クレジットカード マイレージ。 マイルが貯まるおすすめクレジットカード決定版!航空会社別に比較

楽天ANAマイレージクラブカードのメリット・デメリット

クレジットカード マイレージ

年会費無料• 空港免税店10%割引• ANA機内販売10%割引 ANAマイルを貯める基本的なカードです。 ANAマイレージの有効期限は3年です。 しかし、ANAカードではクレジットのポイントを貯めてからマイルに移行する方式のため、 「クレジットポイントの有効期限(2年)+ANAマイレージの有効期限(3年)」の5年間マイレージを活用できます。 入会時・毎年のカード継続時に1,000マイルのボーナスマイルがプレゼントされます。 ANA VISA Suicaカードでの支払いをすると、1000円につき三井住友VISAカードのポイントサービス「ワールドプレゼントポイント」が1ポイント貯まります。 獲得したポイントを移行する際は、1ポイント 「10マイルコース」と 「5マイルコース」で交換するレートがあり、 ・1ポイント5マイルコースは移行手数料無料 ・1ポイント10マイルコースは年度毎に6,000円(税抜)で移行する事ができます。 年間60万円以上カードを利用する人、Suicaを利用している人は10マイルコースに入るとお得です! ANAカードにSuicaの機能が付いているので、Suicaへのチャージに利用するだけでもANAのマイルを貯められます。 1,000円チャージごとに5マイルor10マイル貯めることができるので、電車をよく利用する人は更におススメです! 1ポイント5円分としてSuicaにチャージすることもできるます。 年会費 初年度無料 2年目以降2,000円(税別) 発行・審査期間 1~2週間程度 申し込み条件 満18歳以上の方(高校生は除く) ショッピングマイル付与率 ワールドプレゼントポイント 1000円=1ポイント=5マイルor10マイル 付帯保険 ・カード盗難保障無料付帯 マイレージの種別 ANA、ミッレミリア、クリスフライヤー 富裕層をターゲットとして発行されるダイナースクラブカード。 持っているだけでもステータスです。 ダイナースのポイントプログラム、リワードプログラムというサービスからポイントを移行することマイルに交換ができます。 マイルに交換する際は5つの航空会社(ANA、DELTA、UNITED、大韓航空、アリタリア)の中から選ぶことができます。 100円で1ポイント貯まりますが、公共料金や税金の支払いに利用する際は200円で1ポイントとなるため注意が必要です。 それだと他と変わらないじゃん!と思ってしまいますが、ダイナースクラブカードはポイントが貯まりやすい=マイルが貯まりやすいです! ポイントが貯まりやすい最大の理由が、 ダイナースクラブポイントモールの利用。 買い物だけでなくホテルや旅行の予約をする際に 5000円ごとに0. 追加年会費5,400円が追加でかかってしまいますが、「マイルアップメンバーズ」に登録することで1,000円毎に10マイルが追加加算され、合計で15マイル貯めることができます。 還元率でいうと合計1. 5%と高いです。 高還元率のクレジットカードを探すとなると、ゴールドカードなどのステータスカードになり、年会費は1万円を超えるカードが多い中、年会費を考慮してもお得です。 更に、 ユナイテッド航空のマイルは無期限なので、半永久的にマイルを貯め続けることができます。 マイルアップメンバーズは1年ごとに更新なので、不要だと感じた時に退会することもできます。 年会費 1,500円(税別) 発行・審査期間 2~3週間 申し込み条件 18歳以上の方(高校生を除く) ショッピングマイル付与率 1000円=5マイル マイルアップ加入で1000円ごとに+10マイル 旅行傷害保険 ・自動付帯 ・海外旅行傷害保険 最高3000万円 ・携行品損害 30万円 ・救援者費用 300万円 マイレージの種別 UNITED、ANA含むスターアライアンス各社 スカイマイルを貯めるのに必要なクレジットカードは年会費が高いカードが多いです。 買い物などでの利用の場合100円で1マイルなのですが、 デルタ航空券を購入した場合「100円で2マイル」もらえます! スカイマイルの場合、国内で利用できる所がないので、国際線で利用することが多くなります。 なぜなら、 加盟しているアライアンスによって貯めたマイルの使い道が異なるからです。 別のアライアンスのマイルは併用できないので、せっかくマイルを貯めたのに狙っていた航空券に利用できないといった場合も考えられます。 アライアンス(航空連合)とは 航空会社が加盟している組織のことで、マイルという視点で見るのであれば、同じアライアンスに属している他社の航空会社の利用によってもマイルを貯めることができます。 同様に、貯めたマイルにおいても同様のことが言え、他社の航空会社であっても、同じアライアンスに属していれば、マイルによって航空券を購入することができます。 世界には主に 「スターアライアンス」「スカイチーム」「ワンワールド」3つの大規模なアライアンスがあります。 日本国内で利用される頻度の高いANA、JAL、ユナイテッド航空、デルタ航空がどのアライアンスに属しているのかを見ていきましょう。 航空会社 加盟しているアライアンス 同じアライアンスに属している主な航空会社 ANA スターアライアンス エア・カナダ、中国国際航空、アシアナ航空、シンガポール航空、ユナイテッド航空など JAL ワンワールド アメリカン航空、ブリティッシュエアー、マレーシア航空、カタール航空 ユナイテッド航空 スターアライアンス エア・カナダ、中国国際航空、アシアナ航空、シンガポール航空、ユナイテッド航空など デルタ航空 スカイチーム 大韓航空、エールフランス、チャイナエアラインなど 国内の主要航空会社の加盟しているアライアンスは異なり、アライアンスごとに加盟している航空会社は全く異なります。 頻繁に利用する航空会社の加盟しているアライアンスから貯めるマイルを選ぶことや、マイルを貯めた後に利用したいと思っている航空会社が加盟しているアライアンスのマイルを選ぶということが重要です。 ステータスカードと一般カードでは「質」が変わる 一般的なクレジットカードと同様に、航空会社のクレジット機能がついているマイレージカードには、グレードがあります。 【ANAの場合】 ・一般カード ・ワイドカード ・ゴールド ・プレミアムカード 【JALの場合】 ・普通カード ・CLUB-Aカード ・CLUB-Aゴールドカード ・プラチナカード 一般カードやゴールド、プラチナ、プレミアムといった言葉が並びますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。 マイルの貯まり方や使う人によっておすすめなグレードはどれなのか、詳しく見ていきましょう。 ANAカードの場合 ANAカードには、一般カードの他にワイドカード、ゴールドカード、プラチナカードがあります。 それぞれマイルの貯まり方などはどのように違うのでしょうか。 なので、グレードの高いカードはマイルが貯まりやすいという特徴を持っています。 ただ、年会費もかかるので、 還元されるマイルが年会費を上回る人は高いグレード、下回る人は一般カードで良いです。 例えば、ゴールドカードであれば、150万円以上のショッピング利用で、年会費分のマイルが貯まることになります。 5マイルがたまります。 ここにゴールドカードのボーナスマイルが25%加わるので、312. 5マイル+78. JALカードには、一般カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナカードがあります。 グレードが上がるほどに年会費は高くなるのですが、マイルが貯まりやすい仕組みになっています。 ただ、JALカードの場合、CLUB-Aカード~プラチナカードにおいては、マイルの貯まり方にあまり差がみられません。 JALカードの場合、マイル目当てでグレードを選ぶのはあまり意味がないでしょう。 ただしグレードの高いカードならではのサービス(旅行保険やラウンジサービスなど)があります。 こういったサービスにメリットを感じない人は無理にグレードアップをする必要はないでしょう。 ステータスのあるカードでしか受けられないサービス 航空会社のクレジットカードのグレードアップはマイルが貯まりやすくなるだけではありません。 グレードに応じた様々なサービスを受けることができます。 特質すべきは、旅行保険とラウンジサービスです。 グレードの高いカードを持っている人は、この部分で選んでいる人もいるでしょう。 空港ラウンジサービス 空港ラウンジサービスでは、くつろぎながら出発前の待ち時間を過ごすことができます。 ソフトドリンクや無線LAN、雑誌等無料サービスの他、有料でアルコール類やコピー、FAX、マッサージ機などの利用ができ、ワークスペースとして活用することもできるので、飛行機に頻繁に乗る人にとっては、非常に大きなメリットです。 空港ラウンジには航空会社とカード会社が運営するものがあり、航空会社運営の空港ラウンジは利用できないので注意しましょう。 ビジネスクラスチェックインサービス 通常のチェックインカウンターは、混雑するためチェックインに時間がかかります。 ゴールドカード以上のマイレージカードでは、 ビジネスクラスのチェックインカウンターが利用できるのでチェックインがスムーズです。 ただし国際線に限られているので、国内線では利用できません。 充実の空港サービス ゴールドカード以上では、「 国際線手荷物優待宅配サービス」を提供しています。 カードの種類やブランドによってサービス内容は違いますが、基本的に 空港から自宅までの手荷物宅配が優待割引となります。 また、「 空港クロークサービス」が利用できる場合は、手荷物以外にコートなども預けることができるので、身軽に飛行機の待ち時間を過ごせます。 旅行補償内容の充実度 普通カードでは国内・海外旅行傷害保険の補償は死亡又は後遺障害だけですが、ゴールドカード以上のステータスカードではさらに治療補償が充実しています。 JALのVISAカードを例にすると、ゴールドカード以上では次の補償を受けられます。 項目 国内 海外 治療 ・入院日額 10,000円 ・通院日額 2,000円~ 3,000円 ・手術費用最高 40万円 疾病・傷害とも 150万円 携行品損害 — 1旅行につき50万円限度/年間 100万円限度 救援者費用 (年間限度額) — 150万円 国内旅行では、そこまでトラブルに見舞われることはありませんが、海外旅行の場合は、予想外のトラブルに巻き込まれることもあります。 例えば、旅先での病気や事故、怪我から、荷物の盗難などに対応することができます。 備えとして、高いグレードの手厚い保険は心強いといえるでしょう。 > マイルがざくざく貯まる損をしない最強クレジットカード! 記事一覧 クレジットカードの審査• 学生のためのクレジットカード• おすすめのクレジットカード• マイルの貯まるクレジットカード• クレジットカードの基礎知識• クレジットカードの作り方•

次の

みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)のサービス|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード

クレジットカード マイレージ

戻る たとえば1年で、 永久不滅ポイントが こんなにたまる!! 海外でもベンリに使えます! 現地通貨でキャッシングができるので、両替の手間も省けてベンリ。 ほとんどのATMで24時間ご利用いただけます。 ATMに行く時間がない方は パソコンや携帯電話から24時間お手続きいただけ、最短数十秒でお客さまの口座に振り込まれる「セゾンONLINEキャッシング」をご利用いただけます。 Netアンサー(ご利用登録無料)からご利用ください。 その他のサービス うれしい特典 みずほマイレージクラブカードなら、お取引状況に応じて「みずほ銀行ATM時間外手数料無料」、みずほダイレクトご利用時の「みずほ銀行本支店宛振込手数料無料」などうれしい特典がいっぱい。 Web版みずほマイレージクラブレターセゾン インターネットで、会報誌「みずほマイレージクラブレターセゾン」をご覧いただけます。 みずほマイレージクラブ会員さま限定サービスやキャンペーンはもちろん、みずほ銀行からのお知らせなどもご案内しています。 Netアンサーログイン後、「カードニュース」ボタンをクリックしてお進みください。 JCB海外お買い物保険 みずほマイレージクラブカードセゾンJCBをお持ちのお客さまは、海外所在の加盟店より、JCBカードで購入された品物を、JCBカードでの購入日から90日間、年間最高50万円まで補償いたします(1事故につき自己負担額1万円)。

次の

楽天ANAマイレージクラブカード|楽天カード

クレジットカード マイレージ

・ANAマイレージクラブカード ・ ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード <Visaデビットと銀行キャッシュカード機能付> ・ ANA VISAプリペイドカード <プリペイド機能付> ANAマイレージクラブカードはスマホアプリで使えるデジタルカードを選ぶこともできます。 ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードは審査がありますが、ANAマイレージクラブカードとANA VISAプリペイドカードは審査なしで発行できます。 クレジット機能ありとクレジット機能なしのANAカードの違い 上記3枚のクレジット機能なしのANAカードとクレジット機能付きのANAカード「ANA VISAワイドゴールドカード」を表で比較してみました。 ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードは利用額に応じてボーナスマイルがもらえるものの、年間100万円以上の利用で3,000マイルなのでハードルが高いです。 ANA VISAワイドゴールドカードはボーナスマイルに加えて、ショッピングでのカード利用ごとにポイントが貯まり、 1%の還元率でマイルに移行できるため、クレジット機能なしのカードよりもマイルが早く貯まります。 マイルを貯めるならANAカード 結論から言うと、クレジット機能なしのANAマイレージクラブカードは 特典航空券に交換できるだけのマイルを貯めるには非常に効率が悪いです。 ANAマイルを本気で貯めるなら、年会費がかかっても クレジット機能が付いたANAカードを持ちましょう。 それが特典航空券への交換までの近道です。 マイルは年に数回飛行機に乗る程度では大して貯まりません。 日常的に飛行機に乗っていない限り、フライトで貯まるマイルだけで特典航空券に交換するのは厳しいです。 国際線のファーストクラスでタダ旅行なんてとても手が届きません。 では普段あまり飛行機に乗らない人はどうすればマイルを貯められるのかというと… ANAカードを使って飛行機に乗らずにANAマイルを貯めるのです。 ANAカードでマイルを貯めることが決まったら、次はカードを選びましょう。 ANAマイルがざくざく貯まるカード、一番お得な申込み方法については、下記の記事で詳しく解説しています。 ANAマイルを貯めるコツ 自分のライフスタイルに合ったANAカードが見つかれば、後は 日常の支払いをANAカードに集中させましょう。 そうすることで勝手にマイルが貯まっていきます。 努力や才能はいりません。 マイルを貯めるために、何かを買ったり用意したりする必要もありません。 生活費をカード払いにしたら何マイル? ポイントサイトを活用する 飛行機に乗らずにマイルを貯めるなら ポイントサイトの活用は必須です。 おすすめのポイントサイトやポイントサイトとマイルの関係については、下記の記事で解説しています。 ANAマイルが効率よく貯まるクレジットカード 数多くあるANAカードの中でオススメなのが、 ANA VISAワイドゴールドカードと ANAアメックスゴールドカードです。 マイ・ペイすリボの登録• ソラチカルートを使う• 年間300万円以上決済する これにより還元率は 最大1. 648%まで上がります。 高還元率でスペックも高いのに、 条件を満たせば 年会費1万円以下で持つことができるというコストパフォーマンスの高さもANA VISAワイドゴールドカードの魅力です。 旅行や出張の多い方にオススメなのが、ANAアメックスゴールドカードです。 ANAアメックスゴールドカードは手荷物無料宅配サービスなど手厚いサービスが付帯しています。 無期限でポイントを貯められて、好きなタイミングでマイルに交換できるのも特徴です。 ANA VISAワイドゴールドカードより年会費が高いですが、入会キャンペーンを利用すれば 初年度の年会費はほとんど取り戻せます。

次の