扶養 家族 数 と は。 扶養家族・配偶者の書き方

【パート主婦の履歴書】扶養家族数・配偶者の有無・配偶者の扶養義務の書き方

扶養 家族 数 と は

スポンサーリンク 友人は、 「今回、 扶養家族を記入する欄で、結構悩んじゃった」 と言っていました…! 友人は、以前は結婚していたけど、 先日離婚して、今は 独身。 子供はいませんが まだ現役の両親の家に、身を寄せています。 例えば、Aさんという人を例に考えてみると 「Aさんの 収入で、 生活の面倒を見ている家族」 が、Aさんの 扶養家族となりますから Aさんが主として働いて パートで働く妻B 年収130万円以下 と 小学生の子供Cを 養っている、というような場合には Aさんの扶養家族は 妻Bと子供C、合わせて 2人となります。 逆に、 Aさんがパートで働く主婦 年収130万円以下 で 会社員の夫Bと、小学生の子供Cと暮らしている という場合には Aさんは、 夫Bに扶養されている事になるので Aさんの扶養家族は、 0人となります。 Aさんは、 会社員として働いているが その 妻Bも、130万円を超える年収がある場合には 通常、二人のうち 収入が多い方が子供Cを扶養します。 例えば、Aさんの年収が、400万 妻Bの年収が、250万の場合には 子供Cは、 年収の多いAさんの扶養に入ります。 この場合に、妻BはAさんの扶養家族とは ならないうえ 子供Cは既に、Aさんに扶養されているので 妻Bの扶養家族は、 0人となります。 では、独身で子供がいない場合を次に見ていきましょう。 独身には扶養家族はいない? 独身で、子供がいない場合には 扶養家族は関係ないよね…? と、思いがちですが 同居している親族、又は 仕送りをしている親族がいて その生計を支えている、という場合には その親族を、 扶養家族に含めることができます。 例えば、先の例のAさんが 独身だが、同居している両親を 養っている または同居はしていないが 仕送りをして、両親を養っている という場合には Aさんの扶養家族は、 2人となります。 逆に、 Aさんに収入が無く 両親に養われている、という時には Aさんの扶養家族は、 0人です。

次の

「扶養親族等の数」のカウント方法

扶養 家族 数 と は

おさらい~扶養親族等の数の数え方~ 毎月の給料計算で使うもの 改正点を確認する前に、扶養親族等の数の数え方についておさらいしておきましょう。 既に知っている方は読み飛ばしていただいて構いません。 毎月の給料計算で給料から天引き(源泉徴収)する際に使うので、正しい理解が必要ですね。 (出典:国税庁HP「平成29年分源泉徴収税額表」) でもちょっとしたコツさえつかめれば、そんなにややこしくありません。 (1)控除対象配偶者(老人控除対象配偶者を含む) (2)控除対象扶養親族(老人扶養親族と特定扶養親族を含む) 扶養親族の中に、 年齢16才未満(平成29年分の場合、平成14年1月1日以前に生まれた人)の人がいれば、1名につき1を引きます。 (1)障害者(特別障害者を含む) (2)寡婦(特別の寡婦を含む) (3)寡夫 (4)勤労学生 ここは、給料を受け取る本人の話です。 本人が障害者や寡婦(寡夫)、勤労学生に該当すれば、扶養親族等の数に該当するごとに1を加えます。 (1)障害者(特別障害者を含む) (2)同居特別障害者 ここは、配偶者や扶養している子供や親族の話です。 障害者や同居特別障害者に該当すれば、扶養親族等の数にそれぞれ1を加えます。 同居特別障害者とは、特別障害者である扶養親族のうち、本人などと一緒に同居している人をいいます。 同居特別障害者の場合、(1)障害者にも該当するので1、(2)同居特別障害者として1、合わせて2を加えることになります。 注意点 障害者の数を計算する際は、 扶養親族の年齢は問いません。 したがって、 年齢16才未満の扶養親族であっても該当しますので注意しましょう。 国税庁HPに、さらに詳しく載っていますので、興味のある方はこちらもご覧ください。 平成30年分の改正点 今までとこれから 前述のように、配偶者控除等の改正によって配偶者における扶養親族等の数の数え方に影響がでてきます。 平成29年分までは、配偶者が「控除対象配偶者」に該当する場合に1と算定しました。 改正後、つまり平成30年分以降は配偶者が「 源泉控除対象配偶者」に該当する場合に限り、1と算定します。 本人の給与年収1,120万円以下かつ配偶者の給与年収150万円以下 源泉控除対象配偶者とは、給与収入のみに限定して説明すると、 ・給与所得者本人の年収1,120万円以下で、 ・配偶者の年収150万円以下 に該当する場合の配偶者のことをいいます。 したがいまして、 本人の年収が1,120万円を超えたり、配偶者の年収が150万円を超える場合は扶養親族等の数に算定しません。 源泉控除対象配偶者については、別のブログ記事でも掲載していますので、そちらもご覧ください。 なお、年収はあくまでも 見積額ベースです。 年の途中で状況が変われば、扶養親族等の数にも影響がでることになります。

次の

履歴書の「扶養家族数」って何?

扶養 家族 数 と は

扶養のメリットとして「納税額が少なくなる」、「健康保険料・年金の支払いが不要」などということを聞いたことはありませんか? そこで今回は、扶養家族の範囲について、また扶養家族のメリットとデメリットについて詳しくご説明します。 扶養家族とは? 扶養家族という言葉の意味から考えていきましょう。 扶養される側は 何らかの理由で労働が困難であり、かつ資産なども十分にないため、生活を保護する必要があり、そうすべき家族のことを指します。 例えば、まだ学生で仕事ができない、成人していても障害などがあり労働に従事できない、失業し仕事がない、高齢で仕事ができない人などを扶養家族といいます。 一定の要件を満たした扶養家族がいると、所得税法上の軽減措置や健康保険料納付の免除を受けることが出来ます。 扶養家族の範囲 所得税法上でいう扶養家族と健康保険法上の扶養家族は別物です。 またそれぞれに扶養家族として認められる範囲や条件も異なるので、違いを理解しておく必要があります。 所得税法における扶養家族の範囲と条件 所得税法上でいう扶養家族になると、控除対象扶養親族(その年度の12月31日時点で16才以上)でも、 所得より38万円の控除されます。 ただし 年間の給与収入(総支給額)が103万円以内に限ります。 またこの特典を受けられる条件と扶養範囲は以下の通りです。 所得税法における扶養家族の条件 1. 12月31日現在、配偶者を除く6親等以内の血族と3親等以内の婚族及び、養育、養護委託を受けた里子やお年寄り(同居の有無は問わない) 2.納税者と同一生計であること 3. 年間の給与収入(総支給額)が103万円以下であること 4. 青色申告の事業専従者としての給与の支払いを受けていないこと、白色申告の事業専従者でないこと 所得税法における扶養家族の範囲 上記で示す範囲では、どこまでの範囲の人が当てはまるのか分かりにくいのでもう少し詳しくご説明します。 ・1親等=父母や子、配偶者の父母 ・2親等=祖父母、孫やその配偶者、兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、配偶者の兄弟姉妹 ・3親等=ひ孫やその配偶者、納税者と配偶者の伯母、叔父及びその配偶者、甥、姪及びその配偶者 ・4親等=従兄弟姉妹、甥や姪の子供など ・5親等=従兄弟姉妹の子供 ・6親等=5親等の高祖及び子孫、従兄弟姉妹の孫など 健康保険法上における扶養家族の範囲と条件 健康保険法上の扶養家族の条件を満たしていれば、保険証は一人一つ与えられますが、扶養家族分の健康保険料の支払いは不要です。 健康保険法上の扶養家族の条件と範囲について知っておきましょう。 健康保険法上における扶養家族の条件 1. 健康保険法が定めた被扶養者の範囲内である 2. 後期高齢者でない 3. 被保険者が扶養しなければならない理由があり、実際扶養状況にある 4. 被保険者にその者を継続的に扶養する能力がある 5. 健康保険法上における扶養家族の範囲 次に健康保険法上における扶養家族の範囲を詳しくご紹介したいと思います。 ・1親等=父母や子、配偶者の父母 ・2親等=祖父母、孫やその配偶者、兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、配偶者の兄弟姉妹 ・3親等=ひ孫やその配偶者、納税者と配偶者の伯母、叔父及びその配偶者、甥、姪及びその配偶者であり、かつ同居していること ・内縁の配偶者の父母、同居している連れ子 3親等は同居が必要である点が注意点です。 補足として40〜64歳の家族を被扶養者とした場合は別途介護保険料が必要となります。 また、限度収入額を超えている場合は、国民健康保険などへの加入が必要となるため、扶養家族の方の収入はしっかりと把握しておきましょう。 扶養家族のメリットとデメリット 扶養家族であることはメリットもありますがデメリットもあります。 そこで両側面から見ていきましょう。 扶養家族のメリット まずメリットは大きく分けて3つあります。 1つ目は収入を得ていても所得税の支払いが安くなることです。 2つ目は健康保険料の支払いの免除です。 健康保険料を支払うことなく、3割負担の治療費で医療が受けられるというのは大きなメリットでしょう。 3つ目は年金の支払いが扶養となることです。 これは結婚をして、夫の扶養に入った妻の特典です。 厚生年金から国民年金に変わり「第3号被保険者」という区分になりますが、年金の支払いは不要です。 扶養家族のデメリット 次に扶養家族のデメリットについてみていきましょう。 デメリットは多くはなく基本的に1つ「 収入に制限があること」です。 上記でもご紹介した通り、所得税法上も健康保険法上も、扶養となる人には収入の制限があります。 扶養される意味を考えると当然ではありますが、働きづらさがぬぐえません。 まず正社員として働くと103万円の壁はゆうに超えてしまうでしょう。 また、パートとして働く場合も、人手不足の際に収入が一定以上を超えると困るからとシフトを断っていると職も奪われかねません。 上記の103万円は所得税の壁ですが、その他にも税法上の壁がありますのであわせてご紹介します。 ・年収100万を超えると住民税の支払義務 ・年収103万を超えると所得税の支払義務 ・年収130万を超えると社会保険への加入・保険料の支払い義務 ・年収141万を超えると配偶者控除及び配偶者特別控除から除外 扶養家族といっても2つの種類があり、かつ扶養家族になるためには収入などの制限が様々生じてきます。 扶養になることのメリットと扶養することでのデメリットの双方を考えて選択する必要があるでしょう。

次の