福島 市 稲荷 神社 お祭り 2019。 慶徳稲荷神社『御田植祭』|喜多方市

福島稲荷神社 クチコミ・アクセス・営業時間|福島市【フォートラベル】

福島 市 稲荷 神社 お祭り 2019

医王寺は826年(天長3)年、空海作の薬師如来像を祀り、草堂を建てたことに始まると伝え、平安時代末、信夫荘司佐藤一族が菩提寺としました。 佐藤基治は信仰心が厚く、居城とする大鳥城から眼下に望む薬師堂を改築し、伽藍を多数建立し境内を整えたとされています。 広い境内には、市や県の重要文化財を収納・展示する瑠璃光殿があり、なかでも鍍金装笈は、義経と共に逃れてきた弁慶が、奉納したという寺伝えがあります。 薬師堂の背後に見られる板碑群は、信夫荘司一族の墓碑を擁する墓域であり、中央に基冶夫妻、右側に継信・忠信の墓碑といわれる石塔があります。 凝灰岩の奥州型板碑を主に大小60数基が立ち並んでいます。 石塔が削り取られているのは、熱病の際に削って飲むと治るという伝えがあり、継信・忠信のような勇猛な武士にあやかりたいという信仰であったと思われます。 〒960-0231 福島県福島市飯坂町平野字寺前45 TEL(024)542-3797 オフィシャルサイト 竹灯籠づくり体験 医王寺の周辺MAP この寺の境内に飯坂温泉の名湯の一つ「滝の湯」があったので、巌湯山の山号をもち常泉寺を寺号としています。 福島長楽寺五世の僧、立質金祝の創立と伝えられ、慶長元年(1595)の開山でした。 この寺には、寺宝になっている木魚があります。 これは飯坂の旧家泉屋佐藤弥五衛門の弟勝右衛門の長男で通称甚四郎といい、江戸時代に囲碁本因坊7世となった秀伯の寄進のものです。 本因坊7世をつぐと、御城碁をつとめましたが、病弱であった秀伯は名人と言われながら26歳で亡くなっています。 境内の入り口には、秀伯の碑が。 そして秀伯のお墓も祀られています。 オフィシャルサイト(曹洞禅ナビ) 〒960-0201 福島県福島市飯坂町字西滝ノ町4 TEL(024)024-542-3821 常泉寺の周辺MAP 飯坂町鎮守八幡神社は創建が古く年月は不詳ですが、社伝によれば平安時代後期の天喜4年(1056)、後三年の役で奥州に出陣した源義家がこの地にさしかかったとき空に長くたなびく八条の雲を見て、あたかも源氏の白旗が大空に翻るかの様に、義家は守護神の八幡大神が戦勝の験として示されたものと信じ、必勝祈願のために勧請したと伝えられています。 その後の養和年間(1181)に、大鵬城主・佐藤庄治基治が豊前国宇佐八幡宮を奉遷して社殿を建立し、武神八幡大神を祀り幾多の武器を寄進して武運を祈願しました。 時は降って宝永7年(1710)、城内から現在地に再建されたのが現在の社殿であり、3世紀の風雪に耐えて郷内の氏子崇敬者の平安を鎮護しました。 明治4年(1871)に村社に、同23年(1889)には郷社に、同時に幣饌料供進指定社としてこの郷の総鎮守に列せられました。 社格は大東亜戦争後、国の神社制度改革により廃止され、新しく「宗教法人 八幡神社」として現在に至っています。 もとは八幡寺が別当となってあずかっていて、その寺の境内にあった釣鐘に寺の由来を記してあったと言われています。 この境内には明治の大火まで、鯖湖湯側にあった「鯖湖碑」があります。 この社殿は市の重要文化財に指定されています。 伊達郡川西一帯(西根郷)の水田のかんがい用水として、今も利用されている西根堰の開祖、佐藤新右衛門と古川善兵衛の二人をおまつりしています。 400年程前に2人が中心となり、土壌は豊かですが水の少ない1,200haが水田となりました。 境内は、寛政4年(1792)以降、明治まで三河国刈谷藩陣屋のあった場所でした。 西側に並ぶ古碑は、いずれも古川善兵衛の功をたたえるもので左の板状の一基は、上堰取入口の近く穴原にあったもので、柱状の一基は湯野の現在の稲荷屋の屋敷内に建てられていたものでした。 西根神社は、西根堰の用水に感謝した農民が両氏の徳をたたえるために、西根郷33村4,231名の発願で、明治20年に建立されました。 秋季祭礼は、例年9月14日です。 西根神社の境内に、高畑天満宮(高畑の天神様)というもう一つの神社があります。 病気平癒、難除け、学問の神様です。 そこで、毎年1月13~16日、4月27日に「うそかえ祭」が行われ、数万人がお参りします。 昔、高畑の天神様の参拝者を襲った蜂の大群を、鷽(うそ)という鳥が食い尽くしてくれました。 「うそかえ祭」に「木彫りのうそ鳥」を得ると、災難除けや受験合格などのご利益があると言われています。 西根神社の周辺MAP.

次の

伝統的なお祭りから奇祭まで!福島県福島市の魅力的なお祭りをご紹介!

福島 市 稲荷 神社 お祭り 2019

中野不動尊、医王寺、 文知摺観音、 福島稲荷神社 福島市 御朱印めぐり この記事では、福島県福島市にある寺社を巡る、御朱印めぐりを紹介しています。 中野不動尊 大正寺 中野不動尊(なかのふどうそん)は、福島市飯坂町中野にある曹洞宗の寺院です。 山号は中野山、寺名は大正寺といいます。 日本三大不動尊のひとつに数えられ、昔から「中野のお不動様」 として親しまれてきた寺です。 日本における六三除けの祈祷発祥の地といわれています。 三不動には、もう一つ意味があり、本堂に祀られている厄除不動明王・祈祷殿に祀られている眼守不動明王 そして奥ノ院の洞窟内に祀られる三ヶ月不動明王の三不動明王が祀られています。 寺の由緒によりますと、治承三年(1179)、恵明道人が一匹のカモシカに導かれ、未踏の地であったこの地に入り、 山神のお告げにより三ヶ月不動明王を祀ったのが始まりになるそうです。 下の写真は、眼守不動明王が祀られている祈祷殿になります。 下は、大日堂になります。 大日堂の右隣には、不動滝が流れています。 大日堂の下から奥ノ院洞窟めぐりをすることができます。 洞窟内には三ヶ月不動明王が祀られています。 不動滝に向かい右手側は、洞窟めぐりの最東端には唐風重層の寂光門があります。 下は大正寺本堂になります。 いただいた御朱印には、「中野不動尊」と書かれていました。 医王寺 医王寺(いおうじ)は、福島市飯坂町平野にある真言宗豊山派の寺院です。 山号は瑠璃光山、本尊は、大日如来と薬師如来になります。 薬師如来は弘法大師の作と伝えられています。 平安時代に信夫郡を支配した佐藤氏の菩提寺です。 寺の案内によりますと、佐藤基治公の息子継信、忠信兄弟は源義経に付き従い、のちの戦いで二人は義経の 身代わりとなり壮絶な最後を遂げたそうです。 二人の息子を失い悲しみにくれる老母乙和の姿を見ていた 継信の妻「若桜」と忠信の妻「楓」は、乙和の悲しみを慰めようと夫の武者姿に扮したという悲しくも美しい 話が残っていて、その優しくて気丈な武士の妻二人の人形が本堂(写真下)にまつられています。 元禄二年(1689)、『奥の細道』の途中、医王寺を訪れた松尾芭蕉は、佐藤兄弟を偲び「笈も太刀も さつきに飾れ 紙のぼり」と詠んだそうで、その句碑が本堂の前に建っています。 下の像は、佐藤継信、忠信兄弟、そして中央は源義経になります。 奥ノ院に建つ薬師堂(写真下)には、薬師如来が安置されています。 いただいた御朱印には、「薬師如来」と書かれていました。 飯坂町鎮守 八幡神社 飯坂町鎮守八幡神社は、福島市飯坂町字八幡にある神社です。 祭神は、八幡大神;誉田別命(応神天皇)、息長足姫命(神功皇后)、そして玉依姫命になります。 社の由緒によりますと,創建年は不詳とのことですが、平安時代後期の天喜四年(1056)、後三年の役で 奥州に出陣した源義家が、この地にさしかかった時、源氏の白旗が大空に翻るかの様な空に長くたなびく 八条の雲を見て、義家は守護神の八幡大神が戦勝の験として示されたものと信じ、必勝祈願のために勧請 したと伝わるそうです。 屋台同士がぶつかる様を「けんか」 と呼んでいるのだそうです。 福島稲荷神社 福島稲荷神社(ふくしまいなりじんじゃ)は、福島市宮町にある神社です。 主祭神は、伊勢神宮の外宮の神;豊受比売命になります。 社の由緒によりますと、創建は平安時代の永延元年 987 、当時朝廷に重用された陰陽道で知られる安倍晴明が、 詔を奉じて奥羽下向の際にこの地に差し掛かり、将来大いに有望な地相であるとしてここに社を建て、衣食住 を司る豊受比売大神を勧請し、この里の総鎮守としたことに始まるそうです。 絵馬殿は、福島市最古(元禄五年;1652)の木造建築物で旧拝殿になるそうです。 下は、昭和になって再建された拝殿になります。 福島県護国神社 福島県護国神社は、福島市の信夫山にある戊辰戦争から第二次世界大戦までの英霊を祀る神社です。 創建は明治十二年(1879)、相馬・三春・若松の三か所にあった招魂場に祀られていた戊辰戦争従軍者と、 これらに祀られていなかった同戦争の従軍死者、及び西南戦争で戦死した管内の戦死者を合祀し、官祭 信夫山招魂社として創建したことに始まるそうです。 信夫山天満宮 福島県護国寺神社の境内社に建つ信夫山天満宮は、昭和六十三年に、太宰府天満宮から分霊を勧請したものになります。 護国神社の方で、こちらの御朱印もいただくことができます。 文知摺観音 普門院 文知摺観音(もちずりかんのん)普門院は、福島市山口字寺前にある曹洞宗の寺院です。 安洞院が長らく別当をつとめてきた文知摺観音は、平成28年10月に、安洞院16世俊邦和尚が開山となり、 新寺・普門院として新たな法人格を取得し、独立した宗教法人になったそうです。 入口には、芭蕉の像も建っています。 かつてこの地は、綾形石の自然の石紋と綾形、そしてしのぶ草の葉形などを摺りこんだ風雅な模様の 「しのぶもちずり絹」の産地であったそうです。 「みちのくの忍ぶもちずり誰ゆえに みだれ染めにし 我ならなくに」と河原左大臣、源融(みなもとのとおる) が詠んだ小倉百人一首の歌枕の地になるそうです。 そういえば、源融は源氏物語の主人公;光源氏のモデルとも言われている人です。 下は、観音堂になります。 境内には、多宝塔も建っています。 いただいた御朱印には、「南無聖観世音」と書かれていました。 大蔵寺 大蔵寺(だいぞうじ)は、福島市小倉寺にある臨済宗妙心寺派の寺院です。 山号は宝城山、本尊は千手観音になります。 通称、小倉寺観音(おぐらじかんのん)と呼ばれています。 なお行基作と言われる一本のかやの木から作られた高さ4mの千手観音は、国の重要文化財になっています。 春には樹齢300年といわれる「枝垂れ桜」や「稚児桜」と呼ばれる伝説の残る桜が、美しい花を咲かせるそうです。 下は本堂になります。 下は観音堂になります。 いただいた御朱印には、「千手観世音菩薩」と書かれていました。 鳥渡観音寺 鳥渡観音寺は、福島市上鳥渡字観音寺にある天台宗の寺院です。 山号は、瀧寿山になります。 観音寺は比叡山延暦寺の直末寺として、1150年の歴史を持っているそうです。 五重塔永代供養塔は、後継者がいない、迷惑をかけたくない方を納骨から引き受け、永代供養を司る殿堂になります。 下は、観音堂になります。 下は本堂になります。 いただいた御朱印には、「阿弥陀三尊」と書かれていました。

次の

福島稲荷神社例大祭!2020日程に歴史や見どころなどご紹介!

福島 市 稲荷 神社 お祭り 2019

中野不動尊、医王寺、 文知摺観音、 福島稲荷神社 福島市 御朱印めぐり この記事では、福島県福島市にある寺社を巡る、御朱印めぐりを紹介しています。 中野不動尊 大正寺 中野不動尊(なかのふどうそん)は、福島市飯坂町中野にある曹洞宗の寺院です。 山号は中野山、寺名は大正寺といいます。 日本三大不動尊のひとつに数えられ、昔から「中野のお不動様」 として親しまれてきた寺です。 日本における六三除けの祈祷発祥の地といわれています。 三不動には、もう一つ意味があり、本堂に祀られている厄除不動明王・祈祷殿に祀られている眼守不動明王 そして奥ノ院の洞窟内に祀られる三ヶ月不動明王の三不動明王が祀られています。 寺の由緒によりますと、治承三年(1179)、恵明道人が一匹のカモシカに導かれ、未踏の地であったこの地に入り、 山神のお告げにより三ヶ月不動明王を祀ったのが始まりになるそうです。 下の写真は、眼守不動明王が祀られている祈祷殿になります。 下は、大日堂になります。 大日堂の右隣には、不動滝が流れています。 大日堂の下から奥ノ院洞窟めぐりをすることができます。 洞窟内には三ヶ月不動明王が祀られています。 不動滝に向かい右手側は、洞窟めぐりの最東端には唐風重層の寂光門があります。 下は大正寺本堂になります。 いただいた御朱印には、「中野不動尊」と書かれていました。 医王寺 医王寺(いおうじ)は、福島市飯坂町平野にある真言宗豊山派の寺院です。 山号は瑠璃光山、本尊は、大日如来と薬師如来になります。 薬師如来は弘法大師の作と伝えられています。 平安時代に信夫郡を支配した佐藤氏の菩提寺です。 寺の案内によりますと、佐藤基治公の息子継信、忠信兄弟は源義経に付き従い、のちの戦いで二人は義経の 身代わりとなり壮絶な最後を遂げたそうです。 二人の息子を失い悲しみにくれる老母乙和の姿を見ていた 継信の妻「若桜」と忠信の妻「楓」は、乙和の悲しみを慰めようと夫の武者姿に扮したという悲しくも美しい 話が残っていて、その優しくて気丈な武士の妻二人の人形が本堂(写真下)にまつられています。 元禄二年(1689)、『奥の細道』の途中、医王寺を訪れた松尾芭蕉は、佐藤兄弟を偲び「笈も太刀も さつきに飾れ 紙のぼり」と詠んだそうで、その句碑が本堂の前に建っています。 下の像は、佐藤継信、忠信兄弟、そして中央は源義経になります。 奥ノ院に建つ薬師堂(写真下)には、薬師如来が安置されています。 いただいた御朱印には、「薬師如来」と書かれていました。 飯坂町鎮守 八幡神社 飯坂町鎮守八幡神社は、福島市飯坂町字八幡にある神社です。 祭神は、八幡大神;誉田別命(応神天皇)、息長足姫命(神功皇后)、そして玉依姫命になります。 社の由緒によりますと,創建年は不詳とのことですが、平安時代後期の天喜四年(1056)、後三年の役で 奥州に出陣した源義家が、この地にさしかかった時、源氏の白旗が大空に翻るかの様な空に長くたなびく 八条の雲を見て、義家は守護神の八幡大神が戦勝の験として示されたものと信じ、必勝祈願のために勧請 したと伝わるそうです。 屋台同士がぶつかる様を「けんか」 と呼んでいるのだそうです。 福島稲荷神社 福島稲荷神社(ふくしまいなりじんじゃ)は、福島市宮町にある神社です。 主祭神は、伊勢神宮の外宮の神;豊受比売命になります。 社の由緒によりますと、創建は平安時代の永延元年 987 、当時朝廷に重用された陰陽道で知られる安倍晴明が、 詔を奉じて奥羽下向の際にこの地に差し掛かり、将来大いに有望な地相であるとしてここに社を建て、衣食住 を司る豊受比売大神を勧請し、この里の総鎮守としたことに始まるそうです。 絵馬殿は、福島市最古(元禄五年;1652)の木造建築物で旧拝殿になるそうです。 下は、昭和になって再建された拝殿になります。 福島県護国神社 福島県護国神社は、福島市の信夫山にある戊辰戦争から第二次世界大戦までの英霊を祀る神社です。 創建は明治十二年(1879)、相馬・三春・若松の三か所にあった招魂場に祀られていた戊辰戦争従軍者と、 これらに祀られていなかった同戦争の従軍死者、及び西南戦争で戦死した管内の戦死者を合祀し、官祭 信夫山招魂社として創建したことに始まるそうです。 信夫山天満宮 福島県護国寺神社の境内社に建つ信夫山天満宮は、昭和六十三年に、太宰府天満宮から分霊を勧請したものになります。 護国神社の方で、こちらの御朱印もいただくことができます。 文知摺観音 普門院 文知摺観音(もちずりかんのん)普門院は、福島市山口字寺前にある曹洞宗の寺院です。 安洞院が長らく別当をつとめてきた文知摺観音は、平成28年10月に、安洞院16世俊邦和尚が開山となり、 新寺・普門院として新たな法人格を取得し、独立した宗教法人になったそうです。 入口には、芭蕉の像も建っています。 かつてこの地は、綾形石の自然の石紋と綾形、そしてしのぶ草の葉形などを摺りこんだ風雅な模様の 「しのぶもちずり絹」の産地であったそうです。 「みちのくの忍ぶもちずり誰ゆえに みだれ染めにし 我ならなくに」と河原左大臣、源融(みなもとのとおる) が詠んだ小倉百人一首の歌枕の地になるそうです。 そういえば、源融は源氏物語の主人公;光源氏のモデルとも言われている人です。 下は、観音堂になります。 境内には、多宝塔も建っています。 いただいた御朱印には、「南無聖観世音」と書かれていました。 大蔵寺 大蔵寺(だいぞうじ)は、福島市小倉寺にある臨済宗妙心寺派の寺院です。 山号は宝城山、本尊は千手観音になります。 通称、小倉寺観音(おぐらじかんのん)と呼ばれています。 なお行基作と言われる一本のかやの木から作られた高さ4mの千手観音は、国の重要文化財になっています。 春には樹齢300年といわれる「枝垂れ桜」や「稚児桜」と呼ばれる伝説の残る桜が、美しい花を咲かせるそうです。 下は本堂になります。 下は観音堂になります。 いただいた御朱印には、「千手観世音菩薩」と書かれていました。 鳥渡観音寺 鳥渡観音寺は、福島市上鳥渡字観音寺にある天台宗の寺院です。 山号は、瀧寿山になります。 観音寺は比叡山延暦寺の直末寺として、1150年の歴史を持っているそうです。 五重塔永代供養塔は、後継者がいない、迷惑をかけたくない方を納骨から引き受け、永代供養を司る殿堂になります。 下は、観音堂になります。 下は本堂になります。 いただいた御朱印には、「阿弥陀三尊」と書かれていました。

次の