学・写真等の全63もの国際的な賞(下にその全リストあります)の受賞者がゼロであるという驚天動地のデータを示しています。 人口が韓国の半分以下の台湾は、既に計11名の受賞者がいます。 つまり、韓国は知性において真に異常な国です。 その理由は、韓国人の特異なDNAにあるとしか考えられませんでした。 お願いですから、サイト運営者の下記記事をお読みください。 アメリカ食品・医薬品局 FDA の韓国人DNAの特性に関する分析論文を元に、全てデータを掲げて、書いています。 韓国と北朝鮮の異常性を生起している主原因が、朝鮮人・韓国人の特異なDNA・遺伝子にあることが判ります ノーベル賞から見た韓国の異常性 人口は、5000万以上、世界有数の非常に高い大学進学率(短大を含めて90%以上)、そして、1人当たりGDPは約3万3千ドル。 フィールズ賞(数学)と異なり、研究環境・研究設備が整っていなければ、ノーベル賞受賞者が出る可能性は、ほとんどありません。 正確に言えば、非常に小さい確率でしか起こりえない現象です(日本のノーベル賞受賞者の業績の多くは、1990年代に発表されたものです。 そして、韓国は、1980年には既にこれらのノーベル賞受賞者が出る条件を完全に充足していました。 このため、2018年時点で、IMF統計から1人当たりGDPが1万ドル以上の国を抽出したところ69か国でした。 (注) 1人当たりGDPが1万ドル以下でも、数学ではイランのマリアム・ミルザハニのようにフィールズ賞受賞者が出ます。 また、理論物理では、ワインバーグ・サラムの電弱理論で 非常に有名なアブドゥッ・サラーム(パキスタン人でノーベル賞受賞者)がいます。 しかし、ノーベル賞受賞者の圧倒的大多数は、研究環境・研究設備の必要性から1人当たりGDPが1万ドル以上の国からしか出ません。 これは、数学や理論物理は、「紙と鉛筆」さえあれば研究できるためです。 この散布図を見ただけでも韓国の異常性は明確ですが、データを調べてみると、更にその異常性が一層明確化されます。 69か国の人口データの尖度が極めて大きく、結果、ノーベル賞受賞者1人当たりの高等教育修了者数データの尖度も高いため、正規分布を前提とするデータ計算・分析は意味がありません。 しかし、試しに行ってみたところ、韓国についてのみ、累積分布関数の値(=当該値を含めて、その値以下になる確率)は、ほとんどあり得ない小さな値 0. 0000000015261551 でした。 分かり易く言えば、サイコロを約12回振って全て同じ数が出る確率と同じなのです。 日常感覚ではありえない確率です なお、この(数学上意義は薄いが、試しに行った)分析に基づけば、サウジアラビアについては、異常とは判定できません。 2%です。 トルコについては、プラスのため、0. 0000129となり、異常値ですが、1人当たりGDPが、$10,512とデータ抽出ラインギリギリである点からみれば、当然かもしれません。 なお、です。 なお、CSVファイル(エクセルのことです)が必要な場合には、下記クリックで元データを保存できます そして、韓国は、ノーベル賞以外についても下記のような信じがたい状況です。 ノーベル賞だけでなく、全ての国際的な学術関連受賞者が完全にゼロなのです。 韓国と同様に日本の植民地であった台湾と比べても異様です。 私は、作業しながら、「こんなことありえない!」 「韓国人が我々は優秀な民族と声高に叫ばねばならない理由がわかった」と強く感じました。 確率上ありえません!) 通称ベンジャミン・W・リー(下記参照)でさえこれら物理学関係賞を全く受賞していないのです!バカで暇な人が調べた!そう思われるのを覚悟で調べました。 行けども行けども朝鮮人が出てきません。 腰が抜けるほど驚きました。 韓国の1人当たりGDPは、約3. 3万ドルで、等十分な研究環境にあります。 しかも高等教育終了率も0. (引用内容は、ほんとかもしれませんが、誇張があると思われます。 ) 「韓国人の癇癪と日本人の微笑み」 柳舜夏より 「韓国で論文を盗用したとして告発されれた人の中に謝罪の色を見せた人は一人もいない。 皆が慣行だと言い張る。 私のケースで捕まるのであれば、韓国で生き残る教授はいないという発言をしたものまでいる。 上記に示したようなあり得ないレベルのデータの異常性の主原因は、韓国人(=朝鮮人)のDNAの特性にある可能性が高いと考えます。 そして、民族性の最大の決定要素は、その民族に固有のDNA・遺伝子です ハプログループの分布とノーベル賞 下の表は、ノーベル賞1人当たりの高等教育修了者数の上位10か国です。 ノーベル賞の元データは、であり、国籍に基づきます。 従って、例えば、南部陽一郎氏は、アメリカとしてカウントしています。 国名 平和賞除く受賞者数 ノーベル賞1人当たりの高等教育修了者数 備考 ルクセンブルク 2 59,000 1名はユダヤ人 スイス 22 221,982 スウェーデン 25 247,752 アイスランド 1 250,800 文学賞のみ イギリス 119 316,230 デンマーク 13 359,515 ノルウェー 11 381,818 ハンガリー 9 526,400 ドイツ 103 530,499 イスラエル 9 619,378 下の画像は、ハプログループIの下位区分であるI1の分布です。 ハプログループとは、男性のY染色体遺伝子の分類分布で、パプログループI1は、事実上、男系のゲルマン民族遺伝子です。 ノーベル賞単独ののデータは、ほぼ明確に、かつての彼らの主張を裏付けています。 しかし、下記は真の天才といえる の国別データです。 人口比から見れば、ノーベル賞と異なりフランスが他を圧倒しています。 実は、研究設備や研究環境に大きく依存するノーベル賞よりこちらが断然重要であり、はっきり言えば、遺伝子による民族の優劣というものが、もし存在するのであれば、詳しく調べれば結論が出ます。 Dの下位区分として、D1bがあり、日本列島で突然変異が生じ誕生したと推定され、日本人男性に固有の遺伝子です。 日本人男性の約35%がこのD1b(=M174変異)分類に属します。 ハプログループO-47Zは、日本人男性に固有です。 日本人男性の少なくとも約30%以上がこの分類に属します。 ご参照 なお、Y染色体遺伝子のみではなく、常染色体を含めてDNA中のSNPs(一塩基変異多型)を分析した場合、女性を含めた場合、日本人と朝鮮人は、確実に最も近い関係にあります。 (及びの論文による。 何故なら、白村江の戦いは、663年であるからです。 今後の集団遺伝学に基づく、韓国人以外の遺伝学者による「 遺伝子を特定した上での韓国人の一部の者に生じた遺伝的特異性」の解明が待たれます。 私の計算では、「一部の者」は、最大18%です。 ご参照 そして、誤解されると非常に困りますので、必ず絶対にをご参照下さい。 韓国人のノーベル賞は? ちなみに、今後=2019年以降どうなるのかを見てみましょう。 韓国は、ノーベル賞目指して、真に官民挙げて取り組んでいるようです。 無駄な努力かもしれませんし、2019年時点では少なくとも「コストに到底見合わない」ことだけは確かです。 結論から言いますと、ノーベル賞は、業績を発表してから、15〜20年後に授与されるケースが非常に多いため、少なくとも2040年頃まで、物理学賞・医学生理学賞・化学賞については、受賞する可能性は極めて低い!という点につきます。 Benjamin W. Lee(1977年死亡)という理論物理学者がヒットするだけです。 なお、Benjamin W. Leeは、存命中、上に掲げた物理学関連のいずれの賞も全く受賞していません。 しかし、で見ると、2000年〜2010年の世界の化学者トップ100人に韓国人が、3名も入っていますので、可能性はゼロではありません。 しかし、上に掲げた化学分野の賞を韓国人の化学者は、誰一人受賞していませんので、確率は極めて低いでしょう。 Oh Uhtaekです。 しかし、上に掲げた医学・生理学分野の賞を王さんは、全く受賞していませんので、そのノーベル賞受賞の確率は極めて低いと推定します 韓国のは約2兆円(国家予算は、約40兆円。 いずれも2017年予算)で、予算比 (国家予算に占める比率)で恐らく世界1位であり、 しかも、2001年から(個人・法人を含め、メンバー数は、5000)を設立し、「我々は優秀な民族」の最大のネック解消に向けて、 即ち自然科学系ノーベル賞受賞に向けて国を挙げて真剣に取り組んできた経緯があります。 しかし、2019年時点では、1人当たりGDP・人口・大学進学率に加え、国の大きい支援を考慮すると、韓国は、本当にどんでもない・想像を絶する状態です。 韓国は、平和賞以外のノーベル賞受賞者がいないだけではなく、上に掲げたように全63もの国際的な学術関連賞の受賞者が全てゼロなのです!同じように、日本の植民地であった親日国である台湾と比べてください! 以上で、日本人の「ノーベル賞狂騒曲」を終わります。 2020年7月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 最近の記事.

次の

韓国の反応・ウルトラソウル : 【韓国反応】日本人がまたノーベル賞を受賞しました

韓国の反応 ノーベル賞

ノーベル賞韓国人候補者 韓国研究財団はノーベル賞候補者として 【物理学】 ・米ハーバード大学キム・フィリップ教授 ・米ラトガース大ジョンサンウク教授 ・成均館大のイ・ヨンヒ教授、 【化学】 ・ソウル大ヒョンテクファン教授 ・蔚山科学技術院のキム・グァンス教授 【生理医学】 ・延世大イソグ教授 を候補に挙げていますが、海外の専門機関の予測候補に韓国人はいませんでした。 さらに 【平和賞】 ・文在寅大統領 が選ばれるのではないかという期待が高まっています。 4・27板門店の南北首脳会談をはじめと三回にわたる首脳会談を通じて、北朝鮮の非核化と韓半島の平和などを成功に導いたという評価を受けているためです。 【ネイバーニュース heraldbiz. com】 23対0、日本と韓国のノーベル科学省受賞者の比較である。 日本は今年まで総23人のノーベル科学賞受賞者を輩出しているのに対して韓国はまだ一人もいない。 これまで経済発展のための基礎科学ではなく、応用科学に焦点を当ててきたからだ。 近年政府が基礎科学研究院を設立し、年間1兆4000億ウォンの基礎科学分野研究費を支援するなど、投資を増やしたのは喜ばしいことだ。 しかし日本の研究開発投資は国内総生産比3. 49%で、経済協力開発機構OECD加盟国平均(2. 4%)の1. 5倍の水準では韓国とはまだ大きな差を見せている。 専門家たちは日本がこのように基礎科学分野で相次いでノーベル賞を受賞することができる理由について ・基礎科学の集中的な投資を通じた長期的研究に没頭できる安定した環境があること を挙げている。 韓国研究財団が発行した「ノーベル科学賞総合分析報告書」は、日本のノーベル科学賞を多数輩出した背景について ・未来を見据えた研究課題の選定など政府レベルの全面的な研究費支援 ・子供のころから科学技術への興味と関心を高める ・若い時から安定した研究を行うことができる研究環境を提供 ・留学や海外の研究活動の経験 以上の項目が挙げられると分析している。 韓国研究財団政策チーム長キム・ヘド氏は ・国内ノーベル賞受賞のためには、長期的な次元で将来を担う学生の思考の多様性を呼び覚まし、開放的融合的な関心と意欲を起こさせる教育戦略が必要 ・未来のノーベル賞受賞者候補の若手研究者が可能な限りの能力を発揮できる研究環境の整備のために、人材システムの改革や研究費の着実な措置、科学技術イノベーションシステムの構築など政府レベルで必要な努力を体系的かつ総合的にしていくことが重要 と語っている。 日本は19世紀末、現代科学の胎動期にヨーロッパと共に始動した国だ。 ノーベル賞は基礎科学の安定した関心と投資によるもの。 しかし1960年代韓国は基礎ではなく実用的な科学を選択した。 基礎科学への投資は勝算がないと判断したためだ。 経済力の向上に役立つ技術に投資しようと選択をしたものであり、その選択は正しかった。 今経済的に先進国隊列に並び、今後人類のために貢献できる研究をすることが必要になった。 スポンサーリンク 韓国人の反応、日本の受賞に嫉妬? 日本人受賞者が出るたびに、韓国でも話題になりますが、コンプレックスや嫉妬があるかないかといえば、それはきっとあるでしょう。 ただ、韓国人受賞者がゼロという圧倒的差を前に、単純に比較できないという現実がありそうです。 日本は学ぶ点が多い。 イイネ1482 学ぶものは学ばないと 毎年劣等感だけ感じていても日本に追いつけない。 イイネ565 一部政治や歴史問題と絡めて過激批判をしている書き込みもありましたが、それにはイイネや同意ボタンが押されておらず、素直におめでとう、うらやましいという内容がほとんど。 そして「すぐ隣の国なのになぜ韓国はゼロなの?」という疑問にたどりつくようで、韓国の教育の問題点などを挙げている書き込みが多く見られました。 日本の科学教育は小学校のときから始まる。 2008年ノーベル物理学賞を受賞した南部教授は 「物理学の醍醐味はパズルと同じでなぞなぞを解くおもしろさだ。 小学校の科学の時間が一番面白かった」と語った。 その言葉通り、日本は小学校のころから科学教育に多くの時間を割く。 韓国では科学教育が教室の中でだけ行われるが、日本では野外で多様な体験を通じて科学の興味と関心を持てるようにしている。 例えば新学期になったら子供たちに花壇で花やさつまいもなどを植えさせ、1年間水をやり育てさせる。 子供たちは芽が出て、花が咲き、葉が落ちる過程を見守りながら自然に植物に関する関心を持つようになる。 そして自分が育てたさつまいもで調理実習もする。 夏はカブトムシを育て、えさをやり、観察する。 休みの日は無料の科学体験教室なども開かれる。 このように子供のころから科学はひとつの面白い遊びとして認識していく。 決して理論ではなく、体験を通じて子供たちは科学と接する。 このように科学に興味を持った子供たちが日本の科学を背負い、ノーベル賞受賞となるのだ。 韓国も子供たちが科学の魅力を感じることができるように、教育システムをかえるべきではないか。 韓国と日本の教育に大きな差がありそうですね。

次の