人 狼 ゲーム ハンター。 【第五人格】ダブルハンターモード「協力狩り」の遊び方と基本ルールについて【IdentityV】

人狼ゲームのコツ 〜狂人になったら〜

人 狼 ゲーム ハンター

プレイヤーが属する3つの陣営には、悪魔の森に生息する 「シャドウ」、シャドウを狩るために森へやってきた 「ハンター」、森に迷い込んでしまった一般人 「ニュートラル」という3つの勢力があり、誰がどの陣営なのか探りながら戦っていきます。 このシャドウハンターズが面白いのは、人狼のような正体隠匿ゲームでありながら、 自分の操るキャラクターに 「HP」 があり、キャラクターを強化する 「装備」 があり、さらにキャラクター固有の 「特殊能力」 まであるところです。 テレビゲーム、スマホゲームに慣れている人たちには、この情報を伝えるだけでグッと心を掴まれるようです。 人狼をやったことがある人であれば、「戦う人狼」というとイメージしやすいでしょうか。 シャドウハンターズは正体隠匿系ゲームなので、プレイ中に得られる情報や他プレイヤーの動き方から、誰が敵で味方なのかを見抜くことがとても重要です。 僕はこのシャドウハンターズを数えられないくらい何度も遊びました。 よく男友達6、7人で夜通し遊び続けて、本当に止め時が難しかったのを覚えています。 仲のいい友達同士なら、大盛り上がり必至の鉄板ボードゲームです! この記事では「シャドウハンターズ」のルールをご紹介します。 祝300人!! いつもありがとうございます!! 陣営とキャラクター紹介 陣営は「シャドウ」「ハンター」「ニュートラル」の3つの勢力があります。 シャドウハンターズに登場する各陣営のキャラクターをご紹介します。 左から「映魅(えみ)」「フランクリン」「グレゴール」というキャラクターです。 人間側の選りすぐりの逸材、といったところでしょうか。 勝利条件はもちろん 「シャドウの全滅」です。 左から「未知なる者」「ヴァンパイア」「狼男」というキャラクターです。 イラストから禍々しさが漂っています。 特殊能力も非常に強力なものばかりです! 勝利条件は 「ハンターの全滅」です。 左から「アリー」「ボブ」「チャールズ」「ダニエル」です。 ニュートラルは各々の目的があるため、 それぞれに異なる勝利条件があります。 例えば、「ダニエル」の勝利条件は 「自分が最初に死ぬこと」。 かなり特殊な勝利条件もあって、仲間内では人気カードです。 特殊能力を使うための条件は「自分の正体を明かす」ことです。 自分の正体を明かすのは、かなりリスクがあります。 正体がバレてしまうと、敵陣営から一斉に攻撃されてすぐに倒されてしまいます。 特殊能力を使いたい時は、終盤の使いどころを見極めなければなりません。 ボードの説明 これがシャドウハンターズのボードの全景です。 ボードには、「エリアカードゾーン」「3種類のカード置き場」「ダメージゾーン」があります。 エリアカードゾーン シャドウが生息する魔界の森には、6種類の名所があります。 プレイヤーはサイコロを振って、これらの土地を移動していきます。 移動先の土地では、その土地固有の特殊な効果を受けます。 たとえば、「プレイヤーにダメージを与えたり」、「装備を奪ったり」「特殊なカードを引いたり」することができます。 3種類の特殊カード 特定のエリアに止まることで、カードを引くことができます。 カード置場には、「白」「黒」「緑(おばば)」の3種類のカードがあります。 「白のカード」は、回復アイテムや防具が手に入ります。 「黒のカード」は、攻撃的なアイテムや武器が手に入ります。 「おばばカード」は、相手の正体を探ることができます。 この「おばばカード」の使い方ですが、 まず自分だけその内容を確認した後、正体を探りたい人にカードを渡します。 渡されたプレイヤーはその指示に従います。 その内容は、その他のプレイヤーは見ることができません。 たとえば、 「お主はハンターじゃな。 しからば1ダメージ受けるのじゃ!」と書かれたカードを他のプレイヤーに渡したとします。 渡されたプレイヤーがダメージを受ければ、その人が「ハンター」だと判明します。 もしダメージを受けなければ「シャドウ」か「ニュートラル」のどちらかということが分かります。 このおばばカードを使うことで、他プレイヤーの陣営を推理していきます。 ダメージゾーン ダメージゾーンでは、「各プレイヤーが受けたダメージ」を表します。 初めはプレイヤーのコマを「No Damage」のマスに置きます。 ダメージを受けたら、その分だけコマを進めます。 たとえば、2ダメージ受けたとしたら、コマを2マス進めます。 このダメージゾーンを見るだけで、誰がどのくらいダメージを受けているのかが一目で分かるようになっています。 シャドウハンターズのルール キャラクターを決める キャラクターカードは、自分で選ぶのではなく、ランダムに配られます。 他のプレイヤーにバレないように、自分のキャラクターを確認します。 確認したら、そのキャラクターカードは、自分のボードに裏向きにして伏せておきます。 ゲームの開始 手番の流れは、以下の通りです。 やることはとてもシンプルです。 出目の合計値の場所に自分のコマを移動します。 たとえば、下の画像のように、ダイスの合計値が「5」なら、「時空の扉(出目4or5)」に自分のコマを移動させます。 例えば、出目の合計が「6」なら、コマを「教会」に移動させ、白のカードを1枚引きます。 下の画像の場合、黄色コマは、白コマ、紫コマの人に攻撃することができます。 一方で、その他のエリアにいるプレイヤーには攻撃できません。 このように、シャドウハンターズでは、誰にでも攻撃できるのではなくて、近い土地にいる人にしか攻撃できません。 敵陣営が分かっているのに攻撃できないのはもどかしいですよね。 その分、サイコロの出目で一喜一憂できて、すごく盛り上がれます!笑 ダメージ計算 攻撃するプレイヤーを選んだら、2つのダイスを振ります。 大きい出目から小さい出目を引いた数値がダメージになります。 例えば、4と1が出たら、「4-1」で3ポイントのダメージを与えます。 ダメージを受けたプレイヤーは、ダメージゾーンにある自分のコマをダメージ分進めます。 自分のキャラクターのHPが0になってしまったら、そのプレイヤーは脱落となります。 脱落させたプレイヤーは、脱落したプレイヤーの装備をひとつ奪うことができます。 ゲームの終了 プレイヤーが勝利条件を満たしたら、ゲーム終了です。 たとえ脱落していても、勝利条件を満たしさえすれば、勝者となります。 追加キャラクター紹介 以前、シャドウハンターズの拡張として新たなキャラクターを加えられる「追加キャラクターセット」が販売されていました。 今では、アマゾンに売っている「シャドウハンターズ(並行輸入品)」に10種類の追加キャラクターカードが同梱されています。 基本セットにこの追加キャラクターを加えることで、総勢20人のキャラクターを使うことができます。 記事の前半では基本セットのキャラクターを紹介しましたが、こちらでは追加のキャラクターをご紹介します。 ハンター陣営の追加キャラ 左から「楓花(ふうか)」「エレン」「グレゴール」というキャラクターです。 ナース、踊り子、機械オタク、でしょうか…基本セットのハンターとはかなり趣向が変わっています。 シャドウは、魔物の格がさらに高位になった感じでしょうか。 強そう。 なんか、ハンターよりもニュートラルのほうが強そうじゃないですか。 その傷が目印のようになってしまったらゲームとしては致命傷で、最悪買い換える…なんてこともあります。 そうならないためにも、遊び始める前に「スリーブ」を装着しておきましょう。 上のスリーブは『ホビーベースのTCGハードタイプ(50枚入り)』です。 このスリーブは 「50枚」になっているので、シャドウハンターズの全カード(72枚)を入れるには 2袋あれば足りるようになっています。 シャドウハンターズのレビュー 正体隠匿ゲームの定番であるワンナイト人狼だと「饒舌で相手を言いくるめられる人」が強くて、喋るのが苦手な人にはちょっと辛いゲームだったりします。。 一方で、シャドウハンターズの場合、言葉で戦う部分がほとんどないので、喋るのが苦手な人でも楽しめるところが良いですよね。 当時の僕はワンナイト人狼にめちゃめちゃハマっていたのですが、その熱が落ち着いてきて「他の正体隠匿系がやりたい!」と思った時にこのシャドウハンターズに出会いました。 案の定、ワンナイト人狼を一緒に遊んでいた仲間内ではとても好評で、僕たちの中での定番ボードゲームになりました。 また、一見プレイ時間が長そうに見えますが、実際には40分くらいで終わるのでちょうどよく、何度もリピートしやすいゲームだと思います。 というか止め時の難しいゲームです。 笑 ただ、僕がシャドウハンターズをプレイする上で気を付けているのは、一緒に遊ぶメンバーです。 相手を攻撃して倒すというかなり攻撃的なゲームなので、初対面やそこまで親しくないメンバーでプレイすると、攻撃することを遠慮してしまったり、終わった後にギスギスした感じになってしまいます。。 シャドウハンターズを遊ぶ時は、攻撃し合った後でも笑い合える仲の良いメンバーでやることを強くおすすめします! また、プレイ人数が「4-8人」となっていますが、4人だとすぐに決着がついてしまうので、6人以上がおすすめです。 ちなみに、現在シャドウハンターズは日本語版が廃盤となっているので、僕は輸入盤を購入して上から和訳を貼って日本語化して遊んでいます。

次の

《役職一覧》人狼ゲームの役職・特徴一覧まとめ

人 狼 ゲーム ハンター

もくじ• 占い師の役職の役割説明 まず村人陣営で最も大きなカギを握っている占い師という役職についてです。 占い師の役割は 誰かを占って人狼なのかどうかを判別できる重要な役職です。 基本的なセオリーとしては人狼殺は時計回り 右回り に発言していくルールですので、右隣りを占うことがセオリーだと言われています。 1週目などはとくに情報もないので、すぐ隣を占い結果を出すことでその後の人たちが考察しやすくするためだと思います。 現時点では、 2週目からは人狼に噛まれた人の右側から発言スタートするので、占い師はチャットで占った人が人狼だったか村人陣営だったかを報告するというのが主流ですね。 例えば4番を占って、村人陣営だったら「4白」とか、人狼だったら「4黒」という感じです。 役割としては、できるだけ怪しい人を占っていかに人狼を割り出すかということが重要な役割です。 ですが人狼側や本当の占い師を割り出すために自分が占い師だと嘘をついてくる人もいますので、どうしてその人を占ったのかなどしっかりと証言していくことが重要な役職となります。 ハンターの役職の役割説明 続いてハンターの役職の役割説明です。 ハンターという役職は、 人狼に噛まれた場合に任意の人へ発砲して道連れにできます。 つまり自分が怪しいと思っている人を夜に人狼に噛まれたときに選べるんです。 この決定権はその人に委ねられているので、自分の好きなように選ぶことができるのですがそれが 当たっているか外れているかで勝敗が大きく分かれるので難しい役職となります。 当然わからないから発砲せずにそのまま誰も撃たないという選択肢もできます。 その際は昼の投票と違って 自分がハンターだということが伝えられないので注意が必要です。 あえて誰かを発砲することで自分がハンターだということを伝えることも重要だったりします。 さらには人が減ってきたときに生き残っている場合で、間違いなく人狼だという人が死んでいる場合はあえてCOすることで自分を撃つとお前を道連れにしてやるぞとアピールすることもできますし、もし自分がやられたらこの人を撃ちますとあらかじめ発表しておくことでさらに周りへのアピールができます。 逆に誰かを撃つことができるというだけで他の役職よりは比較的楽なポジションととらえる人も多いかもしれませんね。 【追記】 昼の投票で選ばれても誰かを発砲できるようになったようです。 狩人の役職の役割説明 最後に狩人の役割の説明です。 狩人の役割は簡単です。 夜に人狼に噛まれそうな人を守ることができるという役割です。 ですが 次の夜には同じ人を守ることができないので、占い師を殺されたくないと2日目の夜に守ると3日目の夜は防衛ができませんのであえて最初は占い師を守らないというような駆け引きが生まれます。 そして自分のことは防衛できませんので、軽い気持ちでCOしてしまうと自分が標的になりますのでそうなると次の夜から必ず誰かが人狼に噛まれてしまいますので注意が必要です。 なので村人陣営として味方が噛まれてしまうのを唯一守ることができる役職ですので重要な役割となります。 いち早く怪しい人を割り出しておいて、誰を残しておくと自分たちにとって有利なのかというのを把握しておくことが勝利へのカギとなります。 狩人は基本的に初日の防衛はいりません。 その理由やメリットについてはこちら。 最後に 以上で人狼殺のルールともいえる役職の役割についての説明でした。 やっていくとわかるのですが人狼側と違って村人陣営は誰がどの役職なのかがわからなくなると混乱してしまうので、しっかりと自分の考察を主張して誰が怪しいのかを把握していくことが重要になります。 その中でも占い師は人狼が誰なのかがわかる重要な役割となりますので、それをしっかりと守る狩人と、怪しい人を道連れにできるハンターとそれぞれがどう動くかで勝敗が変わってくるのでとっても面白いですよ。 ぜひやってみましょう。 他にも人狼殺について書いてますのでぜひ。 アニメ漫画ゲーム大好きで、自分が気になったことなどを取り上げて好き勝手書いています。 わからないことも多いのでぜひ詳しい人や同じく気になっているという人がいましたらぜひコメントで教えていただけると嬉しいです。 良ければぜひ見て行ってください。 最近の投稿• カテゴリー• 119• 159• 467• 239• 324•

次の

対面人狼ゲーム情報局: ハンター(役職考察)

人 狼 ゲーム ハンター

猫又の特徴 狼に食べられると道連れにする 猫又は狼に襲撃されると、 狼を一人道連れにする。 翌朝、猫又と人狼で犠牲が二人発見される。 狐による銃殺などと見分けはつかない。 猫又をひいたら、当面はこれが目標になる。 昼に処刑されるとランダム道連れ 昼に猫又を処刑すると、自動的に ランダムに1人が道連れになる。 狼・人間・狐関係なくランダムで1人ゲームから除外となる。 なお、猫又はゲーム中は人間扱いで、占い・霊結果共に人間と出る。 猫又の立ち回り 素村に混じって脅威噛みを目指す 素村は役職者以上に嫌がられて食べられれば本望!という話は幾度となくしてきたが、猫又になったとき襲撃されることは より本望である。 よって基本は素村と同じ立ち回りで問題ない。 狼に嫌がられる議論・作戦を提示して襲撃先に選ばれれば猫として仕事は十分に果たしたと言える。 ただし狐ケアを考えて狼をわざと残す進行の際はこの限りではない。 騎士騙り 真騎士はCOしてしまうと長生きできない。 護衛されると厄介な騎士は位置がばれると狼が優先的に襲撃してくるからだ。 狼側の心理を利用し、猫が騎士COすることで夜に自身が襲撃されやすくする。 これが成功すれば夜に狼を道連れにできる。 猫狩(猫騎)ギドラ 複数の役職をCOすることを ギドラという。 「猫かもしれないし狩人かもしれない」とCOすることで、狩人の位置を透けさせない戦法。 猫を食べると狼が道連れになってしまうという特性上、猫の可能性を出された位置は相対的に狼は食べにくくなる。 猫狩ギドラは生存日数を高めたい狩人がすることも多いが、吊られにくくなる効果も高いことから狼が騙ることも多い。 猫狩ギドラそのものは悪手ではないものの、余計な混乱を避ける上で空気を読む必要がある。 猫又CO 素直に猫又COした方が良い場面として あからさまに処刑位置になった場合がある。 ex 仮指定に入り集中的に疑われた、占い師に黒を出された このとき猫又COして処刑を逃れるのは有効。 ただし人外が対抗で猫COしてきたときに、対抗の処刑をどこまで促されるかが重要になる。 猫又COした後は襲撃先に選ばれにくくなるので最終日まで残る可能性がきわめて高くなる。 猫COした以上は潜伏していた時よりも議論で村に貢献する比重が増える点は留意しておこう。 また猫又の能力を利用して村の勝率を高める 猫ルーと呼ばれる戦術もある。

次の