ホストには進行中の別のミーティングがあります。。 Zoomのホストには進行中の別のミーティングがありますってどういう意味?

ZOOMのミーティングにURL招待されたのですが、「このホストは既に...

ホストには進行中の別のミーティングがあります。

ホストと、共同ホストの違い Zoomは、主催者と、参加者に分けられ、主催者を ホストと呼びます。 ホストは、お客様をもてなす主人、役割の人のことを指します、 まずは、基本用語から覚えておいてください。 主催者は「 ホスト」です。 Zoomには、 ホストにしか使用できない機能があります。 しかし、主催者がセミナーを行っている最中にホストの役割で必要な機能を使いこなしていくのはとても大変な作業になります。 セミナーを開催する時は、 ・講座、セミナーのお話をしたり、スライドをめくる ・「音が聞こえない」「録画はいただけますか?」など参加者からの質問に回答する ・雑音のする参加者をミュートにする など、様々な対応が必要です。 Zoomでのセミナー開催に慣れた方なら、進行しながらでも全て対応することができるでしょう。 しかし、 初めて主催する時は、Zoomの操作が覚束ない中で、進行をしながら参加してくださっている方の対応をしなければなりません。 操作がわからず、あわ、あわ、、、音が聞こえない、、画面が映らない、、 3分、5分経過、、 こんな状態では、せっかく参加してくださっている方が不満を感じてしまうかもしれません。 そこで登場するのが「 共同ホスト」です。 お客様をもてなす役を、共有した人を指します。 ホストの権限を他の方に共有することで、ホストはセミナーの進行などに集中することができるようになります。 (共同ホストは有料アカウントでの機能になりますのでご注意ください。 ) 有料アカウントをまだ取得していない方は、こちらの記事で解説しています。 Zoomの共同ホストについて Zoomでの共同ホストとは、ホストと同じ権限を持つ人を言います。 ホストは、この人なら権限を共有しても大丈夫だ!と、信頼のできる方を指定し権限を渡すことができます。 当日、セミナー参会者に権限を譲る、、 というものではないので、 セミナーを主催する人の身内で、Zoomに詳しいスタッフなどが適当でしょう。 例えば、講座を開催する時にご一緒にZoomに参加してもらい、 ・参加者の質問に回答する ・資料を配布する ・ミュート設定などの参加者の管理 などをどのように運営するか?打ち合わせをした上で、 当日のミーティングに備えるのがおすすめです。 先にもお伝えしました通り、有料アカウントで使用できる 機能になりますので、 「1」対「複数」でセミナーを開催する時は、「プロ」以上のプランに切り替えておきましょう。 [OK]をクリックします。 以上で共同ホストを有効にすることが出来ました。 以上、共同ホストの設定と、取り下げ設定に関する解説でした。 お疲れ様でした。

次の

実験パズルねこ

ホストには進行中の別のミーティングがあります。

ZOOMのミーティングにURL招待されたのですが、「このホストは既にミーティングに参加中です」という文が出て参加できません。 iPhoneのZOOMアプリで、サインイン済みの状態です) この場合、 1.招待してくださった方(ホスト)が別のミーティングに参加している。 2.私がサインインした状態なので、私がホストのミーティングを別で開催している状態になっている。 この機能をonにすれば解決するのか?というところでもあります。 私の考えとしては、「招待してくださった方(ホスト)が別のミーティングに参加している(ここでいうところ、招待してくださった時間より後のミーティングにすでに参加している)」と、解釈しています。 が、ホストの方から「サインインした状態なので、私がホストのミーティングを開催している状態になっている」という事でした。 色々検索してみたのですが、「複数のミーティングを同時開催できますか?」というヘルプサイトに行きつき、「参加者が同時開催のミーティングに参加しようとした場合」というところまで行きました。 このサイトを読んだのですが「参加者には、ホストが別のミーティングに参加中である旨のメッセージが表示されます。 」という文言が書かれており、ここを見た感じでは「参加者(私)には、ホストが別のミーティングに参加中である旨のメッセージが表示されます。 」と、解釈しています。 色々探してみたのですが、iPhone アプリの「このホストは既にミーティングに参加中です」に対する明確な解答の書かれたサイトなどが見つからず、知恵袋に投稿させていただきます。 何卒ご解答宜しくお願い致します。

次の

実験パズルねこ

ホストには進行中の別のミーティングがあります。

招待コードとは何かが分かっていると、参加者の方も安心だと思う。 そこで、先生方向けに書いたものを転載。 *** *** *** 結論から言うと、参加者にしてほしい動作は ・アプリをインストールしておく ・当日はアプリを起動 ・ミーティングIDとパスワードを入力 そこにブラウザを介する(URLを経由する)必要はない。 おそらくそれが一番安全なのではないか。 だから、送るものは以下のみ *** ミーティングID: 928 1020 9236 パスワード: 369427 *** ところが、招待コードを発行するとき、「URLを送ります」などとつい言ってしまう。 招待コードで目にする情報について、何を送ればいいのかを考えたい。 シンプルに、ミーティングを開いて、そこから送るべきものをとりだしてみよう。 それがわかれば、スケジュールなどを用いて発行する場合でも必須のものはなになのかが把握できるだろう。 ミーティング中に「参加者」から「招待」をクリックする 左下のURLのコピーと招待のコピーを押した場合に、クリップボードにコピーされるものは次の情報である。 URLをコピーだとURLのみがコピーされる。 招待をコピーだと、URLに加えてミーティングID,パスワード,電話参加の場合の電話番号がコピーされる。 冒頭に示したやり方をするには、招待をコピーでズラズラと出た情報のうち、ミーティングIDとパスワードのみコピ&ペーストして送信。 以上! でよいのだが、以下に現状のいろいろやれることを書いておこうと思う。 (そのために逆にこんがらかっていること) 上に挙げたURLとID、パスワードの数字を比べてほしい。 この長いURLには、ミーティングIDとパスワードが組み込まれている。 だから、ワンクリックでミーティングに参加できる(ID、パスワードを入力する必要がない)参加者にとって楽ではあるが、ハッカーなどの標的になって危ないというので、後に短いタイプのURLを発行するオプションができた。 ホスト側のアカウントの詳細設定(後述)で「ミーティングリンクにパスワードを埋めこみます」を解除したタイプ これ、おそらく参加者はURLをコピーするのに注意深くカッコ書きを除いてブラウザに貼って開けたあと、Zoomが開いても入室時にパスワードを入力が求められる。 セキュリティ上パスワードが埋めこまれているより安全なのだろうけど、だったら最初からミーティングIDとパスワードを入力する、でよぐね? というわけで、どんな場合でも ミーティングIDとパスワードを送り、入力(コピペ)してもらう と個人的には考えるわけですはい。 尚、上述の詳細設定のためには、ブラウザ上の自分のアカウントからミーティング時の設定をします。 これでWEBブラウザが開きますので設定(ミーティング)で.

次の