パソコン cd 読み込ま ない windows10。 富士通Q&A

【Windows 10】DVD・CD・BDドライブが認識されない場合は?

パソコン cd 読み込ま ない windows10

パソコンの設定が正しくない アプリの動作設定など、パソコン自体の設定が正しくないケース。 レジストリ値が正しくない ウィンドウズ10にした結果、レジストリ値の設定があっていないケース。 デバイスドライバが古い・対応していない このトラブルの原因で特に多いのがウィンドウズ10とドライバとの相性です。 最新のものに更新することで直る場合があります。 機種個別の対策 利用しているDVDメーカーなどによっては、個別に対処方法があります。 原因を探すのは結構大変です。 順次対処を試みてみましょう。 パソコンの設定を確認する 自動再生の設定を確認する 自動再生が設定されていれば、CDやDVD挿入時にアプリが起動したり、動作で何をするか聞いてきてくれます。 まずは自動再生での設定を確認しましょう。 「設定>デバイス> 自動再生」で「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」をオンにします。 また「 毎回動作を確認する」に設定しておくと、CDやDVDを挿入時に動作確認が出てきます。 既定のアプリを確認する 「設定>システム> 既定のアプリ」で音楽プレイヤーとして起動するアプリを選ぶことができます。 「 音楽プレーヤ」では「Grooveミュージック」になっていると思いますが、「 Windows Media Player」などに変更しておくといいかもしれません。 また「 ビデオプレーヤー」でも 「Windows Media Player」や「VLC media player インストールしてある場合)」などのほかの再生ソフトにしておくといい場合があります。 トラブルシューティングを試す トラブルシューティングには、「オーディオの設定」や「ハードウェアとデバイス」などのチェック項目があるので試してみましょう。 利用方法は以下参照ください。 レジストリを変更する レジストリの値を変更することで、ドライブの認識ができるケースがあります。 レジストリ変更では多少リスクが伴いますので、先にバックアップをとっていたり、システムの復元ポイントを設定して元の状態に回復できるようにしてから操作を行いましょう。 「regedit」と入力してOKを押し、 レジストリエディタを起動します。 右側に「 UpperFilters」とあったら、右クリックしてメニューから削除を実行します。 右側に「 LowerFilters」とあったら、右クリックしてメニューから削除を実行します。 以上を終えたらPCを再起動します。 「regedit」と入力してOKを押し、 レジストリエディタを起動します。 新しく「 Controller0」というキーをつくります。 「 Controller0」で、「 EnumDevice1 」というDWORD形のデータをつくり、「1」に設定しておきます。 以上を終えたらPCを再起動します。 参考: レジストリ設定その3 レジストリエディタで以下を開きます。 その値を「 1」にします。 これによってデバイスマネージャーで現在稼働していないデバイスも表示されるようになります。 デバイスマネージャーを開き、CDやDVDのデバイスがないか確認。 あればドライバを更新してみたり、一度削除して再度ドライバを入れ直します。 ドライバを確認する ウィンドウズ10とCDやDVDドライブの ドライバの相性によって認識がうまくいかない場合があります。 そのため、CDやDVDドライブのドライバが最新かどうかチェックしておくとよいでしょう。 CDやDVDドライブのドライバソフトを確認、更新するには、通常「デバイスマネージャー」から作業を行います。 デバイスマネージャーでオンオフする デバイスマネージャー上で、DVDドライバを「無効」にし、再度「有効」にしたら治ったというケースが報告されています。 まずは一度試してみましょう。 デバイスマネージャーで更新する DVD・CD-ROMドライブのアイコンをクリック。 なかのドライバを右クリックして、メニューから「 ドライバーソフトウェアの更新」を選びます。 ドライバの場所がわかっている場合は「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します」をクリックしてドライバを指定します。 特にアわからない場合は「 ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」を実行しましょう。 参考: ドライバ自動更新ソフトを利用する ドライバの更新は非常に面倒で手間がかかります。 しかし一括して調査し更新してくれる便利なソフトも結構あります。 イージードライバーなどのソフトを使えば、古いドライバを調べだし、更新も自動でおこなってくれます。 制限付きですが無料で利用できるものも多いので、この機会に利用してみるといいかもしれません。 シリアルATAのポートを変更する 外部接続のDVDプレイヤで「ディレクトリ名が無効です」などのエラーが生じる場合、シリアルATAのポートを1から3へ変更してみたら直ったというケースが報告されています。 参考: また「通りすがり」さんから教えていただいた情報によれば、「リアルataのポートを3から2に変更したころ認識した」ということがあるようです。 このようにポート番号の変更が有効になる場合があるかもしれません。 個別の対処 使用しているドライブのメーカーや機種・型番がわかる場合には、メーカーのサイトから直接最新ドライバをダウンロードして更新するとよいでしょう。 主なメーカーのサイトは以下の通りです。 ASUS ATAPI BUFFALO BUFFALO ELECOM I-O DATA Logitec パイオニア Princeton ダイナブック 東芝ダイナブックを利用時では以下の方法で直ることがあるようです。 お試しください。 「コントロールパネル>管理ツール >サービス」を実行し、「TODDSrv」 をダブルクリックします。 プロパティのダイアログで、全般タブの「サービスの状態」で停止をクリックします。 全般タブのスタートアップの種類を自動から無効に。 これでPCを再起動しても有効になりません。 参考: 東芝のDVDドライブ 東芝製のDVDドライブを使っていてウィンドウズ10へアップグレード後に認識できなかったというトラブルの場合で、「 Toshiba Disk Creator」「 Recovery Media Creator」というソフトをアンインストールしたらよくなった... という事例が報告されています。 同様のソフトが入っているケースに限定されますが、お試しください。 参考: 買い替えは高い? いくらやってもダメな場合はDVDプレーヤーやブルーレイディスクプレーヤーを新しく買うという手段もあります。 「それじゃ意味ないじゃん!」... と思われるかもしれませんが、安いモデルはそんなに高くありません。 実際にうちでPC用に購入した外付けブルーレイディスクプレーヤーは7000円ぐらいです。 特に古いDVDプレーヤー、BDプレーヤーで、動作もおかしいという場合には買い替えを検討されてみてもいいかもしれません。 [CD・DVD・BD攻略記事一覧]• apicode.

次の

富士通Q&A

パソコン cd 読み込ま ない windows10

パソコンがCDを読み込まない・取り込みができない原因 一体どのようなことが原因で、パソコンがCDを正しく読み込まないのでしょうか。 考えられる原因は、以下のとおりです。 CDを正しく挿入できていない• CDに汚れや傷がある• 光学ドライブの規格に対応していない• 光学ドライブが故障している• 光学ドライブのレンズが汚れている• 光学ドライブがパソコンに検出されていない• デバイスドライバが対応していない 詳しい内容について、以下に説明します。 CDを正しく挿入できていない 光学ドライブの種類にもよりますが、デスクトップに搭載されたタイプだと、少し押し込めば自動で奥まで挿入されます。 ノートパソコンに搭載されたタイプは、「カチッ」と音がするまで押し込まなければなりません。 光学ドライブの内部に異物が挟まっていたり、押し込みが中途半端な状態では、光学ドライブが動作しません。 また、CDには裏表があり、データが記録されるのは片面だけです。 そのため、裏表を間違えてしまうと、光学ドライブはデータを読み取れなくなってしまいます。 CDに汚れや傷がある 光学ドライブは、CDのデータ面に光を当て、その反射によってデータを読み取る仕組みです。 そのため、光が正しく反射されていなければ、データを読み取ることができません。 CDのデータ面に汚れや傷があると光が正しく反射されないため、それがCDであると認識されなくなります。 光学ドライブの規格に対応していない DVDほどの種類の多さではありませんが、CDにもCD-R、CD-RWなどの規格の異なるディスクが存在します。 CDはほとんどの規格に対応しているものの、再生専用の光学ドライブの場合、ファイナライズされていないCD-RWなどを読み込まないことがあります。 また、8cmのミニCDなども存在しますが、トレイが対応していなかったり、12cmに対応させるためのアダプターを使用していない場合は、正常な動作ができず認識されません。 光学ドライブが故障している CDを正しく認識しないのはメディア側、つまりCDに原因があることが多いのですが、まれに光学ドライブ側に不具合が発生している場合があります。 レンズ部が正常に動作していなかったり、照射するレーザー光が弱くなっていたりすると、反射した光を認識できず、CDを認識することができないのです。 光学ドライブのレンズが汚れている 光学ドライブには、CDのデータ面に当てた光の反射をデータとして読み取るために、レンズがついています。 きちんと光が反射されていても、光学ドライブのレンズに傷や汚れがあると正しくデータを読み取れないため、CDであることを認識しなくなります。 光学ドライブがパソコンに検出されていない そもそも光学ドライブがパソコン側で正しく認識されていないと、挿入されたCDを認識することができません。 電源が通っていればトレイの開閉は行われるため、検出されていないことに気付かないケースも多いようです。 デバイスドライバが対応していない 光学ドライブはデバイスドライバと呼ばれるプログラムを介して、パソコンとデータの通信を行います。 デバイスドライバがその光学ドライブに対応していなければ、CDを認識しません。 外付けドライブの場合、同梱されている専用のデバイスドライバをインストールする必要があります。 パソコンにCDを読み込ませる対処前の確認ポイント 光学ドライブがCDを読み込まない場合、何らかの対処が必要となりますが、その前に以下のポイントを確認します。 CDの汚れを確認する• 光学ドライブの接続を確認する• 違うCDで認識するか確認する• 違うドライブで確認する• 光学ドライブのアイコンが表示されているか確認する CDを読み込まない原因が簡単であれば、対処も簡単に行うことが可能です。 すぐに実行できることばかりなので、対処前に必ず確認しておきましょう。 CDの汚れを確認する CDの傷や汚れが原因の場合、CDのデータ面に光を反射させてみれば、その状態が分かりやすくなります。 室内の照明でも十分なので、まずは目視でCDのデータ面を確認してみましょう。 一見汚れていなさそうでも指紋などの油分が付着していると、光が乱反射し読み込まれなくなってしまいます。 光学ドライブの接続を確認する 外付けドライブの場合、まずはパソコンとの接続を確認します。 光学ドライブのランプが点灯していれば、通電の確認が可能です。 パソコンにUSBケーブルが正しく差し込まれているかチェックしましょう。 違うCDで認識するか確認する CD側に問題があるかどうかは、違うCDをパソコンのドライブに挿入してみれば分かります。 違うCDを読み込むようであれば、認識されなかったCDに不具合があると判断できます。 違うドライブで確認する 外付け光学ドライブやほかのパソコンのドライブにCDを挿入し、読み込むか確認します。 正しく認識できるようであれば、パソコン側の光学ドライブに問題が起きていることが考えられます。 光学ドライブのアイコンが表示されているか確認する• Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「エクスプローラー」をクリックします。 「エクスプローラー」画面が表示されたら、「PC」をクリックします。 ドライブのアイコンが表示されるか確認します。 パソコンがCDを読み込まない・取り込みができない場合の対処法 事前確認が終了したら、パソコンがCDを読み込まない場合の以下の対処法を試してみてください。 光学ドライブのレンズをクリーニングする• デバイスドライバをアンインストールする• 常駐アプリを無効にする• システムを復元する 詳しい内容については、以下で説明します。 光学ドライブのレンズをクリーニングする 光学ドライブのレンズの汚れが原因の場合は、レンズのクリーニングによって読み込みが可能となります。 レンズ部が外まで出てくるものであれば、綿棒などで傷をつけないように優しく磨きましょう。 レンズ部が出てこないものであれば、市販のクリーニングキットを使用します。 デバイスドライバをアンインストールする 光学ドライブは、デバイスドライバを介してパソコンに認識され、使用可能となります。 ドライバに異常が見られる場合、アンインストールして再起動することで自動的に最新のドライバがインストールされ、光学ドライブがCDを読み取るケースもあります。 Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「デバイスマネージャー」をクリックします。 表示した一覧の中から該当するドライバを選択し、右クリックすると一覧が表示されるので、「デバイスのアンインストール」をクリックします。 「デバイスのアンインストール」画面のポップアップが表示されたら、アンインストールをクリックします。 アンインストールが完了するとデバイスマネージャー画面が表示されます。 該当のドライバーが一覧から消えていることを確認し、画面を閉じれば完了です。 常駐アプリを無効にする• Windowロゴをクリックし、設定をクリックします。 設定画面が表示されたら「アプリ」をクリックします。 「アプリと機能」画面が表示されたら、左側の一覧から「スタートアップ」をクリックします。 不要なアプリの右横にある「オン」を「オフ」に設定すれば完了です。 常駐アプリはタスクマネージャーからも停止させることができます。 タスクマネージャーの「スタートアップ」タブをクリックし、不要なアプリを選択して、右下の「無効にする」をクリックすれば完了です。 システムを復元する システムの復元を行うことで、トラブルが改善される場合もあります。 Windowsロゴを右クリックし、一覧の中から「システム」をクリックします。 システム画面が表示されたら、右側の「システム情報」をクリックします。 システム画面が表示されたら、左側の「システムの詳細設定」をクリックします。 「システムのプロパティ」画面が表示されたら、「システムの保護」タブをクリックし、「システムの復元」をクリックします。 システムの復元画面が表示されたら、「次へ」をクリックします。 」と表示され、下部に「別の復元ポイントを選択する」と表示されるので、チェックを入れて「次へ」をクリックします。 一覧の中から復元ポイントを選択し、「影響を受けるプログラムの検出」をクリックします。 「スケジュールされたチェックポイント」が表示されるので、「削除されるプログラムとドライバー」と「復元が見込まれるプログラムとドライバー」に問題がなければ、「閉じる」をクリックします。 復元ポイント選択画面に戻ったら、「次へ」をクリックします。 「復元ポイントの確認」画面が表示されたら、「完了」をクリックします。 以下のメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。 以下のメッセージが表示されるので、そのまましばらく待ちます。 復元が終了すると、パソコンが自動的に再起動します。 再起動後メッセージが表示されたら、日付と時刻を確認し、「閉じる」をクリックすれば完了です。 まとめ パソコンがCDを読み込まない現象が発生した場合、メディア側かドライブ側のどちらかに問題があります。 メディア側の問題であればほかのCDは使用できますが、ドライブ側に問題がある場合は、どのメディアも使用できなくなってしまうでしょう。 光学ドライブのトラブルは自分で解決することが難しいため、パソコン修理業者へ相談してみましょう。 では光学ドライブのトラブルも対応してくれます。 一度相談してみては?.

次の

【パソコン】DVDを読み込まない場合の対処方法(Windows10)

パソコン cd 読み込ま ない windows10

Windows上で光学ドライブを認識しているが、CDやDVDメディアが読み込めない等の場合には下記方法では解決しません。 その中の 「デバイスマネージャー」をクリックして、デバイスマネージャーを起動させます。 リストが展開したら、 「 プロパティ」をクリックしてプロパティウィンドウを表示させます。 その後、2の 「ドライバーの更新」をクリックします。 ドライバーソフトウェアの更新 ドライバーソフトウェアの更新ウィンドウが表示されたら、2つの方法でドライバー更新が出来ます。 ドライバーソフトウェアの自動検索します。 コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します。 最新のドライバーソフトウェアをインターネット経由で取得したいので、1番の 「ドライバーソフトウェアの自動検索をします」をクリックします。 インターネットから最新のドライバを取得 インターネット経由で最新のドライバーソフトウェアを検索して取得してきます。 もし、今現在のドライバーが最新ならそのような旨の表示がされます。 逆に、最新のドライバーが見つかれば自動で取得して、そのドライバーがインストールされます。 そのさいは、最新のドライバーを取得してインストールしてあげると認識して使えるようになります。 ドライバーソフトウェアの自動検索から、最新のドライバーを取得してみたらいいでしょう。

次の