みんなの 介護 コミュニティ。 川口市コミュニティバスのご案内/川口市ホームページ

ブラック|みんなの介護コミュニティ

みんなの 介護 コミュニティ

闇姫「この異変はね。 『偶然の産物』よ。 時間軸ってわかるでしょ?文字の通り、一本の線になってるの。 本来は定方向にしか進まず、線の上から外れることや直線でなくなることは無いはずなのよ。 あなたたち、さっき神生から聞いたんでしょ?私たち神人類は逆行しているわけだけど、それでも別の直線をあなたたちから見て逆方向に進んでいるだけで、同じ直線上ですれ違うことはない。 でも、神人類のものでも人間のものでもない時間軸の上で存在している唯一の存在がいる。 それが『時神』…昔の鏡、そして、あなたたちと一緒にいた…『月読命時雨』よ。 あの月読命時雨は未来の生命体。 時神の力を使って別の時間軸に干渉しているわけね。 流水に手を入れた時を考えてみて。 手に触れた分が一瞬止まって、左右に避けていくでしょ?時神が干渉するにあたって、そんな感じの現象が副作用で起こるの。 つまり、月読命時雨がこの時空に来たことで、周囲の時間軸が歪んで、『過去』と『未来』と『本当の時間』の三つが入り交じった状態になっている、というわけ。 あなたたちが『偽物』と思っていたのは、全員、過去か未来の『本物』なのよ。 ちょうど歪みの起こっている場所にいたから、別の本人を見てしまった、と思っていいわ。 大結界のおかげか、幻想郷の中だけでしか見られないみたいだけど。 少し困っているのかもしれないけど、時神の力の干渉が無くなれば、幻想郷内のすべての空間が一日とせず元の時間軸に修復されるわ。 時神がこの時空から帰るか、別の時神が強制的に修復するか。 解決策はその二つ。 異変についてはこのくらいよ。 足りないことはあるかしら?」 162! 今回は月読命。 …女性「どう、スキーは楽しかった?」少女「うん!また行きたい!」女子「食べてばっかだったでしょ。 スキー場よ?」少女「お姉ちゃんもメロンばっかり。 」女子「牛乳よりはマシでしょ。 」男性「ははは。 二人とも楽しめたみたいで良かったよ。 来年の冬も、また来ような。 」少女「うん!」…どうして、こんなときに思い出す…女子「あんた転んでばっかだったわね。 下手っぴ。 」少女「お姉ちゃんも転んでたよ!」女子「数が違うでしょ!上級者向けなんて行くからよ!初めてらしく初心者コースから…」男性「まあまあ。 いつか上級者向けコースに挑戦できるように初心者コースからしっかり頑張ろうな。 」…あの日私は小学校の冬休みを利用して、家族でスキー場に行った…はずだった。 あなたは?」…思い出せない…何もわからない……私は…ただの…「『時雨』…です」…今ならわかる。。 ツクヨミ(いつ、神生さんの声を初めて聞いたのか。 そして、私の…いや、『白星時雨』としての記憶さえもがなかった理由が…) 161。 闇姫に対して向けられる巫女たちからの敵意。 そして闇姫の口から語られた衝撃の過去。 『家族をすべて、失った。 あの太陽神に奪われた…』三人の神人の過去が明かされるとともに、異変の真相も明らかになっていく…闇姫「神生………いつまであなたは縛られ続けるの?これは復讐じゃない。 私はあなたとは違う。 すべてを取り戻すため…返してもらうため戦うのよ。 ………私のものだけじゃない。 あなたの失われた過去も含めた…すべてを。 そのために『時雨』を必要としているの。 それを知っていながら、なぜ私の前に立ち塞がる?神人類の再興にこそ『未来』があるはずなのに、どうして今になってもまだ神人類の絶滅を望んでいる?…まだ、帰ってきていないの?帰ってこられたわけじゃ、なかったの?」(次回は月読命の過去に触れます。

次の

[B!] 【橘玲氏 特別寄稿】日本人の7割以上が安楽死に賛成しているのに、法律で認められない理由とは?|みんなの介護ニュース

みんなの 介護 コミュニティ

上辺はよくても、中身が最悪な会社があります。 この様な会社の特徴として直ぐに見分ける事ができるのは、役職経営者が神のごとく崇められている。 その為に、古い考えでつきすすんでおり、改め様ともせず、私物化しています。 国民の税金で私腹をこやしています。 利用者の生活環境、職員の職場環境などどうでも良いのです。 地域に対しての上部だけのアピールをし、役職経営者がよい思いをするために、役職は、経営者に深々と頭を下げ、なんの意見も言わず。 経営者は、素人の上に、崇められて気分よく帰る。 その繰り返しです。 よい会社の経営者は、危機感を持っていますから、すれ違い様でも意見を聞く、職員の不調をみぬく、耳をかたむける。 それだけでも大きな違いがあるのです。 若い職員たちが、この様な役職経営者にめぐり合うことを祈っています。 ダメな会社と感じたら、しがみつかずに転職しましょう。 変わらないし、変えられない。 それが、行政との癒着、また、利用者家族の気づけない部分と感じましたよ。 185.

次の

川口市コミュニティバスのご案内/川口市ホームページ

みんなの 介護 コミュニティ

今までいろいろなことに関わらせていただくなかで、僕たちが繰り返し感じたこと。 それは全てのキーワードが「人」ということです。 人が繋がると面白いことが起きる、思ってもみなかったような、新しいことが生まれる。 いとシネマをやることになったキッカケも、たくさんのユニークな方々に出会ったから。 クラウドファンディングを通じてもたくさんの素敵な人との出会いたありましたし、そういった出会いがその実現やその後の素晴らしい展開を可能にしました。 オモシロイ人やコトを、さらに大きくふくらませるために、つないで、広げていく。 このようなことが日常的に起きたら。 糸島内外の様々な属性(老若男女、職業、国籍、滞在目的 etc)の人たちが繋がることができ、化学反応が起きる場所をつくったら、その連鎖の先に想像を超えた何かが待ち受けてるのではないだろうか。 そんな「場」を作りたい、その先にある未来をみてみたい。 いろいろな方々の接点ができ、化学反応が起きる。 そして、それを促進したり、サポートする機能があるオープンコミュニティースペース。 今あるもので近いと思われる、神社や公民館から「未来型公民館」と表現しましたが、いろいろな人たちとワクワクする未来を創っていく場として、ぼくたちが考えている オープンコミュニティースペース「みんなの」をよろしくお願いいたします!.

次の