痰壷 ストロー。 タン壺おじさん

ストローおじさんはなかはしこうよう

痰壷 ストロー

昔々、筒井康隆著『俗物図鑑』を読んだ。 小説ってこんなに面白いものもあるんだと思った。 しかし、パロディであることが分かり筒井康隆の偉大さを知った。 ココだけの話しだが、そんなことよりも気持ち悪いがゲラゲラと笑ってしまった。 もうほとんど覚えていないが、その中で反吐の評論家はもっとも気持ちが悪かった。 昔々、地下鉄のホームには痰壷があった。 この評論家は、痰壷にストローを差し込みチューチューと吸い上げ口の中に入れる。 そうすると、その人の病気が分かった。 もちろん冗談だが、もうパロディなんてどうでもよく、こんな人には決してならないぞと思った。 今日のまぐまぐニュース!で、こんな記事を発見。 変態だ。 >その変態は「Fart smeller movement」(おなら嗅ぎ運動)と書いた紙と、女性の肛門に直接顔を押し付けてオナラを吸引している写真を持って出現。 歩行者やデモ参加者の女性に、肛門に顔を押し付けさせてほしいとお願いしていた。 マジになる必要はないが、こんな人には決してならないぞと思った。 しかしさ、昨日の食べたものが分かったりして。 あぁ気持ち悪い。 事実は小説よりも奇なり。 あまり笑えない。

次の

ストローおじさんはなかはしこうよう

痰壷 ストロー

昔々、筒井康隆著『俗物図鑑』を読んだ。 小説ってこんなに面白いものもあるんだと思った。 しかし、パロディであることが分かり筒井康隆の偉大さを知った。 ココだけの話しだが、そんなことよりも気持ち悪いがゲラゲラと笑ってしまった。 もうほとんど覚えていないが、その中で反吐の評論家はもっとも気持ちが悪かった。 昔々、地下鉄のホームには痰壷があった。 この評論家は、痰壷にストローを差し込みチューチューと吸い上げ口の中に入れる。 そうすると、その人の病気が分かった。 もちろん冗談だが、もうパロディなんてどうでもよく、こんな人には決してならないぞと思った。 今日のまぐまぐニュース!で、こんな記事を発見。 変態だ。 >その変態は「Fart smeller movement」(おなら嗅ぎ運動)と書いた紙と、女性の肛門に直接顔を押し付けてオナラを吸引している写真を持って出現。 歩行者やデモ参加者の女性に、肛門に顔を押し付けさせてほしいとお願いしていた。 マジになる必要はないが、こんな人には決してならないぞと思った。 しかしさ、昨日の食べたものが分かったりして。 あぁ気持ち悪い。 事実は小説よりも奇なり。 あまり笑えない。

次の

ストローおじさんはなかはしこうよう

痰壷 ストロー

97 ID:dJSVDKz90. net 「ストローおじさん」って知ってる? 昔、映画館とかに置いてあったタン壺(みんながカ〜ッペ!とタンを吐く壺)に ストロー突っ込んで全部飲み干すらしいよ。 ゴックンゴックン! ストローが透明だから飲んでるのが丸見え! たまにハナクソが詰まるらしいけど、思いっきり吸って食べるらしい。 スッポン! ちなみにストローは絶対に洗わない方針だそうです。 「どんぶりおじさん」もいるようです。 タン壺を熱いご飯にぶっかけてジュルジュル流しこむように食べるそうです。 ごはんの上にハナクソとか鼻毛が丸見え! 汁はご飯の隙間を通って下に溜まるけど、全部飲み干すそうです。 52 ID:dJSVDKz90. net あれは、昨年の11月・・・。 夕方小腹がすいたので吉野家へ。 客は学生2人と浮浪者。 私は気にせず席についた。 そして、並と卵を注文して食べていた。 前の席の学生が、辛そうな顔をして浮浪者を見ている。 私は浮浪者が嫌なだけと思っていた。 浮浪者も並と玉子を食べていた。 白身が口からダラリ出ている。 ・・・何度も、白身を口から出してはごはんに掛けて・・・。 と思っていたが・・・いや、待て、玉子の器が無いではないか!! しかも、浮浪者からは時折、「カーッ」と聞こえる・・・。 そう、あれは紛れも無く、"痰"をメシに掛けながら食べていたのだった。 それを見て以来、吉野家には行けなくなった。 59 ID:dJSVDKz90. net 僕は貧乏です。 普段から、米だけは欠かさないように気をつけているのですが、おかずには常に不自由しています。 そして不幸な事に、僕はおかずが、というより味付けがないと、ご飯を食べられない人間なのです。 ある日のことです。 いつものように金は無く、材料も調味料も無く、僕は途方にくれていました。 バス・トイレ共同の自分の下宿中を捜しまわって、僕が発見したものといえば、一本のストローだけだったのです。 せめて塩でも見つかれば、何とか生き延びる事が出来るはずなのに。 僕は決して良いとはいえない頭を振り絞って、必死で考えました。 そのとき頭の中に、一つの閃きが、まさに悪魔のささやきのように、静かに突然にやってきたのです。 僕はその考えを実行すべく、大盛にしたご飯とストローを持って、共同トイレへと歩を進めたのでした。 ここから先のことはあまり言いたくありません。 でも最後に一つだけ。 痰壷の中身というのは、思ったより塩味の濃いものなのですね。 80 ID:dJSVDKz90. あのどろどろと混ざった、老人の白目を思わせる青痰を見て 私たちはワッと歓声をあげました。 私たち二人は壺の両側からストローを突っこんで、 それを吸いあげたのです。 まず最初、チュルチュルと、一種の透明感のある塩味のやわらかい液体が あがってまいりました。 そしてしばらくしますと、今度はずるりと、 左様、地球で申せば生ガキの如き感触の青痰が、ひとかたまりになって、 あがって参ったのです。 01 ID:dJSVDKz90. net かなーり昔の話、ニュースソースは三流雑誌の記事ですが 指揮者の山本直純が友達とのみに行った帰り、地下鉄のホームでの できごと。 本人が「オレにできないことは何もない」とよった勢いで叫んでいた ところ、友人の一人が「じゃあーあの痰壺飲んでみろよ」 と、冗談で言うと、最初少したじろぐ姿勢を見せたが いっきに壺を抱え「ツルツルツルー」っとのんでしまい、周りで 見ていた友人みんな吐いてしまったとさ。 69 ID:dJSVDKz90. リアリティーをだすために必ずもよりの駅、それもタン壺が置いていそうな大きな駅の名前をだす。 腰にひもをつけそこにストローをつけた老人が柱のそばでうずくまり何かしてる。 なにしてるのかなーと近寄ってみると、ちゅうちゅう音が聞こえる。 良く見ると先ほどのストローがタン壺に差し込まれていた。 老人は時々口をもごもごさせながらおいしそうに食べている。 もごもごは固いタンをかみくだいているのだろう。 さあここまであなたはどうだ。 無事食事できただろうか。 これ読みながらウンコ食ってた。 ある意味馬鹿。 36 ID:dJSVDKz90. 昔、映画館などに置いてあったタン壺 みんながカーーーッペッてタンを吐く器 に、 ストロー差し込んでゴクゴクじゅるじゅる飲み干すおじさんの事ね。 たまにハナクソも混ざっているらしいよ。 つるっと。 ストローは絶対に洗わない方針だそうです。 家にいる茶色のでっかいクモを箸で捕まえて、 大暴れしているのに口の中に入れてクチャクチャ噛んで食べるの。 口の中でも大暴れするらしいよ。 ご飯にかけると鼻毛やハナクソが丸見え。 汁は全部ご飯の隙間を通って下に溜まるから、最後にゴクゴク飲むらしいよ。 中華どんぶり食べられなくなったじゃないか! 19 ID:zDfIyI7XI. net 映画館や劇場にある痰壺は異物の混入が多くて、これはこれなりに旨いものです。 ただし、タバコの吸殻のために、ニコチン含有量が多く、大量にのむと中毒を起して ぶっ倒れそうになります。 アンネやタンポンが入っている時もあり、こういうのは 食えませんから咽喉にひっかかり、どうも困ります。 しかし、いい味付けにはなるようです。 あの生臭さはダシジャコに似ています。 イチゴ・ゼリーに似た血性痰も、わりあいいけます。 これはつまり肺結核や肺癌、肺炎や肺ジストマ、あるいは肺に怪我をした人などが 出す痰で、病院の便所などにある痰壷の内容がこれです。 いちばんの珍味というのは、 なんといっても肺壊疽の人の痰です。 この痰は三層にわかれていて、上層部が泡、 中層部が粘着性の強い漿液、下層部が膿です。 老人ホームは痰の大量生産所でして、わたしはここへよく出かけます。 老人ホームの痰壺の中にある痰は、ほぼ二種類に分類できるのです。 ひとつは錆色をした痰で、大葉性肺炎、肺水腫などによるものですが、 これはあまりうまくない。 うまいのはガラスのように透明な痰で、 気管支喘息特有のものです。 よく塩味がきいていて。 どうなさいました。 29 ID:zDfIyI7X0. 81 ID:zDfIyI7X0. php? 60 ID:zDfIyI7X0. net 私が中学卒業の記念に田舎の祖父の家に一人で泊まりに行った時の話です。 祖父は群馬の山奥にある町から離れた山小屋に近い家に住んでいました。 最寄の町から荷物を担いで一時間。 まだ若かったとはいえ、山道など歩き慣れない15の頃の私には大変な道のりでした。 祖父は私の訪問と中学卒業を喜び、腕によりをかけた豪勢な山の幸で夕飯を振る舞ってくれました。 今でこそ価値と旨味のわかる普段食べられない新鮮な食材は、肉中心の脂っ気の多い濃い目の味で育っていた当時の舌に合わなかった。 山道を歩き疲れた私の胃袋には入っていかず、唯一美味しく感じた深底な丼いっぱい入った長芋の擦りおろしで流し込むように米だけを食べた。 山のようにご馳走を残し箸を置いた私を見て、祖父はひどく寂しそうな顔をしたのを覚えている。 客間には既に布団が敷かれ、いつでも眠れるようになっていた。 クタクタだった私は滑り込むように布団に入った。 その様を見ていた祖父は 「夜中にお腹すくだろうから、ご飯そのまま残しとくぞ」 と告げ、自分も寝室に入って行った。 83 ID:y8q6uiRx0. net うがっ! 汚らわしい! 37 ID:xsUgeHQx0. net 祖父の言葉通り空腹で目が醒めた。 電気をつけようと思ったが、祖父も私の訪問で疲れているだろうと思い、起こさないように暗がりの中を台所に向かった。 山の中ということもあり、家の中は真っ暗だった。 気味の悪さもあるので簡単に空腹だけ満たして戻ることにし、たまたま手に取れた長芋の丼の残りをグビグビ飲み干して部屋に帰った。 時間が経ったせいか、先程より塩味が薄くなり、ツルっとした喉ごしの良さに満足して再び床についた。 翌朝、祖父に起こされ、そのまま朝食になった。 祖父は 「昨日の残りものですまんな」 と申し訳なさそうに言い、こうも続けた 「夕べは少ししか食べてないからお腹減っただろ?朝までグッスリ寝てたんだな」 私が夜起きたことには気付いていないようだったが、私は話を合わし、また作ってくれたであろう長芋の擦りおろしでご飯をかき込んだ。 台所でご飯の片付けをしている祖父が首を傾げて空になった壷状の食器を見ているのが目に止まった。 どうしたのか私が尋ねると 「タン壷が空になってるんだが捨ててくれたのか?」 と質問を返してきた。 58 ID:xsUgeHQx0. 「ありがとー」っていいながら警戒することなく可愛い胃に流し込んでいく少女。 だがそのラーメンは……麺をしゃぶって出して、しゃぶって出して、スープを口に含んで出して、含んで出してを 繰り返した喪自家製「デビルラーメン」だったのだ。 ジュースは、コップの中に勃起したチンポをつけてチンポの出汁(カウパーも)を充分に取った「ミラクルジュース」。 クッキーは、フケとチンコ周辺の垢と鼻の脂(鼻を押したらビュル、って出てくる奴)を塗り広げ凶悪な変化を遂げた「グッギー」。 俺がしたことに何も気づくことなく美味しそうに頬張る姿を見て「ねぇ、美味しい? 美味しい?w」って前に乗り出して聞いた。 そしたら「うん! おいしいよ! ありがとお兄ちゃん!」って健気な返事が返ってきてゾクゾクした。 ははは、お前はいま、とんでもないものを食べているんだぞ。 変態が。 そして食べ終わったラーメンの食器の中に射精して、一気のみした。 ・・・ボッキッキーン! またチンポがたって来て、しごく。 この時期は幸せだった。 62 ID:xsUgeHQx0. net 今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら。 一つ前の席にOL風の女性が座っていて、それが超美人! 僕はボーと見惚れていると彼女がハンドバックを持ったままトイレへ行きました。 5分位して帰って来たので、・・・もしやウンチでもしたのか? 今行けば彼女の便臭が嗅げるかも!・・・と思い僕もトイレに入りました。 ちなみにトイレは男女兼用です中に入ると香水の香だけでした。 失敗かと思い念のため汚物入れを開けると。 あ り ま し た。 温もりの残るナプ感激して広げると信じられない位の量の 生 レ バ ー が ドッサリと乗っていました。 その場で全部口に含み僕はまだ暖かい生レバーを全部、口に入れてしまいました。 こんなに大量のレバーを一度に入れた事はありません。 彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられ無かったので 溜まっていた分が出たのか半端な量ではありません。 口が膨らんでしまう位の固まりです。 僕はナプキンをポケットに入れ出ました席に戻ると彼女はまだ居ました。 僕の方を見ています。 少し頬っぺたが膨らんでいましたが、 まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなんて思うはずがありません! 僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい食べました。 ズルッと喉を通りました。 33 ID:xsUgeHQx0. 09 ID:xsUgeHQx0. 87 ID:xsUgeHQx0. 59 ID:xsUgeHQxI. 「ジョボッ…ジョボジョボジョボボボジョボボ…」 そこにうどんを投入し、煮立てる。 麺がほぐれたら、味噌を入れる。 火を止め、ガスコロンの上でフルチンになって、鍋を跨ぎしゃがむ。 「ブリッ!ブリュビュビュルル…ブベッ!ブリッ!ブリブリブリッー!」 鍋の中にひり出したクソを菜箸で充分に溶かし、具材を投入。 最後に卵と精子を投入。 卵は半熟状態にすると、白身が精子と食感が似ていて良い。 「シコシコシコシコ・・・ビュッ!ビュルッ!ビュビュビュッ!」 これが新宿二丁目名物・放蕩ウドンだい。 これは旨いゾ。 76 ID:xsUgeHQxI. スレとはあんま関係ないけどさ。 俺、近所の松屋でチキン唐揚げ丼作ってたんです、バイトで。 唐揚げをつくったあと、丸呑み。 んでフルチンで丼(白飯だけ)をまたいでしゃがむ。 「ブリブリブリブリ〜!ブヂュヂュビビィ〜!」 肛門から唐揚げをひり出す。 腸液が唐揚げに絡まって、タレっぽく見える。 クソ汁の絡まった唐揚げ丼の上で、俺は口を開けて指を喉に突っ込む。 「ウ、ウゥゥォォオオエ〜!ゲロゲロゲロゲロ!」いいぞ、いい感じだ。 予めゆで卵を俺は飲み込んでいたのだ。 いい感じで半消化状態。 いかにも温泉王子っぽい。 90 ID:xsUgeHQxI. スレとはあんま関係ないけどさ。 唐揚げをつくったあと、丸呑み。 んでフルチンで皿(白飯だけ)をまたいでしゃがむ。 「ブリブリブリブリ〜!ブヂュヂュビビィ〜!」 肛門から唐揚げをひり出す。 腸液が唐揚げに絡まって、調味タレっぽく見える。 クソ汁の絡まった唐揚げ飯の上で、俺は口を開けて指を喉に突っ込む。 「ウ、ウゥゥォォオオエ〜!ゲロゲロゲロゲロ!」いいぞ、いい感じだ。 サラダの上で嘔吐する。 客は全員味覚障害者だから、これで十分マヨネーズと誤認してくれる。 net 私は、酒に関しては強いの一言である。 なにせ、酔いつぶれた事などない。 日本酒なら1升半あけた事がある。 ただ毒舌に拍車がかかる程度である。 悪友達6人で錦糸町のもんじゃ焼き屋で大騒ぎしていた時の事である。 仕事の愚痴やら彼氏への不満が大爆発。 みんな異常だった。 イカレてなかったのは、あたしだけだったような気がする。 ほとんど食べずにガンガン飲み、酔いつぶれたK子。 こいつ、おもてえから連れて帰るのやだなぁ・・ってみんな思っていた。 無理やりたたき起こす。 K子「うう・・・目が回ってます。 ぐわんぐわんで。。 ぎぼちわりゅ・・」きゃあああ。 吐くなよ!おい!って言ってる間に、 おげええええええ。 わーい 吐いたぁ。 しかも、鉄板の上である・・。 ぐえええ。 焼けてる焼けてる。 じゅうう。 ゲロもんじゃ。 つーかコレ・・どうすんの??処理を・・・・。 困るぅ・・ 店員に見つかったら大変である。 異臭が立ち上る。 ぐええ。 死ぬる。 すっぺえ。 もらいゲロをしてしまいそうである。 何回も嗚咽しながらまだ比較的潰れてない悪友とカレーもんじゃをゲロに混ぜる。 とりあえず、もんじゃに変身させよう。 店内中にすっぺえ匂いが充満。 でも、皆大騒ぎで気が付いてない。 とりあえず、鼻から呼吸は停止させ、もんじゃ作りに専念。 少し寝かせて、帰ろうとしたら、K子が起きた。 「なんか吐いたらおなかすいちゃった。 これ、食べていい?」へ?これでいいなら・・どうぞ 悪友Tが止めようとしたが、つい「まあまあ・・気がつくだろ」と抑え、見ていた。 食った・・。 K子「なんかこれ、酸味が利いたカレーもんじゃだね。 てめえのゲロだっつの。 つーかきもちわる・・・・。 友人として、今真実を述べるべきか?否か?悪友S美がたまらなくなり吐いた。 ゲロ祭り開催である。 ヒーもうだめだ。 吐くって・・。 K子噴水ゲロ噴射。 2回も出入りさせてすげえな、まじで。 「でも以外と美味いあたしのゲロ。 」おまえはさすがだ。 さすが悪友。 しかし汚い話ですまぬ。 ま、10000HIT記念ということで。 net 鼻糞…塩味。食べごたえがあって美味 。緑色が高品質とされる 。空腹時の定番。 耳垢…苦い。細かい毛が混じっていて、粉っぽい。水分が多いとニオイはトップクラスに分類される 目ヤニ…塩味。とにかく堅くて、小さい。歯応えが萎びた納豆に似ている 爪の垢…薄い塩味。もさっとしている。意外に量が多く、食べごたえあり。通は足の親指のモノを好む ニキビ芯…味なし。ゴマみたい。 ヘソのゴマ…味なし。歯応えは体調によってまちまち。香りは独特 フケ…粉っぽい。1か所に大量に集めて食うのがベター 。まれににフケの中央に小さいカサブタが付いてくる事があるが、これはまぎれもなくプレミア物。まさにダブルネームの価値を再認識されられる程の希少品。 肛門の回りに付着するカス…まれにGET出来るが極めて貴重。歯応えが神がかっている 膿…ジュルジュルして口で絡み合う。味は苦いが飲み応えがグッド!! 07 映画館や劇場にある痰壺は異物の混入が多くて、これはこれなりに旨いものです。 ただし、タバコの吸殻のために、ニコチン含有量が多く、大量にのむと中毒を起して ぶっ倒れそうになります。 アンネやタンポンが入っている時もあり、こういうのは 食えませんから咽喉にひっかかり、どうも困ります。 しかし、いい味付けにはなるようです。 あの生臭さはダシジャコに似ています。 イチゴ・ゼリーに似た血性痰も、わりあいいけます。 これはつまり肺結核や肺癌、肺炎や肺ジストマ、あるいは肺に怪我をした人などが 出す痰で、病院の便所などにある痰壷の内容がこれです。 いちばんの珍味というのは、 なんといっても肺壊疽の人の痰です。 この痰は三層にわかれていて、上層部が泡、 中層部が粘着性の強い漿液、下層部が膿です。 老人ホームは痰の大量生産所でして、わたしはここへよく出かけます。 老人ホームの痰壺の中にある痰は、ほぼ二種類に分類できるのです。 ひとつは錆色をした痰で、大葉性肺炎、肺水腫などによるものですが、 これはあまりうまくない。 うまいのはガラスのように透明な痰で、 気管支喘息特有のものです。 よく塩味がきいていて。 どうなさいました。 40 ID:zPIQbhlq0. 03 ID:8ROh7LfOI. net 昔は駅のホームなどに置いてあった痰壺。 「カーッ!」「ペッ!」と多くの人の痰が溜まった壺に近付くおじさんが一人。 すると何を思ったか、懐からストローを取り出すと痰壺に突き刺しました。 そして勢い良く啜り出したのです。 更にはおじさんのストローは透明なので緑色の液体がストローから透けて見える始末。 全てを飲み干すとおじさんは満面の笑みを浮かべてこう言いました。 39 ID:pn4cnRyp0. net a 31 :??? 51 ID:2MT1ALEa0. 83 ID:7Rp8gO8a0. 42 ID:q6InHzRT0. 00 ID:OeDovQvs0.

次の