ブレイン テスト 159。 ブレインパフォーマンス(脳の健康度)を定期的にセルフチェックするためのデジタルツール「のうKNOW™」を日本において新発売

ブレインハック・ブレインブースト、学習・記憶・速読

ブレイン テスト 159

2020年3月23日 エーザイ株式会社(本社:東京都、代表執行役 CEO:内藤晴夫)は、このたび、Cogstate Ltd. (本社:オーストラリア 以下 Cogstate社)が創出した認知機能テスト「Cogstate Brief Battery TM」 以下 CBB について、日本において、ブレインパフォーマンス(脳の健康度)をセルフチェックするためのデジタルツール(非医療機器)として開発し、「のうKNOW TM」(読み:ノウノウ)の製品名で3月31日に新発売することをお知らせします。 自治体や企業等の法人向けから販売を開始します。 「のうKNOW」は、PCやタブレット端末を用いた簡便なトランプテストによって、脳の反応速度、注意力、視覚学習および記憶力を評価する4つのテストを行い、ブレインパフォーマンスを定量的に測定します。 利用者が単独かつ短時間(約15分)で測定することができ、日常生活や健診等において、定期的なセルフチェックが可能です。 結果画面には、「記憶する」「考える」「判断する」などのブレインパフォーマンスを定量化した指標(「ブレインパフォーマンスインデックス BPI 」)と生活習慣において ブレインパフォーマンスを維持するためのアドバイスが表示されます。 7%、食事、運動、睡眠等の正しい予防行動が習慣化しているのは19. 7%であり、さらに認知機能チェックを習慣的に実施している人は2. 1%に過ぎないことが明らかとなっています。 疾患理解の促進や認知機能チェックの習慣化に向けて、これらの越えなければならない溝(キャズム)を解消することが求められます。 働き盛りの世代から、本ツールを用いてブレインパフォーマンスを定期的にセルフチェックすることにより、脳に係わる健康や疾患を正しく理解し、生活習慣の見直しや予防行動、医師等への相談などを行うきっかけとなることが期待されます。 自治体や企業等の法人向けから販売を開始し、個人向けに対しても、現在開発中のエーザイ認知症エコシステムプラットフォームの会員向けスマートフォンアプリ TM とのデータ連携が可能となる予定です。 なお、本ツールは、医師などの医療関係者による診察および診断に代わるものではありません。 また、医療領域においても、簡便な診断ツールの浸透に向けたキャズムが存在しており、米国、欧州、オーストラリア、ニュージーランドでは、CBBを医療従事者向けの専門的なフィードバック機能を有する医療用として開発された「Cognigram TM」が医療機器として承認され、医師などの医療関係者によるMCIや認知症の診察や診断の際に使用されています。 当社は、日本において、CBBを医療用の診断ツールとして開発することも検討中です。 当社は中期経営計画「EWAY2025」において、「Medico Societal Innovator(薬とソリューションで社会を変える企業)」をめざし、神経領域とがん領域に集中したイノベーション創出の取り組みを進めています。 特に認知症領域においては、就業時間の1%を認知症当事者およびそのご家族と共に過ごす活動(共同化)から得た認知症当事者の憂慮に応えるために、当社が有する抗認知症薬治験で得られた認知機能およびバイオマーカーなどのデータセット等を活用したエーザイ認知症プラットフォームの確立を企図しています。 そのうえで、医療機関、診断薬開発企業、研究機関やバイオベンチャーに加え、民間保険、フィットネスクラブ、自動車メーカー、小売業、介護施設と連携して、新たな便益をお届けする「認知症エコシステム」の構築をめざしています。 当社は、日本において「のうKNOW」の普及に取り組み、ブレインパフォーマンスの維持・向上に向けたセルフチェックと予防行動を支援することに加え、認知症エコシステムによるSocial Innovationに貢献してまいります。 あなたの脳の健康度に関する結果が表示されます。 脳の健康を維持するための、有益な情報が表示されます。 Cogstate Ltd. について Cogstate Ltd. (ASX:CGS)は、1999年に創設され、オーストラリアビクトリア州メルボルンに本社を置くニューロサイエンステクノロジー企業です。 脳の健康評価の最適化を通じて新薬の開発を促進し、ヘルスケアに関する早期の臨床的洞察を可能にすることを追求しています。 Cogstate社のテクノロジーにより、従来の紙媒体による認知機能評価から、より信頼性が高く、コスト面にも優れた、迅速かつ高感度のリアルタイムの電子臨床アウトカム評価(electronic Clinical Outcome Assessment: eCOA)に基づく認知機能評価が確立されました。 Cogstate社の臨床試験ソリューションには、革新的な運用アプローチ、高度な分析、科学コンサルティングを組み合わせた研究エンドポイント向けの品質保証サービスが含まれています。 20年近くにわたり、Cogstate社はバイオ医薬品企業や学術機関の最先端の研究ニーズと、世界中の医師や患者の臨床ケアのニーズをサポートしてきました。 詳細については、をご覧ください。 当社は、2019年8月、Cogstate社とCBBについて、日本において独占的に開発・商業化をするための業務提携契約を締結しました。

次の

ブレインパフォーマンス(脳の健康度)を定期的にセルフチェックするためのデジタルツール「のうKNOW™」を日本において新発売

ブレイン テスト 159

教師として、限られた春休みの時間はリラックスしたり、心身を回復させたり、もしかすると学校のことを少し忘れ、リチャージする時間を描くかもしれません。 そうすることで、新学期や新入生をエネルギーに満ちた楽観的な姿勢で迎えることができるでしょう。 しかし、どんなにリチャージしても、新入生がクラスルームへもたらすものに対して、完全に準備して構える方法はありません。 言い換えれば、新学期開始時に、これから迎える生徒の状況や環境、そして経験を事前に把握しておくことは難しく、またそれらが今後の学習にどのような影響を与えるのかなど知ることは不可能です。 そのため、個々の生徒がおかれている状況に関わらず、全ての生徒が学習への前向きな姿勢を整えられるクラス環境の構築を支援し、成功できる機会を与えることが教師に与えられた大きな課題となるでしょう。 では、自分自身に不可能な基準を与え過負荷の状態にならずにこの課題を達成するにはどうしたらよいのでしょう。 この課題に取り組む1つの方法はいたってシンプルで、生徒だけでなく、教師にもとても役立ちます。 ブレインブレイク 脳休め 身体運動が脳や学習プロセスへもたらす効果への意識が高まり、ブレインブレイクを使って日々の学校生活に身体を動かす時間を取り入れる学校が増え続けています。 このブレインブレイクは授業の合間の切り替えやテストの単調さを破るのに使われます。 テキサス大学公衆衛生学部のアクティブプレイ-アクティブラーニングプロジェクトによると、ブレインブレイクをクラスに取り入れることで、集中力、全国共通テストのパフォーマンス、そして課題に取り組む時間 特に集中力することが難しい生徒に多く見られる を向上させることがわかりました。 2009年に発表された別の研究によると、ブレインブレイクは、認知コントロールと学業成果を改善するのに役立つということがわかりました。 その中でも、たとえ短時間の運動でも、脳へポジティブで即時の効果をもたらすことができるということが強調されています Hillman et al。 教師のツール Yoga Ed. の教師のツールワークショップ チェアヨガワークショップ は、シンプルで楽しいチェアヨガのポーズ、呼吸法、リラクゼーション、そしてヨガゲームを通して、教育者が学生の精神的、感情的な状態を切り替えることで、学びや学業成果を促進することを可能にします。 さらに、教師のツールは、運動やリラクゼーションの機会を提供する以外にも、生徒が、自己への気づきや自信といった極めて重要な社会的感情的スキルを発達させるのに役立ちます。 証拠は生徒が握っています。 2014年、カリフォルニア州立大学フラトン校の研究者は、ロサンゼルス南中部にあるチャータースクールであるThe Accelerated School TAS のクラスで、Yoga Ed. 教師のツールプログラムを使用した効果の調査を行いました。 TASの生徒たちは多様な社会経済背景、文化、そして家庭環境から集まり、「全ての生徒は才能あるものとして扱われ、成功されると期待されています」 TAS, 2016。 保護者もまた、子どもの自尊心や集中力、そして睡眠の質や熱意、自信、さらには喜びも改善されたと同意しています 生徒の感想は? 一年間毎日チェアヨガを続けたあと、生徒は保護者や教師レポートよりもさらにポジティブな変化を報告し、精神的、感情的、身体的、そして対人関係の成長面全てにわたって改善が見られました。 特に、生徒は、日々のチェアヨガが喜びや自尊心、熱意や自信、エネルギー、そして対人関係を改善することを発見しました。 それだけではありません、さらに睡眠の質の向上、集中力の強化、人体に関する知識の向上、そして姿勢の改善も報告されました。 生徒がより健康で幸せで能力があり、自信を持って、 文字通り 姿勢良く立つことができるのは、全てクラス内でのチェアヨガのおかげなのです!これこそが私たちにとっての喜びです。 ブレインブレイクを取り入れる方法をお探しですか? 1. ブレインブレイク・ツールキット 無料 チェアヨガのツールキットを使って、クラス内での集中力を高めましょう。 ヨガの経験も特別な道具も必要ありません。 プロフェッショナル・ディベロップメント 子どもと十代の若者向けのチェアヨガワークショップで、生徒のストレスを減少させ、喜びと集中を高める方法を学びましょう。 参考文献 About Us. Retrieved June, 2016, from Chen, D. , Pauwels, L. 2014. Hillman, C. , Pontifex, M. , Raine, L. , Castelli, D. , Hall, E. 2009. The Effect of Acute Treadmill Walking on Cognitive Control and Academic Achievement in Preadolescent Children. Neuroscience, 159 3 , 1044—1054.

次の

ブレインハック・ブレインブースト、学習・記憶・速読

ブレイン テスト 159

757• 394• 389• 105• 243• 234• 137• 23 Archives• 1 Recent Entries 体が不自由になり暇だと、普段は気にならなかった事が気になる。 テレビのニュースで全国学力テストの結果に憤りを見せた橋下知事の姿があった。 私も佐賀の小学生が全国36位で中学校では33位というランクに複雑な心境だ。 せめて半分くらいの順位なら標準ということで気落ちすることはないのだが・・。 上位を占めてるのは東北地方だが、先生の質が東北の方がいいのか?子供の質がいいのか? 都会に比べると塾にいってる子も、そう多くはないと思うけど・・・。 ある、テレビのコメンテーターが「親子の密着感が強い土地柄かもしれない。 食事を一緒に摂るとか、よく会話するとか・・。 」と話していた。 なんとなく、妙に納得した。 一方では、収入の格差が学力の格差を生み出すという作家もいた。 そうすると、都会が学力上位を占めてもいいのではないかと思う。 東北地方に行った事がないので、憶測でしか考える事はできないが、自然が豊かなので林業とか農業とか自営の家庭が多いと思う。 出稼ぎも多いのかな? どちらにしても、親が一生懸命働く背中を見て子供も頑張るのかなと感じた。 親の生き方が子供の学力に影響しているなら、私も頑張らないと!.

次の