阪急 交通 社 コロナ。 新型コロナ:阪急阪神HD、苦難の鉄道・ホテル 不動産の重み増す :日本経済新聞

阪急交通社の口コミ・評判 | みん評

阪急 交通 社 コロナ

広告 前年比7割減 観光庁が発表した主要旅行業者48社の旅行取扱状況によりますと、2020年3月の総取扱額は、新型コロナウイルス感染症による外出自粛や旅行中止の影響を受け、前年同月比28. 内訳は、国内旅行が36. いずれも大幅な前年比マイナスとなり、とくに海外旅行の取扱額の落ち込みが目立ちました。 主要旅行会社の3月単月の取扱額は以下の通りです。 観光庁発表のデータを基にしていますが、HISは同社IRより引用しています。 3 KNT 13,459 31. 4 HIS 12,894 27. 2 日本旅行 9,679 23. 6 JALパック 5,092 29. 4 ANAセールス 4,905 28. 8 エアトリ 3,650 31. 9 東武トップツアーズ 2,571 27. 2 ビッグホリデー 2,476 26. 4 阪急交通社 2,322 7. 2 名鉄観光サービス 1,811 25. 7 JR東海ツアーズ 1,767 20. 7 びゅうトラベルサービス 1,388 27. 7 農協観光 1,014 18. 4 全社合計 120,035 28. 一部会社は正式な会社名表記と異なります。 広告 JTBは国内が堅調 減少率は、各社により幅があります。 大手旅行会社の前年同月比ではJTBが 37. JTBが比較的持ちこたえた一方で、阪急交通社は大きく減らしました。 一方、国内旅行は比較的堅調で、とくにJTBは前年比49. 阪急旅行は海外旅行が激減 阪急交通社の落ち込みが大きいですが、同社は3月に海外ツアーをほぼ扱わなかったようです。 海外旅行に限ると前年同月比1. 同社は国内旅行よりも海外旅行の取扱の比重が大きいだけに、全体として前年比92. 海外旅行が主力のHISは、前年比27. 海外旅行に限ると27. 4月はより深刻に JR系列で、新幹線のツアーを主体に扱っている会社では、びゅうトラベルサービスが27. 業界平均に比べると落ち込みが大きくなっています。 両社とも海外旅行の比重が小さいのですが、この時期、新幹線のツアーも振るわなかったことががうかがえます。 航空会社系列のJALパックは29. JALパックのほうが海外旅行の比重が高いのですが、同社は海外旅行で19. ANAは海外旅行が13. どちらの会社も海外旅行の落ち込みを、国内ツアーで支えたのは同じです。 2020年の3月は、新型コロナ感染症が国内に急速に拡大した時期ですが、上旬はまだそれほど危機感が深刻になっていませんでした。 各国で渡航制限が始まり海外旅行が困難になったのは中旬以降で、国内旅行も3月下旬の3連休は賑わいました。 旅行業各社が店舗を全面休業にしたのは、4月の緊急事態宣言発出以降です。 そのため、4月以降の数字はより深刻になっているはずで、気になるところです。

次の

阪急交通社グループ19年度決算、営収は5%の減少 コロナが影響

阪急 交通 社 コロナ

広告 前年比7割減 観光庁が発表した主要旅行業者48社の旅行取扱状況によりますと、2020年3月の総取扱額は、新型コロナウイルス感染症による外出自粛や旅行中止の影響を受け、前年同月比28. 内訳は、国内旅行が36. いずれも大幅な前年比マイナスとなり、とくに海外旅行の取扱額の落ち込みが目立ちました。 主要旅行会社の3月単月の取扱額は以下の通りです。 観光庁発表のデータを基にしていますが、HISは同社IRより引用しています。 3 KNT 13,459 31. 4 HIS 12,894 27. 2 日本旅行 9,679 23. 6 JALパック 5,092 29. 4 ANAセールス 4,905 28. 8 エアトリ 3,650 31. 9 東武トップツアーズ 2,571 27. 2 ビッグホリデー 2,476 26. 4 阪急交通社 2,322 7. 2 名鉄観光サービス 1,811 25. 7 JR東海ツアーズ 1,767 20. 7 びゅうトラベルサービス 1,388 27. 7 農協観光 1,014 18. 4 全社合計 120,035 28. 一部会社は正式な会社名表記と異なります。 広告 JTBは国内が堅調 減少率は、各社により幅があります。 大手旅行会社の前年同月比ではJTBが 37. JTBが比較的持ちこたえた一方で、阪急交通社は大きく減らしました。 一方、国内旅行は比較的堅調で、とくにJTBは前年比49. 阪急旅行は海外旅行が激減 阪急交通社の落ち込みが大きいですが、同社は3月に海外ツアーをほぼ扱わなかったようです。 海外旅行に限ると前年同月比1. 同社は国内旅行よりも海外旅行の取扱の比重が大きいだけに、全体として前年比92. 海外旅行が主力のHISは、前年比27. 海外旅行に限ると27. 4月はより深刻に JR系列で、新幹線のツアーを主体に扱っている会社では、びゅうトラベルサービスが27. 業界平均に比べると落ち込みが大きくなっています。 両社とも海外旅行の比重が小さいのですが、この時期、新幹線のツアーも振るわなかったことががうかがえます。 航空会社系列のJALパックは29. JALパックのほうが海外旅行の比重が高いのですが、同社は海外旅行で19. ANAは海外旅行が13. どちらの会社も海外旅行の落ち込みを、国内ツアーで支えたのは同じです。 2020年の3月は、新型コロナ感染症が国内に急速に拡大した時期ですが、上旬はまだそれほど危機感が深刻になっていませんでした。 各国で渡航制限が始まり海外旅行が困難になったのは中旬以降で、国内旅行も3月下旬の3連休は賑わいました。 旅行業各社が店舗を全面休業にしたのは、4月の緊急事態宣言発出以降です。 そのため、4月以降の数字はより深刻になっているはずで、気になるところです。

次の

新型コロナ禍が最初に訪れた貸切バス苦境 新たな道模索 もう「昭和の旅行」じゃダメだ

阪急 交通 社 コロナ

オランダベルギーのツアーに申し込みました。 2日目のドライバーさんがフランス語とオランダ語しか話せていません。 添乗員さんは英語しか話せないので、まず添乗員さんとドライバーさんの意志疎通が困難状態でした。 また、ドライバーさんがオランダの道に詳しくないので30分で行ける道をドライバーさんが迷子になったため、1時間以上かけて行きました。 それが1日で2回もあったため、大幅な時間のロスをしました。 合計3時間も予定が狂いました。 お昼ご飯が15時なって食べれました。 ドライバーさんのミスが朝からあったため、観光地をゆっくり見ることはできませんでした。 絶えず急かされた観光でした。 添乗員さんは基本的に良い方でしたが、大幅な時間ロスで焦ったのかツアー客が付いてきているかを確認せずに早く歩いていました。 ツアー客はご年配の方が多いので付いてていけない方が居ました。 その方は約1時間迷子になりました。 正直、私も添乗員さんを見失いましたしその時の集合時間も曖昧でした。 多分、会社側は現地の方としっかりコミュニケーションはされていないので、このような事態になったんだと思います。 この企画の計画性の無さにも驚きました。 いつも海外旅行はHISでしたが、台湾縦断ツアー内容が金額も含めてHISよりよく、2回目の台湾縦断申し込みました。 大型バスもお年寄り用にステップ台や車いす積むなりして、歩けなくなった方に何かしらの配慮ができればいいと思います。 現地ガイドさんも良かったです。 表現に気を付けていましたね。 又他社と比較して、利用したいと思います。 娘と初海外旅行で台湾へ3泊4日して来ました。 現地係員さんの対応も良く、オプションの台中夜市散策時にはお勧めお店を教えて頂けたりもしました。 最初は言語も通じずどうしようかと不安な気持ちもあったのですが、係員さんのお陰で4日間とても楽しむことが出来、感謝しております。 高雄や台北へバスで移動の際にも台湾の歴史を冗談交じりに話たり、面白い方でした。 帰国の際には、参加者全員がチェックインするまで見送りして頂けました。 また、他の口コミを読みますと現地係員さん ガイド の当たり外れもあるとも書かれていたのですが、そうだとすれば今回は大変ラッキーな方にあたったと思います。 また、阪急交通社さん トラピックス はコスパが良いと思います。 今回は3泊ともスーペリアクラスホテルでしたが、特にホテルの不満な点も無く良い思い出になりました。 ピチピチとれたての新鮮な日本海の海の幸をいただけると、、とても楽しみにしておりましたか…。 これ、あわび?トコブシではないのか?しかもあまりにも薄すぎる切り身。 薄すぎて透けてるやん…。 うに?塩辛いカスカスのウニ。 カレイの煮付け?お惣菜の半額セールか?冷え冷えのお惣菜のカレイの煮付け。 まさかの…ラストは。。。 お席についてからご用意しますので20分ほどかかりますと聞いていました。 さぞかしピチピチといきのいいイカが〜と期待しておりましたが… えっ?スーパー半額で買ったようなイカ。 ピチピチどころか、このまま生で食べても大丈夫なのか?と…不安になるほどでした。 バスツアーの案内の写真とは、かなりのギャップすぎる。 とてもがっかりで残念すぎます。 この日帰りツアー、ほかに回った観光場所も、すべて無料のところばかり。 この内容で…この料金???では、あの昼食はいくらだったの??? 詐欺にあったような気持ちです。 とても楽しみにしておりましたので、残念で仕方ありません。 リピーターどころか、こんなことをしていると本当に駄目だと思いますよ。 お客さんに喜んでもらえるような、しっかりとした内容にするために確認するべきだと思います。 もう私は、バス旅行は利用しないでおこうとつくづく思いました。 最近、お宿と言うプランを愛用させていただいて居ますが、 先日、ネット不具合?(笑)で、最後の決定が、無効になってしまう状態。 連絡先電話は、中々つながらないので、支店の方へ電話。 本来ならそこからは、利用できないのですが、出てくれた男性社員が とても親切で、しかも電話対応も、ものすごく良かった!! 良いと言うのは、マニュアルにそった完璧対応と言うものより 人間味があり、「何とか出来る事は、してあげねば・・!」と言う感じが 電話からも伝わって来たのです。 今時、珍しいなと心地良い気分になれました。 そして、途中から女性に代わり、彼女も暖かい対応で 至れり尽くせりの対応。 無事に予約が取れて、本当に嬉しかったです。 お蔭で楽しい旅ができました。 機械とマニュアルだけの現代に、こうした 人間味を感じさせてくれる社員さんがいるって、ステキですね。 ますます阪急ファンになりました。

次の