スナップ ショット ポケモン go。 【解決】ポケモンGOでスナップショットGOが使用/撮影できない場合の対処設定方法

「GOスナップショットチャレンジ」開催!GOスナップショットで写真を撮影し、コンテストに応募しましょう!

スナップ ショット ポケモン go

【スポンサーリンク】• 「道具」画面にて「カメラ」を選択し、適当なポケモンを選択し、「カメラマーク」を選択すると写真撮影できます• 「ポケモン」画面にて適当なポケモンを選択し、「カメラマーク(画面右上)」を選択してください• 上記の設定でも「ポケモンGO」アプリの問題を解決できない場合の設定方法についてのまとめです• 【追記】:上記でも解決しない場合は、「ポケモンGO」側のサーバーに何らかの障害が発生しているかもしれませんので、公式サイト・公式ツイッターなどに問い合わせてください• 当サイトをフォローしてください!• カテゴリー• 105• 300• 342• 181• 142• 363• 571• 193• 267• 266• 158• 641• 212• 106• 150• 166• 1,071• 227• 162• 153• 102• 105• 144• 6,990• 120• 515• 113• 688• 333• 177• 104• 212• 116• 546• 1,854• 180• アーカイブ アーカイブ.

次の

『ポケモンGO』GOスナップショットで最高の思い出作り!!最新機能に込めた想いを石塚尚之氏に聞く [ファミ通App]

スナップ ショット ポケモン go

本記事では、フリーライターの深津庵がGOスナップショットでユーザーエクスペリエンスデザインを担当した石塚尚之氏に開発の経緯と最新機能に込めた想い、さらにユーザーを代表して今後実装してほしい機能、気になるポイントを直接聞いてきたぞ。 石塚尚之(以下、石塚)どんなサービスが世の中にあれば便利なのか。 それを前提にアイデアを練り、技術的に可能であるのかチームメンバーでディスカッションを重ねてデザインを生み出す。 それがみなさん快適に楽しめるものなのか確認していく。 それをもっと アクティブなものにしたいという想いがきっかけです。 たとえば『ポケモンGO』の場合、2017年には全世界のトレーナーが歩いた総距離は158億キロメートルに及んだと発表。 いまなお記録を伸ばしているわけですが、こうした結果は想定の範囲だったのでしょうか? 石塚 この結果は僕の想定を遥かに超えたものでしたね。 その中で地域コミュニティが作られ、ポケモンのトレード会やトレーナーバトル会など、みずからが イベントを開催するまでに発展しています。 そうした展開はまさに想像を上回るアクションですし、人々を外に導くことが成功しているのだと実感できるうれしい事柄ですね。 そのため基本的なアウトラインは決まっていたんです。 具体的にゼロから関わったのはアップルウォッチ、レイドバトル、ソーシャルな面ではフレンドやトレード。 そして今回のARフォト、GOスナップショットですね。 今後、ウェアラブル端末も強化されていくのでしょうか? 石塚 将来どうなっていくのかは具体的なお話しはできませんが、 よりよいものにアップグレードできればと考えています。 石塚 その通りです。 従来のARフォトは捕まえる前のアクションであり、自分になついていない状態ですよね。 僕としては捕まえて相棒になった後、育てて戦うことを含め、 共有した時間を思い出として残したかった。 さらに、その思い出をフレンドにシェアしたい。 そんな想いからGOスナップショットの開発がスタートしたのです。 従来あったARフォトがけして使いやすいものではなかった。 そこをしっかり見直すところから始まり、 私自身がARフォトで満足のできる写真を撮りたいという想いが強く、そのために必要なものは何かと考えました。 また、多くのトレーナーがSNSに投稿している作品から、 何が求められているのか多くのことを学ぶことができたと実感しています。 石塚 とはいえ、ひとつだけ試行錯誤した点があります。 それは、ポケモンをより 生き生きと見せる方法ですね。 そこからポケモンに触れると振り向いたり、アクションを促すといった仕組みが生まれたわけです。 多くの作品からよりよい環境を日々考えている。 私自身も今朝撮影したGOスナップショットに映り込み、捕まえることができたのですが、出会うためのコツなどはあるのでしょうか? 石塚 出会えるかどうかは撮影した枚数ではなく、 どれだけ多くのポケモンと愛情を持って接しながら撮影するかが重要なんです。 いい写真を撮りたいという想いが強ければ、そこにドーブルが引きつけられて来るんですよ。 で、ではドーブルの色違いは? 石塚 少なくともいまのところ発見したという報告は受けていません。 しかし、もしかすると世界のどこかで発見したと報告が上がるかも知れない。 私自身も今後の展開に期待しているところです!! 石塚氏は筆者がTwitterに投稿した捕獲報告を含め、多くのつぶやきを見て朝から楽しんでいたようだ。 石塚 昨年7月ごろTwitterにUPし始めたのが最初でした。 しかし、Twitterの場合は文章で写真が分断されてしまうこともあり、プレビュー画面だけでは伝えにくい。 もっとシンプルにみてほしくてInstagramにまとめるようになったんです。 最近印象深かった作品ですと、楽譜と楽器に向かって立っているピカチュウのARフォトで、それは海外の方が撮影したものなんです。 言語を気にせず直感的に楽しみ、自然と世界の輪が広がっていくことはすばらしいですよね。 積極的に尚之さんもコメントを寄せていますが、その中でも印象的だった作品はどれでしょうか? 石塚 私が最初に驚いたのはAR+が実装されたとき、ポケモンを 後ろから撮影した作品が多かったことなんです。 AR+を使った撮影の場合、近づけば逃げてしまうこともある。 捕まえることを前提にしたゲーム性でありながら、あえてそのリスクを覚悟で回り込む。 そこに楽しみを見い出すだけでなく、とても 自然体なポケモンを撮影していた。 それを見た瞬間、自分も撮ってみたいと強く感じたんです。 今後SNSに投稿される作品が楽しみですね。 すべてを汲み取ることは難しいが、こうして反映されることもあるので今後も積極的に自慢の1枚をSNSに投稿してもらいたい。 それらを撮影するとき大小変化があるとうれしいのですが。 石塚 たしかに、現在個々のサイズは反映されていませんが、みんなと違うポケモンと撮影できればいいですよね。 少なくとも捕まえるときはジャンプや攻撃といったアクションがありますよね。 今後それらをユーザーが任意に選びたい。 さらに、欲をいえば向きはそのまま視点をこっちに、みたいなものも欲しいですね。 石塚 なるほど。 影の非表示設定できるとか、任意の場所を透過できるようにできませんか? 石塚 今後の内容はお話しできませんが、弊社が出しているオクルージョン(現実世界にある物陰に隠れるなど)という技術の研究も進んでいます。 それがカメラに応用できるようになれば実現は可能だと考えています。 また、入賞者向けに専用のアバター衣装などあればうれしいですね。 石塚 やりたいとは考えています。 アバターの衣装もいいアイデアですね。 すでに多くの方がSNSに作品をUPをされていますが、ぜひ、そこに GoSnapshot とハッシュタグをつけて拡散していただけるとうれしいです。 まもなく公式からもアナウンスを出せると思いますので、ぜひご期待ください!!

次の

【ポケモンGO】ケーシィのコミュニティデイ:GOスナップショットでもケーシィ出現!日程・内容・ボーナス・やることまとめ|ポケらく

スナップ ショット ポケモン go

本記事では、フリーライターの深津庵がGOスナップショットでユーザーエクスペリエンスデザインを担当した石塚尚之氏に開発の経緯と最新機能に込めた想い、さらにユーザーを代表して今後実装してほしい機能、気になるポイントを直接聞いてきたぞ。 石塚尚之(以下、石塚)どんなサービスが世の中にあれば便利なのか。 それを前提にアイデアを練り、技術的に可能であるのかチームメンバーでディスカッションを重ねてデザインを生み出す。 それがみなさん快適に楽しめるものなのか確認していく。 それをもっと アクティブなものにしたいという想いがきっかけです。 たとえば『ポケモンGO』の場合、2017年には全世界のトレーナーが歩いた総距離は158億キロメートルに及んだと発表。 いまなお記録を伸ばしているわけですが、こうした結果は想定の範囲だったのでしょうか? 石塚 この結果は僕の想定を遥かに超えたものでしたね。 その中で地域コミュニティが作られ、ポケモンのトレード会やトレーナーバトル会など、みずからが イベントを開催するまでに発展しています。 そうした展開はまさに想像を上回るアクションですし、人々を外に導くことが成功しているのだと実感できるうれしい事柄ですね。 そのため基本的なアウトラインは決まっていたんです。 具体的にゼロから関わったのはアップルウォッチ、レイドバトル、ソーシャルな面ではフレンドやトレード。 そして今回のARフォト、GOスナップショットですね。 今後、ウェアラブル端末も強化されていくのでしょうか? 石塚 将来どうなっていくのかは具体的なお話しはできませんが、 よりよいものにアップグレードできればと考えています。 石塚 その通りです。 従来のARフォトは捕まえる前のアクションであり、自分になついていない状態ですよね。 僕としては捕まえて相棒になった後、育てて戦うことを含め、 共有した時間を思い出として残したかった。 さらに、その思い出をフレンドにシェアしたい。 そんな想いからGOスナップショットの開発がスタートしたのです。 従来あったARフォトがけして使いやすいものではなかった。 そこをしっかり見直すところから始まり、 私自身がARフォトで満足のできる写真を撮りたいという想いが強く、そのために必要なものは何かと考えました。 また、多くのトレーナーがSNSに投稿している作品から、 何が求められているのか多くのことを学ぶことができたと実感しています。 石塚 とはいえ、ひとつだけ試行錯誤した点があります。 それは、ポケモンをより 生き生きと見せる方法ですね。 そこからポケモンに触れると振り向いたり、アクションを促すといった仕組みが生まれたわけです。 多くの作品からよりよい環境を日々考えている。 私自身も今朝撮影したGOスナップショットに映り込み、捕まえることができたのですが、出会うためのコツなどはあるのでしょうか? 石塚 出会えるかどうかは撮影した枚数ではなく、 どれだけ多くのポケモンと愛情を持って接しながら撮影するかが重要なんです。 いい写真を撮りたいという想いが強ければ、そこにドーブルが引きつけられて来るんですよ。 で、ではドーブルの色違いは? 石塚 少なくともいまのところ発見したという報告は受けていません。 しかし、もしかすると世界のどこかで発見したと報告が上がるかも知れない。 私自身も今後の展開に期待しているところです!! 石塚氏は筆者がTwitterに投稿した捕獲報告を含め、多くのつぶやきを見て朝から楽しんでいたようだ。 石塚 昨年7月ごろTwitterにUPし始めたのが最初でした。 しかし、Twitterの場合は文章で写真が分断されてしまうこともあり、プレビュー画面だけでは伝えにくい。 もっとシンプルにみてほしくてInstagramにまとめるようになったんです。 最近印象深かった作品ですと、楽譜と楽器に向かって立っているピカチュウのARフォトで、それは海外の方が撮影したものなんです。 言語を気にせず直感的に楽しみ、自然と世界の輪が広がっていくことはすばらしいですよね。 積極的に尚之さんもコメントを寄せていますが、その中でも印象的だった作品はどれでしょうか? 石塚 私が最初に驚いたのはAR+が実装されたとき、ポケモンを 後ろから撮影した作品が多かったことなんです。 AR+を使った撮影の場合、近づけば逃げてしまうこともある。 捕まえることを前提にしたゲーム性でありながら、あえてそのリスクを覚悟で回り込む。 そこに楽しみを見い出すだけでなく、とても 自然体なポケモンを撮影していた。 それを見た瞬間、自分も撮ってみたいと強く感じたんです。 今後SNSに投稿される作品が楽しみですね。 すべてを汲み取ることは難しいが、こうして反映されることもあるので今後も積極的に自慢の1枚をSNSに投稿してもらいたい。 それらを撮影するとき大小変化があるとうれしいのですが。 石塚 たしかに、現在個々のサイズは反映されていませんが、みんなと違うポケモンと撮影できればいいですよね。 少なくとも捕まえるときはジャンプや攻撃といったアクションがありますよね。 今後それらをユーザーが任意に選びたい。 さらに、欲をいえば向きはそのまま視点をこっちに、みたいなものも欲しいですね。 石塚 なるほど。 影の非表示設定できるとか、任意の場所を透過できるようにできませんか? 石塚 今後の内容はお話しできませんが、弊社が出しているオクルージョン(現実世界にある物陰に隠れるなど)という技術の研究も進んでいます。 それがカメラに応用できるようになれば実現は可能だと考えています。 また、入賞者向けに専用のアバター衣装などあればうれしいですね。 石塚 やりたいとは考えています。 アバターの衣装もいいアイデアですね。 すでに多くの方がSNSに作品をUPをされていますが、ぜひ、そこに GoSnapshot とハッシュタグをつけて拡散していただけるとうれしいです。 まもなく公式からもアナウンスを出せると思いますので、ぜひご期待ください!!

次の