超速 グランプリ。 ミニ四駆 超速グランプリ

ミニ四駆超速グランプリ攻略wiki

超速 グランプリ

今回は節電について考察していきます。 普段のMAP攻略では3レーンでレース時間も短く、あまり効果を感じにくいかもしれませんが、超速グランプリのサーキットは5レーンでレース時間が長く、後半如何にスピードを落とさずにゴールまでいけるかというのが非常に重要になってきます。 そこで放熱フィンの冷却能力向上の改造で節電の数値がどれくらい上昇するか、実際に超速グランプリシーズン2のウルトラG2100サーキットでどれくらいタイムが縮まるのか見ていきたいと思います。 節電とは? まず、節電の説明を見ていきます。 節電 走行時の電池の減りを少なくする効果。 レースが長引くと電池が減ってきて速度が低下するが、節電効果があると、速度低下を抑えることができる。 そのままですが、節電によって電池消費を抑えることができるようです。 放熱フィンの節電改造 放熱フィンでは「冷却能力向上」の改造を行うことで節電の数値を上げることができます。 実際の上昇率は職人技を例にとると以下の通りです。 上昇項目 結果 ベース上昇 レベル上昇 節電 職人技 3. 実際どれくらい上昇するかというと、こんな感じです。 大体40前後くらいで、レベル30くらいまで上げれば、80くらい上昇すると思います。 実際のタイム 超速グランプリの結果を記します。 放熱フィンの改造以外は何も変えていません。 改造 タイム レーン 改造なし 52. 357 3 冷却能力向上レベル27 51. 637 3 いかがでしょうか? 超速グランプリはレーンによってタイムが違う(1レーンが一番速い?)という話もありますのでそこは比較が難しいですが、同じレーンで走っているもので比較しても明らかにタイムが縮まっているのが見て取れます。 放熱フィンはショップでも売っていますので、誰にでも手に入れることができます。 ぜひ毎日ショップで確認して見つけたら買っておくことをおすすめします。 他の節電効果のあるパーツは? 節電効果を持つパーツは他に何があるでしょうか。 デフォルトの状態(改造をしていない状態)で節電のスキルを持っているのは、• 放熱フィン• ゴールドターミナル の二つだけです。 それ以外のパーツで節電効果を出そうと思ったら改造しかありません。 改造で節電効果が出るのは、• 放熱フィン• ゴールドターミナル• ボディ の三つです。 実はかなり少ないです。 ボディの場合は他にもエアロ、軽量化等候補がいくつかあるので、どの改造をするか悩ましいところですが、希少性という観点から節電を選ぶというのもありだと思います。 ボディの節電効果については後々考察していきたいと思います。 他にもたくさんデータ収集して考察やっていますので気になることがありましたら言って頂ければ記事にしていきます。 随時データを更新していきます。 不足、誤り、質問等ありましたら、メール、コメントまでお願いします! mini4wdapp.

次の

【超速GP】SG超速グランプリ 1次感想

超速 グランプリ

ボディは「スピードUP+」のシャイニングスコーピオン。 オーバースピードはステーやウイングで調整 スピード重視でセッティングしていると、コースアウトする原因はたいていオーバースピードだ。 まずは、フロントステーやウイングなどで調整していこう。 フロントステー フロントステーはスラスト系のスキルを持っており、装着することでスラスト角を調整できる。 スラスト角とは、マシンの中心線と進行線のズレを指し、これが高くなるほど、コーナーでの減速が高くなり、安定することになる。 なお、スラスト系のスキルはシャーシにもついており、マシン自体のスラスト角は、その合計になる点に注意。 また、あまり高くなりすぎると、その反面スピードも下がる。 ここのスキルが高いほど、コーナーが安定する。 ローラー ローラーの選び方は十人十色でさまざまな考え方があるが、基本ローラーの径が小さく、素材も軽いプラだとコーナースピードが速くなる。 逆に、径が大きく、素材がゴムやアルミだとコーナリングでの安定性が高くなるので、コースアウトする場合は試してみよう。 位置も重要で、安定性を求めるなら、できるだけ大口径のものをフロントに装着すると効果が出やすいようだ。 一方でリヤは、小径でプラ素材のローラーを使い、コーナースピードを高めていくといい。 ただし、スピード低下も大きくなる。 これは、登り坂でブレーキをかけることでマシンの速度を抑制するスキルで、その後のジャンプでの着地失敗を防止してくれる。 大きいほど効果が高く、その分重くなるのでスピードは低下する。 フロントからリヤまで、最大で3つ装着できるが、基本的にはあとちょっと安定させたいときの、細かい調整用と考えよう。 ホイール&タイヤも見直してみる フロントに小径ナローワンウェイ+小径レストンスポンジ、リヤに大径スピード+大径スリックあたりがスピード重視セッティングの基本。 コースアウトする場合、リヤのタイヤをスポンジに変更することが鉄板。 これだけで、安定性は大きく変わる。 フロントとリヤの違いも、ある程度は性能にも関係しているようだ。 序盤は気にしなくてもいいが、突き詰めるならフロントにはフロント、リヤにはリヤと、あわせるようにしたい。 スピード重視設定例 小径ナローワンウェイ・フロント 小径レストンスポンジ・フロント 大径ライトウェイト・リヤ 大径スポンジ・リヤ モーターやシャーシなど、根本部分を変えてみる スピード重視のセッティングで、どうしてもコースアウトするなら、モーター、ボディ、シャーシといった根本的な部分から見直そう。 パーツより先にモーターやボディを変更し、そこからパーツを変えていくのもありだ。 モーター モーターは、さまざまなタイプのものを複数用意しておけば、そこを切り替えるだけで、大まかな調整ができる。 とくにレブチューン、トルクチューンは、ある程度改造段階のバリエーションも用意しておきたい。 例えば合計レベルで0(無改造)、60、180、フルとそろえておけば、あれこれ試すことができる。 シャーシ シャーシに関しては、スピード重視でいくならタイプ2か3のどちらかが鉄板。 しかし、コースに応じて適切な適性をもったシャーシにすることも有効。 シャーシの適性 アイコン 名前 適性 タイプ1シャーシ 登り坂 タイプ2シャーシ ストレート タイプ3シャーシ ストレート FMシャーシ 登り坂 スーパー1シャーシ コーナー スーパー1強化シャーシ コースアウト防止 スーパーFMシャーシ コーナー スーパーTZシャーシ コーナー ゼロシャーシ ストレート ボディ ここばかりは趣味や好みでいきたいところだが、やはりコースにあわせた適性と特性を持つボディに変更するだけで、劇的に変化する場合がある。 まずはスピードUPなどのスピード重視で様子を見て、ジャンプが多いならバウンド抑制、スローブ、バンクがが多いならブレーキ効果UP、オフロードならオフロード適性UPなど、適切なボディ特性に切り替えていく。 など スタミナ耐久UP 衝撃に強くなり走行中にマシン性能が低下しにくくなる スコーチャーjrなど 節電UP バッテリー残量が減りにくくなる スーパードラゴンJr. など オフロード特効UP オフロードで減速しにくくなる ダッシュ5号 D. など アクセサリーは定番モノを装着 アクセサリーは、基本的にデメリットはないので、手持ちから4つを選択すればいい。 基本的にここは、あまりいじる必要はない。 具体的な使用パーツは人によって若干異なるが、ゴールドターミナル、放熱フィン、中空軽量プロペラシャフト、真ちゅうピニオンギヤという組み合わせが定番になっているようだ。 ほかには、中空ステンレスシャフト、丸穴ボールベアリングを使う人もいる。 基本的には、今持っているものの組み合わせでOKだ。 なお、アクセサリーは何もつけないのはもったいないので、低レアリティでもいいので何かしらつけるようにしよう。 ショップをこまめに覗き、余裕があれば複数用意しておこう。 注目アクセサリー アイコン 名前 解説 ゴールドターミナル 電気エネルギーを効率よくモーターに伝えて消費電力を下げる 放熱フィン モーターの放熱効果により消費電力を下げる 中空ステンレスシャフト 軽量かつマシンの耐久を高める 真ちゅうピニオンギヤ モーターのトルクロスを抑え耐久性を高める 中空軽量プロペラシャフト 軽量でマシンの駆動効率を高める 丸穴ボールベアリング シャフトの駆動効率を高める、ストレート速度に優れたアクセサリー 改造の考え方は? 改造については、ローラーなら摩擦を高める、モーターならパワーやスピードを高めるなど、改造の方向性を最初にしっかり決め、基本的には長所を伸ばしていく。 ただ、モーターに関しては、スピード重視で改造したレブチューンや、ある程度スピードを伸ばしたトルクチューンなど、さまざまなタイプのものを用意しておきたい。 モーターの種類をいくつか用意しておけば、そこを変えるだけでオーバースピードを防げることもあるからだ。 強化は方向性が見えてから 強化については、最初は10~20程度で様子を見て、ある程度マシンの全体的な方向性が見えてから、一気に強化レベルを上げていくといい。 改造の結果ランク(職人技など)は最初は気にしなくてもいい。 方向性が決まったら、最終的に再改造で至高の逸品を目指していく。 なお、例えばイイ感じでレベル50にしてその後再改造で至高の逸品にした場合と、最初から至高の逸品でレベル50にするのでは、最終的な数値に違いはない。 変にあとから方向性の異なる改造を行うと、それが原因で結果が変わってしまう場合もある。 もちろん、ウデマエを上げての強化レベル底上げも重要。 そのほかのポイント 周回遅れの場合 周回遅れでのリタイアは、根本的にパワーとスピードが足りていない。 モーターの変更・改造・強化などでよりスピードを突き詰めるしかないが、もし長距離コースで後半バテているようなら、スタミナ耐久も見直していこう。 ちなみに、周回遅れはミニ四ワールドではあまり起こらないが、超速グランプリの場合、高クラスになると平均タイムも短くなるため、その分周回遅れも増えてくる。 これは、マッチング相手にもよるので、多少の運も絡んでくる。 超速グランプリの結果をヒントにする 超速グランプリに参加すると、レースの分析やライバルマシンの設定参照などが可能になる。 仮に敗退しても、これらをしっかり吟味・分析することが、セッティングの大きなヒントになることも多いので、積極的に参加しよう。 シャーシちゃんのアドバイスを参考にする ミニ四ワールドでは、リタイアになった場合、バウンド、着地失敗、オーバースピードなど、その原因に応じてシャーシちゃんがアドバイスをしてくれる。 意外にしっかりした意見をいってくれるので、読み飛ばさないようにしたい。 原因の対策となるパーツなども教えてくれる。 ライバルのマシンを参考にする 超速グランプリでは、レース後にライバルマシンをタップすると、セッティングの内容を見ることができる。 改造段階までは見ることはできないが、おおまかなセッティングがわかるだけでもかなり参考になるはずだ。 過去30件分の履歴が表示されるので、以前のレースもしっかり参照しよう。 レース内容もスキップしないでしっかり確認。 どこでコースアウトしたか、どこでペースダウンしたかを把握すれば、対策しやすい。 公式Twitter Your borwser is not supporting iframe tag. Please use one of the latest browsers. dengekionline. htm.

次の

セッティングの考え方

超速 グランプリ

どうしたら勝てるのかが初心者には分かりづらい。 システム• 誰でも簡単にミニ四駆の改造やレースを楽しめるが、マシン性能の強弱が分かりにくい。 手軽さ• レースのスキップやマシンのオート作成ができるので、少ない時間でもプレイ可能です。 テンポ• 序盤の敵が強すぎる。 しっかり改造を行わないと先に進めない。 グラフィック• 3Dモデルで再現されたパーツは、実物と遜色ないくらい綺麗。 やりこみ度• パーツ数が多くカスタマイズの組み合わせ無限大。 納得のいく最高のマシンができるまでやり込める。 まあまあ 手軽さ• 勝ち負けが理由かわからないのなら意味がない テンポ• 攻略法がわからなく勝ち負けがいまいち理解不能 グラフィック• こっている部分はあり面白い部分はある やりこみ度• ガシャが八百長と言うほど、全くダメ、何千円掛けて引いてやっとか言うほどで、呆れて物も言えないくらい、客寄せパンダでゲームをする人を誘き寄せ、どうでもよいものを引かせ消費者を自滅させる、世の中お金がない人にそういう行為はぼったくりそのもの もっと見る ミニ四駆 超速グランプリ紹介 ミニ四駆 超速グランプリ ミニ四駆 は、タミヤから販売されている自動車プラモデルシリーズ「 ミニ四駆」を題材にした新作スマホアプリです。 スマホアプリで再現される数々の名マシンやパーツを駆使して自分だけのマシンを作り出して楽しみましょう。 リアルなミニ四駆レース 超速グランプリの魅力は、リアルを追求したミニ四駆レースにあります。 背面のスイッチを入れるところから、マシンを自分の手でスタートさせる所までも再現しており、レース開始時には緊張感さえも感じるほどです。 精巧な3Dモデルで作られたミニ四駆や、モーター毎に違う音などにも注目です。 自分だけのオリジナルマシンを作れる ボディやシャーシはもちろん、モーターからギア、追加パーツに至るまで細かくカスタマイズできるため、自分だけのオリジナルマシンを作り出せます。 コースアウトを恐れぬスピード重視か、安定性を高めた堅実な走りか、マシンの性能を決めるのはあなた次第です。 ドレスアップで見た目をコーディネート ドレスアップモードでは、マシンの見た目をコーディネートできます。 スプレー使ったカラーリング変更を行ったり、ステッカーを貼ったりして、マシンをカッコよく仕上げましょう。 当時流行っていた肉抜きによる軽量化も可能です。 マシン診断で性能をチェック マシンの詳細な性能データは、マシン診断を行うことで見れます。 改善すべき点についてのアドバイスもしてくれるので、改造が一段落ついたら一度診断を受けるのがおすすめです。 勝つ度に敵が強くなり、レベルに応じた報酬ももらえるので、何度も挑戦して完全クリアを目指しましょう。 また、原作キャラならではの会話も楽しめます。 全国のプレイヤーと大会で腕を競える 超速グランプリモードでは、全国のプレイヤーと腕を競える大会に参加できます。 自身とウデマエの近い人がマッチングで選ばれるため、伯仲した戦いが味わえます。 エディットモードでコースを作成 エディットモードでオリジナルコースも作成可能です。 完成したコースはエディットカップで使用でき、自ら大会を開催することができます。 手軽さ• テンポ• グラフィック• やりこみ度• 送信 関連記事 最新アプリ事前登録 これからが楽しみ!注目の事前登録ゲーム ラストオリジン ジャンル:ターン制戦略バトルRPG メーカー:PiG Corp. ・バイオロイド達の特徴を理解し、強力な分隊を作ろう!•

次の