ミッドサマー カルト。 『ミッドサマー』ネタバレ考察/ペレに関する3つの疑問

映画『ミッドサマー』あらすじネタバレと感想。「ヘレディタリー」を軽々と凌駕する狂気に満ちた夏祭り!

ミッドサマー カルト

CONTENTS• スウェーデン、ドイツ、イギリスの夏至祭を自ら調べて題材にしました。 映画ツウや批評家が絶賛する中、一般の観客の間ではディベートが起きた衝撃作。 原題の『Midsommar』は、スウェーデン語で6月の祝日に当たる夏至祭。 躁うつ病を患う妹から貰ったメールに不穏な気配を感じ、ダニーは精神的に不安定になっていました。 クリスチャンの友人・マークは、いつも頼りっきりのダニーと別れるべきだと助言。 クリスチャンは、心配し過ぎてダニー自身の生活にも支障が起きていると彼女を諭します。 安定剤を服用したダニーは言われるままに納得。 しかし、程無くしてクリスチャンのスマホに再びダニーから連絡が入ります。 うんざりして呆れ顔のマークをよそにクリスチャンが電話に出ると、取り乱したダニーが叫んでいました。 ダニーの妹が両親を巻き添えに無理心中し、彼女は家族全員を失ったのです。 突然の悲劇に見舞われたダニーに同情するクリスチャンは、別れを切り出せませんでした。 元気づけようとクリスチャンはダニーをパーティへ誘います。 そこで、ダニーは、クリスチャンが男友達だけでスウェーデンへ旅行する計画をしていたことを知ります。 秘密にされたことにダニーは傷つき、クリスチャンと口論。 気まずくなり帰ろうとするクリスチャンを引き留めようと、ダニーは下手に出て機嫌を取ります。 罪悪感を覚えたクリスチャンはダニーも旅へ誘いました。 スウェーデンから来た留学生・ペレの故郷で90年に1度行われる夏至祭へ参加することになります。 ペレは、ダニーも一緒に来ることを歓迎し、家族に起きたことに触れてお悔やみを述べます。 ペレの言葉が終わらない内に、動揺したダニーはトイレに駆け込み泣きじゃくります。 クリスチャン、ダニー、マーク、そしてジョッシュは、ペレと共にスウェーデンへ。 到着すると、地元の女性を見たマークは興奮を隠せません。 人里離れた小さな村へ着きペレは弟に再会。 弟はイギリスからサイモンとその彼女・コニーを夏至祭へ招いていました。 用意された宿泊所は、村民も一緒に寝泊まりする大きなスペースで、壁には鮮やかな色で絵が描かれています。 アメリカやイギリスから来たゲストを村人達は皆笑顔で温かく迎えます。 広く美しい平原には、多くの村民がコスチュームを着て集い平穏な雰囲気でした。 翌日、9日間の予定で夏至祭が始まり皆で食事を摂ります。 初老の男女が立ちあがってお酒を酌み交わした後、女性が村人たちに切だった崖の頂上まで運ばれます。 下からその様子を見ている全員の目の前で、その女性は投身自殺。 ショックのあまり、サイモンとコニーが抗議の声を上げます。 しかし、初老の男性も後に続いて崖から落下。 まだ息のある男性に対し、村人が大きな小槌で顔に振り下ろします。 異常な事態に呆気に取られるクリスチャン達ですが、ダニーは人の死を立て続けに見させられ狼狽。 怒り心頭のサイモンとコニーを、村の長・シヴが声を掛け、年を取り続けて苦しむより、彼等にとっては喜びなのだと説明します。 耐えられず村を出ると言うダニーに対し、ペレは、自分も同様に両親を失っているのでダニーの気持ちは分かると話します。 人の人生を年齢で春夏秋冬に分ける代々伝わった村の儀式だとダニーを説得しました。 荷物をまとめて村を出る準備を整えたコニーに、村人は、サイモンが先に駅へ向かったと伝えます。 ペレは、村の儀式は秘密であり、ルールを定める年長者達が許可しないと反論。 食い下がるジョッシュに、一応尋ねてみるとペレは返答します。 夜になり、クリスチャンを気に入った村の少女が恋の成就を願い、クリスチャンが眠るベッドの下にお守りを忍ばせます。 翌日、ペレは、場所や人の名前は明かさず、写真撮影も禁止であることを条件に許しが下りたことを伝えます。 しかし、夜になり、ジョッシュは神殿に忍び込み、村の古い書をスマホで写真を撮ります。 ジョッシュは、背後から頭を殴打され床に血を流して倒れます。 そして、先祖の魂と繋がっていると村で信じられている枯木に用を足したマークを、年長者が怒鳴りつけます。 食事の時間になり、村の若い女性がマークを笑顔で誘い出します。 もともとスウェーデン女性と関係することを目論んでいたマークは、一緒に連れ立って席を離れます。 ジョッシュやマークが戻らないまま祭典は進行。 ダニーは村の女性達に誘われ、踊りの競争へ参加。 皆と同じ服を着て、生花で作られた冠を被って踊ります。 見物する群衆に混じるクリスチャンに、女性が近づき飲み物を提供します。 言葉が通じないまま飲み干すクリスチャンの視界はほやけ、意識がもうろうとして来ます。 そして、ダニーがダンスを続ける中、シヴに呼び出されたクリスチャンは、彼をとても気に入っている村の少女との性行為を勧められます。 頭を振ってクリスチャンが出て来ると、最後まで踊り続けたダニーがマイ・クイーンに選ばれます。 村民全員が祝福しダニーは美しい花で覆われたテーブルの上座に着席。 促されるまま、村の豊作を願う儀式へ畑に連れ出されます。 その間、クリスチャンは更に薬で精神的自由を奪われ、神殿で全裸の村民女性が歌う前で、彼に思いを寄せる少女との性行為へ導かれます。 畑から戻ったダニーは、神殿から聞こえる歌声に惹かれて鍵穴から中を覗き、ショックを受けて飛び出します。 村民の女性達がダニーを迎える様に周りを囲み、ダニーが泣きわめく声を真似て一緒に叫び始めます。 クリスチャンはことを終えると、裸のまま納屋へ走り出します。 中へ入ると、内臓を取り出されたサイモンが吊るされており、くり抜いた両目に花が挿入されていました。 動転して振り返った途端、粉の薬を吹きかけられたクリスチャンは失神。 メイ・クイーンの座に着いたダニーは、年長者からクリスチャンの処遇を決めるよう促されます。 ダニーは、クリスチャンの死を選択。 村人達は、ジョッシュ、マーク、そしてコニーの首を神殿に飾り付け、村から2人の志願者も壁際に腰掛けます。 そして、剥いだ熊の毛を着させられたクリスチャンは、薬で体が動かせないまま床に座っています。 神殿に火が放たれ、見る見るうちに凄まじい炎が建物を覆います。 涙を溜め、悔しそうにその光景を見つめていたダニーの顔に、うっすらと笑顔が浮かびます。 初老のカップルが投身自殺をする直前、村の若い女性が岩に刻まれたルーン文字に自分の血をなすりつける場面があります。 読み取れた2文字をご紹介。 そして、 劇中に、1才から16才は春、17才から32才は夏、33才から52才は秋、53才から72才は冬、と考える村の伝統をペレがダニーに説明しています。 日本でも高齢者を口減らしの為に家長が山に捨てる姥捨てが行われたと言う民話が残っていますが、本作の夏至祭では、 ある年齢に達した人の自殺が祭典開始直後に起こります。 また、劇中を通し、儀式のシンボルについての説明は皆無。 監督・脚本を務めたアリ・アスターが「観客は混乱すると思う」と述べている通り、美しい花々と笑顔の村民による殺戮は、正に昼間の悪夢を見ているようなのです。 1つだけ分かるのは、精神的にもともと不安定で人に依存し過ぎるダニーとクリスチャンの関係が冷え切っている点。 しかし、妹の無理心中で家族を失ったダニーに同情したクリスチャンは、別れを口にできません。 一方、自分の誕生日をクリスチャンが忘れていると知っているダニーは、愛されていないことを知っていながらも、クリスチャンに頼りっきりです。 アスターは、ダニーに自分をなぞらえているとインタビューで語っており、 実生活で恋人と別れた経験を脚本に書き、映画の中でダニーによって復讐をしています。 冒頭に起きるダニーの家族の悲劇を描写した連続シーンは非常に暗く、 この先はもっと悪いことが起きると暗示。 ダニーの部屋にある壁の絵も儀式の内容を示唆。 スウェーデンの村へ行く外国人学生に危険が迫ることを観客が予想できるよう、アスターは構成しています。 人は真反対のものを同時に見続けると混乱し不快な気分に陥りますが、 人間はそれでも知りたいと思う動物だと先刻承知のアスターが仕掛けた術中にはまってしまうのです。

次の

カルトと宗教の違い ミッドサマーはカルトではない

ミッドサマー カルト

『ミッドサマー』ネタバレ考察/ペレはダニーが好きだったのか 1つ目の疑問はペレがどういう思いでダニーに接していたかという点です。 ダニーは破局寸前ではあったものの、ペレの友人であるクリスチャンと交際していました。 そんな彼女をペレはどう思っていたのでしょうか。 考察していきましょう。 考えられるのは2つケースです。 ダニーに好意を寄せていた• 「新しい血をもたらす者」または「メイクイーン候補」としてしか見ていない 僕の考察の結論を述べると、 ペレは後者の想いが強かったのではないかと考えます。 考察:ペレはダニーのことを好きだと思える描写はある ペレがダニーに対して好意を寄せていると思えるシーンはいくつもありました。 例えば、クリスチャンたちのたまり場(きっと女を連れ込んでそう…)でのシーンです。 家族を失ったダニーに対して、自分も両親を亡くしたと言って寄り添う姿が描かれました。 ペレにとってみれば家族の死という喪失感を共有できる相手を見つけたワケです。 この共感から好意を抱いても不思議ではありません。 加えて、ホルガ到着後にダニーに似顔のプレゼントをしているシーンもありました。 ダニーがメイクイーンに選ばれるとクリスチャンがいる側でキスをしていましたしね。 ペレはダニーに好意を抱いていたのかなと映画を観ている最中は思いました。 考察:ペレはいつでもホルガ優先の行動をしている ただ、改めてペレの行動をみてみると、彼はホルガ優先で動いている人間です。 そもそもホルガに友人たちを連れてきた理由はネタバレですが以下の2つのみ。 祝祭で必要な外部からの生贄(4人分)を差し出すため• ホルガのコミューン維持を目的とした新しい血を与えるため 幼い頃からホルガという共同体で育ったペレにとってはホルガが全てです。 「ここには本当の家族がいる」と言っていたくらいですからね。 彼の行動は全てホルガに繋がるものであって、そこに個人的な意思はないと思うんです。 ホルガの人々は共同体の維持・繁栄が最優先で、私的な感情はないと思うんですよね。 いわゆる共同体の価値を重んじる共同体主義、ないしは全体主義を持っている気がします。 上記を踏まえると、ペレはダニーに僕らが考える好意は持ってないと考えられますね。 『ミッドサマー』ネタバレ考察/ペレの両親はなぜ死んだのか 2つの目の疑問はペレの両親の死についてです。 これはかなりに気になります。 前述のようにペレは幼い頃に両親を亡くしています。 彼曰く火事が死因のようです。 映画『ミッドサマー』の本編ではペレの両親についてこれ以上の情報はありません。 ただ映画のネタバレですが、祝祭の仕上げは生贄を焼き殺す儀式で終わっているのです。 このことを踏まえるとペレの両親は以下の2つの説が考えられる気がします。 両親はホルガ出身者で生贄に志願して死んだ• 両親はダニーたち同様に儀式に巻き込まれて死んだ それぞれ考察しましょう。 考察:ペレの両親はホルガ出身で生贄になって死んだ説 これは非常にありえる説だと思います。 ペレはホルガ出身ですので、両親もホルガ生まれと考えるのは至って自然です。 あの村で起こる火事は祝祭の総仕上げである生贄を捧げるあの炎しか考えられません。 映画『ミッドサマー』で描かれた祝祭は90年に一度の儀式です。 しかし、毎年小規模な夏至祭が行われている可能性もゼロではありません。 これはメイクイーンの写真の多さから推察できます。 90年に1度のサイクルで女王を選んでいる割に歴代の写真が多すぎるからです。 数十年前の儀式で自ら生贄になったことでペレの両親は死んだのかもしれません。 考察:両親は儀式に巻き込まれて生贄にされて死んだ説 もう一つの説はダニーと同じように儀式に巻き込まれて死んだ説です。 ペレの両親は幼いペレを連れてホルガ出身の友人から祝祭に招待された。 そして恐怖の祝祭を目の当たりにして逃亡を図るも捕まり、生贄として焼かれた。 …というストーリーも想像できなくはないですよね。 ホルガは定期的に外部の人を呼んで生贄や新しい血を入れているワケですし。 ペレの両親がその候補者として知らず知らず祝祭に招かれても不思議ではありません。 この説を後押しするようなペレの台詞もあるんです。 「両親が死んで孤児になった僕を家族のように温かく迎え入れてくれた」 この「孤児になった僕」という表現が気になるんですよね。 両親がホルガの人で生贄になったとして残されたペレを村人は孤児と言うでしょうか。 多分言わないと思います。 ホルガにとって生贄は名誉ある行為。 残された子どものことを「孤児」なんて考えないと思うんですよね。 例えば、「勇気の息子」といった表現で称えると考えます。 でも「ペレは孤児になった僕を温かく迎え入れてくれた」と言っていた。 両親は望んで生贄になっていないことを示唆しているのではないしょうか。 個人的にはペレの両親は祝祭に巻き込まれて死んだ説を推したいですね。 祝祭によって両親を殺されたという過去から自分と同じ境遇の人を生み出したい。 という歪んだ感情を背景にダニー達を誘っていたらスリラー映画的に面白いですからね。 『ミッドサマー』ネタバレ考察/ペレは最終的に警察に捕まるのか ペレはダニーを含め4人の友人をホルガに連れていき結果的に3人を殺しています。 アメリカにいる家族は旅行から戻ってこないことに不審に思い捜索願いを出しますよね。 そうなるとペレはあの後捕まるのでしょうか。 気になる人もいるのではないでしょうか。 ただ僕の考察を述べると、 ペレは捕まらないんだろうなと考えています。 考察:大祝祭を成功させるために用意周到な準備をしていた説 90年に一度の大祝祭で外部から生贄候補を差し出す大役をペレは担っていました。 そう考えるとかなり 用意周到に生贄候補のスカウトの準備をしていた考えるのが自然です。 生贄を差し出した後の始末、ホルガに捜査の手が及ばないような策を考えていたはず。 例えば、遠い異国の地から生贄を連れて来れば警察の捜査も及びにくい。 …という考えからスウェーデンからアメリカに留学したとも考えられます。 捜査を撹乱するため身分を偽って入国している可能性だってゼロではありません。 大役を担っているペレならこれくらいのことやってもおかしくありませんよね…。 実際にストックホルムでの女遊びを提案したマークにペレは村に直行すると言ってました。 今思えば足取りを掴めなくさせて捜査を難航させようとしていたのかもしれません。 考察:スリラー映画的にもペレは捕まらない展開のほうが面白い 加えて、そこまで準備を重ねていたほうが映画的にも面白い気がしますね。 旅行から帰ってこないことを不審に思った友人は ペレの存在にたどり着く。 が、彼のことを大学に問い合わせると「そんな学生はうちにはいない」と言われてしまう。 やっとの思いでたどり着いたペレの自宅アパートはもぬけの殻だった———。 …なんて展開、スリラー系映画で思いっきりありそうじゃありませんか。 ペレのキャラクター的に、そして映画的にペレは捕まらないようにしていた気がしますね。 なんならペレは世界各地で身分を偽り生贄候補のスカウトを行っていたのかもしれません。 以上、映画『ミッドサマー』のネタバレ考察第一弾でした! 『ミッドサマー』より怖い!『へレディタリー 継承』もお勧め ちなみに『ミッドサマー』の監督アリ・アスターは前作でもホラーを作っています。 それがという作品。 あらすじは以下の通り。 グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。 娘のアニーは夫・スティーブン、高校生の息子・ピーター、人付き合いが苦手な娘・チャーリーと共に悲しみを乗り越えようとする。 思いっきり超常現象が起きる絶叫系ホラー映画なんですよね。 『ミッドサマー』はカルト集団の恐怖を描いていたので、別の恐怖を描いてるのがわかります。 映画の終盤まで恐怖の罠が張り巡らされているため『ミッドサマー』より絶叫はできます笑 ちなみに、TSUTAYAやGEOといったレンタル屋で400円くらいでレンタル可能です。 「絶叫してみたい」「アリ・アスター監督作品を見たい」という方は観てみてください。 ただお店で借りるのって面倒くさいですよね?家から微妙に遠いと尚更です。 もし同じように思っている方がいたら動画配信サービスで観るのも一つの手かもしれません。 初回登録なら31日間無料で利用でき、課金配信で使えるポイントが600円分もらえます。 『へレディタリー』は550円の課金配信ですが、このポイントを使えばタダで視聴可能です。 スマホからでも簡単に登録できるため1〜2分で視聴できます。 に興味は持ったけど、借りに行くのはダルいという方はお勧め。 U-NEXTでタダで「絶叫系ホラー」を楽しんでみてください。

次の

「向こうで映画見るけどあなたもどう?」元カルト信者の私が『ミッドサマー』に覚えた既視感

ミッドサマー カルト

監督は、主演は。 原題は、で(ミィドソンマル)を意味する。 アメリカの大学生グループが、留学生の故郷のスウェーデンの夏至祭へと招かれるが、のどかで魅力的に見えた村はキリスト教ではない古代北欧のを信仰するカルト的な共同体であることを知る。 この村の夏至祭は普通の祝祭ではなくを求める儀式であり、の明るさの中で、一行は村人たちによって追い詰められてゆく。 ストーリー [ ] 大学生のダニーはを抱えていた。 ある冬の日、同じくだった妹が失踪し、両親を道連れにでしてしまう。 自身の疾患と家族を失ったに苦しみ続け、恐怖の底に追い詰められているダニーを、恋人のクリスチャンは内心重荷に感じながら別れを切り出せずにいた。 翌年の夏、ダニーはクリスチャンと一緒にパーティに参加した。 席上、彼女はクリスチャンが友人のマーク、ジョシュと一緒に、同じく友人であるスウェーデンからの留学生ペレの故郷であるホルガ村を訪れる予定であることを知った。 クリスチャンはペレから「自分の一族の故郷で、今年夏至祭が開催される。 夏至祭は90年に1度しか開催されないので、見に来てはどうか」と誘われたのである。 大学でを専攻するクリスチャンは、学問的関心もあってホルガ行きを決めたのであった。 スウェーデン行きをダニーに隠していたクリスチャンは、仕方なくダニーも誘う。 ダニーらはスウェーデンへ渡り、ペレの案内でに位置するであるホルガを訪れた。 一行は、森に囲まれた草原という幻想的な風景と、白い服を着た親切な村人たちに初めは魅了される。 一行は同じくよそ者で、ペレの兄弟分のイングマールに誘われてロンドンからホルガにやってきたサイモンとコニーのカップルと合流し、イングマールからを勧められる。 キノコによる幻覚の中で、ダニーは妹の幻を見る。 村には夜が訪れるが、のためいつまでも昼のような明るさのままである。 翌日から始まる夏至祭はただの祝祭ではなく、の祭りであった。 そうとは知らずに参加したダニーは、不安と恐怖に苛まれていく。 草原のテーブルでの全員そろっての食事など夏至祭の儀式が粛々と進むが、 ()の儀式が始まると、よそ者一行の中に緊張が高まる。 コミューンの中の年長者二人が高い崖の上に姿を現し、おもむろに身を投げるという棄老の儀式が行われた。 身を投げた者のうち女性のほうは即死するが、男性のほうがまだ生きており、村人たちは男のうめき声をまねながら身をよじって叫び、槌で頭を叩き潰してとどめを刺す。 村の長老であるシヴは、ショックを受けたダニーをはじめとするよそ者たちに、これはホルガの死生観を表現した完全に普通の文化であり、村人は全員72歳になると同じようなことをしなければならないのだと説明する。 ダニーたちはペレの懇願と、夏至祭の研究で文化人類学の論文を書かなければならないというジョシュの必要性からホルガに残ることにする。 一方、サイモンとコニーは途中でホルガを出ることに決める。 荷物を集めるコニーに、村人はサイモンが列車に乗るために先に村を出てしまったという。 混乱したコニーは一人で村を出ていくが、その後、遠くで女性の叫び声が響く。 クリスチャンもホルガ村のことを論文のテーマにすることを決めるが、テーマを盗むつもりかと疑うジョシュとの関係が険悪になる。 ジョシュは、で書き継がれてきた村人の指針となる聖なる書である「ルビ・ラダー」(Rubi Radr)についてもっと教えてほしいと村の長老に懇願するが、絶対に読んではいけないと断られる。 いまルビ・ラダーを書いているのは、によって障害を持って生まれ、村のいわば神官となった人物で、村のあちこちに絵も描いているという。 一方軽率なマークが、村の神聖な木にそうとは知らずに立小便をしてしまい、村人の間に怒りが沸き起こる。 夕食時、マークは村の魅力的な女性に誘われてどこかへ消える。 クリスチャンの食事の中には女性の陰毛が混ぜられていた。 誰かが彼とのセックスを願って、この村の伝承通り自分の陰毛をまぜるおまじないをしたのだろう。 その夜、ジョシュは神聖な建物に忍び込んでルビ・ラダーを盗撮するが、突然現れた半裸の男に邪魔をされる。 その男はマークからはぎ取られた顔の皮をかぶり、下半身の皮をはいていた。 ジョシュは槌で頭を殴られ、その体はどこかに引きずり出されてゆく。 翌日、ダニーはさらにたくさんのドラッグを村人から勧められる。 彼女は村の女性総出のメイポール・ダンスの大会に参加させられ、全員で手をつないでの周りを何周も何周もする。 最後まで立っていられたダニーが優勝し、として花の冠をかぶせられ、村を行進する。 一方クリスチャンも大量のドラッグを摂取させられ、村の建物内で性的な儀式に参加させられる。 彼は服を脱がされ、全裸の女性たちに取り巻かれながら、彼の子種を孕むことを望む村の少女に強姦される。 女性たちの囃子声を聞いて建物に近寄ったダニーはクリスチャンがセックスをさせられているところを見てパニック障害を起こし、ついてきた女性たちもダニーをまねて一緒に泣き叫ぶ。 儀式後、意識もうろうとしたクリスチャンは全裸で飛び出して村をさまよう。 やがて、地面に埋められたジョシュの脚と、生きながら解剖され、背中から取り出されたを翼のように広げさせられ天井から吊るされるという「」のような処刑をされたサイモンの姿を発見するが、再び気を失わせられる。 メイクイーンとなったダニーは集まった村人たちから、コミューンから悪を追い払うために9人のいけにえが必要なのだと説明される。 ペレとイングマールに誘われたよそ者のジョシュ、マーク、コニー、サイモンの4人。 最初に身を投げた老人2人と、自らいけにえに志願してこれから死ぬイングマールとウルフの2人。 ダニーはあと1人のいけにえを、よそ者のクリスチャンにするか、それとも抽選で選ばれた村人のトービヨンにするか、選択を迫られる。 彼女は恋人のクリスチャンを選択する。 意識を半ば取り戻したクリスチャンは、自分が腹を裂かれた熊の体に全身をくるまれ、イングマールとウルフとともに神殿の中にいることを知る。 やがて神殿に火が放たれる。 体に火が付いたウルフの絶叫を、外にいる村人たちもまねて叫ぶ。 最初は苦悩と恐怖で泣いていたダニーだったが、神殿が焼け落ちてゆくにしたがい、微笑み始める。 ラストシーンの意味 [ ] 本作のラストシーンについては様々な解釈がなされているが、アスター監督は「ダニーは狂気に堕ちた者だけが味わえる喜びに屈した。 ダニーは自己を完全に失い、ついに自由を得た。 それは恐ろしいことでもあり、美しいことでもある」と脚本に書き付けている。 キャスト [ ] 登場人物のうち、ホルガの住人たちは主に俳優が演じており、そのうちの何人かにはを話す場面がある。 また、ダニーの家族など脇役数名はが演じている。 ダニー・アーダー 演 - 、日本語吹替 - アメリカの大学で心理学を学ぶ女子学生。 を抱えており、自分自身の不安や焦燥感を共有してくれる友人が少ないことに苦悩する。 クリスチャン・ヒューズ 演 - 、日本語吹替 - ダニーと同じ大学に通う大学生。 を控えていて、作成の題材を模索中。 ダニーを愛してはいるが、彼女の苦悩を受け止め切れず、その関係は微妙なものになりつつある。 ジョシュ 演 - ()、日本語吹替 - ダニーと同じ大学に通うクリスチャンの友人。 今回のスウェーデン旅行のほか、文化人類学でドイツや英国を巡る予定。 マーク 演 - 、日本語吹替 - ダニーと同じ大学に通うクリスチャンの友人。 学問的な事よりセックスとドラッグの事しか頭になく、仲間の中でも特に軽薄な行動が多い。 ペレ 演 - ()、日本語吹替 - ダニーたちの大学に留学しているホルガ出身の青年。 仲間たちをホルガの夏至祭に誘う。 サイモン 演 - 、日本語吹替 - イギリスの農園で知り合ったイングマールの招待をうけホルガへ来た青年。 コニーと婚約している。 コニー 演 - 、日本語吹替 - サイモンの婚約者。 イギリスの農園で知り合ったイングマールの招待をうけホルガへ来た。 ダン 演 - ホルガの村人の老齢男性。 夏至祭の初日にアッテストゥパンの儀式に登場する。 製作 [ ] スウェーデンの夏至祭のメイポール 5月8日、A24がアリ・アスター監督の新作映画の製作を開始しており、全米配給をも手掛ける予定だと報じられた。 製作サイドから「スウェーデンを舞台にしたホラー映画の監督を務めて欲しい」とのオファーを受け取ったとき、アスターは「ストーリーを思いつけそうにない」という理由で断ろうとした。 しかし、何とかアイデアを閃くに至ったため、そのオファーを受けることにしたのだという。 7月30日、フローレンス・ピュー、ジャック・レイナー、ウィル・ポールター、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ヴィルヘルム・ブロングレンらがキャスト入りした。 なお、本作のはので行われた。 公開・マーケティング [ ] 2019年3月5日、本作のティーザー・トレイラーが公開された。 5月14日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された。 6月18日、本作はのでプレミア上映された。 当初、本作はからNC-17指定(17歳以下は鑑賞禁止)を受けたが、6週間にも及ぶ再編集の末に、R指定(17歳未満の観賞は保護者の同伴が必要)へと引き下げられることになった。 なお、アスター監督は現行版より30分以上長いエクステンデッド版を世に出すつもりだと述べている(元々、本作のファースト・カットは3時間45分にも及ぶ長大なものであった)。 2019年8月17日、本作のディレクターズ・カット版(上映時間171分)が初めて上映された。 日本では2020年2月21日から指定で上映された のち、ディレクターズ・カット版が同年3月13日から指定で上映された。 興行収入 [ ] 本作は『』と同じ週に封切られ、公開初週末に700万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが 、その予想は的中した。 2019年7月3日、本作は全米2707館で公開され、公開初週末に656万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場6位となった。 評価 [ ] 本作は批評家から絶賛されている。 93点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「野心的で、見事に作り込まれており、観客の心を大いに揺さぶってくる。 『ミッドサマー』によって、アリ・アスター監督はホラー映画の巨匠と見なされるべき人物であるとまたしても証明された。 」となっている。 関連項目 [ ]• :2013年に公開されたの惨劇を基にしたプロットのスリラー映画• :1973年に公開されたイギリス映画で、民間伝承を題材にしたフォーク・ホラー映画。 異教が信仰される村の五月祭によそから招かれた主人公が巻き込まれてゆくというストーリーであり、劇中の要素やプロットが共通する。 アリ・アスターも好きな映画に挙げているが、『ミッドサマー』の脚本執筆中は観返さなかったという。 出典 [ ]• Twitter 2019年5月9日. 2019年6月29日閲覧。 2019年6月29日. 2019年6月29日閲覧。 Tom Brueggemann 2019年7月7日. IndieWire. 2019年8月18日閲覧。 2019年10月9日閲覧。 A24. 2019年12月8日閲覧。 TCエンタテインメント. 2020年6月12日閲覧。 Deadline. com 2018年5月8日. 2019年6月29日閲覧。 Vulture 2019年6月19日. 2019年6月29日閲覧。 Variety 2018年7月30日. 2019年6月29日閲覧。 Collider 2018年7月30日. 2019年6月29日閲覧。 The Playlist 2018年7月30日. 2019年6月29日閲覧。 YouTube 2019年3月5日. 2019年6月29日閲覧。 YouTube 2019年5月14日. 2019年6月29日閲覧。 Independent 2019年6月19日. 2019年6月29日閲覧。 Bloody Disgusting 2019年7月11日. 2019年7月12日閲覧。 The Wrap 2019年7月11日. 2019年7月12日閲覧。 Lincoln Center 2019年7月15日. 2019年10月9日閲覧。 cinemacafe. net. 2019年11月8日. 2020年3月20日閲覧。 CINRA. NET. 2020年2月25日. 2020年3月20日閲覧。 cinemacafe. net. 2020年3月6日. 2020年3月20日閲覧。 Box Office Mojo 2019年7月2日. 2019年10月9日閲覧。 Box Office Mojo. 2019年10月9日閲覧。 Rotten Tomatoes. 2019年6月29日閲覧。 Metacritic. 2019年6月29日閲覧。 Box Office Mojo 2019年7月7日. 2019年10月9日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の