縦 書き かぎ かっこ。 複数の行をカッコでくくりたい:Word(ワード)2010基本講座

エクセルで縦書きにする、かっこ、数字、ハイフン、伸ばし棒 (Excel 2010, 2013, 2016)

縦 書き かぎ かっこ

ANo. 3です。 2007だからでしょうか。 見つかりませんか? 下記URLのページに図がありますので、ご覧下さい。 「[Windows Vista] 文字を漢字に変換できなくなりました。 横書き文書の途中に「」だけを回転させようとしているなら、Word2007に限らず2003以前のバージョンでもできないようです。 (@を入れても) どうしてもの場合は、 図に変換して回転させる、オートシェイプの線で描く、罫線文字を代用する あたりしかないと思います。 罫線文字の代用以外は、操作が面倒です。 罫線文字の入力:「けいせん」と入力して変換すると多種類の罫線文字が変換候補に出てきます。 入力ができない場合なら、 パソコンを再起動して、同じかどうか確認します。 Wordで『たとえば縦書きで(7)のように』横向きに表示するには、「拡張書式」の「縦中横」という機能を使います。 Wordで『たとえば縦書きで(7)のように』横向きに表示するには、「拡張書式」の「縦中横」という機能を使います。 Q ワード2010を使っています。 縦書きのワードアートを印刷すると画面上で作成したとおりに印刷されず困っています。 (ワードアートの向きも右に90度回転しています) これを画面の見た目と同じに印刷するにはどうしたらよいでしょうか? 上記の質問内容では意味不明かもしれませんので一応以下の操作をしてみてください。 1 ワードアートを作ります。 (タイプはどれでも結構です。 (この時点で極端に横長で縦幅の短いワードアートになると思いますが、そのままでOKです) 4 印刷して結果をみてください。 ちなみにエクセル2010では見た目どおりに印刷できます。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 試してみました。 結果はご指摘の通りなので、バグかも・・・ 現状での対策として、(英字は全角の場合)次のように操作すれば何とか縦書きには出来るようです。 1 「ワードアート」を挿入します。 2 「文字列の効果」の「変更」から「四角」を選択します。 3 「文字列の方向」から「横書き(日本語文字を左へ90度回転)」を選択します。 4 「回転」から「右へ90度回転」を選択します。 その他、ファイルを一旦「Word 97-2003文書」で保存しておいて、2003までのワードアートを使用する方法もあります。 synapse. html A ベストアンサー CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。 その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。

次の

原稿用紙

縦 書き かぎ かっこ

原こう用紙の使い方-基本的なきまり• 題名は最初の行に、2~3マス下げて書く。 二行目の下に名前を書く。 段落の始めは一字下げて書く。 ゃゅょっ。 、「」(かぎかっこ)はそれぞれ一文字として、一つのマス目に書く。 、」(とじるかぎかっこ)が行の始めに来る時は、前の行末に書く。 その他のきまり ちょっと迷ってしまいがちな原こう用紙の使い方について、1つ1つ説明していきます。 名前と本文の間は1行あける? 特に指定がない場合、タイトルを1行目、名前を2行目に書くのが一般的です。 では、本文はすぐ3行目から書いていいのかどうか、という疑問があるかもしれません。 小学生の原こう用紙の使い方として、3行目から本文を書く、という説明をしているところが多いです。 もし、見やすくするためにあけるとしても、何行もあけず1行だけあけるようにした方が「余白で行数をかせごうとしている」と誤解される心配がなくていいのではないかと思います。 会話文のかぎかっこは1字下げるかどうか その会話文から段落が始まる場合は、一字下げます。 段落の途中に会話文がある場合は、改行し、一字下げずに「(かぎかっこ)を行頭(行の一番上のマス)に書きます。 会話文が2行以上になる時2行目以降を一字下げるかどうか 小学校の国語の教科書は、会話文が2行以上になる時、2行目以降は1字下げて表記している場合があります。 これは小学校の教科書独特の表記のしかたなのだそうです。 tokyo-shoseki. htm 原こう用紙に作文を書く時には、会話文の2行目以降は一字下げずに一番上のマスから書くのがふつうです。 」にするか、 」だけでいいか、ということですね。 新聞や雑誌は、 かぎかっこだけのことが多いです。 ちなみに、手元にある朝日小学生新聞を調べてみると、会話文の終わりはかぎかっこだけでした。 かぎかっこをとじる時に句点を省略しない。 これも、教科書独特の表記のようです。 会話文の「」の後次の行は1字下げるかどうか 会話文をかぎかっこで閉じた後は、改行し、次の文は次の行から書く場合が多いです。 会話の次の文から段落が変わる場合は一字下げます。 段落が変わらない場合は一字下げずに一番上のマス目から書きます。 会話文以外でかぎかっこを使う時 会話文ではなく、強調したい語などにかぎかっこをつける場合があります。 この場合はかぎかっこから改行する必要はなく、とじるかぎかっこに句点はつけません。 かぎかっこでとじた後の改行もしません。 っゃゅょは行頭に来てもいいか• これらが行頭に来てもよい。 前の行の最後の文字と一緒に書いてもよい。 どちらでもまちがいではないようですが、このあたりは先生によって教え方がちがうところだと思いますので、気になる場合は担任の先生に確認してください。 、」は、基本的なきまりで書いたように、行頭にきてはいけないとされていますので、区別して覚えましょう。 数字はどうするか 縦書きの原こう用紙では、数字は漢字で書きます。 けた数が大きいなど、算用数字の方が見やすいと思われる場合は、ねかせて書く場合もあるようです。 その場合は、1マスに2文字の算用数字が入ります。 アルファベットはどうするか 記号としてのアルファベットは、1マスに1文字書きます。 小学生の作文では、ほとんど使わないと思いますが、英単語などを縦書きの原こう用紙に書きたい場合は、ねかせて書く方法もあります。 1マスに2文字のアルファベットが入ります。 目的別・原こう用紙の使い方の注意点 宿題やコンクールによっては、原こう用紙の使い方について指定がある場合があります。 学校の宿題 原こう用紙の使い方について、はっきりしたきまりはないので、先生によって教え方が多少ちがっています。 基本的なきまりを守って書かれていれば大丈夫だと思いますが、原こう用紙の使い方で迷った時は、担任の先生に質問してみるのが一番良いと思います。 青少年読書感想文コンクール出品用の場合 タイトル、名前は外側の余白に書きます。 一行目から本文を書きます。 その他作文や読書感想文のコンクール 応募要項(おうぼようこう)を読み、原こう用紙の使い方、タイトルや名前をどこに書くのか等を確かめましょう。 なぜ原こう用紙に書くのか 原こう用紙に書くことの利点は、なんといっても文字数を数えやすいということです。 これから中学、高校、大学の受験の時や、入社試験などで、作文や小論文を決められた文字数で書かなくてはならないことが多くあると思います。 文字数を意識して書くことに、少しずつ慣れていった方がいいのですね。 普段から原こう用紙やマス目のノートに、文字数を意識しながら文章を書く練習をすると、きっと決められた文字数で文章をまとめる力がついてくると思います。 この記事について 小学生が原こう用紙を使う機会はあまり多くはありません。 読書感想文コンクール、作文コンクールに応募するための作文を書く時の他には、原こう用紙に書くことは、ほとんどないかもしれません。 授業でちょっとした作文を書いたり、夏休みの宿題として植物の観察日記、一言日記、絵日記などを書く時は、それに適した用紙が配られます。 それは原こう用紙ではなく、低学年のうちはマス目、中学年からは縦か横の罫線(けいせん)が引かれた紙であることが多いようです。 自主学習用のノートに、日記や作文を書く場合もあります。 これも、普通は正方形のマス目の方眼ノートか、縦か横の罫線のノートを使っている方が多いと思います。 そして、原こう用紙の正しい使い方を、今の学校では必ず教えることにはなっていないようです。 漢字の筆順のように、国が「これが正しい」と決めた基準があるものとは違うのです。 原こう用紙の使い方については、どの小学生も同じ内容で学校の先生に教わることにはなっていません。 また、小学生が作文を書く場合と、大学生が論文を書く場合、大人が記事や小説等を書く場合では、原こう用紙の使い方がちがっている部分もあります。 ここでは、小学生が宿題を学校に提出する場合、作文のコンクールに提出する場合の、原こう用紙の一般的(いっぱんてき)な使い方を説明してみました。 参考にしていただければと思います。

次の

読書感想文でのかぎかっこの使い方!カギカッコを使うタイミング?選

縦 書き かぎ かっこ

作文でかぎかっこはいつ使う? まずは作文でかぎかっこを使う条件を確認しておきましょう。 他のかっこ記号である二重かぎかっこ『』やまるかっこ()といったかっこの記号と違い、かぎかっこは以下のときに使用します。 会話文 登場人物が話す内容を「地の文」と区別するために使います。 以下本記事では、かぎかっこを使う分かりやすい例として江戸川乱歩の「月と手袋」を使用します。 この作品はパブリックドメインになっているため「青空文庫」などでテキストデータが入手できます。 克彦にとって、問題は、しかし、金のことではなかった。 あけみと交渉を断つという第一条件には、どう考えても堪えられそうになかった。 彼らはお互たがいに命がけで愛し合っていた。 だが、正当の夫である股野に、あけみを譲れとは云えなかった。 それを云い得ない社会の掟おきてというものに、ギリギリと歯ぎしりするほどの苦痛があった。 彼はふと、それに対抗するものは「死」のほかにはないとさえ感じた。 「君はあけみさんをどうするのだ。 あけみさんまで罰する気か」 「それは君の知ったことじゃない。 あれもこらしめる。 おれの思うようにこらしめる」 「ねえ、君の条件は全部容れる。 あの人を苦しめることだけはやめてくれ。 罪はおれにあるんだ」 (引用元:) 引用文の後半は会話文になっています。 ふたりの人物が交互に話していることを分かりやすくするため、それぞれの発言をかぎかっこでくくります。 自分の考え 実際に発言する内容だけでなく、登場人物や語り手が頭の中で考えたことを表すときにもかぎかっこを使います。 前掲の「月と手袋」であれば、以下の部分が該当します。 彼はふと、それに対抗するものは「死」のほかにはないとさえ感じた。 (引用元:) 死というのは一般名詞ですが、あえてかっこでくくることによって克彦が思い浮かべた誰かの死のことを具体的に表す表現になっています。 引用 引用とは、別の著作物から文章をそのまま紹介することです。 著作権者の了承が必要な転載と違い、引用は要件を満たしている限り許可を得ずに行うことができます。 引用として認められるためにはいくつかの要件がありますが、その中の一つに地の文からはっきり区別できていることが挙げられます。 「引用」とは、例えば自説を補強するために自分の論文の中に他人の文章を掲載しそれを解説する場合のことをいいますが、法律に定められた要件を満たしていれば著作権者の了解なしに利用することができます 第32条。 この法律の要件の中に、「公正な慣行に合致」や「引用の目的上正当な範囲内」のような要件があるのですが、最高裁判決(写真パロディ事件第1次上告審 昭和55. 28)を含む多数の判例によって、広く受け入れられている実務的な判断基準が示されています。 例えば、[1]主従関係:引用する側とされる側の双方は、質的量的に主従の関係であること [2]明瞭区分性:両者が明確に区分されていること [3]必然性:なぜ、それを引用しなければならないのかの必然性が該当します。 (引用元:) 上記の条件のうち「[2]明瞭区分性:両者が明確に区分されていること」を満たすためにかぎかっこが使われることがあります。 かぎかっこでくくられている部分は一目見て、地の文と区別できるためです。 ただし、この方法は一文のみなどの短い引用文のときが有効です。 ある程度まとまった文章を引用する場合は、かぎかっこだけでは地の文との区別がつきにくくなります。 そのため改行・空行を用いて一目で地の文から離れていることが分かるようにします。 かぎかっこの基本的な使い方 作文でかぎかっこを使う条件について確認しました。 続いては原稿用紙にかぎかっこをどう書けばいいのか解説します。 かっこはそれぞれ1マス使う 先ほど引用した「月と手袋」の一部を使って考えてみましょう。 彼はふと、それに対抗するものは「死」のほかにはないとさえ感じた。 「君はあけみさんをどうするのだ。 あけみさんまで罰する気か」 (引用元:) これを原稿用紙に書くと画像のようになります。 かぎかっこは1マス使って書きます。 はじめかっこ・閉じかっこ両方に1マス使いますので、計2マスが必要です。 句点と閉じかっこは同じマスに入れる かぎかっこは1マス使って書き、他の文字と同じマスに入れないのが基本です。 ただし、例外的に同じマスに別の文字が入る場合があります。 それは句点や疑問符など一文を終わらせる記号がある場合です。 句点や疑問符など文の最後が記号で終わる場合は、記号と閉じかっこを同じマスの中に書き入れます。 行の1マス目に閉じかっこを書いてはいけない ここまではかぎかっこ特有の使い方を見てきました。 もう一つ確認しておきたいのは、原稿用紙のルールです。 原稿用紙に作文を書くときは、行の1マス目に記号を書き入れてはいけないことになっています。 以下の画像を見てください。 どちらも「どんな覆面?服装は?」という疑問文を原稿用紙に書いています。 左側はしてはいけない例です。 前行の最後のマスがちょうど終わってしまった場合は、その下に記号を書き入れましょう。 文字とかぎかっこのみであれば同じマスの中に入れてしまっても構いません。 画像右側のように『 は?」 』という3つの文字、記号が最後のマスに来てしまう場合もあります。 これら3つを1マスの中に入れることができません。 このような場合は原稿用紙の枠をはみ出させ、空欄に記号を書き入れましょう。

次の