バルブ インデックス。 バルブインデックスVR

バルブインデックスVR

バルブ インデックス

アスカインデックスは、中古装置の査定~買取~搬出~メンテナンス~販売まで一括して行っております。 取り扱っている中古装置は、半導体・液晶製造装置、成形機、工作機械、温調設備、ユーティリティなど様々。 工場で使用する装置、機械の大半をカバーしています。 仕入れた中古装置、機械、パーツはクリーンルーム完備の国内外4拠点の展示倉庫で保管、展示しています。 中古だから大事なこと アスカインデックスでは、中古装置が展示倉庫に入ってきたら、装置メーカーでノウハウを学んだエンジニアが、しっかりと動作確認、メンテナンスを行っています。 中古装置は『 一点もの』。 同じ装置でも使われ方が違います。 だから、アスカインデックスは、中古装置をデータベース化し、しっかりと管理しています。 からご覧になれます。 装置を売りたい場合は、ご連絡ください。 目利きのプロによる査定を行います。 一度、ご連絡ください。 使わなくなった装置や設備の撤去・移設工事はアスカインデックスにお任せください。 工場を丸ごと査定いたします。 装置の買取だけでなく、装置を撤去するための工事、装置の移設工事も一括して請け負います。 アスカインデックスは、装置や設備の撤去や移設工事の実績を重ねてきました。 装置の解体や搬出に必要なノウハウは、社内のデータベースに蓄積しています。 もちろん、安全・納期・品質を管理するために工事の許可証も取得し、社内教育を実施しています。 安全に作業するために装置の大きさ、重さだけではなく、装置の特性などを加味しながら作業を進めます。 大切な装置、工場をお守りいたします。 アスカインデックスは、局所・簡易・大規模クリーンルームを提供しクラス1~100,000のクリーンルームの企画・設計・制作・施工実績を積み重ねてきました。 国内外に120以上のクリーンルーム施工実績があります。 印刷・樹脂成型・医療・化粧品・半導体関連と幅広い分野のお客様に向けたクリーンルームの施工を行っています。 また、完成後の装置の搬入作業も行います。 中古機器を使った安価なクリーンルーム施工 アスカインデックスでは、中古機器を使った安価なクリーンルーム施工が行えます。 超微細粉じんも許さないクリーンルームの設計には、シビアなノウハウが求められます。 中古設備を用いるためには、運用後のメンテナンス、経年劣化などを考慮しながら中古機器を活用しなければなりません。 アスカインデックスは、中古機器を使ったクリーンルーム施工のノウハウをたくさん蓄積しています。

次の

VR HMD「Valve Index」購入レビュー。HTC VIVE Proと比較したメリット・デメリット。

バルブ インデックス

2019年04月02日 11時15分 Valveの独自VRヘッドセット「Valve Index」は5指認識VRコントローラーと共に2019年5月予約開始か 2019年3月29日、 が「Valve Index」と呼ばれるVRヘッドセットを取り上げたサイトを立ち上げていることがわかりました。 このサイトを発見したArsTechnicaによると、Valve Indexは2019年5月に発売される予定で、2018年11月に ValveのVRヘッドセットの情報とも一致するものだとのこと。 また、4月1日にはSteamでのストアページも発見され、以前からValveで開発されていたコントローラー「Knuckles」も同時に発売されるとみられています。 また、Valve Indexの底部にうっすらと見える6つのドットは、HTC Viveの赤外線トラッカーを使うか、もしくはウェブカメラやセンサーなしにヘッドセットの動きを捉えるためのものかもしれないとArsTechnicaは指摘しています。 Valveの共同設立者であるゲイブ・ニューウェル氏は2017年に「Unityと、Valve独自のSource 2Engineを使った3つのVRゲームを作成しています」と していて、Valveは独自のハードウェアを発売することでいよいよVR業界へ本格的に乗り出すといえます。 2019年4月1日、Twitterで さんがSteamでValve Indexのストアページを発見。 このストアページは日本からは閲覧することができませんが、そのスクリーンショットをWario64さんが公開していました。 それによると、2019年5月から予約が開始され、発送は2019年6月15日を予定しているとのこと。 ストアページに表示された製品写真で最も特徴的なのが、「没入感を高める」というヘッドセット両側面に固定されたオープン型のヘッドホン。 価格は不明ですが、推奨PCスペックとして4コア以上のCPU、NVIDIA GTX 1070以上、DisplayPort1. 2やUSB3. 0以上のサポートが示されていました。 Valve Index Headset Ships June 15, 2019 Valve Index Base Station — Wario64 Wario64 また、コントローラーのストアページも発見したとのことですが、ストアページには製品画像がまだアップされていないようで、その姿を確認することはできませんでした。 Valve Index Controllers June 2019 — Wario64 Wario64 コントローラーについてはValveが現在開発中であり、5本すべての指のトラッキングが可能なVRコントローラー「Knuckles」の製品版が発表されるのではないかと予想されています。

次の

Valveの独自VRヘッドセット「Valve Index」は5指認識VRコントローラーと共に2019年5月予約開始か

バルブ インデックス

PCゲームプラットフォームSteamを運営するValveは、2019年3月末にPC向けの新型VRヘッドセット「 」を発表しました。 発表当初はごくわずかな情報しか判明していませんでしたが、5月1日にValveが詳細を公開しました。 本記事では、Indexのスペックや価格、コントローラーなどの情報を紹介します。 2019年3月末に予告サイトが開設され、その存在が明るみになりました。 ValveがHTCと共同開発した「HTC VIVE」のように他社との提携によるものではなく、Valve独自のデバイスです。 フレームレートはVIVE系の90Hzへの後方互換を備えた120Hzで、 実験的な144Hzモードも搭載しているとのこと。 残像をへらす技術が施されており、その数値は0. 330ms~0. 530ms(msはミリ秒)ほど。 「 いわゆる第一世代VRヘッドセットと比較すると5倍改善している」とのこと。 オーディオについてはスピーカー内蔵型ではなく、ヘッドホン一体型となっています。 視野角は「HTC VIVEより20度拡大」とあるため、およそ130度前後と想定されます。 両目の瞳孔の間の距離のこと。 また、USB 3. 0 Type-Aの端子を含む拡張スロットを搭載しており、様々なカスタマイズ・開発用途を想定しているようです。 新型コントローラー「Valve Index Controllers」 IndexにはValveが2016年から開発を続けていた、5本の指をトラッキングしたり、握り込む強さを再現できる新型モーションコントローラー「Knuckles」こと「Valve Index Controllers」が同梱されます。 価格や予約方法 Indexの製品ラインナップは5つです。 価格は VRヘッドセット単品が499ドル(約55,000円)、コントローラー単品が149ドル(約16,000円)、ベースステーション単品が279ドル(約31,000円)、 フルセットが999ドル(約111,000円)です。 Indexの予約は より、出荷は2019年6月28日からですが、すでにフルセットの初回出荷分は予約がいっぱいとなり2019年5月4日現在8月31日の出荷となっています。 しかし、2019年5月2日現在、 日本はValve Indexの出荷対象国に含まれていません。 今後順次解禁か否か等も含めて不明となっています。 (製品ページには「Not Available In Your Country」の記載が) 製品スペックや要求スペック Indexのスペックおよび要求スペックは以下の通りです。 0 DisplayPort 1. 2 12V電源 トラッキング SteamVR 1. 0および2. 0以上.

次の