一番近い銀河。 太陽系、銀河、宇宙の大きさを図で表してみる(その2)

教科書に銀河系から1番近い銀河は大マゼラン銀河書いていましたが...

一番近い銀河

こちらはカシオペヤ座の方向およそ220万光年先にある不規則銀河「IC 10」を撮影した画像。 不規則という分類名が示すように、星々が無秩序に集まっているような姿をしています。 IC 10は19世紀後半には発見されていたものの、天の川と重なるような位置に存在しているために観測が難しく、なかなか研究が進まなかったといいます。 画像には針状の光をともなう星があちこちに写っていますが、これらはIC 10のずっと手前、天の川銀河にある星々です。 天の川銀河やアンドロメダ銀河(M31)などと同じ局部銀河群(局所銀河群)に属するIC 10は、星形成が活発なスターバースト銀河とされています。 局部銀河群におけるスターバースト銀河はIC 10のみとされているため、IC 10は天の川銀河から一番近いスターバースト銀河ということになります。 活発に星を生み出すIC 10では、表面温度が摂氏20万度に達するような巨大で明るいウォルフ・ライエ星や、恒星と中性子星もしくはブラックホールから成るX線連星が幾つも見つかっています。 X線連星のなかには中性子星やブラックホールがウォルフ・ライエ星とペアを組んでいるとみられるものもあり、大きく変化するX線の強さは連星の相互作用の激しさを示しているようです。 急速に星々が形成されるスターバースト銀河のなかでも最寄りのIC 10は、研究者がX線連星を観測するのに適した銀河とされています。 画像はセロ・トロロ汎米天文台で撮影され、2020年6月18に公開されました。 松村武宏.

次の

最も近い銀河

一番近い銀河

太陽系を飛び出して近傍銀河までの距離を見てみる 太陽は恒星。 水星、金星、地球、火星、木星、土星、天星、海星は惑星。 太陽系は、太陽の重力の影響が及ぼす範囲までなので(異説多数あり)、 太陽以外の恒星は、当然、太陽系より外側にある。 一番近い恒星プロキシマ・ケンタウリ 太陽系から一番近い恒星は、プロキシマ・ケンタウリ。 太陽からの距離は、 約4. 22光年(40兆km)。 前回の記事で書いたように、太陽から太陽系の端っこ(オールトの雲の端っこ)までは 約1. 575光年(15兆km)なので、その 約2. 68倍の距離にある。 2万年かかる・・・ 銀河の大きさ 太陽系とともに、宇宙の概念で有名なのが銀河なので、 次は、一気に我々が住んでいる天の川銀河(銀河系)まで飛び出てみる。 天の川銀河の直径は 約10万光年くらい km に直すと、 約100京km つまり、 1,000,000,000,000,000,000km 太陽系の半系を1. 575光年(15兆km)とすると 直径は、約30兆kmなわけで 3,000,000,000,000km なので、天の川銀河の直径は太陽系の 約33万倍 また、太陽の直径は 1,391,600km なので、天の川銀河は太陽の 約7200億倍ほどになる。 上の図に太陽系を描いた場合、 0. 002ピクセル程度。 太陽だと、 0. 000000000002ピクセル程度になるはず・・・ アンドロメダ銀河 地球から近い位置にある巨大銀河、アンドロメダ銀河 アンドロメダ銀河の直径は約22万~26万光年なので、天の川銀河の約2~2. 5倍くらいデカい。 距離にして、地球から 約239万光年離れてる。 km に直すと、2390京km つまり、 23,900,000,000,000,000,000km 人類が有人で辿り着いた唯一の天体が月(距離:385,000km)なので アンドロメダ銀河へ、行こうと思ったら、 さらに 62兆倍の距離を移動しないといけないことになる・・・ また、天の川銀河、アンドロメダ銀河、さんかく座銀河、その他、数十個の小さい銀河が集まって、 局部銀河群を形成している。 この図は、かなり省略してるので、実際には、もっとたくさん(少なくとも50個以上)の銀河がある。 ちなみに、アンドロメダ銀河は肉眼でも見える。 地球から肉眼で見た場合のアンドロメダ銀河の大きさは、 満月の約5倍 ・・・のはずなんだけど、 肉眼で捕らえることのできる光の量が超少ないので、小さくしか見えない・・・ へ続く。 を公開しました• を公開しました.

次の

最も近い・遠い天体の一覧

一番近い銀河

最も近い天体 [ ] 分類 天体名 見かけの距離 実際の距離 備考 人間に最も近い天体 0 地球に最も近い天体 36万3304km 近地点距離。 地球に最も近かった天体 0 いずれも小惑星として発見された後地球に衝突。 地球に衝突しなかったものの最も近かった天体 57km ただしとして。 地球表面からの距離。 地球に衝突しなかったものの最も近かった 5480km 19時35分 UTC に地球に最接近。 地球表面からの距離。 地球に最も近くなる 3962万km 地球に最も近くなる 3962万km 地球に最も近くなる 7億4054万km 地球に最も近い 1億4709万km 近日点距離。 地球に最も近い以外の 4. 243光年 現在の位置。 最も近い外の天体 4. 243光年 現在の位置。 太陽系に最も近くなる見込みの 0. 036光年 約128万年後。 現在は62. 1光年の距離にある。 最も近い A 4. 366光年 太陽系に最も近い 33. 78光年 太陽系に最も近い 6. 49光年 最も近い 4. 243光年 最も近い地球型惑星の 4. 243光年 最も近い木星型惑星の 10. 489光年 には、3つの木星型惑星が存在する可能性がある。 最も近い生命がいる可能性のある 11. 905光年 最も近い惑星が複数ある惑星系 系 11. 905光年 系には3つの惑星が存在する可能性がある。 太陽系に最も近い 8. 60光年 太陽系に最も近い 400光年 発見当初は150~200光年と考えられていた。 太陽系に最も近い 1,120光年 太陽系に最も近い 650 - 700光年 にを起こしたと推定されている。 太陽系に最も近い 1万5800光年 太陽系に最も近い 太陽系が属する 天の川銀河 0 最も近い 天の川銀河 以外の 2万5000光年 最も近い 天の川銀河 以外の大 254万光年 銀河系 天の川銀河 に最も近い 1300万光年 銀河系 天の川銀河 に最も近い 1300万光年 銀河系 天の川銀河 に最も近い 1150万光年 最も近い 4億3400万光年 4億4100万光年 0. 0308 最も近い 20億4000万光年 21億9600万光年 0. 158339 最も近い 1億2200万光年 1億2200万光年 0. 0085 1. は約1万光年で発生した可能性がある。 3万5000光年先にあるはの残骸である可能性がある。 最も近い 0 最も近い以外の 930万光年 銀河群に属する最も近いであるの距離。 最も近い 5800万光年 0. 004 最も近い 0 最も近い以外の 1億7600万光年 最も近い 1億7600万光年 最も遠い天体 [ ] 分類 天体名 見かけの距離 実際の距離 備考 肉眼で見える最も遠い天体 272. 5万光年 (254万光年)の方が遠い可能性がある。 かつて肉眼で見えた最も遠い天体 76億3300万光年 104億9900万光年 0. 937 2008年3月19日に30秒間、肉眼で見える6等級を上回り、5. 8等級に達する明るさとなった。 人類が到達した最も遠い天体 40万5495km 遠地点距離。 人類が手にした最も遠い物質の母天体 7億9399万km が回収。 人工物が着陸した最も遠い天体 18億1421万km。 最も遠い太陽系の 46億8610万km 人工物が接近観測した最も遠い天体 72億2350万km。 最も遠くなる 3561億km 最も遠くなる内の天体 4. 9光年 ただし、計算上の話。 最も遠い 通称:イカロス 93億4000万光年 144億光年 1. 49 で発見された。 の母天体が恒星であると仮定した場合、こちらの方が遠くなる 赤方偏移 9. 4、見かけの距離131億7400万光年、実際の距離307億2300万光年。 49 最も遠い 7097光年 最も遠い 2万3300光年 1. (138億9000万)で発生した重力レンズ効果は、惑星によるものである可能性がある。 (254万光年)で発生した重力レンズ効果は、惑星によるものである可能性がある。 最も遠い岩石惑星型の 2万1500光年 質量が5. 40の。 最も遠いガス惑星型の 2万3300光年 最も遠い生命がいる可能性のある 620光年 最も遠い惑星が複数ある惑星系 系 4920光年 最も遠い 37億9500万光年 43億7200万光年 0. 33 の発生原因の天体としての推定。 最も遠い 131億光年 293億6000万光年 7. 54 の中心部のブラックホールとして。 最も遠い 121億1900万光年 234億9500万光年 3. 90 最も遠い 129億9800万光年 290億5000万光年 7. 51 分光観測が行われ銀河であることが証明された中で最も遠い天体。 最も遠い 125億8100万光年 260億3100万光年 5. 19 最も遠い 126億5200万光年 264億7900万光年 5. 47 最も遠い 131億光年 293億6000万光年 7. 54 最も遠い 131億7400万光年 307億3200万光年 9. 07 最も遠い 88億3900万光年 130億2400万光年 1. 27 最も遠い 109億6700万光年 188億5200万光年 2. 38 原始銀河団ClG J2143-4423を取り囲む銀河フィラメント。 最も遠い天体 134億光年 320億光年 11. 09 脚注 [ ] 注釈 [ ]• ただし正確な距離決定のための分光観測が行われていない。 01である。 出典 [ ]• (2018年6月5日)、2019年4月5日閲覧• 2004年3月7日, at the. Fritz et al. 1999. 118 2 : 1086—1100. 2016. Nature 536 7617 : 437—440. ; Diego, Jose M. et al. 2018. Nature Astronomy 2 4 : 334—342. 東京大学大学院理学系研究科 2018年4月3日. 2019年3月12日閲覧。 アストロアーツ 2011年5月31日. 2019年3月12日閲覧。 ; Brammer, G. ; van Dokkum, P. ; et al. March 2016. 1 Measured with Hubble Space Telescope Grism Spectroscopy". The Astrophysical Journal. 819 2. 129. Bibcode:. arXiv:. doi:. 関連項目 [ ]•

次の