ドコモ光 nttレンタル機器。 フレッツ光の接続機器のレンタル・設定手順!解約・返却方法まとめ!【保存版】

ドコモ光の接続機器の疑問を解決|ONUとルーターの違い・設定方法・選び方

ドコモ光 nttレンタル機器

今あるルーターを交換したい 現在フレッツ光を利用しており、すでにルーターを使って自宅でWi-Fiも使っている方がルーターを交換したい場合の多くは、インターネット回線やひかり電話の接続不良や通信速度の低下を改善するためだと思います。 ルーターの交換には、レンタルしているNTTに交換してもらうか、自分でより適したルーターを購入して交換する、2種類の方法があります。 フレッツ光から送られてくる「ホームゲートウェイ」 フレッツ光で「フレッツ光ネクスト」「フレッツ光ライト」「フレッツ光ライトプラス」を利用している場合、月額料金と一緒に毎月使用料金が請求される有料レンタルでの「ホームゲートウェイ」と呼ばれる端末を使用することになります。 このホームゲートウェイはONUという光終端装置と無線LANカードが一体型になっています。 (Bフレッツなど契約したプランや時期によっては、終端装置とホームゲートウェイが別々になっている場合もあります。 ) 以下の記事で、ホームゲートウェイについて詳しく解説しています。 レンタル機器仕様 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ レンタルで貸してもらえる機器は、上記のページで紹介されています。 どの機器でも内蔵無線LAN機能があり、PCやスマホで動画を視聴する程度のダウンロード通信では不自由なく使えるスペックです。 レンタル中のルーターを交換してもらう ひかり電話の契約をしていない状況で、自宅内でWi-Fiを使いたい場合は、無線LANルーターを別途用意する必要があります。 この場合、NTTから有償でレンタルするか自分で購入したルーターを使うかの選択肢があります。 接続機器を自分で設定する自信がない、手間を省きたい人には、レンタルをおすすめします。 フレッツ光でレンタルのルーターを交換するにはNTTに電話をする レンタルのルーターの調子が悪く交換したい際には、フレッツ光の窓口に電話をして手続きを進めましょう。 NTT東日本:0120-000113• NTT西日本:0120-248995 電話は24時間受け付けていますが、9:00~17:00以外の時間にかける場合は連絡の手続きができるのみです。 折り返しの電話を待ちましょう。 電話がつながると、電話口でルーターの配線状況を確認されます。 利用者側に問題がない場合は、ルーターの交換が可能です。 交換する際は、ルーターを郵送してもらう方法と、スタッフに持参してきてもらい設置や設定をしてもらう方法の2つから選べます。 ひかり電話も契約している場合 ひかり電話を導入している場合も、ホームゲートウェイとは別に、「ひかり電話ルーター(PR-500やRT-S300NE、古い型だとRT-200KIなど)」がレンタルできます。 しかし、このままでは無線LANは使用できません。 別途で専用無線LANカードをレンタルするか、ホームゲートウェイのルーター機能をオフにし自分で用意したルーターを取り付けて使うこともできます。 ) このホームゲートウェイは故障した場合に限り、無償で交換してもらえます。 最近多いパターンでは、最初の契約で借りて何年も使い続けていた「RT-200KI」タイプでの接続が不安定になり、NTTに問い合わせて自損故障でないと判断してもらえれば、新しいタイプの「RT-S300NE」と交換してもらえるようです。 ホームゲートウェイを交換してもらう際には、前述の窓口に電話をして、交換依頼をしましょう。 ルーターが不調ならNURO光に乗り換えるのがおすすめ ルーターの不調で交換を検討しているなら、NURO光の光回線に契約を変えるのも手です。 NURO光は通信速度がフレッツ光の最大2倍で、月々の料金がプロバイダ料金込みの4,743円で利用できる光回線です。 NURO光に回線を乗り換えてから利用できるONUは、無線lanルーターが内蔵されているため、機器一台で通信環境を整えられます。 その上、 月々のONU・ルーターのレンタル料も無料です。 また、フレッツ光でひかり電話を利用中の場合でも、NURO光の契約なら電話番号を変えずに電話の利用が可能です。 ただし、NURO光でひかり電話を利用するには、月額料金に関東地域で500円(税抜き)、東海・関西地域で300円(税抜き)を上乗せする必要があります。 携帯キャリアのひかり回線に転用するのもおすすめ 現在フレッツ光を利用しているなら、お使いの携帯キャリアの光回線に転用するのもおすすめです。 転用は同じNTTが回線を事業者に卸しており、フレッツ光の回線をそのまま利用できるため、回線工事不要で契約を変更できます。 お使いの携帯キャリアに転用した場合、月々のスマホ料金の割引を受けられるため、通信費の節約につながります。 また、規格の古いルーターやONUの交換可能です。 新しいルーターを自分で購入する NTTフレッツ光から無線ルーターをレンタルすることもできますが、レンタル料は月額750円となり、12ヶ月で9,000円、24ヶ月なら18,000円とかなり割高になってしまいます。 一方、市販のルーターは、マンションでの一人暮らし用なら5,000円前後、一戸建てで家族で無線LANを共有する場合でも15,000円前後で購入できます。 ガイドを読みながらであればほとんどの方が自分でPCと機器の接続は可能です。 接続設定が自分でできそうで、無駄な出費をおさえたい人には、ルーターの購入をおすすめします。 最新規格11acのWi-Fiルーターに交換する フレッツ光の通信速度を無線で最大限活かしたいならば、最新のWi-Fiルーターを導入するのが一番おすすめです。 数年前のWi-Fiルーターだとダウンロード速度は最大でも50Mbps程度。 せっかくの1Gbps光回線を活かせません。 少し前まで多く使われていたルータの規格11nでもダウンロード最大で450Mbpsでした。 現在最新規格のWi-Fiルーターは11acというもので、これは規格上最大6. 9Gbpsまで対応しているそうです。 (もちろん、フレッツ光の通信速度は最大1Gbpsですので、実際はそこまで必要ありませんが、そのくらい最新規格のものはキャパシティが増えているということです。 ) 例として、現在人気のある無線LANルーターをご紹介しましょう。 AirStation HighPower Giga WHR-1166DHP4(バッファロー) 価格:4,680~6,998円 無線LAN規格はIEEE802. 光回線自体やプロバイダの混雑などさえなければ、常時で通信(転送)速度が204GHzなら300Mbps、5GHzなら866Mbpsと、非常に快適な無線インターネットが利用できるのです。 以下の記事では、市販のおすすめのルーターを紹介しています。 このように、通信速度を安定させられる無線ルーターは低コストで簡単に購入して導入できます。 ルーター交換を考えている人には、ぜひこういった機器の購入を検討してみてくださいね。 インターネットおすすめ光回線.

次の

【ドコモ光】ルーターの交換はできるのか?故障の時は?

ドコモ光 nttレンタル機器

ソフトバンク光はNTT回線で提供されているの? ソフトバンク光は光回線を使っているため、ADSLなどよりも高速のインターネットが利用できるサービスです。 もちろんソフトバンク光はSoftBankが提供しており契約先もSoftBankです。 しかし、NTTと何か関係があるようです。 まずは、ソフトバンク光と同様に光回線を使ったNTTフレッツ光のサービスについてご紹介します。 フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が提供 「ソフトバンク光の事が知りたいのに何故フレッツ光?」と思った人もいるかもしれませんね。 でも、最後までお付き合いください。 まず、「フレッツ光」という光回線を使ったインターネット接続サービスはNTT東日本とNTT西日本が提供しています。 NTTフレッツ光の簡単なイメージ図 上記はNTTフレッツ光でインターネット接続するまでの簡単なイメージ図です。 インターネットに接続してくれる業者「プロバイダ」と自宅は「光回線」で結ばれています。 もちろん、フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本の2社が管理・所有する光回線を利用します。 ソフトバンク光はNTTから光回線を借りている? 次はソフトバンク光の回線の話です。 上記のフレッツ光と同じようにソフトバンク光も「光回線」を使って提供されているインターネット接続サービスです。 実はソフトバンク光で利用される「光回線」は NTT東日本・NTT西日本の2社から借りています。 (NTTが光回線をSoftBankに貸し出している) NTTがSoftBankに回線を貸している 上記のイメージ図を見て頂ければ解りやすいと思います。 フレッツ光でも利用するNTTが所有する光回線をNTTがSoftBankへ貸し出しています。 そして、SoftBankが「ソフトバンク光」というサービス名で提供しているのです。 という事は 「ソフトバンク光はNTT回線」と言う事になりますね。 NTTフレッツ光とソフトバンク光で利用する 回線には違いがないという事です。 SoftBankはNTTと提携してソフトバンク光を提供しているのではなく回線を「貸す」「借りる」の関係だけと言えますね。 ソフトバンク光でNTTの機器(モデム)が利用される理由 ソフトバンク光を「新規契約」するとインターネット接続で利用する光回線の開通工事が行われます。 この開通工事が終わるとNTTのロゴが入った機器が設置されます。 また、フレッツ光からソフトバンク光への「転用」、そして他社光コラボレーションからの「事業者変更」の場合も設置していたNTTの機器をそのまま利用します。 ソフトバンク光なのにNTTの機器 ここで多くの人が「ソフトバンク光と契約したのに、なぜ関係ない会社のNTTの機器が何故あるの?」と疑問を持つのです。 上記でもご紹介したようにNTTからSoftBankが光回線を借りてソフトバンク光は提供されています。 その為、 ソフトバンク光はNTT回線を利用するため、ソフトバンク光を契約したとしても NTTのロゴ入りの機器(モデム)が設置されるんです。 NTT機器は何故必要なのか 上記ではソフトバンク光はNTT回線を使うため、必ずNTTの機器が設置される事をご紹介しました。 このNTTのロゴが付いた機器は何故必要なのでしょうか?必要ないなら邪魔なので返却したいですよね。 しかし、 NTTの機器は光回線でインターネットをする際には 重要で必要な機器なんです。 この機器がなければインターネットに接続出来ません。 光信号をデジタル信号に変換する機器 NTTのロゴ入り機器は正式には「ONU」と言います。 この「ONU」は一般的に別名で「光回線終端装置」や「モデム」とも呼ばれていて、 光回線で利用する「光信号」からパソコンなどで利用可能にする「デジタル信号」へ変換する装置なんです。 光回線で利用する光信号はそのままパソコンなどでは使えないので、この機器が絶対に必要なのです。 NTT機器と光BBユニットの接続方法 ソフトバンク光を契約する人の多くはSoftBankから「光BBユニット」という機器をレンタルしています。 光BBユニット(左)NTT機器(右) この光BBユニットとNTTの機器(ONU)の接続方法は非常に簡単です。 LANケーブルで接続する NTTロゴ入り機器(ONU)と光BBユニットの接続にはLANケーブルを使用します。 まず、NTTのONUのLANポート(LANの差込口)にLANケーブルを挿して、光BBユニットにあるインターネット回線ポートにも挿すだけで接続は完了です。 詳しい内容は以下の関連記事をご覧ください。 ソフトバンク光の開通工事はNTTが担当 ソフトバンク光を新規契約で申し込みをすると、光回線を自宅内へ引き込む開通工事が行われます。 ソフトバンク光を契約したのに何故か「後日NTTから開通工事の日程の連絡があります。 」と案内されます。 何故、ソフトバンク光を申し込んだのにNTTの工事業者が来るのでしょうか? NTT委託工事会社が工事に来る ソフトバンク光を新規契約すると NTTからも開通工事の日程について電話があります。 そして、電話で打ち合わせた日時に NTTから委託された工事業者が光回線を引き込む工事に来ます。 ソフトバンク光の開通工事はNTTの委託業者 上記でもご紹介したように ソフトバンク光の光回線はNTT回線を借りて提供しています。 その為、利用する光回線を自宅へ引き込む 工事はNTTが請け負っています。 ソフトバンク光だからSoftBankが開通工事をする訳ではありません。 ソフトバンク光はNTT回線を利用しているので、開通工事もNTTから委託された工事業者が行うんですね。 NTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用に伴う疑問 現在、NTT東日本・NTT西日本が提供しているフレッツ光を契約中の人は、転用という手続きで簡単にソフトバンク光へ切り替える事が出来ます。 NTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用する場合によくある疑問をご紹介してその疑問に答えてみたいと思います。 転用でNTTを解約する必要はあるの? 現在NTTフレッツ光を契約中の場合にソフトバンク光へ転用手続きをすると、契約がNTTからSoftBankへ切り替わります。 しかし、転用の場合はNTTの契約を別途解約手続きなどする必要がありません。 転用とはNTTの契約・サービスをすべてSoftBankへ移譲する手続きの事なので、ソフトバンク光へ転用した場合はわざわざNTTの契約を解約する手続きをする必要がありません。 NTTへ返却するものはあるの? NTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用すると、今までNTTからレンタルされていたモデムや無線LANカード、ホームゲートウェイは返却する必要があるのでしょうか? 基本的にNTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用した場合、NTTフレッツ光で利用していた機器をそのまま利用します。 その為、NTTへモデムなどの機器返却は不要です。 NTTからも料金請求がある!? NTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用したのにも関わらず料金をNTTからも請求されている人がいるようです。 なぜ、NTTとSoftBankから二重請求の支払いを求められているのでしょうか? NTTの請求は翌々月という事も NTTフレッツ光の請求は請求書等など締め日の関係上、遅くて翌々月に請求される事があります。 (例えば、1月の支払い分を3月に請求など。 )その為、ソフトバンク光へ転用しても請求が重なってNTTからも請求される事があります。 フレッツ光オプションはNTTから請求 ソフトバンク光へ転用する前にNTTフレッツ光で契約していたオプションをそのまま継続して利用する場合はNTTから請求があります。 softbank. 」と記載があります。 NTTひかり電話をソフトバンク光でも利用できるのか NTTフレッツ光で利用してきた固定電話(ひかり電話)はソフトバンク光へ転用してもそのまま利用できるのでしょうか? NTTひかり電話は継続利用が可能 NTTフレッツ光を契約した「ひかり電話」はソフトバンク光へ転用したとしても、継続して利用する事が可能です。 その場合はソフトバンク光の「光電話(N)」という電話サービスに加入する事になります。 光電話(N)の「(N)」とはNTTの「N」の事で、ソフトバンク光でも継続して固定電話(ひかり電話)が利用できるように用意されたオプションサービスです。 電話番号もそのまま NTTひかり電話を継続利用する場合にはソフトバンク光の「光電話(N)」に加入する事になります。 もちろん、今まで利用してきた電話番号も電話機も継続してそのまま利用する事が出来ます。 ソフトバンク光でもNTTひかり電話は利用したい時は「光電話(N)」に加入すればいいんだね。 電話番号もNTTの時と同じものを利用できるんですね。 まとめ この記事ではソフトバンク光とNTTの関係についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? ソフトバンク光は光コラボレーションと呼ばれるインターネット接続サービスでNTT回線を利用して提供されている事がご理解いただけたと思います。 その為、ソフトバンク光を契約したとしても転用したとしてもNTT回線を利用するため自宅にはNTTのロゴ入り機器(モデムやホームゲートウェイなど)が設置されるのです。 光回線を自宅へ引き込む工事もNTT回線を利用しているため、SoftBankではなくNTTの委託工事業者が実施する事もご理解いただけたのではないでしょうか?.

次の

ドコモ光の接続機器の疑問を解決|ONUとルーターの違い・設定方法・選び方

ドコモ光 nttレンタル機器

ONU・モデム・ホームゲートウェイの違い まずONU・モデム・ホームゲートウェイの意味を混同してしまっている人もいるので、違いについて解説していきます。 是非参考にしてみてください! ONU 最初に「ONU」と呼ばれる機械について説明します。 ONUとは回線終端装置という名称の機械のことで「 光回線」を使用してインターネットに接続をします。 ドコモ光は、光回線なので基本的にこのONUを使用してインターネット接続を行います。 ONUはLANケーブルを使ってパソコンと接続することで、Wi-Fiルーターがなくてもインターネットに接続する事が可能です。 モデム 続いて「モデム」について説明します。 モデムと呼ばれる機械は「 電話回線」を使ってインターネット接続を行います。 ONUは光回線を使ってインターネットに接続するのに対して、モデムは「電話回線」を使用してインターネットに接続をします。 パソコンとモデムをLANケーブルで繋げばWi-Fiルーターがなくてもインターネット接続が可能です。 電話回線を使ってインターネット接続するので、厳密には光回線とは別物ですがモデムとONUを同じ意味で使う工事事業者の方もいます。 現在、光回線が主流となるので、モデムを使用する事はほとんどありません。 ホームゲートウェイ 最後にホームゲートウェイについて説明します。 ホームゲートウェイとは「 光電話に対応したルーター」の事を言います。 光電話とは光回線を使用した光IP電話のことで電話料金を安く抑える事が出来る人気の固定電話サービスです。 ホームゲートウェイは「ONU機能+Wi-Fiルーター+光電話」と言った全ての機能を兼ね備えている機種があります。 この機械が1台あれば、パソコン・Wi-Fiルーター・光電話・ひかりTVなどの各機器に接続する事が可能です。 また、ドコモ光では「 ドコモ光ルーター01」というものがあります。 ドコモ光ルーター01は、Wi-Fiルーターの事を指します。 Wi-Fiルーターだけではインターネットに接続する事が出来ません。 必ず上記で紹介した「ONU」または「ホームゲートウェイ」が必要になります。 このWi-FiルーターをONUやホームゲートウェイとパソコンなどの通信機器の間にはさむだけで、Wi-Fi接続が可能となり、スマホやゲーム機など同時に複数の機器をつないでインターネットに接続する事が出来ます。 注意点 選べない ドコモ光で提供するONUおよびホームゲートウェイは、インターネットに接続する際に 必要不可欠な機器です。 その為、ドコモ光側が 無料で貸し出してくれます。 ドコモ光で提供しているONUの種類は、• 単体型のONU• ONU一体型ドコモ光電話対応ルーター となります。 基本的にONUを 自分で選ぶ事は出来ません。 自分が契約した内容によって届くONUは異なります。 例えば、光電話を一緒に申し込んだ人はONU一体型ドコモ光電話対応ルーターが届きます。 この「ONU一体型ドコモ光電話対応ルーター」でWi-Fiも一緒に使う場合は、機器に搭載されているカードスロットに無線LANカードを差し込む事でWi-Fiを利用する事が出来ます。 また、光電話の申し込みをしていない人はONU一体型ドコモ光電話対応ルーターが届く事もあれば単体のONUが届く事があります。 単体のONUが届きWi-Fiを利用する場合はONUとは別に「 Wi-Fiルーター」を用意しなくてはいけません。 Wi-Fiルーターは自分で購入して用意するか、先程紹介したドコモ光ルーター01等Wi-Fiルーターをプロバイダから借りる事が出来ます。 交換 ドコモ光でONUを交換する事は基本的に出来ませんが、場合によっては交換する事が出来ます。 例えば、インターネット・光電話・ドコモ光テレビオプションの利用が出来ない原因として、ONUが劣化していたり破損している場合に交換する事が出来ます。 またフレッツ光からドコモ光に転用した場合、回線速度が最大1Gbpsのプランに切り替わるので、フレッツ光を利用していた時のONUをそのまま利用していると回線速度が非常に遅くなる事があります。 そういった場合は、1Gbpsに対応したONUに交換する事が出来ます。 ただ、交換できる条件は故障や回線速度が遅い原因が「機器に問題がある場合のみ」となります。 なので、サポートセンターの方にどんな状況で利用出来ないのかを説明して対応してもらいましょう。 いま届けにきてもらって交換したら直ったー。 例えば「もうドコモ光をやめよう!」と解約を考えた場合、解約手続きを必ず行います。 解約の際にプロバイダが指定する住所宛にONUを返送用封筒に入れて返却をしたり、撤去工事があった場合は撤去に携わった作業員に機器を回収してもらう事があります。 ちなみに、機器が破損していたり最終的に未返却の場合は「機器相当額」が請求されるので返却時は十分に気をつけましょう。 ドコモ光は機器返却せんと端末代金請求されるのか 笑。 あの白いONUの価値は1,837円なんや…。 — 伴太 tkuctmt てかうちもドコモ光にしたら新しいモデムきたお!設置しにきたおにーさんが古いほう持っていってくれたから自分で返却はしてないけどね — Luxuria@マンドラ鯖 Luxuria2525 届かない事がある ドコモ光では、たまにONUがいつまで経っても届かないと言ったケースがあります。 ONUが届かないケースで考えられるのは• フレッツ光からドコモ光に転用した場合• 派遣工事があるかないか 以上の2つの原因からONUが届かない場合があります。 例えば、フレッツ光からドコモ光に転用する場合は工事が不要なので今まで利用していたONUを使ってドコモ光を利用する事があります。 なのでドコモ光に乗り換えたとしても新しくONUが届くワケではありません。 またドコモ光を新規で申し込んだ際に自宅の環境によって「開通工事」をする場合があります。 その際に原則工事事業者がONUを持参する為、開通工事までONUが手元にない状況になります。 なので「明日は工事なのに機器が届かない!」と不安になる必要はありません。 以上の2つの原因以外でONUが届かないようならドコモインフォメーションにお問い合わせをしましょう。 ドコモ光契約して本日開通日。

次の