ハッシュ パピー 銃。 ラスベガス SHOT SHOW2019 レポート 【実銃&アクセサリ編】

【ザ・ファブル】125話「這う女・・・・。」這ってしか歩けない女は罠を張っていた・・・・。

ハッシュ パピー 銃

特徴 [ ] に発売された同社初(初)の式で、その後の同社の自動拳銃シリーズの基本となった。 方式を採用し、現在で主流となっているを使用するダブルアクションであるが、これといって目立った特徴はない。 メカニズムはDAオートの先駆であるの物を多く借用し、全体的な意匠や機構においてはやの影響が見られる。 変わったところでは、ハイパワーに採用されていた(マガジンが装填されていないとハンマーが落ちず、発砲できなくなる安全装置)も受け継いでいる。 オリジナリティでいえば、反射防止セレーションの入ったや同社の を彷彿させるアジャスタブル式リアサイトにらしさが現れている点が挙げられる。 量産品として軽量なフレームを採用したモデルでもある。 同時期に開発された ()やがフレームで1,000g前後の重量だったことを考えると、当時としては軽量な自動拳銃に仕上がっており、その後に登場したM59シリーズはダブルアクション、ダブルカラムマガジンの9x19mm弾を使用する拳銃としてはやに先行して発売され、バリエーションとしてDAO(ダブルアクションオンリー)やモデル、を始めやに対応したモデルが発売されるなど、古い設計ながらもそれなりの汎用性を持っていると言える。 ほかにも、ハイパワーに比べ太いグリップは手の小さい人には評判は余り芳しくなく、角材のような握り心地と形容されることが多かった。 9x19mm弾を使う銃、ダブルカラムマガジンの採用という先見の明こそあったものの、の短さや基本設計の古さも相まってXM9トライアルではマイナーチェンジモデルのM559があえなく落選しており、全体的な評価は高いとは言えない。 一方で、などの公用としてはある程度の評価を得ており、米国を中心とした警察機関などで多数採用されている。 ほかにも、下記のとおりが第3世代のモデルであるM3913を 、がM5906を それぞれ採用している。 においては、時に軽量なことを評価されてが同社のリボルバーとあわせて単位でM39を使用したことやのにも専用が装着可能なカスタムモデル、Mk. 22 Mod0が採用されていた。 初期のバリエーションとしては、シングルアクションモデルのM44、M44をベースにリボルバー用のを使用できるようにした用拳銃のM52、ダブルカラムマガジンを採用して装弾数を14発に増やした ()などがある。 代表的なカスタムモデルとしてはのデベルコーポレーションでカスタムされた「デベルカスタム」が挙げられる。 バリエーション [ ] このM39を基本とした様々なが同社から発売されている。 基本的に型番が2桁であれば第1世代型、3桁であれば第2世代型、4桁であれば第3世代型に分類されるが、M910やM945などの例外もある。 なお、いずれの世代においても40や45口径、10mm口径のダブルカラムマガジンは存在しない。 例えばM439なら「アルミフレーム、9mmシングルカラムマガジン」、M645なら「オールステンレス、45口径」、M659なら「オールステンレス、9mmダブルカラムマガジン」となる。 ガードの付いた特徴的なリアサイトの形状をしている。 後半からはやノバックタイプのリアサイトなど、現代的な装備を備えるものも発売された。 このように多数のバリエーションがある上に数字の順序も世代ごとに入れ替わっており、ユーザーの混乱を招きがちである(などでは型番が3桁止まりであった同社製品で4桁が出た初の例)。 以下は有名なバリエーションである。 22 Mod0 M39ベースの向け用。 別名は「」。 これを与えるとうるさく吠えるでもおとなしくなるように、この銃で撃たれた人間は死んで静かになるということから、こう呼ばれるようになった。 発射音を極力抑えるために亜音速特殊弾Mk. 144 Mod0と専用のWOX-1A が使われ、スライド音を抑えるために強制的にスライドを固定するスライドストップ機能を備えている。 また、サプレッサーの装着を前提としているため、非常に大型のアイアンサイトが備えられている。 これらの組み合わせにより消音能力は非常に良好だったが、サプレッサー内部のインサートの寿命が22発で限界だったため、交換用インサートも合わせて支給された。 M459はフレーム、M559はスチールフレーム、M659はステンレスフレームを採用している。 M559はの制式拳銃トライアルに参加したが、に敗れて不採用となった経緯がある。 その後、からはアメリカ市場で販売された。 の使用弾であるを使用する。 後にM645ベースのシングルアクション式競技用拳銃として「M745」が発売された。 M645の第3世代型は「」と呼ばれる。 本銃はにも配備されており、を皮切りに 、にはのと見られるが訓練で使用しているのが確認され、6月にで発生した立てこもり事件でが使用し、が近年の訓練で使用しているほか、への配備も確認されている。 M645の第3世代型。 ブラックモデルのM4505も存在する。 基本的にはM59の第3世代型であるが、グリップが握りやすいワンピースグリップとなるなど、従来のモデルと比べると全体的にスタイリッシュなデザインとなった。 本銃はで採用されており、以降、などに配備されている。 コンパクトモデルの「M6906」も製造された。 専用開発のを発射し、9mm程度の口径ながら45口径と同程度のを発揮するとされる(やの考え方に近い)。 しかし、現在は本体・ともにカタログ落ち状態である(そのため、実銃の世界では非常にレアな銃と化している)。 ただし、日本ではがとして「PC356」の名で本銃をモデルアップしており、日本での知名度は高い。 使用弾薬は. 銃身下部は一般向けと異なり円筒ではなくレールが刻まれており、左側面に「CHP」の文字と携行者のバッジナンバーが刻まれている。 登場作品 [ ].

次の

S&W M39

ハッシュ パピー 銃

以前、どこかのサイトで、 be up to the hush puppy behind. と言う英文を見て何となくメモしまていました。 ところが、意味をメモするのを忘れてしまい、直訳ではおかしくなってしまいます。 検索しても出てこないのです。 そこで、この文の意味を意訳でよいので教えてください。 おそらく、造語ではないかと思います。 自分で検討をつけて調べたところ、the hush puppy は消音銃を指していることがわかりました。 be up toは~次第ですかね。 she is up to the hush puppy behind. としたかったのかなと思われます。 この場合、文法などはあっているのでしょうか? 意味は、後ろからハッシュパピーで狙うのは彼女次第? 彼女はハッシュパピー次第? どうすればスマートになるのでしょうか。 よろしくお願いします。 >彼女が後ろから、ハッシュパピーで狙っているとはなりませんか? #2にいただいた上記のコメントを拝見しました。 あ、銃であるのは判明しているのですね。 直訳すると、前回も書きましたように「彼女は後ろにあるハッシュパピーを狙っている」なのです。 つまり、behindにあるhush puppyを「使おうとしている up to 」のです。 で、hush puppyを銃だとすれば、状況としては、こういうことであるはずです。 「彼女の後ろに銃があり、これからその銃を何らかの形で使おうとしている」ということになります。 「後ろにある」ということは、後ろの床にほっぽってあるかもしれないけれども、彼女がすでに握った状態で背後に隠しているということも考えられます。 背後にいたらバレバレですから。 さらには、敵が彼女に面と向かっていたら、彼女の手が怪しい位置で怪しい動きをしているのが、これまたバレバレでしょう。 よって、敵がいるとすれば、その敵は彼女の前方にいて、しかも彼女に背を向けていると考えるのが自然です。 逆に言えば結果的に、彼女は「敵を、その敵の後ろから狙っている」格好になります。 したがって文脈次第ではありますが「彼女は後ろにあるハッシュパピーを(今から使う道具として)狙っている」転じて「彼女が(敵を)後ろから、ハッシュパピーで狙っている」と意訳できる可能性もあります。 とにかく文脈次第です。 余談ですが、hush puppyは厳密に言うと「(消音装置を装着可能な)スターム・ルガーMkII型の銃」を意味するようですね。 でも銃には、とんと疎い私です。 参考URL:.

次の

現代兵装に関する資料

ハッシュ パピー 銃

言わずと知れたM4の改修銃。 改修を請け負ったのは棍棒以上の価値は無いとまで言われたイギリス軍制式採用銃であるSA80を実用に耐えうるレベルまで引き上げたHK社である。 ちなみにあまり知られていないがHK社は宇宙航空関連企業としても有名なイギリスのBAEシステムズ社傘下でもある。 だからあれほど国産軍需企業を保護して株式の公開買付けを止めておけと言ったのに。 形自体はほぼ変わらない(というかローアーレシーバーで違いなんかあるの?米軍内ではアッパーレシーバーだけでも売ってたりするらしいけど本当だろうか?)ので見た目、使い方はM4となんらかわりがない。 ガス制御装置をHkG3のモノに取り替えた結果M4の最大の問題と言われていた異常加熱から開放された。 またG3のガス制御装置は水に対しても強く、泥水や水に十分近く漬けた状態からでも射撃が可能であった。 しかしながら砂に対してはそれほど強いとも言えず、動画などで砂に漬けて撃っている映像があるがよく見るとどれもクローズドボルトで行われておりMASADAACRのようにオープンボルトでは実験されてはいないようだ(まあ命が惜しければやめておいたほうが良いが・・・)。 またHk社の新型スチールマガジンに変更されており、ジャムが少なく好評のようだ。 砂などに対する耐久テストでは数値的にはどうやらM4とそれほど大差がないようではあるがM4ほど深刻なトラブルはないようだ。 皮肉にも米軍によって行われた同テストでは同じく自社製品であるやたら評価の低いXM8が半分以下の動作不良でテストを終えている。 先進的な見た目やブラスチックフレームの銃に対する偏見はまだまだ根強いようだ。 なおHk416においてはその反動がM4と異なり撃ちづらいという話もあるが恐らく今まで紹介したように次世代銃はどれも違う反動を持っているであろうから対した問題ではないと思われる。 結論としてはHk416はM4の完全な上位銃と考えて問題ないだろう。 M4を使うくらいならHk416を使うべきと考えてもらいたい。 他社の持つ優れた機構を積極的に取り入れて新しい銃を作れたならば理想の銃が出来上がるのではという可能性をHk社は提供してくれた。

次の