ラファエル しくじり先生 動画。 【しくじり先生】年収4000万円!YouTuberラファエル① 仮面の理由。自衛隊から営業マンへ!

YouTuberラファエルのギャラに、ノブコブ吉村「桁も数字も何も違うぞ」と驚愕! #しくじり先生

ラファエル しくじり先生 動画

2020年5月11日(月)放送の『 しくじり先生 俺みたいになるな!! 』にYouTuberとして活動されている ラファエルさんが出演されるそうです。 『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』に出演される ラファエルさんは、YouTubeチャンネル登録者数150万人以上、これまでにアップした動画の数は3000本以上で、その総再生数は15億を超えるといいます。 日本を代表する人気YouTuberながらも会社を5つも経営しているというラファエルさん。 『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』では、ラファエルさんのYouTuberとしての成功を掴むまでの道のりと、しくじらないための教訓が伝授されるそうです。 日本を代表する人気YouTuberであるラファエルさんのお話が楽しみですね^^ この記事では、『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』に出演され、会社を5つも経営しながらも日本を代表する人気YouTuberとして活躍されているラファエルさんの素顔や年齢について調べたことをまとめています。 ラファエルさんの年収や経営する5つの会社はどこで場所はどこにあるのか?についても調べたことをまとめています。 ラファエルさんのプロフィールも紹介していますので合わせてご覧いただけたら幸いです。 『しくじり先生』 『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』に出演され、会社を5つも経営しながらも日本を代表する人気YouTuberとして活躍されているラファエルさんの年齢について見ていきましょう。 ラファエルさんの年齢については、ご本人は公表されていません。 YouTuberの「ラファエル」というキャラクター上の設定では、 年齢は永遠の二十歳ということになっています。 しかし、インターネット上やTwitterなどでは、ラファエルさんは 30代~前半ではないか?との予想が多いようです。 20代にしては若い、ラファエルさんの体格などを見て40代には見えないというのが理由のようです。 しかし、こちらの動画を拝見すると20代でも全然通用しそうなラファエルさんですね。 ラファエルの年収も調査! 『しくじり先生』 『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』に出演され、会社を5つも経営しながらも日本を代表する人気YouTuberとして活躍されているラファエルさんの年収は一体どれほどなのでしょうか? ラファエルさんの年収については、Yahoo!ニュースによりますと 5億円だと言われています。 ラファエルさんの今後の目標は、コンプライアンス的にクリーンに、企画力をあげていきたいとのことで100億円のキャッシュをつくることだそうです。 ラファエルさんは億万長者を超える人たちと会うようになって、有事の時に大切な人間を守るには100億のキャッシュがないとどうにもならないと聞き、目標値が上がったそうです。 成功者として第一線で活躍していても、なおまだまだ挑戦していくというラファエルさんの姿勢はYouTuberとしての鏡ですね! ・ YouTuberとしての活動の為の法人が1社 ・ アプリ開発系の会社 2社 ・ コンサル系の会社が 1社 ・ アパレル系の会社が 1社 の計5社と言われています。 会社名については、ラファエルさんがYouTuberとして活動する為として経営している会社「 株式会社イスラーフィール」ということしか分かりませんでした。 ラファエルさんがYouTuberとして活動する為として経営している会社「株式会社イスラーフィール」は、2017年3月1日に設立されています。 なんでもラファエルさんは、YouTubeの活動の法人以外については共同で経営しているそうで、今はご自身のYouTuberとしての活動に積極的に取り組んでいるそうです。 会社経営についてのラファエルさんのお話がYouTubeで公開されていたので、こちらご覧ください。 ラファエルさんがYouTubeのチャンネルを開設したのは、2014年の10月28日です。 当時はサラリーマンを本業としていたラファエルさん。 副業としてYouTubeとしての活動をされていたそうです。 公開した動画に人気が出できてことでラファエルさんは、サラリーマンを辞めてYouTuberとしての活動に力を注ぎます。 YouTuberとして活動していくにあたって、ラファエルさんは「VAZ」という事務所に所属しました。 しかし2018年の9月には、所属事務「VAZ」から「Kiii」に移籍しています。 ラファエルさんの事務所の移籍の理由のひとつとして金銭問題ではないかと噂されているようです。 また、事務所移籍のもう一つの理由として、今後ラファエルさんはプロデュース業へと力を注ぎ活動をする予定だとも言われています。 ラファエルさんがプロデュースした方はどんな方で、どんな内容の動画を公開されるのか、これからのラファエルさんの更なるご活躍を期待しています^^ ラファエルの素顔や年齢は? 年収や会社も調査! 『しくじり先生』まとめ この記事では、『しくじり先生 俺みたいになるな!! 』に出演され、会社を5つも経営しながらも日本を代表する人気YouTuberとして活躍されているラファエルさんの年収は一体どれほどなのか?についてと ラファエルさんの経営する5つの会社はどこで場所はどこにあるのか? について調べたことをまとめました。 ラファエルさんの本名や年齢、出身地を含めたプロフィールも合わせて紹介しました。

次の

ラファエルしくじり先生の配信動画を無料フル視聴できるのはABEMAのみ!

ラファエル しくじり先生 動画

KNNポール神田です! テレビ朝日の『しくじり先生』に人気YouTuberの『ラファエル』が登場し、YouTuberな赤裸々な現状を語った…。 』(テレビ朝日)に、白い仮面にグレーのパーカーがトレードマークの人気YouTuber・ラファエルが登場。 「今なら、当時の自分には絶対に会社を辞めさせない」とも断言した。 その中でも、 YouTuberの寿命はだいたい5年と言及し、35年働くサラリーマンの生涯年収を超えられないので、『冷静に考えて(会社)を辞めちゃダメ』と諭す。 ラファエル氏も過去の自分にも言いたいくらいだそうだ。 それくらい稼げてはじめて会社を辞めるべきだという…。 これはかなりハードな条件といえるだろう。 しかし、トップYouTuberになれるほどのクリエイションと企画力があれば、他の環境や条件でも生き延びることができるだろうと考えられるが、ラファエル氏でさえも、『会社を辞めるな』と言及していることは傾聴するに値する。 という低い目標では完全にアウトということだ。 当時のラファエル氏のチャンネル登録者数は240万人。 現在(2020年5月)のまで登録者が復活しているが、アカウント停止から、1年半かけても67%の回復でしかない…。 ラファエル氏が言うには、トップレベルのYouTuberのチャンネルはテレビのゴールデンと同じ、『ホームレスに100万円』渡してみたらなんて企画はゴールデンでは絶対にやれない…。 YouTuberの収益源はYouTubeの広告からの分配金である。 YouTubeは広告収入の大半(8割とも言われる)をYouTuberに還元しているため、広告主が嫌がるようなコンテンツには非常に厳しくなっている。 昨今では児童用のコンテンツはさらに厳しくなった。 それだけテレビ以上の良質なコンテンツを集めたいので、そのような収益還元施策をとっているのだ。 従来のメディアとの比率の真逆だ。 テレビメディアで考えると制作費は広告の半分。 しかも、そこから孫請にまで半分とかの世界でクリエイターに渡るのは2割とも言われる。 出典:しくじり先生 さらにYouTubeの分配金以外に、『企業案件』という個別のPR動画という儲け方がある。 しかし、それらがアカウント停止で迷惑をかけてしまう…。 番組出演者もこれには大反応! オードリーの若林氏は『それをテレビでいうか!』と絶句する。 日本においても、ついに2019年にテレビ広告費がネット広告費に抜きされる年となった。 『テレビとネット、どっちにいたほうがいいかは明確!』と断言する。 これは、大爆笑であるが、2020年以降、テレビメディアを主戦場としてきたタレントや芸人がネットに流れてくるのが明確となった。 現在の『』がさらにそれに拍車をかける…。 そう、テレビメディアでもスタジオ出演の完全自粛で、テレワークでの出演となっているからだ。 天才的な芸やオーラを持つタレントたちが、自宅で配信しはじめると、テレビ番組のゴールデン枠でなくても自宅でできるという可能性を、タレントやタレント事務所の方が気づきはじめてもいる。 そう、テレビ制作会社も広告代理店もだ。 対応できないのはテレビ局のみだ。 彼らが本気で課金やCMをつけたネット番組を展開したら…、自粛でスタジアム公演ができないのであれば、それらを考えはじめてもまったく不思議ではない。 テレビメディアとネットメディアの大編成時代が起きようとしている。 若年層では当然だが、中高年までもがテレビよりもネット番組の編成をサブスクリプションするような時代になりつつあるだろう。 そう、『ヤラセ』とは仕込みであり、演出なのである。 過去動画の『』『』というような企画がすべて『演出』だったということが本人の口から語られたのだ…。 これは、もうお見事でしたと言わざるを得ない…。 すべての企画や演出が練られたものだからだ。 そして、なによりも『ヤラセのリアクション』が上手いのだ。 ある意味、ラファエル企画は、昭和の頃の元気のあったテレビ時代を彷彿させてくれる…。 のの探検隊シリーズなんて、ヤラセの連続で、初代の大脱出も…。 そう、ヤラセでないと企画が成立しない時代だったのである。 11PMでは裸体が溢れ、オトナの時間として成立していた。 そう、YouTubeはテレビの昭和時代で耳目を集めていたのだ。 『』というカタカナが闊歩するようになった平成、そして『コロナ禍』の令和を迎えてからはすべてが『ゴールデンタイム』のおじいちゃんおばあちゃんからお子様までのお茶の間を想定された作りになってきた。 個人ごとの『ロングテール市場』であったはずのネットの世界が、ゴールデン枠の『テレビ禍』しているといっても過言ではない。 これはネット広告費がテレビ広告費を抜いたことによってさらに強まる傾向にあるだろう。 『世の中にある仕事のほとんど、努力でできないことはない。 結果が出ないのは努力がたりなかったから。 2~3回ぶったおれるくらいが努力。 努力したらなりあがれる』と言葉を締括多々。 今回の『しくじり先生』は、テレビ朝日というテレビ局が『アベマTV』というプラットフォームを持つことによっての生き残りたのための施策番組ともいえるような気がしてきた。 後編 前編 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

しくじり先生に出演したYouTuber一覧!配信動画を無料視聴できるのはABEMAだけ!

ラファエル しくじり先生 動画

これ全部やらせです。 アベマTVの暴露するところからなので、一度上の動画をご覧になってみてください。 演者は「えー」「うそー」などと言っていますが、完全に演技だと思います。 というのも、ラファエルのチャンネルを見ればわかりますが、 殆どの動画がドッキリです。 それの、ヒカルとのコラボで他人のクレジットカードを使ってブランド品を買い物するという内容があったんですけど、それをやってしまうと犯罪ですし、プチ炎上してやらせと本人が暴露していました。 結局のところ、Youtubeはテレビと同じで エンターテイメントなんですよね。 もはや、どこまでが本当でどこからが嘘なのかわかりません。 フィクションということですよね。 他のYoutuberのドッキリも全てやらせなのか ここまでやらせだらけだと、Youtuberみんなやらせで全部嘘だと思ってしまいますよね。 やらせなしでドッキリをやっているところと言えば朝倉未来ちゃんねるですよね。 ラファエルは計算でこれだとエンターテイメントとして視聴回数を稼げるとか考えてやってそうです。 YoutubeアカウントがBANされて取り上げられて更に有名になるのも、しくじり先生に出演することすら、全てが計算だと思います。 そう考えると恐ろしいですよね。 マイナスの事ですら全てプラスに転換している、まさに無敵状態です。 ですが、テレビでも同じような事をしているので、過激な事をやっても犯罪でなければ炎上してもそれは全て計算通りというか炎上商法です。 考えてみれば、炎上軍に入ってますからね。 しくじりに出て当たり前のみんな知っていることを言ってもなんだかなぁ・・・ たぶん、求められているからこのスタイルは変わらないだろうけど。 需要があればビジネスとして成立するので、ファンが喜べば何でもOKだよね。

次の