失敗 しない はちみつ 梅干し 作り方。 失敗しない梅干しの作り方(漬込み編)

グラニュー糖・ 蜂蜜を使った梅干しついてのご質問 梅・梅干・梅酒レシピ Q&A by 荻窪 鈴木青果店の自家製梅干しちょっと良い話

失敗 しない はちみつ 梅干し 作り方

青梅でも正しい漬け方をすればおいしく出来るので大丈夫です^^ まずは、梅の選び方をご紹介 梅にもさまざまな品種があり、梅干しに適した代表的な品種は 南高梅と白加賀。 どちらも大ぶりで肉厚なタイプです。 とくに南高梅は皮が薄く種が小さい高級品種として有名です。 生梅が出回り始める6月初旬にまず登場するのが青梅です。 これは熟す前の梅で、全体が緑色。 肉質が硬いのが特徴。 青梅は特に梅酒に使われるもので、 梅干し作りにはあまり適しません。 梅干しには全体が黄色く色づいた熟梅を使います。 熟し具合が足りない場合は、熟すまでしばらく置いておきます。 これを「追熟」と言います^^ 梅はかならず、完熟したものを使うことが大切です!! その方が皮も果肉もやわらかくすごくおいしいです。 ただし、熟しすぎると皮が破れやすくなるので そのあたりの見極めが難しいところなので 最初は少し難しいかもしれません。 そして、果肉の厚い、粒のそろったものを選ぶと良いです。 南高梅は梅干、梅酒にとてもむいています。 ですので、南高梅は梅干だけでなく梅酒にしても良いです。 あとは、生傷がないものを選ぶのも大切です。 生傷があるとそこからカビが生えてしまいますので それは梅干にしないでほかで使用すると良いです。 このように梅干をつけるには、 梅の熟し方や状態を確認してから漬けるのが ポイントになるので参考にしてください^^ 基本的にはどの種類のものも同じなので これらの事を守って漬けると失敗がありません。 用意するもの 熟した梅(2キロ以上がよい) 塩(梅の18~20%量) 漬け込むための容器(プラスチック製、ホーロー製、ガラス製など。 金属製はNG) 消毒用アルコール(ホワイトリカーや焼酎など) ビニール袋。 まずは下準備 梅を洗いヘタを取り除く 梅をていねいに水洗いします。 その際、一粒ずつヘタを外しますが、 楊枝や串を使うと取りやすいです。 水分を拭き取る その後、一粒ずつ拭いてタオルに並べてしっかり乾かします。 痛んだり生の傷がついている梅は取り除いておきます。 瓶の消毒 瓶をよく洗い、少しの熱湯を回し入れ熱湯消毒します。 火傷に注意して下さい!! 風通しのよい所にふせて置き、完全に乾かします。 水分が残っていると カビの原因となりますので 注意して下さい。 ビニール袋を使った簡単重しを乗せます ビニール袋を二枚重ねにして全体に重しが掛かるように広げます。 ゆっくりと水を注ぎ入れます。 これにより全体に重しが掛かります。 水が漏れないようにしっかり袋を括ります。 これで 完成です^^ 梅全体が梅酢に漬かっていますか? 塩漬けをしてから数時間で梅酢がしみだし、 2、3日で梅酢が梅全体を覆うまでたっぷり上がります。 うまく梅酢が上がらないと、せっかくの梅が 柔らかく仕上がらないので注意が必要です。 梅が沈みすぎるなら重しを軽くし、 梅酢に梅が浸からないようなら重しを重くして 様子を見て、それでもダメな場合は 市販の梅酢を足すといいでしょう。

次の

果実酒(はちみつ梅酒、はちみつレモン酒) おすすめレシピ|マルエツ

失敗 しない はちみつ 梅干し 作り方

市販品のはちみつ梅とは 別物なので味わいは異なりますが、 ほんのり甘い梅干しに仕上がりますよ。 漬ける時期はいつがいいの? 漬ける時期は通常の梅干しと同じ時期で大丈夫です。 梅の実が出回る時期になったら漬け込みを始めてください。 漬け方 <材料>• 材料は梅の実3キロに対して塩450g(梅の15%)• 氷砂糖180g(梅の6%)です。 はちみつと氷砂糖は合計で梅の10%になれば大丈夫。 両方使わずにどちらか一方でも作ることができます。 <下準備>• 梅の実が青い場合は 黄色く熟してくるまで置いておきましょう。 梅の実をよく洗い、1~2時間ほど たっぷりの水に浸してあく抜きをします。 ザルにあげた梅の実のヘタを爪楊枝や竹串で取り除き、 水気を拭き取ったらよく乾燥させておきます。 保存容器もよく洗って アルコールや熱湯で殺菌して乾燥させておいてください。 <漬け込み>• 容器に梅の実を入れ、はちみつと塩を梅にまぶすように入れます。 最後は余った塩を上にかぶせるように乗せてください。 殺菌処理をした重石を乗せ、 梅酢が上がってくるまで冷暗所で保管します。 漬け込みから1週間後くらいに梅酢が上がってきたところへ 氷砂糖を半量ほど加えます。 残りはその3日後くらいに再度投入します。 糖分を分けて入れることで 梅の皮が柔らかい梅干しに仕上げることができますよ!• はちみつのみを使う場合も 3回に分けてはちみつを入れるようにしてください。 再度重石をしたら梅雨明け頃まで冷暗所に保管します。 <土用干し>• 梅雨があけて晴天が続くころになったら• 漬けていた梅の実を天日干しします。 ザルなどに梅の実を並べて干し、1日に1回裏返してください。 これを3日続ければ梅干しの完成。 はちみつを使った梅干しは皮が柔らかく、 しっとりとした仕上がりになりますよ! 干してからそのまま保存しても、 干したものを再度梅酢に漬けて保存しても どちらでもおいしくいただけます。 お好みの方法で保存してください! カビの防止方法 カビは梅干しの大敵です! 梅干しのカビ対策については こちらの記事に詳しく記載してありますのでご参照ください。 はちみつを使う場合、 塩分を10%ほどにまで減らして漬ける方法もあります。 塩分を減らした場合はよりカビが発生しやすくなるので、 こまめに焼酎やホワイトリカーを吹きかけて 殺菌するなどの手間が必要になります。 梅干し作りに慣れてきた方は、 ぜひ減塩のはちみつ梅干しにも挑戦してみてくださいね! 関連記事.

次の

失敗しない梅干しの作り方(漬込み編)

失敗 しない はちみつ 梅干し 作り方

青梅でも正しい漬け方をすればおいしく出来るので大丈夫です^^ まずは、梅の選び方をご紹介 梅にもさまざまな品種があり、梅干しに適した代表的な品種は 南高梅と白加賀。 どちらも大ぶりで肉厚なタイプです。 とくに南高梅は皮が薄く種が小さい高級品種として有名です。 生梅が出回り始める6月初旬にまず登場するのが青梅です。 これは熟す前の梅で、全体が緑色。 肉質が硬いのが特徴。 青梅は特に梅酒に使われるもので、 梅干し作りにはあまり適しません。 梅干しには全体が黄色く色づいた熟梅を使います。 熟し具合が足りない場合は、熟すまでしばらく置いておきます。 これを「追熟」と言います^^ 梅はかならず、完熟したものを使うことが大切です!! その方が皮も果肉もやわらかくすごくおいしいです。 ただし、熟しすぎると皮が破れやすくなるので そのあたりの見極めが難しいところなので 最初は少し難しいかもしれません。 そして、果肉の厚い、粒のそろったものを選ぶと良いです。 南高梅は梅干、梅酒にとてもむいています。 ですので、南高梅は梅干だけでなく梅酒にしても良いです。 あとは、生傷がないものを選ぶのも大切です。 生傷があるとそこからカビが生えてしまいますので それは梅干にしないでほかで使用すると良いです。 このように梅干をつけるには、 梅の熟し方や状態を確認してから漬けるのが ポイントになるので参考にしてください^^ 基本的にはどの種類のものも同じなので これらの事を守って漬けると失敗がありません。 用意するもの 熟した梅(2キロ以上がよい) 塩(梅の18~20%量) 漬け込むための容器(プラスチック製、ホーロー製、ガラス製など。 金属製はNG) 消毒用アルコール(ホワイトリカーや焼酎など) ビニール袋。 まずは下準備 梅を洗いヘタを取り除く 梅をていねいに水洗いします。 その際、一粒ずつヘタを外しますが、 楊枝や串を使うと取りやすいです。 水分を拭き取る その後、一粒ずつ拭いてタオルに並べてしっかり乾かします。 痛んだり生の傷がついている梅は取り除いておきます。 瓶の消毒 瓶をよく洗い、少しの熱湯を回し入れ熱湯消毒します。 火傷に注意して下さい!! 風通しのよい所にふせて置き、完全に乾かします。 水分が残っていると カビの原因となりますので 注意して下さい。 ビニール袋を使った簡単重しを乗せます ビニール袋を二枚重ねにして全体に重しが掛かるように広げます。 ゆっくりと水を注ぎ入れます。 これにより全体に重しが掛かります。 水が漏れないようにしっかり袋を括ります。 これで 完成です^^ 梅全体が梅酢に漬かっていますか? 塩漬けをしてから数時間で梅酢がしみだし、 2、3日で梅酢が梅全体を覆うまでたっぷり上がります。 うまく梅酢が上がらないと、せっかくの梅が 柔らかく仕上がらないので注意が必要です。 梅が沈みすぎるなら重しを軽くし、 梅酢に梅が浸からないようなら重しを重くして 様子を見て、それでもダメな場合は 市販の梅酢を足すといいでしょう。

次の